清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J2リーグ 第31節  2016.09.11 Sun 18:04 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

3

  • 枝村 匠馬(45+2分)
  • 金子 翔太(74分)
  • 大前 元紀(82分)

試合終了

  • 1前半0
  • 2後半1

1

  • 渡辺 広大(87分)
ロゴ:モンテディオ山形

モンテディオ山形

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

43 GK 植草 裕樹
16 DF 六平 光成
15 DF ビョン ジュンボン
45 DF 角田 誠
25 DF 松原 后
17 MF 河井 陽介
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
39 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

13 GK 杉山 力裕
2 DF 三浦 弦太
31 DF キム ボムヨン
11 MF 村田 和哉
10 MF 大前 元紀
23 FW 北川 航也
18 FW 長谷川 悠

モンテディオ山形

Line-ups

1 GK 山岸 範宏
4 DF 宇佐美 宏和
3 DF 渡辺 広大
2 DF 田代 真一
6 DF 山田 拓巳
7 MF 松岡 亮輔
5 MF アルセウ
17 MF 鈴木 雄斗
11 MF ディエゴ
10 MF 伊東 俊
8 FW 林 陵平

Substitutes

31 GK 富居 大樹
13 DF 石川 竜也
15 DF 栗山 直樹
27 DF 高木 利弥
29 MF ク ボンヒョク
9 FW ディエゴ ローザ
33 FW 大黒 将志

STATS

    45 90   90 45    
    4 8 12 シュート 11 3 8    
    7 3 10 GK 8 6 2    
    4 1 5 CK 7 4 3    
    4 8 12 直接FK 11 4 7    
    1 1 2 間接FK 2 1 1    
    1 1 2 オフサイド 2 1 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
大前 元紀 ← 金子 翔太(77分)
三浦 弦太 ← 河井 陽介(85分)
長谷川 悠 ← 鄭 大世(88分)
交代 (46分)伊東 俊 → 大黒 将志
(78分)鈴木 雄斗 → 高木 利弥
(83分)林 陵平 → ディエゴ ローザ
警告・退場 (45+3分)ディエゴ画像:イエローカード
(54分)山岸 範宏画像:イエローカード
(81分)田代 真一画像:レッドカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,646人 晴/弱風 26.2℃ 75% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
望月 豊仁 岡部 拓人 作本 貴典 森川 浩次 内山 翔太 古賀 正人

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ2第31節モンテディオ山形戦です。2週間の中断を挟んでリーグも再開、ここからノンストップで終盤を向かえることになります。そのスタートをしっかりと切りましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーはGK植草裕樹、DF六平光成、DFビョン ジュンボン、DF角田誠、DF松原后、MF河井陽介、MF竹内涼、MF枝村匠馬、MF白崎凌兵、MF金子翔太、FW鄭大世の11人。大前元紀がベンチに控えています。

試合前

山形先発メンバーはGK山岸範宏、DF宇佐美宏和、DF渡辺広大、DF田代真一、DF山田拓巳、MF松岡亮輔、MFアルセウ、MF鈴木雄斗、MFディエゴ、MF伊東俊、FW林陵平の11人。藤枝東出身の石川竜也が久しぶりにベンチに復帰しています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 3分

山形、山田拓巳が蹴ったボールは最前線に飛んだが、ボールが流れて植草裕樹がキャッチ。

前半 4分

エスパルス、竹内涼が中盤からくさびのボールを連発して入れるが、中央は堅くなかなか通らない。

前半 6分

エスパルス、右サイドから六平光成のクロスに鄭大世が中央で合わせたが、これは上手く当たらなかった。GK山岸範宏がキャッチ。

前半 9分

山形、伊東俊、鈴木雄斗、林陵平とゴール前で細かいパスを回して、最後は伊東俊のシュート。しかし、これはゴールの右に外れる。

前半 9分

エスパルス、ゴール正面、エリアすぐ手前の絶好の位置からFK獲得。鄭大世の直接FKは壁に当たり、右のタッチラインを超えた。

前半 11分

エスパルス、左CK獲得。ゴール前から金子翔太がニアに走りこみ、枝村匠馬のショートコーナーをリターン。枝村匠馬がゴール前に上げると、ファーで白崎凌兵が折り返すもディフェンスにクリアされる。

前半 14分

エスパルス、左サイドでボールを受けた金子翔太が、中央の枝村匠馬にパス。枝村匠馬は、約30mの距離からミドルシュート。ディフェンスに当たりCK獲得。

前半 15分

エスパルス、連続で右CK。河井陽介の2本目はディエゴにクリアされるも、枝村匠馬が拾い再びゴール前に。エリア無いで鄭大世がトラップも相手ディフェンスに倒されチャンスを逃す。

