清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

ルヴァンカップ 第5節  2017.05.10 Wed 19:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

2

  • 金子 翔太(41分)
  • 北川 航也(53分)

試合終了

  • 1前半2
  • 1後半2

4

  • アダイウトン(29分)
  • アダイウトン(34分)
  • 藤田 義明(62分)
  • 上原 力也(84分)
ロゴ:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

43 GK 植草 裕樹
16 DF 村松 大輔
15 DF ビョン ジュンボン
45 DF 角田 誠
27 DF 飯田 貴敬
6 MF 杉山 浩太
14 MF 野津田 岳人
11 MF 村田 和哉
19 MF ミッチェル デューク
30 MF 金子 翔太
23 FW 北川 航也

Substitutes

21 GK 高木和 徹
3 DF 犬飼 智也
26 DF 二見 宏志
7 MF 六平 光成
10 MF 白崎 凌兵
8 MF チアゴ アウベス
9 FW 鄭 大世

ジュビロ磐田

Line-ups

31 GK 志村 滉
2 DF 中村 太亮
24 DF 小川 大貴
25 DF 大南 拓磨
33 DF 藤田 義明
7 MF 上田 康太
9 MF 太田 吉彰
14 MF 松本 昌也
15 MF アダイウトン
22 MF 松井 大輔
18 FW 小川 航基

Substitutes

36 GK 三浦 龍輝
5 DF 櫻内 渚
13 MF 宮崎 智彦
27 MF 荒木 大吾
30 MF 上原 力也
34 MF 針谷 岳晃
16 FW 齊藤 和樹

STATS

    45 90   90 45    
    5 8 13 シュート 14 9 5    
    3 7 10 GK 8 4 4    
    5 1 6 CK 11 6 5    
    7 7 14 直接FK 6 4 2    
    0 1 1 間接FK 2 0 2    
    0 1 1 オフサイド 2 0 2    
    1 0 1 PK 0 0 0    
六平 光成 ← 村松 大輔(46分)
白崎 凌兵 ← ミッチェル デューク(77分)
鄭 大世 ← 野津田 岳人(83分)
交代 (74分)松井 大輔 → 上原 力也
(86分)アダイウトン → 齊藤 和樹
(87分)松本 昌也 → 荒木 大吾
画像:イエローカード杉山 浩太(24分)
警告・退場 (57分)松井 大輔画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
7,565人 晴/無風 18.3℃ 67% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
高橋 信光 家本 政明 西尾 英朗 清水 崇之 間島 宗一 森田 祐史

GAME FLASH

試合前

今日はホームIAIスタジアムでルヴァンカップAグループ第5節磐田戦、静岡ダービーです。前回のダービーではリーグ第5節で1-3と敗れてしまいました。今回はリベンジして、ルヴァンカップ初勝利、そしてリーグに良い流れを持ち込みましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK植草裕樹、DF村松大輔、DFビョン ジュンボン、DF角田誠、DF飯田貴敬、MF杉山浩太、MF野津田岳人、MF村田和哉、MFミッチェル デューク、MF金子翔太、FW北川航也の11人。北川航也が怪我後初の公式戦先発となります。

試合前

磐田先発メンバーは、GK志村滉、DF中村太亮、DF小川大貴、DF大南拓磨、DF藤田義明、MF上田康太、MF太田吉彰、MF松本昌也、MFアダイウトン、MF松井大輔、FW小川航基の11人。U-21のメンバーにはGK志村滉、大南拓磨、小川航基が入ります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

磐田ボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、ビョン ジュンボンのロングパスに北川航也が裏で受けたが、これはオフサイドの判定。

前半 3分

磐田、左CK獲得。上田康太のボールは、ミッチェル デュークがクリア。再び中村太亮がゴール前に放り込むも、野津田岳人が頭でクリア。

前半 4分

磐田、右CK。太田吉彰のボールは、ゴール前で混戦になるが植草裕樹がキャッチし、そのまま前線に大きく蹴り出す。

前半 4分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人はサインプレー。ゴール中央、後方に転がして金子翔太がシュート態勢に入るも、これは空振りに終わる。

