清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第6節  2018.04.07 Sat 15:03 エコパスタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半0

0

ロゴ:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
28 DF 立田 悠悟
3 DF ファン ソッコ
4 DF フレイレ
25 DF 松原 后
6 MF 竹内 涼
17 MF 河井 陽介
30 MF 金子 翔太
29 MF 石毛 秀樹
19 FW ミッチェル デューク
20 FW クリスラン

Substitutes

1 GK 西部 洋平
26 DF 二見 宏志
45 DF 角田 誠
10 MF 白崎 凌兵
37 MF 高橋 大悟
9 FW 鄭 大世
23 FW 北川 航也

ジュビロ磐田

Line-ups

21 GK カミンスキー
3 DF 大井 健太郎
4 DF 新里 亮
5 DF 櫻内 渚
6 DF ギレルメ
41 DF 高橋 祥平
7 MF 田口 泰士
10 MF 中村 俊輔
19 MF 山田 大記
30 MF 上原 力也
20 FW 川又 堅碁

Substitutes

36 GK 三浦 龍輝
35 DF 森下 俊
11 MF 松浦 拓弥
13 MF 宮崎 智彦
23 MF 山本 康裕
27 MF 荒木 大吾
18 FW 小川 航基

STATS

    45 90   90 45    
    4 1 5 シュート 13 8 5    
    5 6 11 GK 6 4 2    
    0 3 3 CK 9 6 3    
    4 6 10 直接FK 13 5 8    
    0 0 0 間接FK 0 0 0    
    0 0 0 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
白崎 凌兵 ← ミッチェル デューク(74分)
鄭 大世 ← クリスラン(83分)
交代 (71分)櫻内 渚 → 荒木 大吾
(76分)山田 大記 → 小川 航基
(89分)中村 俊輔 → 松浦 拓弥
画像:イエローカードクリスラン(40分)
画像:イエローカード金子 翔太(81分)
警告・退場 (32分)高橋 祥平画像:イエローカード
(81分)田口 泰士画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
30,598人 曇/弱風 14.9℃ 32% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
新藤 一晴 佐藤 隆治 相樂 亨 山内 宏志 藤澤 達也 花澤 秀登

GAME FLASH

試合前

今日はエコパスタジアムでJ1リーグ第6節磐田戦、ダービーです。昨季3連敗のダービーも、すでに今季ルヴァンカップで1勝を返しています。今日の試合はダービー2連勝を目指します。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF立田悠悟、DFファン ソッコ、DFフレイレ、DF松原后、MF竹内涼、MF河井陽介、MF金子翔太、MF石毛秀樹、FWミッチェル デューク、FWクリスランの11人。前節のスタメンと変わりません。

試合前

磐田先発メンバーは、GKカミンスキー、DF大井健太郎、DF新里亮、DF櫻内渚、DFギレルメ、DF高橋祥平、MF田口泰士、MF中村俊輔、MF山田大記、MF上原力也、FW川又堅碁の11人。中村俊輔が3試合ぶりの先発復帰になります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、左サイド石毛秀樹のグラウンダーのクロスに中央で金子翔太が合わせるが、ボールはゴールの上に外れる。

前半 2分

磐田、FKを獲得。右サイドから中村俊輔のボールは、クリスランがクリア。こぼれ球を山田大記が狙うが、これはディフェンスがブロック。

前半 4分

磐田、右サイドで川又堅碁が倒れてプレーが中断していたが、磐田のスローインで再開。エリア内で連係ミスからエスパルスの選手がクリアしそこねると、上原力也がシュートを放つが枠を捉えられない。

前半 5分

磐田、左CK。中村俊輔のボールはファーまで流れる。山田大記が折り返すが、最後は六反勇治が抑える。

前半 6分

磐田、エリア外から田口泰士がシュートを放つが、六反勇治は正面で抑える。

前半 8分

エスパルス、六反勇治のロングキックをミッチェル デュークが落とし、そのボールに石毛秀樹が遠目の位置からミドルシュート。強烈なシュートだったが、惜しくも左ポストを直撃。

