清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第16節  2018.07.18 Wed 19:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

3

  • ファン ソッコ(11分)
  • 北川 航也(28分)
  • クリスラン(67分)

試合終了

  • 2前半0
  • 1後半0
DAZN

0

ロゴ:セレッソ大阪

セレッソ大阪

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
28 DF 立田 悠悟
3 DF ファン ソッコ
4 DF フレイレ
25 DF 松原 后
10 MF 白崎 凌兵
17 MF 河井 陽介
30 MF 金子 翔太
19 MF ミッチェル デューク
20 FW クリスラン
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
27 DF 飯田 貴敬
45 DF 角田 誠
15 MF 兵働 昭弘
29 MF 石毛 秀樹
11 FW 村田 和哉
18 FW 長谷川 悠

セレッソ大阪

Line-ups

21 GK キム ジンヒョン
2 DF 松田 陸
14 DF 丸橋 祐介
22 DF マテイ ヨニッチ
23 DF 山下 達也
6 MF 山口 蛍
7 MF 水沼 宏太
10 MF 清武 弘嗣
43 MF オスマル
9 FW 杉本 健勇
18 FW ヤン ドンヒョン

Substitutes

27 GK 丹野 研太
4 DF 藤本 康太
16 DF 片山 瑛一
15 MF 木本 恭生
17 MF 福満 隆貴
24 MF 山村 和也
13 FW 高木 俊幸

STATS

    45 90   90 45    
    5 6 11 シュート 8 7 1    
    2 11 13 GK 9 5 4    
    1 3 4 CK 7 6 1    
    1 4 5 直接FK 8 4 4    
    0 0 0 間接FK 1 0 1    
    0 0 0 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
石毛 秀樹 ← ミッチェル デューク(66分)
兵働 昭弘 ← クリスラン(73分)
長谷川 悠 ← 北川 航也(81分)
交代 (61分)ヤン ドンヒョン → 高木 俊幸
(73分)清武 弘嗣 → 山村 和也
(77分)水沼 宏太 → 福満 隆貴
警告・退場 (45分)水沼 宏太画像:イエローカード
(82分)山下 達也画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
9,782人 晴/弱風 28.4℃ 79% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
小林 進 柿沼 亨 間島 宗一 川崎 秋仁 秋澤 昌治 森田 祐史

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第16節セレッソ大阪戦です。いよいよリーグ再開となります。勝って良いリスタートを決めましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーはGK六反勇治、DF立田悠悟、DFファン ソッコ、DFフレイレ、DF松原后、MF白崎凌兵、MF河井陽介、MF金子翔太、MFミッチェル デューク、FWクリスラン、FW北川航也の11人。今日は左サイドにミッチェル デュークが先発しています。

試合前

C大阪先発メンバーは、GKキム ジンヒョン、DF松田 陸、DF丸橋祐介、DFマテイ ヨニッチ、DF山下達也、MF山口蛍、MF水沼宏太、MF清武弘嗣、MFオスマル、FW杉本健勇、FWヤン ドンヒョンの11人。柿谷曜一朗がケガでベンチを外れています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

C大阪ボールで前半キックオフ。

前半 1分

C大阪、右サイドの松田陸がクロスを放り込むも、これはミッチェル デュークが足を出してブロック。

前半 2分

C大阪、左サイド丸橋祐介がゴール前に絶妙なボールを転がし、中央の清武弘嗣に通るが何とか六反勇治が抑える。

前半 4分

エスパルス、左サイドで松原后と北川航也のワンツーでボールを持ち上がり、右サイドに展開。白崎凌兵のスルーパスから立田悠悟が前でボールを受ける。切り替えして左足のクロスはGKキム ジンヒョンがキャッチ。

前半 6分

エスパルス、金子翔太の縦パスに北川航也が右サイドで抜け出してクロス。しかし、これは中のディフェンスが触ってコースが変わり、上手く合わせることができない。

前半 7分

エスパルス、左サイドからのクロスのこぼれ球。白崎凌兵がエリア外から直接狙うが、これは山下達也がブロック。

前半 8分

エスパルス、左サイド松原后のクロスに、ニアで金子翔太が頭で合わせるが、ゴールの右に外れる。

前半 10分

エスパルス、左サイドのミッチェル デュークがディフェンスに当たられながらもボールをキープ。中央までドリブルで持ち込んで右サイドの金子翔太へ。金子翔太のクロスはディフェンスに当たりCK獲得。

前半 11分

【ゴール】エスパルス先制。エスパルス、右CK。金子翔太のボールはディフェンスにクリアされるも、逆サイドで松原后がボールを保持。横のファン ソッコがボールを受け、エリア左角付近から右足で巻いて決めた。1-0

