清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

明治安田生命J1リーグ 第24節  2017.08.27 Sun 18:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 角田 誠(30分)

試合終了

  • 1前半0
  • 0後半2
DAZN

2

  • 遠藤 航(64分)
  • ラファエル シルバ(70分)
ロゴ:浦和レッズ

浦和レッズ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
45 DF 角田 誠
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
7 MF 六平 光成
20 MF 竹内 涼
22 MF 枝村 匠馬
19 MF ミッチェル デューク
30 MF 金子 翔太
18 FW 長谷川 悠

Substitutes

21 GK 高木和 徹
16 DF 村松 大輔
44 DF フレイレ
2 MF 清水 航平
11 MF 村田 和哉
10 MF 白崎 凌兵
23 FW 北川 航也

浦和レッズ

Line-ups

1 GK 西川 周作
6 DF 遠藤 航
2 DF マウリシオ
5 DF 槙野 智章
7 MF 梅崎 司
39 MF 矢島 慎也
22 MF 阿部 勇樹
38 MF 菊池 大介
8 MF ラファエル シルバ
9 MF 武藤 雄樹
30 FW 興梠 慎三

Substitutes

25 GK 榎本 哲也
14 MF 平川 忠亮
15 MF 長澤 和輝
16 MF 青木 拓矢
18 MF 駒井 善成
13 FW 高木 俊幸
20 FW 李 忠成

STATS

    45 90   90 45    
    3 3 6 シュート 12 5 7    
    9 4 13 GK 7 4 3    
    1 0 1 CK 3 3 0    
    3 4 7 直接FK 16 6 10    
    1 1 2 間接FK 1 1 0    
    1 1 2 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
北川 航也 ← 長谷川 悠(68分)
白崎 凌兵 ← 枝村 匠馬(71分)
村田 和哉 ← 金子 翔太(80分)
交代 (63分)菊池 大介 → 駒井 善成
(77分)矢島 慎也 → 長澤 和輝
(89分)武藤 雄樹 → 李 忠成
画像:イエローカード角田 誠(7分)
画像:イエローカード二見 宏志(17分)
画像:イエローカード長谷川 悠(52分)
画像:イエローカード鎌田 翔雅(77分)
警告・退場 (90+2分)李 忠成画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
16,194人 晴/無風 26.6℃ 65% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
高畑 俊成 扇谷 健司 越智 新次 作本 貴典 聳城 巧 森田 祐史

GAME FLASH

試合前

今日はアイスタでJ1第24節浦和レッズ戦です。9年ぶりのアイスタでの浦和戦。夏休み最後の試合でもあるので、力の限り応援しましょう!

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DF角田誠、DF二見宏志、DF松原后、MF六平光成、MF竹内涼、MF枝村匠馬、MFミッチェル デューク、MF金子翔太、FW長谷川悠の11人。角田誠が第14節FC東京戦以来の先発となります。

試合前

浦和先発メンバーはGK西川周作、DF遠藤航、DFマウリシオ、DF槙野智章、MF梅崎司、MF矢島慎也、MF阿部勇樹、MF菊池大介、MFラファエル シルバ、FW武藤雄樹、FW興梠慎三の11人。高木俊幸はベンチスタートです。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

浦和ボールで前半キックオフ。

前半 2分

浦和、左サイドでFK獲得。矢島慎也のボールは、ニアで阿部勇樹がバックヘッドで逸らすも、味方に合わせることができず。

前半 3分

エスパルス、右サイドのミッチェル デュークがゴール正面に入れると、長谷川悠がヒールで左サイドに流す。このボールをエリア外から枝村匠馬がシュート。GK西川周作が正面で抑えるも、ファーストシュートはエスパルス。

