清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第14節  2018.05.12 Sat 14:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

4

  • 北川 航也(23分)
  • クリスラン(40分)
  • 北川 航也(52分)
  • 金子 翔太(54分)

試合終了

  • 2前半0
  • 2後半2
DAZN

2

  • 菊地 俊介(66分)
  • 野田 隆之介(90+5分)
ロゴ:湘南ベルマーレ

湘南ベルマーレ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
27 DF 飯田 貴敬
3 DF ファン ソッコ
4 DF フレイレ
25 DF 松原 后
6 MF 竹内 涼
17 MF 河井 陽介
30 MF 金子 翔太
29 MF 石毛 秀樹
20 FW クリスラン
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
26 DF 二見 宏志
28 DF 立田 悠悟
10 MF 白崎 凌兵
11 MF 村田 和哉
18 FW 長谷川 悠
19 FW ミッチェル デューク

湘南ベルマーレ

Line-ups

1 GK 秋元 陽太
13 DF 山根 視来
20 DF 坂 圭祐
29 DF 杉岡 大暉
36 MF 岡本 拓也
6 MF 石川 俊輝
10 MF 秋野 央樹
11 MF 高橋 諒
2 FW 菊地 俊介
9 FW イ ジョンヒョプ
18 FW 松田 天馬

Substitutes

21 GK 富居 大樹
8 DF 大野 和成
16 MF 齊藤 未月
24 MF 表原 玄太
7 FW 梅崎 司
15 FW 野田 隆之介
23 FW 高山 薫

STATS

    45 90   90 45    
    3 3 6 シュート 14 10 4    
    5 12 17 GK 4 2 2    
    1 0 1 CK 14 13 1    
    6 6 12 直接FK 14 7 7    
    2 0 2 間接FK 1 0 1    
    2 0 2 オフサイド 1 0 1    
    2 0 2 PK 0 0 0    
二見 宏志 ← 北川 航也(72分)
立田 悠悟 ← 石毛 秀樹(79分)
ミッチェル デューク ← クリスラン(81分)
交代 (36分)高橋 諒 → 高山 薫
(60分)イ ジョンヒョプ → 野田 隆之介
(60分)松田 天馬 → 梅崎 司
画像:イエローカード松原 后(44分)
画像:イエローカード松原 后(70分)
画像:レッドカード松原 后(70分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
14,624人 晴/弱風 22.9℃ 50% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
藤本 貢壽 中村 太 武田 光晴 田中 利幸 岡 宏道 岩下 和弘

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第14節湘南ベルマーレ戦です。リーグでは中断前最後のホームゲームになります。勝ってホーム連勝としましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF飯田貴敬、DFファン ソッコ、DFフレイレ、DF松原后、MF竹内涼、MF河井陽介、MF金子翔太、MF石毛秀樹、FWクリスラン、FW北川航也の11人。クリスランがリーグ復帰戦になります。

試合前

湘南先発メンバーは、GK秋元陽太、DF山根視来、DF坂圭祐、DF杉岡大暉、MF岡本拓也、MF石川俊輝、MF秋野央樹、MF高橋諒、FW菊地俊介、FWイ ジョンヒョプ、FW松田天馬の11人。前節から4人メンバーを代えてきました。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、キックオフの笛が鳴った瞬間から相手陣内に押し込む時間が続いている。

