清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第9節  2017.04.30 Sun 13:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半3
DAZN

3

  • クリスラン(57分)
  • クリスラン(67分)
  • 菅井 直樹(74分)
ロゴ:ベガルタ仙台

ベガルタ仙台

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
3 DF 犬飼 智也
45 DF 角田 誠
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
14 MF 野津田 岳人
22 MF 枝村 匠馬
10 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

43 GK 植草 裕樹
26 DF 二見 宏志
27 DF 飯田 貴敬
20 MF 竹内 涼
11 MF 村田 和哉
8 FW チアゴ アウベス
19 FW ミッチェル デューク

ベガルタ仙台

Line-ups

1 GK シュミット ダニエル
25 DF 菅井 直樹
27 DF 大岩 一貴
13 DF 平岡 康裕
50 DF 増嶋 竜也
17 MF 富田 晋伍
18 MF 三田 啓貴
10 MF 梁 勇基
2 MF 永戸 勝也
20 FW クリスラン
11 FW 石原 直樹

Substitutes

21 GK 関 憲太郎
4 DF 蜂須賀 孝治
5 DF 石川 直樹
7 MF 奥埜 博亮
28 MF 佐々木 匠
34 MF 椎橋 慧也
30 FW 西村 拓真

STATS

    45 90   90 45    
    6 3 9 シュート 5 3 2    
    4 3 7 GK 13 6 7    
    2 3 5 CK 2 1 1    
    10 8 18 直接FK 8 3 5    
    0 1 1 間接FK 1 0 1    
    0 1 1 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 1 1 0    
チアゴ アウベス ← 金子 翔太(62分)
ミッチェル デューク ← 野津田 岳人(72分)
村田 和哉 ← 枝村 匠馬(79分)
交代 (72分)クリスラン → 奥埜 博亮
(79分)増嶋 竜也 → 石川 直樹
(82分)梁 勇基 → 西村 拓真
警告・退場 (24分)シュミット ダニエル画像:イエローカード
(59分)平岡 康裕画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
15,228人 晴/弱風 23℃ 50% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
山本 雄大 三原 純 武部 陽介

GAME FLASH

試合前

今日はホームのIAIスタジアム日本平でJ1リーグ第9節仙台戦です。4日前のルヴァンカップでは苦しい試合を強いられた相手ですが、気持ちを切り替えて今季ホーム戦初勝利を目指しましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF犬飼智也、DF角田誠、DF松原后、MF六平光成、MF野津田岳人、MF枝村匠馬、DF白崎凌兵、MF金子翔太、FW鄭大世の11人。前節と変わりありません。古巣対決となる角田誠、六反勇治は先発入り、二見宏志はベンチスタートとなります。

試合前

仙台先発メンバーは、GK シュミット ダニエル、DF菅井直樹、DF大岩一貴、DF平岡康裕、DF増嶋竜也、MF富田晋伍、MF三田啓貴、MF梁勇基、MF永戸勝也、FWクリスラン、FW石原直樹の11人。梁勇基が先発復帰、古巣対決となる平岡康裕は先発出場。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

仙台ボールで前半キックオフ!