前半 7分

エスパルス、左サイド飯田貴敬のクロスに、ニアで北川航也がスルー。中央の金子翔太がシュートを放つも、これはGK志村滉が何とかセーブ。エスパルスとしては、惜しいチャンスを逃す。

前半 8分

磐田、右サイドで太田吉彰が突破。そのままクロスを上げるも、ビョン ジュンボンが中央でダイビングヘッドで大きくクリアする。

前半 10分

磐田、左サイド中村太亮のアーリークロスに、ゴール前で小川航基が飛び出しワントラップ。しかしディフェンスが体を入れて、ピンチを防ぐ。

前半 11分

磐田、左CK。中村太亮のボールにファーで藤田義明が合わせるも、ゴールの上に外れる。

前半 13分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人のボールは、GK志村滉がパンチングでクリア。

前半 15分

エスパルス、杉山浩太の顔に松井大輔の手が入り、相手陣内に入ったところでエスパルスボールのFK。

前半 18分

エスパルス、野津田岳人のスルーパスに、村田和哉が抜け出してクロス。これはディフェンスにクリアされる。

前半 20分

エスパルス、エリア左角付近からFK獲得。金子翔太の低いボールをニアで北川航也がコースを変えるヘディングでゴールを狙うも、GK志村滉がキャッチ。

前半 21分

エスパルス、右サイドの村田和哉が起点になり、裏を走り込んだ村松大輔に縦パス。村松大輔はクロスを放り込み、北川航也がワントラップで抜け出そうとしたところ、相手ディフェンス倒される。しかし、これはノーファウルの判定。

前半 24分

エスパルス、杉山浩太にイエローカードが提示される。

前半 27分

磐田、左サイド中村太亮のクロスに中央で小川航基がフリーになっていた。小川航基がシュートを放つも、これは植草裕樹がパンチングで外に出す。

前半 29分

エスパルス先制される。磐田、藤田義明のシュート性のクロスに、アダイウトンが中央でなだれ込むように押し込んだ。0-1

前半 31分

磐田、松井大輔のミドルシュートはゴールの上に外れる。

前半 32分

エスパルス、後方から杉山浩太が裏にスペースにロングボールを放り込む。北川航也が走り込むも、わずかに届かずGK志村滉の元へ。

前半 34分

エスパルス2点目を許す。エスパルス、バックパスを受けようとした植草裕樹がキックを空振り。そのままアダイウトンにボールを奪われ、押し込まれた。0-2

前半 36分

エスパルス、左サイドからFK。金子翔太のボールに、ミッチェル デュークが頭で狙うが、これはGK志村滉がセーブ。

前半 40分

エスパルス、ゴール前で金子翔太が倒されPK獲得。

前半 41分

エスパルス1点返す。エスパルス、金子翔太がPKを左ポストに当てながら決めた。1-2

前半 44分

エスパルス、右サイド村田和哉のクロスに、北川航也が中央で合わせようとするも、ディフェンスにコースに入られてしまう。しかし、ここで右CK獲得。野津田岳人のボールはニアでクリアされてしまう。

前半 45分

エスパルス、左サイドでFK獲得。金子翔太のボールはファーで杉山浩太が折り返すがディフェンスにクリアされる。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 46分

エスパルス、右CK獲得。野津田岳人のボールは、直接GK志村滉がキャッチ。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスは2点先取されましたが、金子翔太のPKで1点を返しています。

HT

エスパルス選手交代。村松大輔に代わり六平光成。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、左サイドライン際で北川航也がドリブルで突破すると、クロスはファーへ。村田和哉がボールをキープし、野津田岳人に戻す。野津田岳人は中に切り込んで左足でシュートを放つが、これはGK志村滉がセーブ。

後半 3分

エスパルス左CK、金子翔太のボールにミッチェル デュークが頭で合わせる。そのままボールがこぼれると、北川航也が押し込んだ。しかし、これはゴールの判定をめぐり、プレーが中断している。