前半 3分

エスパルス、金子翔太のスルーパスに北川航也がシュートを放つも、これはオフサイドの判定。

前半 5分

エスパルス、左サイドから松原后が中に転がし、エリア内のクリスランにパスが通るも、これは上手くコントロールできず。その後クリスランのファウルを取られる。

前半 6分

湘南、右サイドからの低いクロスは六反勇治がパンチングでクリア。

前半 7分

湘南、イ ジョンヒョプが中央から抜け出したが、松原后が戻って対応。ミスからのピンチだっただけに、ここは集中したいところ。

前半 9分

エスパルス、左サイドから松原后のクロス。ニアで金子翔太が右足に軽く当ててコースを変えるシュートを放つが、ディフェンスにブロックされる。

前半 10分

エスパルス、竹内涼が左サイドまで持ち込みゴール前に放り込むが、これは味方には合わず、GK秋元陽太がキャッチ。

前半 12分

湘南、右CK。高橋諒のボールは、ニアに転がして菊地俊介が後ろ落とすと、松田天馬が切り替えしてシュート。これはゴールの右に外れる。

前半 16分

エスパルス、北川航也が前線でボールを奪ってクリスランに渡そうとするが上手く合わない。

前半 20分

エスパルス、フレイレがクサビのボールを入れるが、これはディフェンスにクリアされる。なかなかFWにボールが入らない状況が続いている。

前半 21分

エスパルス、左サイドに開いたクリスランがクロス。これがディフェンスの手に当たったように見えたが、判定はエスパルスの左CK。

前半 22分

エスパルス、左CK。石毛秀樹のボールは、ニアでフレイレが倒されPK獲得。

前半 23分

【ゴール】エスパルス、北川航也がPKを落ち着いて左サイドに決めた。1-0。

前半 25分

エスパルス、相手エリア内でボールをつなぎ、最後は北川航也がクロスを入れるが、これには合わせることができない。

前半 26分

湘南、右サイド石川俊輝のクロスに菊地俊介が飛び込んで混戦になるが、これは六反勇治が落ち着いて抑える。

前半 27分

湘南、松田天馬のクロスに石川俊輝が頭で合わせるが、これはオフサイドの判定。

前半 31分

湘南、左サイド高橋諒がファーにクロスを送ると、イ ジョンヒョプが飛び込み頭で合わせるが、六反勇治が抑える。

前半 33分

エスパルス、竹内涼がパスカットから左サイドで持ち上がりヒールで落とす。松原后がそのまま右足でシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

前半 34分

エスパルス、相手のクリアボールを拾ったクリスランがゴール前にパスを送るが、味方とタイミング合わない。

前半 36分

【選手交代】湘南、高橋諒から高山薫。

前半 37分

湘南、自陣で竹内涼がドリブルで持ち上がるが、奪われて秋野央樹がループシュート。これはゴールの右に外れる。

前半 38分

湘南、左サイドの高山薫が強引にゴールライン際まで持ち込んで、クロスは当たり損ねてニアで六反勇治が抑える。

前半 39分

エスパルス、エリア右角付近でクリスランが倒されてPK獲得。

前半 40分

【ゴール】エスパルス、PK。キッカーはクリスラン。左足で強烈なシュートを叩き込んだ。2-0

前半 43分

エスパルス、相手陣内に入ったところでFK獲得。フレイレがゴール前に上げて、クリスランが裏に走り込むが、坂圭祐に対応される。

前半 44分

エスパルス、松原后にイエローカード。

前半 45分

湘南、エスパルス陣内中央、右サイドからFK。秋野央樹のボールは、フレイレがクリア。セカンドボールも北川航也がタッチに逃げた。

前半 46分

アディショナルタイム2分。

前半 48分

ここで前半終了。エスパルスは2点リードで後半を迎えます。

後半 1分

湘南ボールで後半キックオフ。

後半 1分

湘南、左サイドからのクロスに高山薫が合わせるが、六反勇治が外に弾き出す。

後半 2分

湘南、右CK。秋野央樹のボールは、ゴール前を通過する。

後半 3分

エスパルス、高山薫のクロスを顔面に受けた松原后がしばらく倒れていたが、起き上がりプレー再開。

後半 5分

湘南、左CK。秋野央樹のボールは、中央にぽっかりと空いたスペースに坂圭祐に飛び込まれるが、ヘディングシュートはゴールの上に外れる。

後半 7分

【ゴール】エスパルス3点目!エスパルス、右サイド飯田貴敬のクロスにクリスランが頭で落として、そのボールを北川航也がダイビングヘッドで押し込んだ。3-0

後半 9分

【ゴール】エスパルス4点目!!!!エスパルス、クリスランが左から抜け出して、ゴール前に転がすと、中央から金子翔太がスライディングで押し込んだ。4-0

後半 11分

湘南、左CK。秋野央樹のボールは、ニアでクリスランが大きくクリア。

後半 12分

湘南、左CK。イ ジョンヒョプがゴール前で倒れている。担架でゴールライン外まで運ばれる。

後半 13分

湘南、左CK。秋野央樹のボールに中央で岡本拓也が合わせるがゴールの上に外れる。

後半 14分

【選手交代】湘南、イ ジョンヒョプから野田隆之介。松田天馬から梅崎司。

後半 16分

湘南、左CK。秋野央樹のボールは、ゴール前で混戦になるが、最後は六反勇治が抑える。

後半 17分

湘南、左CK。梅崎司のボールは、ニアでクリスランがクリア。

後半 18分

湘南、左サイド梅崎司がクロスを上げるが、これは六反勇治が飛び出してキャッチ。

後半 21分

【ゴール】エスパルス1点返される。湘南、左サイドからのクロスに六反勇治がパンチングで跳ね返すが、近くのファン ソッコに当たってしまい、こぼれ球を菊地俊介に押し込まれた。4-1

後半 23分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のクロスに、ニアに北川航也が飛び込み頭で合わせたがゴールには飛ばず。