前半 2分

エスパルス、鄭大世が倒されFK獲得。野津田岳人が左足でキックを放つがゴール左へ。

前半 5分

仙台、平岡康裕のロングスローでゴール前へボールが運ばれたが六反勇治がキャッチ

前半 7分

エスパルス、枝村匠馬が右から逆サイドへ送ったボールを野津田岳人がキープ。ゴール前で金子翔太につなぐが上手く合わせられない

前半 8分

エスパルス、鄭大世がゴール前で右肩を押さえて倒れるが、立ち上がり試合再開

前半 10分

エスパルス、枝村匠馬が右サイド中央寄りでフリーでボールを受けとるが、相手寄せにあいファールを献上。

前半 13分

エスパルス、ゴール前の鄭大世にクロスを送るが相手DFにクリアされる。CK獲得

前半 14分

エスパルス、CKからのボールをペナルティアーチ、ゴール正面から六平光成がボレーシュートを放つがボールは左枠外へ

前半 15分

仙台、FKから増嶋竜也が頭で合わせるがポストを超える

前半 18分

エスパルス、枝村匠馬が右からクロスを上げ、鄭大世が頭で合わせにいくがミートせず、ボールはタッチラインを割る

前半 20分

エスパルス、鎌田翔雅がエリア内へボールを送るが、仙台、平岡康裕にはね返される

前半 23分

エスパルス、鄭大世が倒され早いリスタートで、金子翔太が左サイドでボールを受けようとするが相手GKに倒される。FK獲得

前半 24分

【警告】仙台、GKシュミット ダニエルにイエローカード

前半 25分

エスパルス、鄭大世がFKから直接ゴールを狙うが、わずかにゴール左へそれる

前半 26分

エスパルス、六平光成が倒されFK獲得

前半 27分

エスパルス、キッカーは金子翔太。エリア内へボールを送り鄭大世が頭でパスを繋ぐが、相手DFにクリアされる

前半 30分

エスパルス、左サイドからのクロスボールに金子翔太が頭で合わせに行くが、相手DF2人の寄せにあう

前半 32分

エスパルス、松原后が左サイドから後ろに戻したボールを六平光成がゴール正面からシュートを放つがボールは右枠外へ

前半 33分

仙台、FKからクリスランがエリア手前、ゴール正面からシュートを放つがこれは六反勇治がしっかりと阻止。

前半 36分

仙台、右サイドからエリア内へクロスを送るが、エスパルスは懸命に阻止。最後は鎌田翔雅がスライディングでしっかりクリア

前半 41分

エスパルス、白崎凌兵が左サイドからエリア内へ送ったボールを金子翔太がつなぎ、枝村匠馬が左足でシュートを放つが相手GKにはね返される。こぼれ球を金子翔太が押し込もうとするが再度GKに阻止される

前半 45分

前半アディショナルタイムは1分

前半 46分

エスパルス、鄭大世が左サイドから勢いのあるミドルシュートを放つが相手GKに阻止される。

前半 47分

前半試合終了。エスパルスは積極的に攻撃を仕掛けるも相手の守備に阻まれ0−0のまま折り返し。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ!