後半 7分

先ほどのプレーはキーパーチャージを取られたようで、磐田ボールでプレーが再開される。

後半 7分

エスパルス、村田和哉のクロスにファーでミッチェル デュークが切り替えしてシュートを放つが、これはGK志村滉がパンチングでクリア。

後半 8分

エスパルス、今度こそ正真正銘の同点ゴールを決める。エスパルス、右サイドで村田和哉が突破すると、グラウンダーのボールを転がす。このクロスに中央で北川航也が押し込んだ。2-2

後半 10分

磐田、左サイドからのクロスの落としに松井大輔がシュートを放つも、これは植草裕樹が正面で抑える。

後半 12分

磐田、松井大輔にイエローカード。

後半 16分

磐田、左サイドから中村太亮がクロスを放り込むも、これは中央でしっかりと対応。

後半 17分

エスパルス再び失点を許す。磐田、右CK。上田康太はショートコーナーのリターンを受けてゴール前に放り込む。ここは跳ね返したものの、セカンドボールを藤田義明がシュートを放ち、ゴールに決まった。2-3

後半 20分

エスパルス、磐田ゴール前で波状攻撃。シュートを何度も放つも、ディフェンスにブロックされる。

後半 22分

エスパルス、左サイドでボールを受けた飯田貴敬が、中に切り込んでシュートを放つも、これはゴールの上に外れる。

後半 23分

磐田、右クロスから中村太亮がゴール前でボレーシュートを放つが、これは植草裕樹が右に飛んでファインセーブ。

後半 24分

磐田、右CK。太田吉彰のボールは、ゴール前でファウルがあったもよう。エスパルスボールで再開。

後半 28分

エスパルス、エリア外から杉山浩太がミドルシュートを放つも、これはディフェンスにブロックされる。

後半 28分

エスパルス、右サイドから六平光成がボールを放り込むも、ディフェンスに当たってコースが変わりGK志村滉がキャッチ。

後半 29分

磐田選手交代。松井大輔から上原力也。

後半 31分

磐田、右CK。上田康太のショートコーナーから、太田吉彰がクロスを放り込むも、北川航也が頭でクリア。

後半 32分

エスパルス選手交代。ミッチェル デュークに代わり白崎凌兵。

後半 33分

磐田、右サイド深い位置からスローイン。ボールをつないでアダイウトンがクロスを放り込むも、これはファーに飛んで、そのままゴールラインを割る。

後半 35分

エスパルス、飯田貴敬から金子翔太に入れて、北川航也とコンビネーションを見せる。北川航也がボールを前に出して飛び出すも、これはボールが長すぎ、GK志村滉が飛び出して抑える。

後半 38分

エスパルス選手交代。野津田岳人に代わり鄭大世。

後半 38分

エスパルス4点目を入れられる。磐田、カウンターからアダイウトンが右サイドをドリブル突破。そのまま、中に放り込むと、ゴール前で上原力也が抜け出して右足を振り抜いた。2-4

後半 41分

磐田選手交代。アダイウトンから齊藤和樹。

後半 42分

磐田選手交代。松本昌也から荒木大吾。

後半 42分

磐田、左CK獲得。中村太亮のボールはディフェンスがクリアするものの上原力也がミドルシュート。これはゴールの右に外れる。

後半 46分

後半アディショナルタイム7分。

後半 46分

エスパルス、カウンターからチャンスを作ると、エリア正面で金子翔太が倒されFK獲得。しかし、鄭大世の直接FKは、ゴールの上に外れる。

後半 49分

エスパルス、右サイドから村田和哉のクロス。これをファーで金子翔太が落としたものの、これは上手く繋がらない。

後半 50分

エスパルス、左サイドで飯田貴敬がスピードに乗ってドリブル。そのままクロスに持ち込むも、ボールはそのままゴールラインを超えてしまう。

後半 52分

エスパルス、エリア右角付近でFK獲得。金子翔太のボールはディフェンスにクリアされ、カウンターを受ける。しかし、何とか飯田貴敬が戻って、植草裕樹に返してピンチを防ぐ。

後半 53分

ここで試合終了。エスパルスは後半2-2の同点に追いつきましたが、そこから2点を奪われ敗れました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・ディフェンスラインを高く、全体をコンパクトに
・チャンスは我々の方が作れている。落ち着いて最後を決めよう。
・意地でもひっくり返せ!

