清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第11節  2018.04.28 Sat 14:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

2

  • 鄭 大世(38分)
  • 北川 航也(41分)

試合終了

  • 2前半1
  • 0後半0

1

  • クリスティアーノ(40分)
ロゴ:柏レイソル

柏レイソル

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
27 DF 飯田 貴敬
3 DF ファン ソッコ
4 DF フレイレ
26 DF 二見 宏志
6 MF 竹内 涼
17 MF 河井 陽介
30 MF 金子 翔太
10 MF 白崎 凌兵
9 FW 鄭 大世
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
25 DF 松原 后
28 DF 立田 悠悟
11 MF 村田 和哉
29 MF 石毛 秀樹
19 FW ミッチェル デューク
20 FW クリスラン

柏レイソル

Line-ups

23 GK 中村 航輔
13 DF 小池 龍太
22 DF パク ジョンス
5 DF 中山 雄太
39 DF 亀川 諒史
7 MF 大谷 秀和
15 MF キム ボギョン
19 MF 中川 寛斗
14 FW 伊東 純也
10 FW 江坂 任
9 FW クリスティアーノ

Substitutes

1 GK 桐畑 和繁
2 DF 鎌田 次郎
4 DF 中谷 進之介
17 MF 手塚 康平
8 MF 小泉 慶
18 FW 瀬川 祐輔
20 FW ハモン ロペス

STATS

    45 90   90 45    
    3 5 8 シュート 13 8 5    
    5 7 12 GK 6 2 4    
    2 2 4 CK 9 2 7    
    4 4 8 直接FK 11 5 6    
    0 0 0 間接FK 0 0 0    
    0 0 0 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
ミッチェル デューク ← 北川 航也(70分)
石毛 秀樹 ← 金子 翔太(78分)
松原 后 ← 二見 宏志(85分)
交代 (56分)大谷 秀和 → 手塚 康平
(63分)中川 寛斗 → ハモン ロペス
(78分)江坂 任 → 小泉 慶
画像:イエローカード二見 宏志(26分)
警告・退場 (61分)小池 龍太画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
13,100人 晴/中風 22.5℃ 44% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
安間 和仁 柿沼 亨 清水 崇之 小椋 剛 阿部 将茂 安田 通

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第11節柏レイソル戦です。今季アイスタ初勝利へ。前節の勝利で勢いを付けており、期待が持てます。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF飯田貴敬、DFファン ソッコ、DFフレイレ、DF二見宏志、MF竹内涼、MF河井陽介、MF金子翔太、MF白崎凌兵、FW鄭大世、FW北川航也の11人。メンバーを替えてきています。

試合前

柏戦先発メンバーは、GK中村航輔、DF小池龍太、DFパク ジョンス、DF中山雄太、DF亀川諒史、MF大谷秀和、MFキム ボギョン、MF中川寛斗、FW伊東純也、FW江坂任、FWクリスティアーノの11人。今日はディフェンスラインに亀川諒史が入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