後半 23分

湘南、エリア内でパスを繋ぎ梅崎司がシュートも、六反勇治が足でセーブ。

後半 24分

湘南、左CK。梅崎司のボールは、ニアでクリスランがクリア。

後半 25分

エスパルス、松原后が2枚目のイエローで退場。

後半 27分

【選手交代】エスパルス、北川航也に代わり二見宏志。

後半 28分

湘南、左サイド秋野央樹の横パスを受けた坂圭祐が強烈なインパクトのシュートを放つが、枠を捉えることができない。

後半 30分

湘南、左CK。秋野央樹からボールを放り込むと、エスパルス守備陣がなかなかクリアできず押し込まれる形になり、最後は杉岡大暉がシュートを打つがゴールの上に外れる。

後半 32分

湘南、右CK。秋野央樹のボールは、六反勇治が飛び出してパンチング。

後半 34分

【選手交代】エスパルス、石毛秀樹に代わり立田悠悟。

後半 36分

【選手交代】エスパルス、クリスランに代わりミッチェル デューク。

後半 37分

湘南、左サイド杉岡大暉のクロスを立田悠悟がコースを変えて左ポスト直撃。

後半 38分

湘南、左CK。梅崎司のボールは、六反勇治が飛び出してパンチング。

後半 39分

湘南、右サイドから石川俊輝のクロスにファーで立田悠悟がクリア。

後半 41分

湘南、右サイド梅崎司のクロスに大外から菊地俊介が合わせるが、左のサイドネットに外れる。

後半 46分

後半アディショナルタイム5分。

後半 46分

エスパルス、相手のコーナー付近でミッチェル デュークがボールをキープする。

後半 47分

エスパルス、相手陣内深くで金子翔太がセンターバックにプレッシャーをかけて、河井陽介がボールを奪う。そのまま持ち込んで、金子翔太にラストパス。このボールを金子翔太がシュートするも、ゴールの左に外れる。

後半 49分

【ゴール】湘南、ゴール前に人数をかけ、右の岡本拓也のクロスに最後は野田隆之介が押し込んだ。4-2

後半 51分

ここで試合終了。エスパルスは最後に2失点を喫しましたが、4-2で快勝。皆様、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・点差は考えず自分達のプレーに集中しよう

・つなぐところとFWに入れるところを上手く使い分けること

・もう一度頭から戦う姿勢を見せよう!

湘南ベルマーレ
曺 貴裁監督

・ボールを下げずに積極的に前へ入れていこう

・味方が作ったスペースに積極的に飛び込もう

・プレズバックを欠かさないこと

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

全て100%満足できたかというと、そうではなかった試合だった。しかし、かなり近いところまではいったと思う。最後の時間帯、金子(翔太)選手が、もう1点決められたら5-1になっていたと思うし、最後の失点が無ければ、またスコアも変わってきた試合だと思う。
とは言っても、それは私の気持ちだけであって、チームにとってはサポーターの前で勝利するということは良かったと思う。選手たちは今日、一生懸命頑張ってくれた。前回ホームで勝った試合でも、良い内容の試合を見せてくれたし、今日も良い試合を見せてくれたと思う。チームで取った得点だと思う。実際決めたのは、個人の選手だが、決めた選手にとっては自信につながったと思うし、4点も取れたのは良かった。個々の選手としては、それぞれがステップアップした良い内容を見せてくれたと思う。


<Q.クロスへの対応を課題に挙げていたが、その評価は?>
失点につながったシーンは振り返ってみて見極めたいと思うが、2つ目の失点のところは、二見(宏志)選手も簡単に間を通されて、クロスを上げられるシーンを作ってしまった。そこの対応は、もう少ししっかりやらなくてはいけなかったと思う。
1点目はセットプレーからセカンドボールを失ってというところだったし、他にもそのようなシーンはあったが、全体を通しては、今まで以上には上手く対応できたと思う。

<Q.攻撃でこれまでより、良くなっていたところは?>
今日チームで求めていた、(相手ディフェンダーの)裏への仕掛けというところが、積極的にできたところがすごく良かったと思う。クリスラン選手も前回の試合は半分しか出なかったが、そのときはなかなかリズム感のあるプレーができていなかった。ケガから戻っている途中だったということもあると思うが、今日は裏への動き出しというのは、やってくれていた。PKをもらったシチュエーションも、彼が裏へ抜け出して切り替えしたところだった。金子選手が決めたシーンも、彼が裏に出て、中に(クロスを)入れたシーンだったと思う。
金子選手も石毛(秀樹)選手も、しっかり裏へ攻撃ができていた。ボランチの2人も攻撃面で良くやってくれていた。鳥栖戦まで試合が続いていて疲労感もあったと思うが、試合に多く出ている選手たちも今日の試合は、よく頑張って走ってくれたと思う。決めるべき選手の北川(航也)選手も前線で結果を残せたということは、彼自身もステップアップし、良い試合ができたと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

