清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

明治安田生命J1リーグ 第15節  2018.05.20 Sun 15:04 等々力陸上競技場

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半2
  • 0後半1

3

  • 中村 憲剛(19分)
  • 阿部 浩之(33分)
  • 中村 憲剛(57分)
ロゴ:川崎フロンターレ

川崎フロンターレ

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
27 DF 飯田 貴敬
3 DF ファン ソッコ
4 DF フレイレ
26 DF 二見 宏志
6 MF 竹内 涼
17 MF 河井 陽介
30 MF 金子 翔太
29 MF 石毛 秀樹
20 FW クリスラン
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
28 DF 立田 悠悟
10 MF 白崎 凌兵
11 MF 村田 和哉
19 MF ミッチェル デューク
9 FW 鄭 大世
18 FW 長谷川 悠

川崎フロンターレ

Line-ups

1 GK チョン ソンリョン
18 DF エウシーニョ
3 DF 奈良 竜樹
5 DF 谷口 彰悟
7 DF 車屋 紳太郎
25 MF 守田 英正
10 MF 大島 僚太
14 MF 中村 憲剛
41 MF 家長 昭博
16 MF 長谷川 竜也
8 FW 阿部 浩之

Substitutes

30 GK 新井 章太
2 DF 登里 享平
17 DF 武岡 優斗
19 MF 森谷 賢太郎
27 MF 鈴木 雄斗
9 FW 赤崎 秀平
20 FW 知念 慶

STATS

    45 90   90 45    
    1 7 8 シュート 13 5 8    
    1 3 4 GK 8 6 2    
    1 3 4 CK 2 0 2    
    4 12 16 直接FK 12 6 6    
    0 0 0 間接FK 1 0 1    
    0 0 0 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
立田 悠悟 ← 飯田 貴敬(46分)
鄭 大世 ← 金子 翔太(70分)
白崎 凌兵 ← 北川 航也(81分)
交代 (72分)エウシーニョ → 武岡 優斗
(73分)長谷川 竜也 → 鈴木 雄斗
(88分)大島 僚太 → 赤崎 秀平
画像:イエローカードファン ソッコ(65分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
23,969人 晴/中風 21.5℃ 33% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
杉澤 直樹 佐藤 隆治 山内 宏志 数原 武志 桜井 大介 大高 常勝

GAME FLASH

試合前

今日は等々力陸上競技場でJ1第15節川崎フロンターレ戦です。この試合を最後にリーグ戦は中断に入ります。最後の力を振り絞って、星を五分に戻しましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF飯田貴敬、DFファン ソッコ、DFフレイレ、DF二見宏志、MF竹内涼、MF河井陽介、MF金子翔太、MF石毛秀樹、FWクリスラン、FW北川航也の11人。左サイドバックには二見宏志が入っています。

試合前

川崎F先発メンバーはGKチョン ソンリョン、DFエウシーニョ、DF奈良竜樹、DF谷口彰悟、DF車屋紳太郎、MF守田英正、MF大島僚太、MF中村憲剛、MF家長昭博、MF長谷川竜也、FW阿部浩之の11人。先日、日本代表に選出された大島僚太は先発メンバーに入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