前半 10分

エスパルス、クリスランが右サイドに流れてディフェンスの裏に抜け出し、左足アウトでクロスを上げるが、ディフェンスにクリアされる。

前半 12分

磐田、右サイド深くに中村俊輔が抜け出し、右足でマイナスのクロスを放り込むが金子翔太がクリア。

前半 13分

エスパルス、相手陣内中央でFK獲得。石毛秀樹のボールにフレイレが落として、クリスランが頭で合わせるが、枠を外れる。

前半 14分

エスパルス、石毛秀樹が相手のバックパスを奪ってボールを出すと、金子翔太が相手ディフェンス2人の間を抜け出して運ぶ。クロスはディフェンスにクリアされる。

前半 17分

磐田、左サイドを駆け上がったギレルメがゴールライン際からマイナスのクロス。これはフレイレがクリア。

前半 19分

エスパルス、竹内涼が前線のスペースにボールを送るが、これはタイミングが合わなかった。

前半 20分

エスパルス、エリア中央でクリスランのパスを受けたミッチェル デュークが反転からシュートを放つが、これはGKカミンスキーがセーブ。

前半 23分

エスパルス、竹内涼から中央で石毛秀樹がボールを受け、反転してさらに縦にボールを出してクリスランを走らせるが、タイミングがわずかに合わず。

前半 26分

磐田、エリア右角付近からFK。中村俊輔のボールは中央でミッチェル デュークがクリア。こぼれ球も石毛秀樹が前に弾き出した。

前半 27分

エスパルス、フレイレのロングボールに、クリスランが落として中央からミッチェル デュークが走り込むが、磐田ディフェンスに先に触られる。

前半 29分

磐田、両サイドからクロスが上がったが、エスパルスディフェンスが何とか耐え、最後は金子翔太が大きく前線に蹴り出す。

前半 31分

磐田、左サイドからギレルメのクロスはファン ソッコがダイビングヘッドでクリア。

前半 32分

磐田、高橋祥平にイエローカード。

前半 33分

エスパルス、右サイドから立田悠悟のクロスは相手ディフェンスの嫌なところに飛ぶも 、磐田ディフェンスにクリアされる。

前半 36分

磐田、左サイド山田大記がクロスを上げ、中央から川又堅碁が飛び込むがフレイレがクリア。

前半 38分

磐田、左サイドから中村俊輔のフリーキックはニアで竹内涼がクリア。

前半 39分

磐田、中央でボールを中村俊輔が左サイドに展開。ギレルメがダイレクトにクロスを上げるが、ボールはファーまで流れる。

前半 40分

エスパルス、クリスランにイエローカード。

前半 42分

磐田、右CK。中村俊輔のボールは直接ゴールに向かうが、六反勇治がパンチングで外に逃げる。

前半 43分

磐田、左CK。中村俊輔のボールに川又堅碁が頭で合わせるが、ゴールの上に外れる。

前半 44分

磐田、山田大記が長い距離をドリブルで進んだが、石毛秀樹が戻って対応。ボールを外に出してプレーを切った。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