前半 16分

山形、左サイドの山田拓巳がサイドを駆け上がり、マイナスのクロス。このボールがゴール前で混戦になったが松原后がゴールラインに逃げる。

前半 17分

山形、左CK。ディエゴのボールは中央でビョン ジュンボンがクリア。再びつながれディエゴのクロスも、今度は角田誠が大きくクリアした。

前半 20分

山形、中盤で河井陽介を2人で囲みボールを奪うと、松岡亮輔がGKの動きを見てミドルシュート。しかし、これはゴールの左に外れる。

前半 21分

山形、右サイドからグラウンダーのクロス。これは植草裕樹が足を出して何とかコースを変える。両サイドにスピードのある山形の、サイド攻撃に注意したいところ。

前半 24分

エスパルス、左サイドから松原后のクロスが流れ、ファーの枝村匠馬ボールを拾うと、再び六平光成がクロスを上げるもクリアされる。

前半 25分

山形、エリア外からのシュートを植草裕樹がセーブ、こぼれたボールを林陵平がシュートもセーブ。そして、再びこぼれたボールをシュートされるも、しっかりと弾きだした。植草裕樹の3本連続のシュートストップでゴールを許さない。

前半 26分

山形、右CK。ディエゴのボールに鈴木雄斗がヘディングも、再びCKへ。右CKは、ディエゴのボールに渡辺広大が合わせたが、植草裕樹がキャッチ。

前半 29分

山形、右サイドを田代真一が駆け上がり、ゴール前に折り返す。一度はクリアも、伊東俊にシュートを打たれたが、ゴール前でエスパルスディフェンスがしっかりと体を張って防いだ。

前半 31分

エスパルス、左サイドから松原后の狙いすましたクロスに、枝村匠馬が落とすと、ファーで鄭大世、白崎凌兵が飛び込むもわずかに届かない。触ればゴールだっただけに、惜しいチャンスだった。

前半 32分

エスパルス、左CK。河井陽介のボールはGK山岸範宏がパンチング。しかし、ここで笛。ゴール前でファウルがあったもよう。

前半 37分

山形、ディエゴがエリア外から強烈なミドルシュートを放つも、ゴールの左に外れる。ボールを奪われてからカウンターを受ける場面も多く、注意したいところ。

前半 38分

エスパルス、ピッチ上では鄭大世が起き上がれない。首あたりをおさえていたが、プレー続行には影響なさそう。

前半 39分

エスパルス、鄭大世は一旦ピッチの外に出たが、すぐに戻った。

前半 42分

エスパルス、ビョン ジュンボンから、中に入っていた白崎凌兵へ縦パスが通り、その白崎凌兵は裏にスルーパスを送るも、タイミングが合わずGK山岸範宏がボールをおさえた。

前半 43分

山形、渡辺広大がセンターサークル付近からミドルシュートも、ゴールを大きく外れる。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 46分

山形、エリア左からFK獲得。ディエゴのボールはゴール前でつながれるも、六平光成が大きくクリア。

前半 47分

エスパルス先制!エスパルス、左サイドの松原后のグラウンダーのクロスに、枝村匠馬が左足で合わせた。1-0。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルス、枝村匠馬の前半終了間際のゴールで最高の形で後半を向かえることになりました。

HT

山形選手交代、伊東俊から大黒将志。

後半 1分

山形ボールで後半キックオフ。

後半 1分

山形、右サイド深い位置で宇佐美宏和、アルセウが仕掛けるも、松原后が何とか大きく蹴りだして防ぐ。

後半 4分

エスパルス、左サイドから松原后のグラウンダーのパスに、ゴール正面で金子翔太がピタリとボールを止めてシュート。これはディフェンスにブロックされるも、再びボールを拾いシュート。これは味方選手に当たって、ゴールラインを割る。

後半 8分

右サイドから六平光成がゴール前に放り込むと、鄭大世が中央でトラップ。白崎凌兵にボールを渡すと、白崎凌兵がミドルシュート。これはわずかにゴールの左に外れる。

後半 9分

エスパルス、金子翔太が抜け出し、GKをかわしたところで足をかけられる。GK山岸範宏にはイエローカードが提示された。

後半 11分

エスパルス、エリア手前でFK。鄭大世の直接FKは壁に当たりゴールには飛ばなかった。

後半 12分

エスパルス、エリア左で白崎凌兵が倒されて再びFK獲得。

後半 12分

エスパルス、枝村匠馬のFKにビョン ジュンボンが頭で合わせたが、枠には飛ばなかった。

後半 13分

山形、右CK獲得。ディエゴはエリア外の宇佐美宏和にボールを出して、宇佐美宏和がゴール前に上げる。これは角田誠が頭でクリア。

後半 17分

エスパルス、右サイドの白崎凌兵からボールを受けた鄭大世は、エリア外からターンしてミドルシュート。これはGK山岸範宏の正面に飛ぶ。

後半 21分

エスパルス、白崎凌兵がこぼれ球を拾って、中央に向かってドリブル。そして、鄭大世に向けてスルーパスを送る。鄭大世がライン際で粘ってクロスを上げるも、これはディフェンスにクリアされてしまう。