前半 6分

浦和、後方からパスをつないで、じりじりとエスパルス陣内へ。

前半 7分

浦和、矢島慎也のスルーパスに興梠慎三が抜け出そうとしたところを角田誠が足を出して止める。これがファウルの判定となり、角田誠にイエローカード。

前半 8分

浦和、エリア手前、ゴール正面の位置からFK。矢島慎也は低いボールを蹴るも、これは鎌田翔雅が対応して跳ね返す。

前半 11分

浦和、右サイドからのクロスは角田誠がクリア。

前半 13分

浦和、左サイドの槙野智章が縦に大きく蹴り出し、菊池大介を走らせるも、鎌田翔雅がしっかりと対応。

前半 15分

浦和、矢島慎也のクロスに、ラファエル シルバがオーバーヘッドでシュートを放つが、これはポストに直撃。何とか得点を許さない。

前半 17分

エスパルス、興梠慎三の飛び出しを二見宏志が体で止めたとしてイエローカード。

前半 18分

浦和、エリア右角付近からFK。矢島慎也のボールは、正面で竹内涼がクリア。こぼれ球を浦和につながれ、武藤雄樹がシュートを放つも、ゴールの右に外れる。

前半 20分

エスパルス、左サイド松原后のクロスに、ファーで枝村匠馬が落とす。中央でミッチェル デュークが競り合うもクリアされる。ゴールとはならなかったが、エスパルスらしい攻撃が見られる。

前半 23分

エスパルス、右サイドの鎌田翔雅のクロスに金子翔太が中央で競り合う。こぼれ球をミッチェル デュークが左足ボレーで狙うがゴールの右に外れる。

前半 25分

浦和、エリア外から遠藤航がシュートを放つも、これは枠を外れる。

前半 26分

エスパルス、ミッチェル デュークのパスのこぼれが、ゴール前に転がり金子翔太が飛び出すも、これはGK西川周作がキャッチ。

前半 30分

【ゴール】エスパルス先制!エスパルス、右CK獲得。枝村匠馬のボールは、中央から角田誠が頭で叩きつけてネットを揺らした。1-0

前半 33分

浦和、梅崎司が右サイドからドリブルでエリア内に侵入。倒れたが、ノーファウルの判定。

前半 36分

浦和、左サイドから槙野智章がオーバーラップでドリブルにかかるが、そのままボールが流れエスパルスボールのゴールキックへ。

前半 37分

浦和、枝村匠馬と激突した遠藤航が腰のあたりを抑えて倒れ、一時プレーが中断。

前半 40分

浦和、興梠慎三のパスに、エリア内で矢島慎也がボールに向かうが、鎌田翔雅が体を張って抑えてゴールキックへ。

前半 42分

浦和、右サイド遠藤航のクロスに、武藤雄樹が頭で落として興梠慎三が反転からシュートを狙うも、ゴールの右に外れる。

前半 43分

浦和、ラファエル シルバがドリブルで持ち上がりカウンター。しかし、落ち着いて対応し、中央へのパスを角田誠が多くクリア。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスは1点リードで後半を迎えることになります。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、竹内涼のカットから右サイドに展開。ミッチェル デュークのクロスに金子翔太が頭で合わせるが、ゴールの左に外れる。

後半 2分

浦和、矢島慎也がディフェンスの裏にボールを放り込むが、六反勇治がキャッチ。

後半 3分

エスパルス、金子翔太が相手陣内でボールを奪うと、長谷川悠が右サイドに展開。ミッチェル デュークのクロスは合わなかったが、エリア内で激しいボールの奪い合いとなる。

後半 6分

浦和、遠藤航のロングパス。武藤雄樹が飛び出すも、角田誠が足を伸ばしてこのボールを抑える。梅崎司が右サイドからグラウンダーのクロスを放り込むも、六反勇治が正面で止めた。