柏ボールで前半はキックオフ。

前半 2分

柏、右CK獲得。キム ボギョンはショートコーナーからリターンを受けてクロス。このボールは、そのままゴールラインを割る。

前半 3分

エスパルス、左サイドで二見宏志が倒されFK獲得。白崎凌兵は直接ボールを入れるが、ゴール前でファウルがあったもよう。柏ボールで再開。

前半 4分

柏、左サイドから崩して最後は中川寛斗がスルーパスを送るが、味方にはタイミング合わなかった。

前半 5分

エスパルス、左サイド、エリア外から北川航也がミドルシュート。コースは良かったが、GK中村航輔のファイセンセーブで防がれる。

前半 7分

柏、左CK。クリスティアーノのボールは、ニアで北川航也がクリア。

前半 9分

柏、右CK。キム ボギョンのボールは、ニアに江坂任が走り込んだところに合わせるが、シュートはゴールの右に外れる。

前半 12分

柏、右CK。キム ボギョンのボールはゴール前で混戦となるが、ファン ソッコがボールを落ち着かせる。

前半 14分

柏、右サイドからのクロスは、ファン ソッコがクリア。再び上げられるが、これは六反勇治が飛び出して抑える。

前半 15分

エスパルス、前線でボールを奪ってショートカウンター。金子翔太がゴール前の鄭大世にクロスを送るが、これはディフェンスが対応。GKに頭で返す。

前半 17分

柏、右CK。キム ボギョンのボールは、中央でエスパルスディフェンスが触って金子翔太がクリア。

前半 17分

柏、クリスティアーノのスルーパスに江坂任が抜け出して、ヒールで中央に。中川寛斗もヒールで後方に送るが、味方がおらずピンチを脱する。

前半 19分

柏、左サイドを亀川諒史がドリブルで駆け上がる。中央の江坂任にスルーパスを送るが、タイミングが合わなかった。

前半 23分

柏、ゴール前のこぼれ球にキム ボギョンがボレーシュート。強烈なボールだったが、六反勇治がセーブ。

前半 24分

柏、右CK。キム ボギョンのボールは、ニアで北川航也がクリア。

前半 26分

エスパルス、右サイドでFK獲得。金子翔太は飯田貴敬とワンツーでゴール前までボールを運んでクロス。しかし、これはディフェンスにクリアされる。

前半 27分

エスパルス、二見宏志にイエローカード。

前半 29分

柏、エリア右からFK。クリスティアーノのボールはクリアするも、こぼれ球を伊東純也が直接シュートを放つ。これは鄭大世がブロック。

前半 30分

柏、右CK。キム ボギョンのボールはニアでクリアも、伊東純也がこぼれ球をシュート。これは六反勇治が左に飛んでセーブ。

前半 31分

エスパルス、左サイドから竹内涼のクロス。ニアで鄭大世が潰れ、ファーに金子翔太が走り込んでいたが、ボールをコントロールできない。

前半 36分

エスパルス、柏に押し込まれる時間が続いていたが、ようやくボールを持てるようになってきた。

前半 38分

【ゴール】エスパルス先制!エスパルス、右CK獲得。金子翔太のボールは、中央の鄭大世が頭で叩きつけ、ネットを揺らした。1-0

前半 40分

【ゴール】同点に追いつかれる。柏、エリア外からクリスティアーノが右足で強烈なシュートは、不規則な変化をして決まった。1-1

前半 41分

【ゴール】エスパルス引き離す!エスパルス、左サイド二見宏志のロングスローに鄭大世がバックヘッドで前線に流す。裏に抜け出した北川航也がディフェンス1人をかわして右足でシュート。これが決まってすぐに1点リードに戻した。2-1

前半 44分

エスパルス、北川航也が金子翔太とのワンツーで右サイドに抜け出す。北川航也はマイナスのクロスを送ると、河井陽介がダイレクトにシュートを放つがゴールの上。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

柏、エリア左角付近からクリスティアーノがシュートを放つ。これも不規則な変化をするが、六反勇治が何とか抑える。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルス1点リードで後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 3分

エスパルス、サークル内でFK獲得。ファン ソッコは前線に大きく蹴り出す。

後半 3分

柏、中央を伊東純也にドリブルで突破されそうになるも、河井陽介が戻って対応。

後半 4分

柏、左サイドクリスティアーノのクロスはクリアも、こぼれ球を中川寛斗がシュートを放つ。これはゴールの左に外れる。

後半 7分

エスパルス、チャンスを作る。飯田貴敬のクロスはニアで鄭大世に合わせたがシュートを打てず。金子翔太のクロスにファーで北川航也が落として中央の鄭大世がボールを受けるもボールを抑えられない。しかし、こぼれ球を白崎凌兵がシュートもゴールの右に外れる。