後半 24分

エスパルス、白崎凌兵のスルーパスに鄭大世が抜け出したかと思われたが、後ろから足を出されてGKに返される。惜しいところだった。

後半 26分

山形、左サイドに開いたディエゴがクロスをあげるも、味方選手には合わず。白崎凌兵がファーで大きく蹴りだした。

後半 29分

エスパルス追加点!エスパルス、白崎凌兵のパスを受けた金子翔太がゴール右隅に技ありシュートを決めた。2-0

後半 31分

山形、FK獲得。ディエゴのボールはエスパルスディフェンスがクリア。そのボールを白崎凌兵が拾うと、一気に前線へ。金子翔太が飛び出し、GKと一対一になるも、後ろから来たディフェンスに足を出されシュートを打つことができず。

後半 32分

エスパルス選手交代。金子翔太に代わり大前元紀。金子翔太に大きな拍手が送られ、大前元紀がピッチに入ると大前コールが送られている。

後半 33分

山形選手交代。鈴木雄斗から高木利弥。

後半 34分

エスパルス、大前元紀がゴール正面でボールを受けて、右足でシュート。これはディフェンスに当たりCK獲得。そのCKのキッカーは大前元紀。ニアを狙ったが、ディフェンスにクリアされる。

後半 36分

エスパルス、白崎凌兵のスルーパスに大前元紀が抜け出したところを、田代真一が引っ張って大前元紀が倒れた。田代真一は退場。

後半 37分

エスパルス3点目!エスパルス、エリアすぐ手前からFK獲得。キッカーはもちろん大前元紀。大前元紀がふわりとしたボールをゴール右隅に決めた。3-0

後半 38分

山形選手交代。林陵平からディエゴ ローザ。

後半 40分

エスパルス選手交代。河井陽介に代わり三浦弦太。

後半 40分

山形、右CK。山田拓巳のボールはファーに流れ味方には合わず。

後半 41分

エスパルス、三浦弦太をセンターバックの左にして、角田誠をボランチに上げたもよう。

後半 42分

エスパルス1点返される。山形、左CK獲得。ディエゴのボールを渡辺広大がヘディングで合わせた。3-1

後半 43分

エスパルス選手交代。鄭大世に代わり長谷川悠。

後半 45分

エスパルス、左サイドの松原后からのクロスに、ファーで枝村匠馬がボレー。これはわずかに枠の上に外れた。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 50分

ここで試合終了!後半、金子翔太、そして大前元紀の復活弾もあり、エスパルスはリーグ連勝。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のアプローチに慌てず、落ち着いてサポートすること。
・相手DFラインの裏とバイタルへのタイミングを工夫すること。

モンテディオ山形
石崎 信弘監督

・攻守ともに悪くない。まだ45分ある。慌てないでやっていこう。
・後半の入り方をしっかり。
・早めのクロス、カウンターに注意していこう。

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半は山形のプレスに戸惑ったと思う。ビルドアップもそうだし、前で(ボールが)収まったと思ったらタイミングが合わなかったり。相手のアプローチのスピードが良いので、判断が早かったり、ミスが多かったと思う。
また、自分の距離感というよりも、相手の立ち位置で重ならないポジションを変えていくということ。GKからセンターバックの2枚がどうやって重ならないようにしていくだけで、縦(パス)が入るし、そこを見てサイドバックがポジションを変えていくというところを、もっと素早く瞬時に相手を見ながらやれるようになると、後半のように落ち着いてボ-ルが回るようになると思う。
あとは金子が上手く点を取ってくれたということ。1-0だったので、どうかなと思いながら大前を使おうと判断する前に金子がしっかり点を取ってくれたので、少しチームも落ち着いたし、大前もあのようなパフォーマンスを出せたと思う。上手くバトンタッチをしてくれたと感じている。
厳しいゲームをしっかり守って、前半終了間際に点が取れたということもそうだし、後半は少し相手を見ながらボールが回せるようになったということも、90分の中でチームが変化していると言えると思うので、今日は良いゲームをしてくれた。悪い時に失点をしなかったところが良かったと思う。
残念ながら、(相手)コーナーキック(からの失点)というところは、向こうのストロングであって、我々が前半戦ウイークのところでやられた。次の水戸は背が高い選手が多いので、もう1回修正していきたい。


<Q.河井に代えて、三浦を入れた狙いは?>
(相手選手が)1枚少ないということ、(ボランチにポジションを変えた)角田に失礼だが、三浦をセンターバックで試しておきたかった。
前半、ビョンにプレッシャーがかかっていて、少しバタついていることもあり、(三浦を)久しぶりに公式戦に入れてということも必要だった。
また、河井が前半、足首を少し捻挫していたので、状況を見ながらそのような判断をした。