後半 6分

浦和、中央を破ったラファエル シルバのシュートを六反勇治がセーブ。武藤雄樹が詰めてゴールに押し込んだが、これはオフサイドの判定。

後半 9分

エスパルス、中央で組み立て左に展開。松原后のクロスはディフェンスに当たってコースが変わりGK西川周作がキャッチ。

後半 10分

浦和、右サイド遠藤航のクロス。鎌田翔雅がワントラップから周りを見ながら持ち上がる落ち着いた対応。

後半 14分

エスパルス、左サイドで松原后が2人のディフェンスの間を破って抜け出す。そのままゴールに向かいシュートを放つも、これは左のサイドネット。

後半 17分

エスパルス、長谷川悠が相手陣内でカットし、そのままドリブル。エリア手前でディフェンスにブロックされる。

後半 18分

浦和選手交代。菊池大介から駒井善成。

後半 19分

浦和、左CK。矢島慎也のボールはミッチェル デュークが大きくクリア。

後半 19分

【ゴール】浦和、左サイドに流れた武藤雄樹のクロスを遠藤航が中央で粘って押し込んだ。1-1

後半 22分

浦和、右サイド駒井善成のクロスにラファエル シルバが中央で合わせるも、ゴールポストに当たりながら右に外れる。

後半 23分

エスパルス選手交代。長谷川悠に代わり北川航也。

後半 25分

【ゴール】エスパルス逆転される。浦和、左サイドからのクロスを興梠慎三がゴール前で粘り、ラファエル シルバが押し込んだ。1-2

後半 26分

エスパルス選手交代。枝村匠馬に代わり白崎凌兵。

後半 29分

浦和、矢島慎也が足をつったもよう、ピッチに倒れ込んでいたが、担架で運ばれる。

後半 31分

エスパルス、鎌田翔雅が中央に切りこもうとしたところで倒されファウル。ここで熱くなった鎌田翔雅にイエロー。

後半 32分

浦和選手交代。矢島慎也から長澤和輝。

後半 32分

エスパルス、エリア右からFK。金子翔太のボールにファーで二見宏志が合わせるが、ゴールの左に外れる。

後半 35分

エスパルス選手交代。金子翔太に代わり村田和哉。

後半 37分

浦和、左CK獲得。梅崎司はショートコーナーを選択。折り返しを受けて、近くの武藤雄樹にパス。武藤雄樹はクロスを放り込むが、そのままゴールラインを割る。

後半 38分

エスパルス、右サイドで村田和哉がドリブルからクロス。中央でミッチェル デュークが競り合いも、クリアされてしまう。

後半 41分

エスパルス、竹内涼が相手陣内でパスカットからスルーパス。北川航也が飛び出すも、上手くコントロールできずGK西川周作が飛び出してクリア。

後半 43分

浦和、左CK獲得。梅崎司はショートコーナー。長澤和輝がボールを放り込むも角田誠が大きくクリア。

後半 44分

浦和選手交代。武藤雄樹から李忠成。

後半 45分

エスパルス、六平光成の縦パスを白崎凌兵が裏に出すも、GK西川周作が飛び出す。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

浦和、李忠成にイエローカード。

後半 48分

エスパルス、二見宏志が前線にボールを放り込み、白崎凌兵が抜け出すもこれはオフサイドの判定。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは1点先制したものの、逆転負けとなりました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
小林 伸二監督

・相手ボランチから、簡単にボールを入れさせないように

・攻撃とき、良い距離感を保つこと

・後半立ち上がり、もう一回締めていこう!

浦和レッズ
堀 孝史監督

・悪くないゲームができている。継続して行こう

・守備のラインコントロールを気をつけよう

・チャンスはあるからあわてないでプレーしよう

COACH COMMENT

小林 伸二監督

前半、立ち上がりに(DFラインの)裏に厳しいものがあったが、(そこを)我慢できたり、フリーキックも我慢できたところで、コーナーキックから上手く点が取れたのは良かったと思う。
後半は逆に立ち上がりが良くて、ボールが持てるようになったと思う。ただ、(ボールの)獲られ方が悪く、ミスをしたりした。例えばスルーパスが出て切れたり、シュートを打って終わるのなら良いが、何人かが(攻撃に)かかっているときに、個人の判断で(ボールを)獲られたりすると状況が一変に変わることが何回かあって、その内の一つが失点の1点目になったと思う。周り(の選手)は信用して走っているのだったら、(パスを出して)使うべきだと思う。そこが気になったところで、案の定ひっくり返された。どうしても複数失点が止まらない。ただ、今日のたくましく戦ったということは大事にしていきたい。
2-1で負けているときに前の選手の(交代)カードを切っているので、ボール保持者が後ろだったら、後方のパスコースを意識しながら押し出すとか、自分が押し出て行ってプレスをかけるというところがないと、ミスマッチであの時点では(ボールが)獲れないと思う。獲って攻撃にかかるというときに、どうやってボールホルダーにプレスをかけていくか。無謀に行くと動かれるので、後ろを気にしながらプレスをかけていく、全体が押し上がって行くということが、FWやサイドがもう少し理解できればいいと思う。フリーキックからもう1本チャンスも作れたが、あの状態でもチャンスはあるので、2-2にたくましく追い付いていくチームになっていきたいと思う。たくましくできるチームに変化していきたいと思う。


