清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J2リーグ 第29節  2016.08.14 Sun 18:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

2

  • 鄭 大世(8分)
  • 鄭 大世(47分)

試合終了

  • 1前半1
  • 1後半1
DAZN

2

  • 島屋 八徳(26分)
  • 庄司 悦大(78分)
ロゴ:レノファ山口FC

レノファ山口FC

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

43 GK 植草 裕樹
31 DF キム ボムヨン
15 DF ビョン ジュンボン
45 DF 角田 誠
25 DF 松原 后
17 MF 河井 陽介
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
39 MF 白崎 凌兵
23 MF 北川 航也
9 FW 鄭 大世

Substitutes

13 GK 杉山 力裕
2 DF 三浦 弦太
16 MF 六平 光成
14 MF 澤田 崇
11 MF 村田 和哉
8 MF 石毛 秀樹
18 FW 長谷川 悠

レノファ山口FC

Line-ups

30 GK 村上 昌謙
4 DF 小池 龍太
22 DF ユン シンヨン
33 DF 北谷 史孝
21 DF 廣木 雄磨
10 MF 庄司 悦大
29 MF 三幸 秀稔
19 MF 星 雄次
8 MF 島屋 八徳
7 MF 福満 隆貴
32 FW 中山 仁斗

Substitutes

1 GK 一森 純
2 DF 宮城 雅史
34 DF 奥山 政幸
15 MF 幸野 志有人
17 MF 加藤 大樹
26 MF ルシアーノ
50 FW 岡本 英也

STATS

    45 90   90 45    
    4 6 10 シュート 8 4 4    
    8 5 13 GK 6 4 2    
    1 2 3 CK 2 2 0    
    2 4 6 直接FK 9 4 5    
    1 1 2 間接FK 3 1 2    
    1 1 2 オフサイド 3 1 2    
    0 0 0 PK 1 1 0    
村田 和哉 ← 北川 航也(63分)
長谷川 悠 ← 枝村 匠馬(68分)
六平 光成 ← 河井 陽介(84分)
交代 (60分)島屋 八徳 → 岡本 英也
(68分)中山 仁斗 → 加藤 大樹
(88分)福満 隆貴 → ルシアーノ
画像:イエローカード鄭 大世(86分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
12,729人 曇/無風 25.5℃ 76% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
加藤 光雄 池内 明彦 塚越 由貴 櫻井 大輔 國吉 真吾 岩下 和弘

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ2第29節レノファ山口戦です。試合前の天候は曇り。気温も涼しくなっており、選手たちにとっては絶好のコンディションになっています。ホーム連戦を勝利で飾りましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK植草裕樹、DFキム ボムヨン、DFビョン ジュンボン、DF角田誠、DF松原后、MF河井陽介、MF竹内涼、MF枝村匠馬、MF白崎凌兵、MF北川航也、FW鄭大世の11人。北川航也が第14節東京V戦以来の15試合ぶりの先発出場となります。

試合前

山口先発メンバーは、GK村上昌謙、DF小池龍太、DFユン シンヨン、DF北谷史孝、DF廣木雄磨、MF庄司悦大、MF三幸秀稔、MF星雄次、MF島屋八徳、MF福満隆貴、FW中山仁斗の11人。GK村上昌謙はプロ初出場です。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

山口ボールで前半キックオフ。

前半 3分

山口、左サイドを起点に、中央で庄司悦大がボールを受けると、ゴール前にふわりとしたボールを上げる。中山仁斗が頭で落として、島屋八徳がヘディングシュートを放つもゴールの右にそれる。危ないところだった。

前半 4分

エスパルス、鄭大世の落としに、北川航也が抜け出してシュート。しかしこれはゴールの上。

前半 5分

エスパルス、左CK獲得。枝村匠馬はショートコーナーを選択。ボールを受けた河井陽介は枝村匠馬にリターン。枝村匠馬はゴール前に上げるが、そのままゴールラインを割った。

前半 8分

エスパルス先制!エスパルス、中盤で白崎凌兵がボールをカットすると、そのままドリブル。左サイドに展開すると、開いていた北川航也がワンタッチでゴール前に折り返す。このボールに鄭大世が中央から抜け出して押し込んだ。1-0