後半 9分

エスパルス、右CK、金子翔太のボールは中央で鄭大世が合わせるがGK中村航輔がキャッチ。

後半 10分

エスパルス、北川航也が左サイドで抜け出してクロス。ファーで金子翔太が落として、中央の鄭大世はワントラップからシュートを放つも、飛び出して来たGK中村航輔が止めた。

後半 11分

【選手交代】柏、大谷秀和から手塚康平。

後半 14分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のクロスに白崎凌兵が走りこんでヘッドもゴールとはならない。その流れから、河井陽介がシュートを放つもGK中村航輔がセーブ。

後半 17分

柏、小池龍太にイエローカード。

後半 17分

エスパルス、エリア左からFK。白崎凌兵のボールはファーで二見宏志が頭で合わせるが、ポストに直撃。

後半 18分

【選手交代】柏、中川寛斗からハモン ロペス。

後半 19分

柏、右CK。キム ボギョンのボールはエスパルスディフェンスがクリア。

後半 22分

エスパルス、河井陽介が左サイドに展開。二見宏志が走り込んだがディフェンスに縦を抑えられる。後ろに戻してフレイレがクロスを放り込むが、これはディフェンスにクリアされる。

後半 25分

柏、右サイド小池龍太のクロスに、ファーで江坂任がシュートを放つがゴールの上。

後半 25分

【選手交代】エスパルス、北川航也に代わりミッチェル デューク。

後半 28分

エスパルス、右サイドで鄭大世がボールを受けると、反転から速いクロス。しかし、これはGK中村航輔に抑えられる。

後半 30分

エスパルス、右サイドでミッチェル デュークのクロスに、白崎凌兵がエリア内でボールを受けてシュートを放つが、これはディフェンスにブロックされる。

後半 30分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは、ディフェンスにクリアされる。

後半 31分

柏、エリア外からクリスティアーノがシュートを放つが、六反勇治が外に弾き出す。

後半 31分

柏、左CK、キム ボギョンのボールはディフェンスがクリア。

後半 33分

【選手交代】柏、江坂任から小泉慶。

後半 33分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり石毛秀樹。

後半 36分

柏、右サイドから中央に切り込んでキム ボギョンがシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

後半 36分

エスパルス、鄭大世が前線に抜け出して右サイドからGK中村航輔と1対1。シュートはニアのサイドネットに外れる。

後半 37分

柏、ハモン ロペスが右サイドから切り込んでシュートも六反勇治が弾く。こぼれ球を伊東純也に拾われるが、クロスは六反勇治が防ぐ。

後半 38分

エスパルス、二見宏志が足をつったもよう。ピッチの外に出る。

後半 39分

エスパルス、二見宏志はピッチに戻ったが、松原后が準備をしている。

後半 40分

【選手交代】エスパルス、二見宏志に代わり松原后。

後半 41分

柏、左サイドで伊東純也が仕掛ける。エリア内に侵入して倒れたが、ノーファウルの判定。

後半 42分

柏、左サイド亀川諒史のクロスはフレイレが弾き返す。こぼれ球をシュートに持ち込まれるが、これもブロック。最後は手塚康平がシュートを放ったが六反勇治が正面で抑える。

後半 44分

エスパルス、右サイドでフリーのミッチェル デュークにボールが渡る。しかし、無理に攻め上がらずボールをゆっくりと前に運ぶ。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、ミッチェル デュークがハーフライン付近で倒れている。飯田貴敬がボールを外に出した。

後半 48分

柏、手塚康平がシュートを放つもゴールの上に外れる。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは最後まで耐え抜き2-1で勝利しました。皆さんご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・全体をコンパクトに保つこと。

・ハードワークして足を動かそう。

・45分力を出し切って必ず勝とう!

柏レイソル
下平 隆宏監督

・自分のポジションを保ってボールが入ったらアクションをおこすこと。

・ボールを失ったらもっとはやく切り替えろ!この前より全然遅い!