ジュビロ磐田
名波 浩監督

・中盤の中締めをしっかりすること
・トライアングル(頂点)の顔出しを意識すること

COACH COMMENT

小林 伸二監督

立ち上がりチャンスが作れたと思う。でも、ちょっとしたところからリズムが変わった。それがリスタートであって、2枚ダブルストーンにしているので、セカンドボールが拾われるというのは仕方がない。そこをどうするかだが、やはり中で(マークを)外してしまうというところ。
(2-0から)前半1点取れたので、流れを変えられるなという形で、(後半同点ゴールを)取れたところまでは良かったと思う。そこからもう1回コーナーキックでセンターバックの藤田(義明)に外からやられている。その辺りをマンツーマンだから(マークを)外したということで残念だった。もう1点は我々が攻めている中でのカウンターで入れられた。ボールを押し出して持って行くと、スペースがある中でやられる。逆に今度押し込まれたときにリスタートでやられる。(ディフェンスの)枚数がたくさん入ったときに守れていないのは残念だと思う。
ただ、立ち上がりも良かったし、2-0から1点取った。後半の入りも良かったし、2-2になったところまでは良い形で持ってきたと思う。90分あるので、60分くらいで2-2になって、ラストの30分はもったいなかったと思う。へこたれずにやれるところを見て埋めていくということになっていく。ホームの札幌(戦)もリスタート1本放り込まれて、0-1で負けている。メンバーは違うがチームの問題だと思うので、ここは去年から守り方を変えながらやってきているが、なかなか埋まらない状態でいる。もう1回個人のところと守り方をしっかり検証して、次のリーグ戦鳥栖に(向けて)準備をしていきたいと思う。


<Q.この大会を振り返って、メンバーを大幅に替えてきたが、残り2試合残して敗退が決まったことについてはどう思うか?>
柏(戦)で出ているメンバーを何人か替えるとリズムが変わったが、間に合わなかったところからスタートしていると思う。(メンバーを入れ替えた理由の)一つは(日程が)タイトなので、リーグ戦に備えるということと、(出ていない選手を)ゲームに出すことによって個人を伸ばしていくことはやってきたつもり。今日もそうだが、前回の仙台戦も、もう少しのところまでいって勝ち取れていない。それはチームの問題(もあるが)、個人がこういうことを感じて伸びていけばいいと思っている。
今日はどうしても結果を出したかったので、サブをしっかり作って準備しながら進めてきたが、個人を伸ばすということでいくと、悪くない。ただ、本当に結果が出ていないので申し訳ないと思っている。

<Q.ルヴァンカップの戦いの中で、リーグ戦につながるような働きを見せてくれた選手は?>
金子(翔太)が(前節リーグ戦で)外れたが、今回は頑張ってくれたこと。北川(航也)が怪我からやっと戻ってきて点を取ったこと。前半でいくとデュークも悪くないと思う。今日は大きなところでいくと、飯田(貴敬)が(本来の)右サイドから左をやって、まあまあの出来を表現したと思う。こういう本番で何が出来るかということが、次のリーグ戦にもつながると思うので、そこは大事にしていきたいと思う。

<Q.ダービーを連敗したことについては?>
今回はホームで、向こうは(前節から)中2日で持ってきたので、そこはウチも(コンディションが)戻ってきている選手全員で戦えると思っていた。残念ながら結果はこのようになったが、戦えるということで送り出したメンバーなので、それは熱い想いの選手が一番悔しいと思っている。今回は負けたがそれが後々今シーズンにつながっていけば、それは生きたものになると思う。この中で何を感じるかというところで、日々のところをはめていけばいいと思っている。
同時に(リーグ戦とカップ戦の)両方勝って進めばいいが、そこは難しいところがあると判断しているので、こういう形をとった。ただ負けると思っていないので、60分まで充分戦ってくれたと思っているし、最後のところが少し厳しかったなと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