前半 11分

エスパルス、山口のバックパスを奪った北川航也がすぐさま前線の鄭大世にスルーパス。しかし、これはオフサイドの判定。

前半 15分

山口、エリア外で中山仁斗がボールをキープすると、振り向きざまに強烈なシュート。しかし、これは植草裕樹が左に飛んでファインセーブ。ゴールを割らせない。

前半 18分

山口、枝村匠馬のボールをゴール中央でカットした福満隆貴がエリア外からミドルシュート。これはゴールの左に外れる。

前半 21分

エスパルス、ゴール中央から河井陽介のスルーパス。北川航也が走りこむも、これはGK村上昌謙が飛び出してキャッチ。

前半 23分

山口、小池龍太が右サイドを破り、マイナスのクロスを送るも、これは河井陽介が読んでおりボールをカット。

前半 23分

エスパルス、北川航也が右サイドでスピードを見せてドリブル。しかし、クロスは大きすぎた。

前半 25分

エスパルス、白崎凌兵が左サイドから中央まで持ち込んでシュート。これは勢いがあったが、GK村上昌謙の正面だった。

前半 26分

エスパルス同点に追いつかれる。山口、三幸秀稔がふわりとしたボールをゴール前に上げると、ゴール左に走り込んだ福満隆貴がワンタッチで折り返す。右サイドから島屋八徳が無人のゴールに押し込んだ。1-1

前半 30分

中盤でボールの奪い合いが続く。

前半 33分

エスパルス、GKのバックパスをキム ボムヨンがプレスをかけ、DFにボールが渡ってもなおボールを追い続ける。ファウルを取られるも、気迫あるプレーを見せた。

前半 37分

山口、庄司悦大が右サイドにふわりとしたボールを送り、外から小池龍太が走りこむが、わずかにボールに届かなかった。エスパルスボールのゴールキックで再開。

前半 39分

エスパルス、自陣から河井陽介がボールを持ち上がるも山口ディフェンス3人に囲まれる。竹内涼にパスを渡し何とか免れるも、山口の中盤のプレスに注意しなければいけないところ。

前半 43分

山口がショートパスでつなぐ時間が続く。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

エスパルス、右サイドのキム ボムヨンから中央の鄭大世にパス。鄭大世が頭で落として、北川航也が走りこむも、ファウルを取られたもよう。

前半 46分

ここで前半終了。エスパルスが先制しましたが、山口に追いつかれるという展開になっています。後半に得点の多いエスパルスは、再び引き離してくれるはずです。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ!

後半 2分

エスパルス勝ち越し!エスパルス、竹内涼のカットから右の北川航也へ。北川航也が、ゴール前に折り返し、中央で竹内涼スルー、ファーの鄭大世が押し込んだ。2-1

後半 4分

山口、右CK獲得。三幸秀稔のボールは、一度はクリアしたものの、ゴール前危険な位置からはなかなかボールを出せない。最後は鄭大世が大きく外に出して攻撃を切る。

後半 8分

山口、左CK獲得。三幸秀稔のボールはニアで福満隆貴がすらして、ファーで島屋八徳が折り返す。廣木雄磨がシュートを放つも、これはゴールの上に外れる。

後半 11分

エスパルス、ビョン ジュンボンから枝村匠馬、そして枝村匠馬からキム ボムヨンに縦パスが送らえるも、これは相手ディフェンスに先に触られる。そして、キム ボムヨンのファウル。流れは良かった。