後半 4分

エスパルス、左サイドから逆サイドへ大きくクロスを送り白崎凌兵が頭で合わせに行くが相手GKにはね返される

後半 8分

仙台、右からのクロスボールにクリスランが反応し、オーバーヘッドでシュートを打つがボールはゴール右へ。

後半 10分

エスパルス、角田誠が相手選手をエリア内で倒してしまいPKを献上

後半 12分

【エスパルス失点】仙台、PKキッカーはクリスラン。左足で放たれたボールは逆をつかれゴール右下枠内へ。0−1

後半 13分

仙台、左サイドからクロスを上げるがエスパルスDFが阻止。鄭大世が相手DFと接触し倒される

後半 14分

【警告】仙台、平岡康裕にイエローカード

後半 16分

エスパルス、六平光成がエリア内へボールを送り、鄭大世が頭で合わせるが相手GKにキャッチされる

後半 17分

【エスパルス選手交代】金子翔太に代わって、チアゴ アウベス

後半 20分

エスパルス、鎌田翔雅がエリア内へボールを送るが、相手GKに飛び出してキャッチされ通らない

後半 21分

野津田岳人からスルーパスで受けたボールを、鄭大世が白崎凌兵にクロスをあげるが上手く合わせられない

後半 22分

【エスパルス失点】仙台、富田晋伍のアーリークロスを永戸勝也が左サイドで受け取りエリア内へ送る。ゴール近距離からクリスランがシュート。0−2

後半 26分

エスパルス、ゴール前フリーになった枝村匠馬がエリア内からシュートを放つがゴールポストを越える

後半 27分

【仙台選手交代】クリスランが足を攣ってピッチ外へ。代わって奥埜博亮

後半 27分

【エスパルス選手交代】野津田岳人に代わってミッチェル デューク

後半 28分

【エスパルス失点】仙台、左サイドからのクロスを梁勇基がつなぎ、背後から駆け上がったDF菅井直樹が近距離からシュート。0−3

後半 33分

【仙台選手交代】足を攣った増嶋竜也に代わって石川直樹

後半 33分

【エスパルス選手交代】枝村匠馬に代わって村田和哉

後半 35分

エスパルス、松原后のクロスボールをエリア内でチアゴ アウベスが頭で合わせるが相手GKにキャッチされる

後半 37分

【仙台選手交代】梁勇基に代わって西村拓真

後半 39分

エスパルス、チアゴ アウベスが蹴ったFKのボールにミッチェル デュークが合わせに行くが息が合わない

後半 42分

エスパルス、村田和哉の左サイドからのクロスにミッチェル デュークが頭で合わせに行くが、相手DFの頭にあたりラインを割る。CK獲得

後半 42分

エスパルス、チアゴ・アウベスの蹴ったクロスは味方が一旦後ろに戻し、松原后がヘディングシュートを放つが相手DFにはね返される

後半 43分

エスパルス、チアゴ アウベスの蹴ったCKのボールはエリア内ゴール目の前で相手DFにはね返される

後半 45分

後半アディショナルタイムは4分

後半 49分

エスパルス、右サイドから村田和哉がクロスを送るが相手DFに頭ではね返される

後半 49分

後半試合終了。前半をスコアレスで折り返したものの、後半仙台、クリスランのPKで失点を許してから、さらに2点を許し0−3で敗れました。皆さま、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手のロングボールのチャレンジ&カバーをしっかり
・リズムを作ってビルドアップしよう
・必ず点は取れる。落ち着いていこう!

ベガルタ仙台
渡辺 晋監督

・ボールに無闇に食いつかないこと
・攻撃の形を整理すること
・どんどんボールを動かそう

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半は、自分たちがボールを持って、一つのパスの精度が上がって点が取れればというところ。守備については(相手の)セカンドボールとカウンターというところで、シャドーを抑えながらというハーフタイム(の指示)だった。
大宮のゲームみたいに焦れずに(ボールを)回すと(良かった)。もう少し(ボールを)持ったときに積極的と自信を持ちながら、精度が上がれば(点は)取れるかなというところがあったが、まず1点(失点してしまった)。2年目、3点目は、最終ラインでノーリスクということで(ボールを)持てるから、いい加減になってしまう。(そして)修正ができなくなる、戦えなくなるというゲームだった。もの凄く残念なゲームにしてしまったと思う。
足が動いていないのか、自信を持ち過ぎたのか。前半、もう少し精度があれば点が取れるのに、悪いので取れない。でも、良いところ(形)で(ハーフタイムに)送り出したつもりだったが、やはりボール持つことが勝てるくらい思っている。1点目は裏を取られてPKだったが、2点目は横のパスに誰も行けていない、3点目はゴールエリアの中でボールを流して外に持って行こうとしている。あそこ(ファーサイド)に来ないチームもあるが、守備のチームというのは、あのようなところを絶対逃さないと思う。今日は多くのチームが(勝ち点が近い)直接対決をしている。そこまで描きながら戦っていると思う。戦術は精度を上げれば良いと思っていたが、それ以上に過信というところが邪魔をしたのではないかと思う。なかなかこのようなゲームは経験したことはないので、リカバリーを早くさせて、次のG大阪のゲームに向けていきたいと思う。


<Q.無得点の3失点だったが、修正点は攻撃なのか守備なのか、メンタルなのか?>
ハーフタイムに、足元に(ボールを)入れて絡めばとか、ボランチに(ボールを)入れてというところを直せばどうにかなると思っていたが、それ以上に奥深くて、イージーミスが後ろの方に多かった。(相手を)なめているなというところが早いうちにきたのは良かったと思う。勝負の厳しさが分かったのではないか。
暑いこともそうだが、足が動いていなかった気がする。(だから失)点があのような形になったかもしれないが、そこもひとつあると思う。
守備の修正としても、外側へ流したりという個人のいい加減さがちょっと出ただけだが、それが出ている以上は勝てないと思う。(相手は)一瞬の隙を突いて点を取ろうとするので、相手を読むというところも併せて幼い感じがする。勝負というのはそういうものだと思う。まだまだ厳しいところを修行しないと、痛い目に合わないと難しいのかなという感じがする。
前半良いサッカーをしているので、そこは大事にしてやりたいが、パスしてポジションを取る、危なかったら帰る、ボールに行くという当たり前のことを、相手がボールを持ったときにやらないとボールを持つだけでは(いけない)。そういうところを見逃さずにトレーニングしなくてはいけないと思った。良い教訓になればいいと思った。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