<Q.角田誠と二見宏志をセンターバックで組ませた理由と評価は?>
守備でリトリートを意図的にしても、奪ったときに繋げないと難しいので、繋ぐということを考えた。(そこは)落ち着いて繋げたというところはあったし、角田は(コーナーキックから)上手く中央で(点を)取ってくれたということは成功したと思う。
後半、フリーキックで二見がプルアウェイしてフリーになったが、それもサイン通りにいっているので、あれが入れば2人とも大活躍だったと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:角田 誠

角田 誠

得点シーンは、(コーナーキックで)あのボールを枝村(匠馬)に要求していたので、練習通りの形だったと思う。ただ、勝てなかったことが悔しい。
(守備面では)チーム全体としてボールをキープできなかったし、どこでボールを取るのかというのも曖昧だった。試合を通して厳しい試合だったと思う。(課題は)全ての面で修正が必要。2週間空くので、「どうやったら勝てるのか」というところを、もう一度チームとして考えてやっていきたい。
画像:鎌田 翔雅

鎌田 翔雅

勝ちきれなかったのが全て。(気合いは入っていたが)それは自分のベースなので、結果が出なかったことが残念。攻撃でも得点につながるようなプレーもできなかった。
(前半相手FKを止めたシーンでは)壁の外にいて、シュートの瞬間にスライディングでカバーに入った。普段は竹内(涼)がやることになっているが、ゴール前でいつもより壁の枚数が多くて、竹内とのアイコンタクトでやることになった。六反(勇治)選手も「あれをやっていなかったら入っていた」と言ってくれたので、やっておいて良かったと思う。
(チーム全体としては)こうやって逆転されてしまうところは、まだまだだと思い知らされるものになったと思う。(1失点目は)失点の仕方が良くなかったし、そこで(気持ちが)落ちてしまうのではなく、もっと力強くやれたら良かったと思う。
画像:竹内 涼

竹内 涼

(前半は)守備でも攻撃でも距離感が良く、みんなが迷いなくやれていた。良い時の自分たちのサッカーができていたと思う。そこからセットプレーで先制点が取れたので、試合の入り方は悪くなかった。
1失点目はセットプレーの流れからで、最後のところで体を張れなかった。だが、そこに至るまでの流れは、自分たちで招いてしまったもの。自分たち判断のミスなど、細かいところからリズムを崩してしまったところがある。(中盤の選手として)みんなの運動量が落ちてくる中で、真ん中でどうしても守らなければいけない時間帯は多くなる。そこで、もっとボールを奪いたかったし、センターバックが対応するのではなく、ボランチのところで止められたら良かった。
(失点を減らすためには)守備だけでなく、良い攻撃をすることも必要。自分たちのボールを持つ時間を増やして、相手にダメージを与えなければいけない。(中断期間は)攻撃も守備もどちらもレベルアップしなければいけない、重要な期間になると思う。
画像:ミッチェル デューク

ミッチェル デューク

個人個人で良かった部分もあったし、チームとしてもよく戦えていた。でも、試合の中で悪い時間帯が続いてしまった。そこを相手に突かれてしまったという試合。(逆転されてから)追いつく力が足りなかった。
今回も2失点してしまったが、失点数を減らしていけば、勝利にも近づけると思う。それができるまでは、毎週毎週厳しい戦いが続くと思っている。(順位が)下のチームが迫ってきているので、我々もしっかりと戦っていかなければいけない。
(今までも)チーム全員ハードワークをしていると思うが、攻守両面で、あと10%でも、もっと力を出していければいけない。(個人としても)自分のパフォーマンスに関しては満足できるところもあるが、得点を決めてチームを助けられなかったことは、自分でも悔いが残る。ゴールを決められるようにしていきたい。
画像:白崎 凌兵

白崎 凌兵

監督からは「守備をしながら、チャンスを見て前に出て行け」という指示が出ていた。でも、(交代前に)サイドラインで待っている間に、2点目を取られてしまった。そこで、難しくなってしまったところがある。相手に完全にボールを握られている展開だったが、少ないチャンスでもあればと思っていた。自分でもなかなかチャンスを作ることができなかったし、チャンスも来なかった。(チームとして)1点目を取られたあと、2点目取られるのが早いというのが、良くない時のチーム状態。そこは改善をしていかなければいけない。
ただ、個人としては復帰できたことで1歩進めることができる。また頑張ってやっていきたい。