<Q.(途中交代の)大前に指示したことと、プレーの評価は?>
15分は(プレー)できるだろうということ、1-0の厳しい中で(交代の)話をしているときに(金子が)点を取ってくれたということが、私もスム-ズに代えやすかったことと、大前もスムーズに(ゲームに)入れたと思う。
(ポジションは)トップ下を要求した。攻撃は起点になるので、相手サイドハーフの弱い方を起点にして、ビルドアップするようにという話をした。そうすると恐らく(ボールが)収まっていくので、チャンスを作れるだろうと思った。
(大前は)フリーキックを決めたが、あの前のファーストタッチで全てが(決まった)。普通の選手は、体は行っていてもボールを後ろに落とすところを、前に入れる。だから、あそこでファールをしないといけない。(ファールを)しなかったら、たぶん点が取れていると思う。もう1本コーナーキックになったが、あれもやはり(ボールを)丁寧に置いて、丁寧に蹴っているので。
あとはゲーム感覚をどうつけていくかというところ、ゲーム体力というところになっていくと思う。(今日は)もの凄く良いプレーをしてくれたと思う。

<Q.枝村は先制点を取って、それ以外も頑張っていたと思うが、評価は?>
良かった。90分使ったので疲れているということだったが、(本人も)満足していると思う。(相手の)プレッシャーの中で、枝村が(相手選手の)間で(ボールを)受けるとか、ハーフボレーを1タッチで決めるとか、やはり質が高いところを見せてくれている。
カウンターから点も取ってくれたし、今日はきつかったが良い90分だったのではないかと思う。

PLAYERS' COMMENTS

枝村 匠馬

前半は(相手の)プレスが早かったが、(ゴールは)味方の選手が上手くボールを運んでくれたことが得点につながったと思う。ボールが来ると信じて(長い距離を)走ったので、良いところにボールが来てくれたことは嬉しい。後ろから(鄭)大世選手が来ているのは分からなかったが、ディフェンスを引きつけてくれたことも大きかったと思う。久しぶりの90分(出場)だったが、これからもそうなれる(フル出場できる)ようにしたいし、チームとしても3連勝できるように頑張りたい。

植草 裕樹

あのセーブ(前半25分の3連発セーブ)は最初の時点で、ボールが変化して内側に入ってきたので、詰まってしまって弾くのが精一杯だと思った。それが分かっていたので、次の対応は早くできたのかなと思う。ただ、あれを止めたから勝てるわけではないので、点を入れてくれた時は本当に嬉しかった。「止めた甲斐がある」というわけではないが、(勝利に)つながってくれたのかなと思った。いつでも準備して、そのような良いプレーができるようにこれからもやっていきたい。

金子 翔太

練習でも同じような形で、白崎(凌兵)選手が足元に速いボールを入れてくれていた。ファーストタッチが上手くいったので、シュートコースを股下か右か迷ったが、相手が少し止まっていたので、そのまま振り抜くことにした。練習通りのゴールだったと思う。
(ゴールの前に)ベンチを見ると、背番号10が見えていて、(交代は)自分だろうなと思っていた。交代する前に、何か見せ場を作りたいと思っていたので、自分のところにボールが来たらシュートまで持っていこうと思っていた。それがゴールにつながって本当に良かった。

大前 元紀

3ヶ月休んでいて、疲れもないし冷静にプレーできたと思う。自分が入る前に金子(翔太)が点を取ってくれていたので、試合には入りやすかった。
(フリーキックの)前のシーンで白崎(凌兵)から良いパスが出て、ワンタッチで抜けられたので、そこでキーパーと一対一になるシーンも作れていた。(キックは)完璧だったと思うし、蹴る前から自信はあった。3ヶ月間応援してくれていた人たちのためにも、ゴールで恩返しできればと思っていたので、ゴールを奪えたことは良かったと思う。
(ケガで休んでいた時期は)チームを外から見てきて色々と感じることもあった。またサッカーをしたいと純粋に思えたので、その気持ちがまた上手くなる糧になればと思う。そして、チームがもっと良い方向に進むようにしていきたい。

白崎 凌兵

大前(元紀)選手への(フリーキックにつながる)スルーパスは、相手がファールをしなければ、そのまま入っていたと思う。自分としては、大前選手が苦しんでいるところも見ていたので、1本は絶対に良いボールを出したいと思っていた。だから本音では、相手がファールをせずに、そのまま決めてくれたらベストだった。ただ、大前選手のフリーキックは練習でもほとんど入っていたので、入るだろうと思って見ていた。今日のゲームでも3点目で(試合が)楽になったし、少ない時間で結果を残すというというところはさすがだなと思う。