後半 13分

山口、庄司悦大がゴール前の嫌な位置にボールを落とし、中山仁斗にシュートを打たれるも必死のディフェンスで守り切る。

後半 13分

エスパルス、北川航也が右サイドに抜け出したが、GK村上昌謙がエリア外まで飛び出してこれを阻止される。

後半 15分

山口選手交代。島屋八徳から岡本英也。

後半 17分

エスパルス、ゴールほぼ正面からFK獲得。鄭大世の直接FKは、ゴールの上に外れる。

後半 18分

エスパルス選手交代。北川航也に代わり村田和哉。

後半 23分

山口選手交代。中山仁斗から加藤大樹。

後半 23分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり長谷川悠。

後半 25分

エスパルス、自陣からカウンター。右サイドの村田和哉にボールが渡り、さらに縦に走り込んだキム ボムヨンがクロスを上げるが、これは相手ディフェンスにクリアされる。

後半 28分

山口、庄司悦大がゴール前にクロスを上げて、加藤大樹が左サイドから走りこむが、これはわずかに合わず。届いていたら危なかった。

後半 30分

エスパルス、右サイドから村田和哉のクロスにGKと白崎凌兵が競り合うも、これはGKが抑える。その前にはパスで崩しており、良い形が作れてきた。

後半 32分

エスパルスPKを取られる。エリア内で河井陽介のハンドを取られたか。

後半 33分

エスパルス、同点に追いつかれる。山口、PKを庄司悦大が落ち着いてゴール左に決めた。2-2

後半 35分

エスパルス、左サイドから松原后がシュート性のクロスを上げるも、ファーにボールが流れてしまう。

後半 39分

山口、福満隆貴から小池龍太にスルーパス。右サイドを小池龍太が駆け上がり、そのままゴールに向けてドリブル。シュートはポストに当たり何とか得点を許さなかった。

後半 40分

エスパルス、松原后から鄭大世にロングボール。鄭大世が上手く抜け出したと思われたがオフサイドの判定。

後半 42分

エスパルス、今度は竹内涼からのロングボールに右サイドで鄭大世が抜け出す。そのまま持ち込み、エリア外からシュートを放つも、これはGK村上昌謙が抑える。

後半 43分

山口選手交代。福満隆貴からルシアーノ。

後半 45分

山口、ルシアーノのスルーパスに福満隆貴が抜け出してシュートも、植草裕樹が出足良く飛び出してセーブ。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

エスパルス、右CK獲得。六平光成のボールは、岡本英也にクリアされる。

後半 48分

エスパルス、右サイドから鄭大世のクロスに、長谷川悠が抜け出してフリーでシュートも、これはGK村上昌謙に当ててしまう。こぼれ球からチャンスが生まれ、村田和哉がシュートを放つもこれは、ゴールの左に外れる。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは後半鄭大世の追加点で引き離しましたが、最後はPKを決められドロー。勝利を逃してしまいました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のボールの出所へ、しっかり対応すること。
・ボールを奪ったあと、ピッチを幅広く使おう。
・切り替えて、後半勝ちにいこう!

レノファ山口FC
上野 展裕監督

・攻守の切り替えを素早く、相手より運動量で勝とう。
・1つ1つのプレーに集中して、45分間闘い抜こう。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

結構回されたなという感じがする。ボールを上手く取るとチャンスになる。まさしく1点目も2点目をそれで取れたと思うが、そういう形ができないということは、相手に(ボールを)回され、我々がボールを保持する時間が短いので、今日は凄くきつかったと思う。早く攻撃すると本当にチャンスになる。彼らは逆に後ろを怖がらずに、めいっぱいボールにプレッシャーをかけているので、そこを回避するのは、(相手DFラインの)裏という回避と、タイミングが合わなかったら(ボールを)回すというところがもう少しできると、自分たちの時間が作れたと思う。ただ、2点目のところも、向こうの攻撃はバイタルに縦パスで入れる、(また)サイドチェンジするとサイドバックが高い位置を取って、そこで何かをするのではなくて、後方にいるサイドハーフにつけて2対1か2対2を作るサッカーをやっていたと思う。後半は上手く修正ができたが、PKになる前のところは1対1で対応していてプレスバックで帰って来たときに外れて、そこは少し判断が悪かった。あそこは数的優位なので(ボールを)取ってしまうと良かったが、流れてPKになったと思う。
(我々は相手に)ボールを回されて翻弄された。でも大事なのはファーストディフェンダーを決めて、ボールにしっかり行くこと。(しかし相手の)ボールが回るから、なかなかファーストディフェンダーが行けない。セットした形でバックパスだったり、長いパスのときにファーストディフェンダーが行くというところが(できない)。前で(ボールを)回されていて、クサビが入ったときもアプローチして、飛び出す選手に付いて帰ればいいのだが。回されていることでボールにしっかり行く、行かなかったらステイして、クサビを奪うという(ことができなかった)。相手は両方にパスコースを作り、(重心を)左に付ける右に来るので、駆け引きしておいて右を取るようなことができれば。後半、竹内は上手く取れたと思うが、今後、見つけられれば良いと思う。
負けたわけではないので、勝ち点1を取って前に進んだと考えて、この経験を次の横浜FCにぶつけて良い準備をして、繋げていきたいと思っている。


<Q.北川選手が先発だったが、その評価は?※キッズドリームプラン参加小学生より質問>
途中から出てずいぶん活躍しているので(連戦の)3戦目で思いきって使ってみた。裏に飛び出して1対1をもう少し持ったらどうだったんだろうというのが一つと、1点目の(鄭)大世については、北川がサイドに流れてアシストした得点なので、そこはすごく良かったと思う。
相手のボランチが降りて来てピックアップしてボールを回すとき、大世と連携して守備をもう少しできるともっと良かったし、相手が押し込んだときに縦の関係になって守備ができればもっと良かったと思う。そのようなところは長く(試合に)出ないとできないところもあると思うので、良い経験としてやっていければいいと思う。得点の可能性があったしアシストもできたところでは良かったと思う。全体的なところを考えると、もう少し状況判断ができるようになっていければ良いと思っている。