川崎F、谷口彰悟が痛んでいる。

前半 2分

川崎F、谷口彰悟はプレー続行なようで、ドロップボールで再開。

前半 4分

川崎F、左サイドでFK。中村憲剛のボールはフレイレがクリア。こぼれ球をエウシーニョがシュート。ディフェンスに当たりコースが変わったが六反勇治がセーブ。

前半 5分

川崎F、左CK。中村憲剛がボールを蹴るがゴール前でファウルがあり、エスパルスボールで再開。

前半 6分

エスパルス、ファン ソッコがボールを持ち運び、遠い位置から思い切ったミドルシュート。これはゴールの右に外れる。

前半 8分

エスパルス、自陣で二見宏志が倒されFK。ボールを繋いで、竹内涼が右前方に大きく蹴り出すが味方には合わず。

前半 10分

川崎F、ゴール前でパスをつなぎ最後は大島僚太がシュートを放つが、これはディフェンスがブロック。

前半 12分

川崎F、左CK。中村憲剛のボールに、ニアで守田英正が頭で合わせるが六反勇治が左に飛んでセーブ。

前半 14分

川崎F、大島僚太のスルーパスに、長谷川竜也が抜け出してループシュートを狙うが、ゴールの上。

前半 16分

エスパルス、クリスランがロングボールを受けて石毛秀樹とワンツー。クリスランが前方の北川航也にパスを送るが、これはオフサイドの判定。

前半 19分

【ゴール】川崎F、エリア手前、ゴール正面の位置からFK。中村憲剛がゴール右に決めた。0-1

前半 24分

川崎F、左サイド長谷川竜也のクロスは六反勇治がキャッチ。

前半 25分

エスパルス、川崎Fに長い時間ボールを回されていたが、この時間はエスパルスがゆっくりとボールを回している。

前半 28分

川崎F、エウシーニョのスルーパスに、阿部浩之が六反勇治と1対1人なる。これは六反勇治が体に当てて防ぐ。

前半 30分

エスパルス、北川航也が自陣から左サイドのスペースにボールを出すと、クリスランが抜け出す。しかし、ボールをキープしようとするも、味方のフォローがなく相手にボールを奪われてしまう。

前半 31分

川崎F、大島僚太がゴール前に浮球のパスを送るが、これは六反勇治がキャッチ。

前半 33分

【ゴール】川崎F、右サイドからエウシーニョが中に切り込んで中央の阿部浩之にパス。阿部浩之が反転してシュートし、ボールはゴール右に転がった。0-2

前半 38分

エスパルス、右サイドで飯田貴敬が抜け出してクロス。跳ね返されるが、再び拾ってクロスを放り込むも相手ディフェンスにブロックされ、右CK獲得。

前半 38分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは、中央でクリアされる。しかし、このボールを金子翔太が拾い、ディフェンスを一人外してクロス。これもクリアされる。

前半 40分

川崎F、守田英正が中盤で2人かわしてスルーパス。長谷川竜也が張り込むが、六反勇治が飛び出して抑える。

前半 43分

川崎F、ゴール前でパスをつなぎ、最後は中村憲剛がシュートを放つが六反勇治の正面。

前半 45分

川崎F、左サイド長谷川竜也のクロスはそのまま流れ、二見宏志がボールをつなぐ。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスは後半2点を追い掛ける展開になります。

HT

【選手交代】エスパルス、飯田貴敬に代わり立田悠悟。

後半 1分

川崎Fボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、右サイドからの金子翔太のクロスを受けた北川航也がヒールで落としたが、味方にはつながらない。