磐田、右サイド櫻内渚がエスパルス陣内深くまで持ち込み。切り替えしてクロスを放り込むが、フレイレが弾き返す。

前半 47分

ここで前半終了。0-0で折り返します。

後半 1分

磐田ボールで後半キックオフ。

後半 2分

磐田、左CK獲得。中村俊輔のボールに、中央で川又堅碁が頭で合わせるが、六反勇治がゴールの外に弾く。開始早々のピンチを凌いだ。

後半 6分

磐田、ロングボールの対応に向かった川又堅碁が立田悠悟とぶつかり頭を抑えてうずくまっている。起き上がってプレー再開。

後半 7分

エスパルス、相手のパスミスを奪った石毛秀樹が、右サイドにボールを出す。クリスランと新里亮の競争になるが、これはタッチに出される。

後半 8分

エスパルス、ゴール前の混戦からボールが出ると、石毛秀樹がGKの前で触ってコースを変えるが、カミンスキーが足に当てて防ぐ。

後半 10分

磐田、左CK。中村俊輔のボールは、クリスランが頭でクリア。そこから磐田は左サイドの中村俊輔からのクロスでゴール前でシュートチャンスを作るが、何とか防いでいる。

後半 12分

磐田、右CK。中村俊輔のボールは、ニアで竹内涼がクリア。

後半 13分

エスパルス、左サイド松原后のクロスはファーのミッチェル デュークにわずかに合わず。

後半 15分

エスパルス、竹内涼から前線の石毛秀樹にピンポイントで合わせるような強いパスが出るが、わずかに石毛秀樹には合わず。

後半 17分

磐田、左サイドの山田大記がゴール前に転がすと中村俊輔が飛び込んで合わせるが、シュートはゴールの左に外れる。

後半 18分

磐田、右CK。中村俊輔はショートコーナーを選択。折り返しを受けてゴール前に放り込むと、高橋祥平がヘディングシュート。これは六反勇治の正面に飛び、助かった。

後半 21分

磐田、クリアボールを拾った田口泰士がミドルシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 22分

磐田、山田大記がエリア外からミドルシュートを放つが、六反勇治が抑える。

後半 24分

エスパルス、磐田に長い時間ボールを持たれていたが、ようやく後ろでボールをつなぐ。

後半 26分

【選手交代】磐田、櫻内渚から荒木大吾。

後半 27分

エスパルス、右CK獲得。石毛秀樹はニアにボールを軽く転がすと、走り込んだミッチェル デュークが合わせるがGKカミンスキーがボールを抑える。

後半 28分

エスパルス、前線に蹴ったボールを大井健太郎がクリアミス。ボールはゴール方向に向かうが、GKカミンスキーがファインセーブ。

後半 29分

【選手交代】エスパルス、ミッチェル デュークに代わり白崎凌兵。

後半 31分

【選手交代】磐田。山田大記から小川航基。

後半 34分

エスパルス、相手陣内中央でFK獲得。金子翔太のボールはニアの小川航基にクリアされる。

後半 35分

球際の攻防を巡って、両チーム入り乱れている。金子翔太と田口泰士にイエローカードが出る。

後半 38分

【選手交代】エスパルス、クリスランに代わり鄭大世。

後半 38分

磐田、川又堅碁が前線でボールを受けて前に向くとスルーパス。小川航基が走り込むが、立田悠悟が体を入れて六反勇治が抑える。

後半 39分

エスパルス、左サイドから石毛秀樹がクロスを入れるが、GKカミンスキーが見送ってゴールキックから再開。

後半 41分

エスパルス、左CK獲得。松原后のボールにニアで立田悠悟が頭で合わせるが、わずかにゴールの左に外れる。

後半 44分

【選手交代】磐田、中村俊輔から松浦拓弥。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

磐田、エスパルス陣内中央からFK。田口泰士が直接狙うが、ゴールの上に外れる。

後半 48分

磐田、左サイドからギレルメがクロスを上げるが、中央でファン ソッコが大きくタッチに逃げる。

後半 50分

磐田、右CK。松浦拓弥のボールに、ゴール前混戦になるが、松原后が大きくクリア。

後半 50分

ここで試合終了。ダービーは0-0で勝ち点1。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・自陣で不必要なファールは避けること

・攻撃中、後ろのバランスはしっかりとっておくこと

・あと45分我慢強く!勝ち点を必ず獲る!!

ジュビロ磐田
名波 浩監督

・相手ツートップへのラフなボールやクロスボールにしっかり対応すること

・自陣マイボールの時、顔出しを早くすること

・ボックス脇、突破の動きを有効的に使おう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

ダービーということで、両チームサポーターに非常に良い雰囲気を作ってもらい、その中で良いゲームができたと思う。エスパルスのサポーターも多く駆けつけてくれて、非常に心強く感じた。
ゲームの内容は全般的には良い試合をしてのではないかと思っている。特に前半は我々も良いプレーができたと感じている。ポストに当たってゴールが入らなかったシーンもあったが、あれが入っていれば勝ち点3が取れたのかなと思う。
後半は少し押し込まれるシーンがあった。特にセットプレーなどで全体的に下がってしまったというのはあったが、全般的には良い内容の試合ができたのではないかと思っている。


<Q.守備が安定していたと思うが、手応えは?>
全体的にみんなで上手く協力して守れていたという印象はある。プレーの中で崩されることもなかったと思うし、セットプレーも上手く対応してディフェンスできていたと思う。

<Q.交代カードを1枚残していたが、攻撃的な選手を入れて点を取りにいくという考えはなかったか?>
その可能性は確かに残していた。しかし、前半でフレイレ選手が足首を捻っていたので、そのことを少し危惧していて、最後に交代枠を残していた。最終的に北川(航也)選手など攻撃的選手を入れる可能性はあったが、前線の選手を見てもまだ元気にしっかり動いてくれていたので、敢えてカードは使わなかった。立田(悠悟)選手も強い打撲を受けていたが、90分持ちこたえてくれたので、良かったと思う。