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

今日は両チームとも素晴らしい、エキサイティングなサッカーを見せることができた試合だったと思う。
前半は柏のプレーも良く、こちらも苦労させられることがあった。チーム全体としても少し間伸びしたところもあり、ラインとラインの間に入られてプレーされるシーンも前半に何度か作られたと思う。
後半30分までは、こちらの方が上手くプレーできていたと思う。その時間帯に3点目が入るようなシーンも何度か見られた。柏も良いチームなので後半、攻撃に出てきたが、残り15分はチームとして規律良く守り切ったと思う。こちらも30分だけでなく45分続けたかったが、しっかり守り切って勝利を掴むという試合展開もあると思う。今日、勝利できたということはサポーターにとっても素晴らしい勝利だったと思うし、チームとしても力強いところを見せられたと思う。


<Q.石毛秀樹選手に代えて白崎凌兵選手を起用した理由と評価は?>
いつも使っている中盤4人の選手は良いパフォーマンスを見せてくれている。前節の名古屋戦も良いパフォーマンスを見せてくれたと思う。これほどスケジュールがタイトでなければ同じ中盤で臨むことが妥当なところだと思うが、スケジュールもタイトになってきているので、フィジカル的にも走る選手を使いたい、またローテーションしたいということを考えた。それは難しい判断ではなかった。なぜならば白崎選手の日頃の練習のパフォーマンスは素晴らしいものを見せてくれていた。実際、代えるとなると、石毛選手を代えるのか、金子翔太選手を代えるのかを考えた。ボランチのところもあったが、中盤4人の誰を見ても、高い走行距離を見せてくれている。どこでもしっかり走ってくれるだろうということは期待して白崎選手をまず入れて、石毛選手もクレバーなので途中出場でもしっかりやってくれるだろうと思っていた。石毛選手もすごく調子がいいし、点も決めてくれている。采配が上手くいったと思っている。

<Q.連戦で疲れがある中で最後まで走り切った選手たちのメンタル面をどう見ているか?>
今、フィジカル的にもメンタル的にも良いコンディションで選手はプレーしてくれていると思う。今日も90分、よく戦い抜いて守り切ってくれた。決して守りに入ったというわけではない。後半、点を取りにいこうとしていた。3点目が入ればもっと楽な展開になっていたと思うが、しっかり最後まで戦い抜く姿勢を見せてくれていた。このタイトなスケジュールを大変だと否定的にとるのではなく、面白い、次も戦ってやるぞと前向きの気持ちで臨もうと選手には言った。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

リーグ戦では先発を外れていたので、入りのところは緊張した。最初に2、3回ミスをして、それが相手に渡ってボールを握られたこともあった。それでも、(個人的に)柏戦ではゴールを決めている試合が多いので、今日は絶対にチャンスがあると思っていた。早い時間でゴールを決められたので、それで吹っ切れて後半もパフォーマンスは良かったと思う。
ルヴァンカップでは、今年ホームで決勝ゴールを決めているので、「(リーグ戦で)勝つのであれば、自分が決める時だ」と苦しい時にポジティブに考えていた。今日も1万人を超えるサポーターに来ていただいたが、これまで勝てなかったり、自分が決定機を外してしまうこともあったので、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。それを少しお返しできたと思うが、今日で終わりではない。この先も続けてホームで強いエスパルスにならなければいけないと思うし、その第一歩を踏み出せたと思う。次も勢いに乗って、全員が良いパフォーマンスを出して、首位を叩きたい。
画像:北川 航也