後半 4分

エスパルス、右CK。石毛秀樹は速いボールを転がしニアの選手がスルーをするというサインプレー。しかし、中央でクリアされてしまう。

後半 5分

エスパルス、左サイド二見宏志のクロスに、クリスランが頭であわせるがゴールの上に外れる。

後半 10分

エスパルス、クサビのボールに反応した北川航也がピッチに倒れ込んで、プレーが止まっている。

後半 11分

エスパルス、北川航也はピッチの外に出て、股関節を伸ばしている様子。ドクターのチェックを済ませて、ピッチの中に入った。

後半 12分

【ゴール】エスパルス3点目を許す。六反勇治のパスを引いて受けた河井陽介が中村憲剛にボールを奪われて、ゴールに押し込まれた。0-3

後半 14分

エスパルス、フレイレが左サイドからクロスを入れ、中央で北川航也が合わせるがGKチョン ソンリョンの正面。

後半 17分

エスパルス、エリア左でFK獲得。石毛秀樹はニアに速いボールを入れると、GKチョン ソンリョンが何とか触ってディフェンスがコーナーに逃げる。

後半 18分

エスパルス、左CK。石毛秀樹のボールはニアに。クリスランが競るもクリアされてしまう。

後半 20分

エスパルス、ファン ソッコにイエローカード。

後半 21分

川崎F、左サイド車屋紳太郎のクロスに、ファーでエウシーニョがボレーで狙うが、ゴール左に外れる。

後半 24分

川崎F、左サイドで車屋紳太郎の縦パスに、長谷川竜也が走り出したがボールはそのままゴールラインを割る。

後半 25分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり鄭大世。

後半 26分

エスパルス、エリア左でFK獲得。石毛秀樹のボールにニアでクリスランが合わせるが、ゴールの上に外れる。

後半 27分

【選手交代】川崎F、エウシーニョから武岡優斗。

後半 28分

【選手交代】川崎F、長谷川竜也から鈴木雄斗。

後半 29分

川崎F、左サイドでFK。蹴り出さずボールをつなぐが、ここでエスパルスがパスカット。マイボールにする。

後半 30分

エスパルス、右サイドでFK獲得。石毛秀樹のボールは、ディフェンスにクリアされる。

後半 34分

エスパルス、北川航也の横パスを受けた鄭大世が、ワントラップからシュートを放つがGKチョン ソンリョンが正面で抑える。

後半 36分

【選手交代】エスパルス、北川航也に代わり白崎凌兵。

後半 37分

川崎F、左サイドを抜け出した車屋紳太郎がゴール前に転がし、阿部浩之がニアでシュートを放つがサイドネットに外れる。

後半 39分

川崎F、ゴール前でつないで阿部浩之がシュートを放つが、六反勇治がセーブ。

後半 42分

エスパルス、左サイドから二見宏志のクロスはそのまま流れるが、ファーで石毛秀樹がボールを拾い、戻して立田悠悟がダイレクトでクロスを放り込む。しかし、これはディフェンスにクリアされる。

後半 42分

エスパルス、ゴール前に上がったボールにクリスランが左足でボレーを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 43分

【選手交代】川崎F、大島僚太から赤崎秀平。

後半 44分

エスパルス、右CK。石毛秀樹のボールにニアで鄭大世が合わせてコースを変えるが、このボールはディフェンスにクリアされる。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 48分

エスパルス、右サイド深い位置でFK獲得。石毛秀樹のボールは、中央でディフェンスにクリアされる。

後半 49分

エスパルス、左サイドの二見宏志のクロスに、クリスランがオーバーヘッドでゴールを狙うがゴールの右に外れる。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは0-3で敗れました。皆さん、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・ディフェンスラインをしっかり上げること

・ボールを呼んで、もっとつなげていくこと

・簡単にやらせるな。もっと力強くプレーしろ!

川崎フロンターレ
鬼木 達監督

・45分、しっかり走り切ること

・ボールをしっかりつないでリズムを作る

・攻撃は背後の意識。チャンスでは全員で取りに行こう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

川崎は勝ちに値する内容の試合を見せていたと思う。
前半は楽に点を与えてしまった印象だった。自分たちの本来のプレーができなかった。しかし、後半は何とか自分たちが求めるプレーが、内容的にも見せられたと思う。全体的に見て、前半は相手に楽にプレーさせてしまったことが、最終的に結果に響いてしまったという印象。
具体的には前半の自分たちのプレーがあまりにも消極的だったと言える。相手も実際上手いチームであり、観客の声援もあると思うが、それが無くても前半は上手くプレーされていたと感じた。
後半に臨むにあたって、選手たちも強い気持ちを見せてくれて、自分たちのゲームを展開していかなくてはいけないという気持ちを見せてくれたので、後半の内容は良かったと思う。
これから休みに入っていくが、後半に見せたような強い気持ちを持って臨んでいくべきだと感じている。


<Q.中断期間で修正したいことは?>
今日の試合に臨むまでは、ある程度強固なディフェンスを見せられていたと思う。改善しなくてはいけないポイントはクロスの対応が挙げられると思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:竹内 涼