画像:杉山 浩太

杉山 浩太

まだルヴァンカップで勝てていなかったので、この試合は(浮上の)きっかけになるように、強い気持ちで挑んだ。だが、ミスもあって結果がついてこなかったことが残念。それでも、みんなで一体となって戦うという雰囲気は出来ていたと思う。
(2失点目は)サッカーでミスはつきものだが、植草(裕樹)選手には去年の試合を含めて、今年のルヴァンカップでも何失点防いでくれたか分からないし、今日も防いでくれていた。自分たちはそこから逆転して勝つのが助けになると思ったが、それができなかったのはフィールドにいる選手の弱さだと思う。
(守備で)最後の部分で体を張るところ、しっかりとクリアするというところは、自分を含めてもっとやっていかなければいけない。ただ、迫力のある攻撃が出来たシーンもあった。その良い流れを続けるようにしなければいけない。ダービーで負けて悔しいし、納得出来ないところもある。だが、みんながこの悔しい思いを持って練習に取り組んで、次に勝てるようにやっていくしかない。
画像:村田 和哉

村田 和哉

前回のダービーで負けてしまっていたので、試合前日から「やってやる」という気持ちがあった。だからこそ、この結果は、サポーターの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱい。
(ゴールが取り消しになった場面では)冷静だった。サッカーでもそういうことはあるし、その時に「もう一度点を取れば良いだけ」と思っていた。その数分後に、自分からのクロスで北川(航也)が決めてくれたので、その気持ちはブレていなかったんだなと思う。(クロスからのゴールは)去年の熊本戦と同じようなゴールになった。イメージした通りのクロスだったと思う。
0-2から2-2まで追いついたことは、チームとして成長したところ。今までとは違うゲーム展開だったが、しっかりと勝ち切るためには、あのような状況で逆転ゴールを決めないとサッカーは勝てない。
画像:金子 翔太

金子 翔太

前回のダービーで負けてから、ダービーの重みを感じながら戦っていた。(エスパルスは)あの試合で負けてから下位に低迷して、磐田は逆に順位を上げていった。リーグ戦に繋げる意味でも、今日の試合は絶対に勝とうという気持ちで臨んだが、悔しい敗戦になってしまった。
自分たちでボールを保持したり、前からプレッシャーをかけて、自分たちが主導権を持ってサッカーをするということは出来たところもあった。ただ、結果としてセットプレーや自分たちのミスから失点してしまった。
(リーグ戦では)スタメンを一度取られているので、もう一度アピールして取り返したい。すぐに鳥栖戦があるので、勝ち点3を取ってサポーターの皆さんと喜び合いたいと思う。
画像:飯田 貴敬

飯田 貴敬

慣れない左(サイドバック)ということもあり、少し難しかったところがあるが、その中でも自分のやるべきところはできた。プロに入って一番攻撃参加の回数が多かったと思う。それは元々出来ていた部分だったと思うが、プロに入ってから安全なプレーばかりをして、そのプレーが出来なくなっていた。徐々に感覚を取り戻せているので、良い方向に向かっているのかなと思う。
(攻撃参加は)鄭大世選手に「自分の特徴を出していけ」と言われていたので、守備よりも攻撃面で(特徴を)出していこうと意識して練習をしていた。その成果が出たと思う。ただ、攻め上がっても、クロスやシュートの精度をもっと高めなければ結果に繋がらないので、そこを改善することが必要になる。さらに、体力の面でもアップダウンを90分通して出来るようにしなければいけない。
画像:北川 航也

北川 航也

ジュニアユースの時から「ダービーでは負けてはいけない」と意識付けられてきた。だからこそ、今日の負けは悔しい。
(怪我後初の先発だが)いつ先発で出ても良いような準備をしてきたので、(試合でも)特別なことをしようとは思わず、自分のやれることだけやろうと思っていた。
(チーム2点目は)後半の最初に村田(和哉)選手のクロスに入れなくて、そのままボールが流れてしまったというシーンがあった。だから、もう一度村田選手が(裏に)抜けた時には、クロスが来ると信じて入ることを意識していた。あとは合わせるだけだったと思う。得点が取り消されてからのゴールだったので、自分としても嬉しかったし、サポーターも喜んでくれたと思う。何よりアイスタで得点を取れたということが次に繋がる。