画像:六反 勇治

六反 勇治

リーグ戦に出ている選手がルヴァンカップで休めたので、リフレッシュしてアグレッシブなサッカーができた。自分たちの方が走れていたし、セカンドボールも拾えていた。鳥栖戦では足りなかったところなので、そこができたことは良かった。
(個人としては)今までゴールから離れてプレーすることは少なかったが、エリアの外やゴールエリアから離れることが増えてきた。個人としても面白いチャレンジかなと思う。もっともっと堅実にしながらも、そういうプレーでディフェンスラインや、チームの流れができればと思う。今日はセンターバックにプレスが掛かる場面が多かったが、自分が受ければフリーでトラップして蹴ることができる。そうした方が、フォワードの頭だったり、セカンドボールを狙う準備ができると思う。そういう細かい話は監督とできている。
画像:河井 陽介

河井 陽介

4-0になってから緩めてはいけなかったし、点を取られてはいけなかったと思う。でも、連敗をしている中で得点も取れたし、勝ち切れたというところをポジティブに捉えたい。
(PKで2点とったが)効率良く点が入ることは一番良いこと。そして、ホームで勝てたというのは、気持ち良く次の試合に臨めると思う。これで失点のところは前向きに反省できると思うので、それをみんなで見つめ直して、隙の無いチームにしたい。
(PKの場面は)レフリーのジャッジを味方に付けられたことも良かった。でも、4-1になってから松原(后)が退場しないように、みんながフォローをしなければいけなかったと思う。
中断期間には気持ち良く入りたいので、次はアウェイだが勝って終わりたい。
画像:クリスラン

クリスラン

良い試合ができたと思う。10人になったが、最後まで頑張って勝ち点3を取ることができた。今シーズンでベストゲームだったと思う。個人としても得点を取って、さらにアシストもできたので自分の中では満足している。(PKの場面は)開幕戦では外してしまったが、今日は必ず決めるという気持ちだった。何よりも、今日の試合で勝つことが大事だったと思うし、ホームで勝ったのが一番嬉しい。
ブラジルも明日は母の日。自分の母親も来ているが、スタジアムに来ていただいている母親のため、選手の母親のためのゴールになったと思う。
(ルヴァンカップの)札幌戦に向けて良い準備したいし、アウェイだが勝ち点3を取りに行きたい。週末の川崎F戦もアウェイになるが、そこでも勝ち点3を取れるようにしたい。
画像:金子 翔太

金子 翔太

相手はハードワークをして前から来るチームだったが、負けずに自分たちも立ち上がりからアグレッシブに行こうという気持ちがPKの2得点につながったと思う。
(自らのゴールは)あの時間帯にスプリントできて、そこにクリスラン選手がピンポイントで出してくれた。あとは決めるだけだったと思う。クリスラン選手には感謝したい。
(終盤に押される展開になったが)今後も1人少ないという状況はあるかもしれないので、その時にどう守るかが大事になる。5-3-1に変更して、ラインが下がってしまった。ただ、リードした時にラインが下ることは昨季からあって、そうなると押し込まれるし、セカンドボールが相手にこぼれてしまう。退場者を出してしまったからだけではなく、それは昨季からの課題。そこは修正しなければいけない。
次節の相手は川崎Fだが、今日のようなアグレッシブな戦いをしたい。自分たちには、しっかりブロックを固めて守ってショートカウンターという武器がある。また、ポゼッション率を高めながら隙を見て自分自身もゴールを決められるようにしたい。
画像:北川 航也

北川 航也

まずは勝ち点3を取れたということが次につながると思う。得点も4つ入ったので、そこは自信を持って良いと思うが、2失点してしまったことはチームとして考えなければいけない。試合運びという面でも、もっと改善できるのではないかと思う。
PKのキッカーはクリスラン選手、金子(翔太)選手とジャンケンで決めた。一発で勝てたので、「入るだろうな」と自信を持っていた。ジャンケンで勝った時点で、サッカーの神様からのアシストなのかなと感じて、リラックスして蹴れた。(2点目は)飯田(貴敬)選手が良い突破をしてくれて、クリスランがしっかり落としてくれたボールに反応できた。練習でもやっている形だったし、それが試合にも出た。
フォワードである以上、結果を求めてゴールに向かっていきたい。それが無いとフォワードとは言えない。次はアウェイになるが、常にゴールを目指してやっていくだけ。