<Q.点が取れなかった要因は?>
ポストに当たって入らなかったところは、少し運が無かったのかなと思うし、充分決定機のチャンスは作っていたと思う。敢えて言うならば、最後の決めるところのクオリティが足りなかった。ラストパス、クロスなど最終的な局面でのクオリティが少し足りなかったと言えると思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:竹内 涼

竹内 涼

自分たちは前節リーグ戦で負けていて、「もう一度守備から」という気持ちはあった。そこで、まずゼロに抑えられたことは良かったと思う。ただ、チャンスも何度かあった中で決めきれなかったのは、前節と同じ。それでも、下を向かず、前節よりも良い雰囲気でやれていた。相手のカウンターの受けた時でも、みんなが戻れていたし、攻撃を遅らせるところもハッキリできたと思う。クロスに対しても、中がしっかりと弾けていたので、危ない場面はあまりなかった。
(攻撃では)相手のラインは高くなかったが、中央に人数が多くて、なかなか崩し切ることができなかった。でも、何度かチャンスになりそうな場面はあったので、そこでの質を高めること、アイデアを出していくことが必要になる。そこは練習でやるしかないので、これからの課題としてやっていきたい。
(次のホームでの試合は)「ホームで勝っていない」と言われているが、それでも自分たちはひたすら前を向いて勝ちに行くだけ。次は皆さんに喜んでもらえるような結果を出したい。
画像:ファン ソッコ

ファン ソッコ

(ダービーは)自分としては34分の1以上の価値のある試合だと位置付けていたので、引き分けという結果は残念ではあるが、チームメートが最後までハードワークをして奪った結果だと思う。
前線から2列目、ディフェンスラインもコンパクトに保てていたし、川又(堅碁)選手への対策もしっかりできていた。交代した選手も含めて全員が戦えていたと思う。自分たちにもチャンスがあって、そこで決めきることが出来ずに苦しい時間を招いてしまったが、そういった時間帯でも我慢することができたことは今後にも繋がる。(守備では)前半からずっとタイトなディフェンスができていたので、まずはこれをベースにしなければいけない。そこから改善して、より良いものにしていきたい。
画像:クリスラン

クリスラン

今日は厳しい試合になったと思う。相手にもチャンスはあったが、自分たちにもチャンスはあった。むしろ自分たちの方が決定機を作ったと思うが、相手のキーパーが良かったところもある。
(個人としては)今日で3試合ゴールを取れていない。そこはフォワードとして気にしている。ただ、良いボールが来なかったところもあるが、シュートシーンがあまりなかった。まだ試合はたくさんあるので、しっかりと練習をして、ここから得点を決められるようにしたい。そのためには、まずは一人ひとりが自分の役割をしっかりやること。あとは、連係をもっと良くしていかなければいけない。金子(翔太)、石毛(秀樹)とは良いコンビネーションが出来ているが、自分も含めてラストのところでもっと精度を上げなければいけない。
画像:石毛 秀樹

石毛 秀樹

(ダービーは)育成の頃から絶対に勝たなければいけないと思ってやっていたので、今日も強い気持ちで試合に臨んだ。5年ぶりにダービーでピッチに立って、「何とか結果を出したい」という気持ちで戦えていたと思う。相手のギャップに入って、竹内(涼)選手から良いクサビのパスをもらえていたところなどは手応えを感じる。あとは、その精度を高めなければいけない。「良いプレーが出来た」というところで終わらず、そこに結果を求めなければいけない。もっと相手から怖いと思われる選手になっていけるように練習からやっていきたい。
(ミドルシュートがポストに当たったが)それが入らないのが、自分の力の無さ。でも、始まってすぐだったので、勢いを持って(シュートを)打って、チームとしても流れを作ることができたと思う。次は決められるようにしたいし、もっと積極的なプレーを出していきたい。
画像:立田 悠悟

立田 悠悟

試合前はダービーということをあまり意識しすぎないようにしていた。それでも、試合が始まると雰囲気はいつもと違ったし、気負った部分もある。雰囲気に飲まれたところもあったかもしれない。
(ギレルメ選手に)1本目でぶち抜かれたので、そのあとは「縦を消す」という気持ちでやっていた。それでも、個の能力を上げていかなければ金子(翔太)選手への負担が大きくなってしまうので、もっと自分がやらなければいけないなと思った。
これまで守備を練習していたので、ゼロに抑えられたのは収穫になったと思う。でも、ダービーは勝たなくてはいけないので、満足はしていない。