竹内 涼

もう切り替えるだけ。今日の前半はあまりにも策がなかったし、内容的にも何もなかった。後半は跳ね返したところはあるが、前半の戦い方が悪すぎたと思う。
相手にボールを保持されることを前提でやっているが、相手がどうであろうと自分たちが良い守備から良い攻撃するということは変わらない。それでも、今日は相手がボールサイドに人数を集めてきていて、その対応や、どう守るかというところがハッキリできなかった。
(前半戦を振り返って)勝ったり負けたりする中で、練習からみんながひたむきにやっているところは継続すべきだと思う。それは一度負けたからと言っても、変えてはいけないところ。ここから中断になるが、チームがバラバラにならないようにしなければいけない。今日も、あれだけたくさんのサポーターが来てくれていたので、もう一度喜んでもらえるように良い準備をしたい。
画像:二見 宏志

二見 宏志

前半は引きすぎて、相手に良いようにボールを回されていたのかなと思う。後半は自分たちのフォーメーションも、ポジションも変えて、そこから上手く前に掛かることができるようになった。だが、そうなってからでは遅い。川崎Fを相手に、先に2点を入れられてしまうと、ゲームとしては難しくなる。その上に(後半で)3点目を取られてしまったので、そこで勝負ありという感じになってしまった。
(後半修正したのは)ポジションチェンジをしたところもあるが、負けていたので、前に行くしかないという気持ちだった。それでクロスを上げる機会も増えたと思う。(意図としては)中の2枚が強いので、まずはクリスランを狙うという感じだった。何度か合ったシーンもあったが、1発で仕留めることは難しいので、やはりクロスの数を増やしていかなければいけないと思っていた。
ただ、今日の試合は前半の戦い方が全て。そこで勝負が決まってしまった。
画像:石毛 秀樹

石毛 秀樹

後半は自分が真ん中に入って、ウイングバックを置くようになって、相手に上手くプレッシャーがかけられるようになっていた。相手はもちろん技術の高い選手が揃っているが、プレッシャーをかければ、前を向くのは難しくなる。後半はそれができるようになって、上手くプレッシャーがかけられるようになると、自分たちの方がボールを保持していたし、早い段階でボールを奪えていた。そこは良かったと思うが、そこで点が取り切れないところが課題。
(フリーキックの場面は)ニアに誰かが走り込んで、触ってくれたら良いし、誰も触らなくても直接ゴールに向かうようなイメージだった。他の場面でも、中の選手に1本でも合えばと思っていた。
こういう相手に対しても臨機応変に対応しなければいけなかった。自分たちがゲームをやりながら感じたことを、選手たちから率先して、ゲームの中で修正できるようにできれば、もっと違う内容になっていた。この中断期間を使って成長できれば、もっと良いチームになると思う。
画像:金子 翔太

金子 翔太

立ち上がりから川崎Fのサッカーをリスペクトしすぎていた。もっと前からプレッシャーをかけにいかなければいけなかったのに、そこができていなかったと思う。
自分たちの狙いはサイドハーフがプレッシャーをかけにいくというものだが、今日はなかなか2トップが上手くプレッシャーをかけられなかったし、相手もポジションをずらしてサイドに人数をかけてきたりしていた。後半はシステムを変えて上手くいくところもあったが、やっぱり前半の2失点が痛かった。
この連戦の中で毎試合課題が出ていたが、その課題に対してチームとして修正する時間がなかったので、この中断期間を上手く使わなければいけない。15試合で出た課題を、一人ひとりが反省して、中断明けにアグレッシブに戦って勝てるようにしたい。
画像:鄭 大世

鄭 大世

ルヴァンカップが終わってしまったので、モチベーションを保つことが難しかった。リーグ戦ではレギュラーで出る試合も少なく、これからどうしていけば良いのかというタイミングで、川崎Fと対戦することになった。後半戦に向けて、等々力で前半戦の最後で試合ができたというところは、個人的には良いきっかけになった。
(川崎F時代に)我那覇(和樹)選手からレギュラーを取るためにがむしゃらになってボールを蹴っていた時と、今の自分が変わってしまったんじゃないかと自問自答していた。レギュラーを取るために、全力を尽くしているのか、もっとできることがあるんじゃないかと模索していた。そういう初心に帰るきっかけを与えてくれたと思う。
チームは負けてしまったが、今日の敗戦に落ち込むことはない。今年は内容も良いし、1つ負けて成績が一気に落ちることもないので、この敗戦を気にしないでやっていきたい。