北川 航也

前半から相手にボールを持たれる時間が長かったが、それでも全員が耐えてハードワークをしたことで、このような結果になった。全員の勝利だと思う。久しぶりの勝ちロコだったが、リーグ戦はまた一味違ったものになった。
(ゴールは)鄭大世選手が上手く逸してくれたボールに素早く反応できた。反応できた時点で相手ディフェンダーも見えていたし、キーパーの位置も見えていた。反応できたか、できなかったかという差で決まったゴールだと思う。前節ゴールを取っていたから、今日も落ち着いて取れたと思う。自分の良さが生きたゴールかなと思うし、試合は全部つながっているんだなと感じた。
(失点したあとだったが)バタバタしないとか、やることをもう一度はっきりさせるということは(ピッチの)中で竹内(涼)選手を中心に話をしていた。そこから得点につながったことは今後の収穫になったと思う。
画像:六反 勇治

六反 勇治

ホームの勝利の味を忘れかけていたところだったので、チームメートだけではなくて、サポーターの方の喜んでいる顔を見ると「サッカーをやっていて良かったな」と思った。
(ファインセーブもあったが?)90分を見ると、そういうところもあったと思うが、チームとして規律良く守っていたと思う。中盤の選手だけでなく、フォワードの2枚も足がつるくらいまで走っていた。自分はあまり走らないので、ボールを止めることしかできないと感じていた。ただ、1本目のシュートで入ってしまった。(スーパーゴールを決められたが)ボールがゴールに入る時は必ず自分の近くを通っている。それを諦めたらサッカーを辞める時。あれは止められるシュートだったと思う。
この前の名古屋戦でもそうだが、失点をした後でもポジティブな声が増えてきている。「勝ちたいならどうすれば良いのか」という声に変わってきていると感じる。
次は首位の広島。(ヤン ヨンソン)監督にとっては去年まで指揮を執っていたチームなので必ず勝ちたいと思っているだろうし、自分たちは監督がやろうとしていることをチーム全員で出さなければいけない。広島が「監督を代えなければ良かった」と思われるような試合をして、サポーターにも勝ち点3をプレゼントしたい。
画像:二見 宏志

二見 宏志

(対峙する)伊東純也はとにかく速かったが、白崎(凌兵)と良い連係が取れていたと思う。今季始めて左サイドバックでの出場になったが、周りの選手は自分の特徴を分かってくれているので、特に大きな問題はなかった。周りに助けてもらった部分も大きかったと思う。自分は(松原)后ではないから、攻撃に行くことはなかなか難しかったが、バランスを見ながら自分のできることをやろうと思った。
(得点シーンの)スローインの時は、とりあえず鄭大世選手に合わせるようにということしか考えていなかった。それが得点になったことはラッキーだったと思う。逆に、(後半)自分の(ヘディングの)チャンスの時も入れられたら良かったが、目の前にポストがあって難しかった。
これで左サイドでもできるということを示せたと思う。
画像:白崎 凌兵

白崎 凌兵

前節はチームが勝っていて、石毛(秀樹)など調子が悪くない中で、メンバーを代えて挑むことになった。(自分としては)その流れを崩したくないというところはあった。柏は手強い相手で、特に右サイドは相手にとってストロング。伊東(純也)選手、小池(龍太)選手がガンガン上がってくるので、二見(宏志)選手と「絶対に自分たちのサイドで崩されないように意識しよう」という話をしていた。前半も上手くコミュニケーションを取りながら守れたと思うし、そこからボールを奪ってカウンターをしかけて右に展開するシーンもあった。自分たちがやろうとしたことはできたかなと思う。
今年はほとんどボランチでプレーしているので、スプリントを掛けるタイミングとか、動きのタイミングが違った。相手の右サイドバックが上がってきたら、そこに付いていくことが自分の仕事だと思っていて、そこはキツかったが上手くバランスをとりながらやれた。今日のプレーにアシストやゴールがプラスできれば良かったが、それ以外のところでボールを奪うところ、走るところ、ビルドアップでもミスはほぼ無かったので悪くはないのかなと思う。
柏はクオリティの高いチームだが、スーパーゴールを除けばあの攻撃陣をチーム全体で抑えた。そこで勝てたことは大きいし、その勝利に貢献できたことは良かった。