前半を終えて0-0というのは、今までの中では自分たちのペースだった。後半は「確実にワンチャンスを決めて勝つ」と自信を持って入った。だが、1点取られた瞬間に、(自陣での)ゴール前や、自分も含めて前線の切り替えなどが緩くなってしまった。その雰囲気が失点につながったと思う。2点目も、3点目もスピードのないゴロのパスがディフェンスの間を通ってしまうというのは、集中力の問題だったと思う。
(PKで先制されたが)逆境を乗り越える力がなければ、上位にも食い込めなくなるし、残留も難しくなる。その力の無さが顕著に順位に現れている。終わってから「何でもっと声がけができなかったんだろう」と後悔しているし、みんなもそれぞれ同じことを思っていると思う。ベストを尽くしていないわけではないが、それをどう組織として良い方向に持っていくのかということが自分たちの課題だと思う。
画像:角田 誠

角田 誠

結果的に、自分が取られたPKが痛かったのかなと思う。ただ、内容的にも、仙台のプレッシャーが思いのほか強くて、自分たちが余裕を持って回すシーンがほとんどなかった。これだけ(前から)来るとは思わなかったし、センターバックの自分や犬飼(智也)にしても、良い配給ができなかったことが相手に押し込まれる原因になったのかもしれない。(攻撃面では)ボールを回す精度を上げなければいけないし、ディフェンスの面でも、仙台に比べると厳しさが足りず、甘かったかなと思う。
(試合終了の笛を聞いて)「もう少し何とかできたかな」という思いはあった。次こそはホームで勝てるように準備したい。ここを、もう一度自分たちを見つめ直すチャンスに変えたい。
画像:六反 勇治

六反 勇治

古巣との初めての対戦で(負けてしまったのは)、「悔しい」という一言しかない。ただ、後半の入り方が悪くて、あれだけボールを失っていれば、やられるのも時間の問題だった。良い勉強にはなったが、それで片付けるのは厳しくなってきている。
前半は(ボールを)回しているだけで満足しているというところも見受けられた。サッカーに「優勢勝ち」はないので、そこは貪欲にゴールに向けてやっていかなければいけない。
(自分としては)ビッグセーブができれば良かったと思うし、後半の立ち上がりでミスをしないようなコーチングができていれば良かった。だが、(コーチングに関しては)いきなりゲームでやろうとしても声が通らない時もあるので、トレーニングから質を高めてやっていくことが、勝利に近づく一歩だと思う。
画像:白崎 凌兵

白崎 凌兵

前半のチャンスをものにできなかったことや、後半に入ってからPKを取られて流れが変わってしまったことが残念だった。そこで失点をしていなければ、相手にそれほど怖さはなかったと思う。ただ、そこでゴールを決められてからは、バランスを崩して失点を重ねてしまった。今日は自分たちの良くない面が出てしまったが、自分たちはやり続けるしかない。チームとして前を向いてやっていければと思う。
(個人的には)中に入った時には起点になれていたと思うが、サイドにいる時にボールを触れない時間が長すぎた。相手が自分たちサイドに出るボールを警戒していたので難しいところもあったが、もっとボールに絡めるようにしなければいけない。
画像:金子 翔太

金子 翔太

ボールは回せているが、「最後の崩し」のところの質が良くなかった。(自分たちの)決まった形はあるが、相手も分析してきていたのかなと思う。鎌田(翔雅)選手がボールを持った時に、(鄭)大世選手と交差して飛び込んだり、一度回り込んでゴール前に入ったりと、クロスへの入り方を工夫したが、なかなか合わせることができなかった。
久しぶりに自分たちがボールを持っていたが、相手の引いた状態での崩し方はまだまだ。チャンスはいくつかあったが、完全に崩しきれたシーンもなかった。自分たちの力であれば、1点、2点取る力はあると思っていたが、失点したあとに沈んでしまったのが悪かったと思う。