<Q.河井と六平を交代させたが、その狙いは?>
河井は疲れているのか、(ボールを)取られることが多かった。あそこ(ボランチ)を安定させると、村田、2トップの2枚、白崎が元気いいので点が取れると考えた。どうしてもボールサイドが左にあったときに、少し締りが悪く、(相手の)縦パスが入って心配だったので、あと10分くらいだったと思うが、代えて後ろを安定させた状態で点を取るという判断をした。
(また、河井は)前回くらいから結構狙われているかなと。(ボールの)矛先を足元で変えようとしているが、今日は序盤でそれをやると引っ掛けられることが多くて、少し心配だった。狙われているのであれば1回捌いて、またもらうということをやらないと危ないということをハーフタイムに言った。

PLAYERS' COMMENTS

鄭 大世

今年は何度(この展開を)繰り返しているか分からない。守備の運動量は問題ないが、ファウルを恐れて球際に行かないというところが多すぎると思う。ファウルをしてでも止めなければいけない。セットプレーでの失点は多いが、逆に考えればセットしてみんなで守れる。その判断ができていなかった。勝ち点2を失った試合だと思う。
(ゴールは)最近決めているので、ボールが集まってくる。周りが良い動きで、良い突破で、良いパスをくれた。今日はスーパーゴールでも何でもない。それよりも、中盤でチャンスのあるときに決めたい。苦しい時に決められるフォワードになりたい。

角田 誠

相手も良かったので、勝ち点1を取れたという印象もあるし、ホームなので勝ち点3を取れたという試合でもあった。ただ、相手が良いサッカーをしていたのは事実で、チャンスはあったが妥当な結果だと思う。
今年初めて(相手に)ボールを回される試合で、その中で自分たちはそこで耐えることには慣れていない。自分たちはボールを保持してゲームを作っていくチームなので、その逆の展開になったのは苦しかった。
こういうゲームはこれから多くなるとは思わない。ただ、(自分たちは)90分の中で悪い時間帯がある。長崎戦はそこをゼロで凌いだ結果が、勝ちにつながった。(同点ゴールは)PKだったが、あの時間帯で失点を防げるような力をチーム全体でつけていきたい。

竹内 涼

ミーティングでもそうだったし、(ピッチに立って)選手間でも立ち上がりを意識しようという話をしていた。前節(長崎戦)は前半が良くなかったので、そこは余計に意識していた。(2点目のシーンは)前半も何度か(カウンターで)行ってやろうというのがあったが、後半の立ち上がりは相手が後ろを見ていなかったので、ボールを奪えると思った。
連戦の最後でみんな疲れがあって、ボールを回されているという時間帯もあったが、回させている気持ちでやっている時間もあった。その中で、ボールを奪えば絶対にチャンスになると思ってやっていた。何度か(相手のパスを)引っ掛けてカウンターというシーンがあって、そこで決めていればもっと点が入っていたと思う。

北川 航也

(先制の場面は)白崎(凌兵)選手がボールを運んでくれたので、自分は外に流れて、後は(鄭)大世選手に流しこむだけだった。ただ、今日はアシストじゃなくて点が欲しかったので、自分が(勝負を)決定づける点が取れていれば勝てていたと思う。
今までは、途中から出てきて何か仕事をするというのを心がけてやっていて、途中から出ていた分だけやることがはっきりしていた。今日は頭から(試合に)出てきて、ゲームを作ることだったり、ゲームを読まなくてはいけないところで、難しいものがあるなと感じた。

長谷川 悠

(鄭大世と)縦並びになって、ボランチのスペースを消しながらキープすること。そして、そこから飛び出して行こうと決めて試合に入った。ただ、今日の試合は、最後のチャンスで外してしまったところに尽きる。ボールが少しバウンドしたので、ミートを心がけて振りぬけば、(GKを)抜けていくかなと思っていた。だが、GKに当たってしまったので、もう少し冷静に流すことを意識した方が良かったと思う。
今日の最後のような場面でしっかり決めて、勝利に貢献していかないといけない。苦しい時に、しっかり決めきれるようにしていきたい。