前半 15分

エスパルス、左サイドの松原后が松田陸に1対1を仕掛けるが、上手く突破できない。

前半 17分

エスパルス、かなり長い時間ボールを回している。完全にエスパルスの時間を作っている。

前半 18分

C大阪、右CK。丸橋祐介のボールは、ファーの山下達也が頭で合わせるがゴールの左に外れる。

前半 21分

C大阪、右サイドから松田陸のクロスは、六反勇治が気迫のパンチング。大きく弾き返した。

前半 25分

C大阪、水沼宏太の縦パスを受けた杉本健勇が胸トラップから、前を向いてシュートを放つが、六反勇治は正面で抑える。

前半 26分

エスパルス、河井陽介のスルーパスにミッチェル デュークが左サイドで抜け出し、ダイレクトで折り返したが、これはディフェンスにクリアされる。

前半 28分

【ゴール】エスパルス2点目!エスパルス、白崎凌兵のスルーパスにミッチェル デュークがエリア内で抜け出す。ミッチェル デュークがワンタッチで折り返し、ゴール前が混戦になったが、北川航也が押し込んだ。2-0

前半 29分

エスパルス、ディフェンスのバックパスを奪ったクリスランが強引にシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

前半 32分

C大阪、後方でゆっくりとパスを回している。そして、左サイドの丸橋祐介にボールを出すと、アーリークロスを放り込んだ。しかし、ボールはそのままゴールラインを割る。

前半 35分

C大阪、ゴール前でボールを回しシュートチャンスを迎えるが、その度にエスパルスディフェンスが体を張って打たせない。

前半 40分

C大阪、右サイド松田陸のクロスに杉本健勇が合わせようとするも、フレイレが大きくクリアする。

前半 42分

C大阪、右サイド松田陸からのクロスはファン ソッコが何とかコースを変えてシュートを打たせない。

前半 45分

C大阪、水沼宏太にイエローカード。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

エスパルス、ゴール正面の位置からFK獲得。クリスランの強烈なシュートはディフェンスに当たりそのままゴールラインを割る。ここで前半終了。エスパルスは2点リードで後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 1分

C大阪、右サイド水沼宏太のクロスは、ファーで立田悠悟がダイビングヘッドでコーナーに逃げる。

後半 3分

C大阪、マテイ ヨニッチが倒れており、プレーが中断している。

後半 4分

C大阪の選手が、スローインでエスパルスにボールを返してプレー再開。

後半 6分

C大阪、杉本健勇がエリア外からシュートを放つが、六反勇治の正面。

後半 8分

C大阪、左CK。清武弘嗣のボールは、ニアでクリスランがクリア。

後半 8分

C大阪、エリア外で一瞬フリーになった杉本健勇がミドルシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 9分

エスパルス、クリスランが前を向いてボールを受けると、北川航也とワンツーで抜け出す。しかし、C大阪の2人がかりのタックルにシュートを打つことができない。

後半 12分

エスパルス、北川航也が中盤でボールを受けると、右サイドに広がる広大なスペースにボールを送る。クリスランが走り込むが、GKキム ジンヒョンが飛び出してクリア。

後半 13分

C大阪、エリア外でボールを受けた杉本健勇が反転からシュートを放つが、ボールはバーをかすめて外に出る。中盤での寄せが緩くなっているか。

後半 16分

【選手交代】C大阪、ヤン ドンヒョンから高木俊幸。

後半 20分

C大阪、左右のサイドを使って大きな展開から、最後はゴール前で杉本健勇がシュートを放つが、立田悠悟が何とかクリアする。

後半 21分

【選手交代】エスパルス、ミッチェル デュークに代わり石毛秀樹。

後半 22分

【ゴール】エスパルス3点目!エスパルス、立田悠悟のシュート性のボールを金子翔太が右前に転がす。GKの飛び出しをかわしてゴール前にボールを放り込み、クリスランが頭で押し込んだ。3-0

後半 24分

C大阪、左サイドで崩しクロスボールのこぼれ球を山口蛍がボレーで狙うが、ゴールの左に外れる。

後半 25分

エスパルス、左CK。石毛秀樹はショートコーナーの折り返しをゴール前に入れると、GKの前でクリスランが合わせる。しかし、わずかにゴールの右に外れる。

後半 27分

【選手交代】C大阪、清武弘嗣から山村和也。

後半 28分

【選手交代】エスパルス、クリスランに代わり兵働昭弘。

後半 31分

C大阪、右から崩しにかかるが、クロスは兵働昭弘がダイビングヘッドでクリア。

後半 32分

【選手交代】C大阪、水沼宏太から福満隆貴。

後半 32分

C大阪、右CK。高木俊幸のボールはニアで北川航也がクリア。

後半 36分

C大阪、右CK。丸橋祐介のボールは六反勇治がパンチング。こぼれ球を再び丸橋祐介が放り込むと、ゴール前が混戦。最後は高木俊幸がシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 37分

【選手交代】エスパルス、北川航也に代わり長谷川悠。

後半 37分

C大阪、山下達也にイエローカード。

後半 39分

C大阪、右サイドの松田陸がボールを持ったところで、石毛秀樹の良いタックルがハマり、ゴールキックを獲得。

後半 42分

C大阪、右CK。丸橋祐介のボールは六反勇治がパンチング。こぼれ球を再び放り込まれるが、長谷川悠がクリアした。

後半 43分

エスパルス、白崎凌兵が中盤から右サイドフリーの金子翔太に展開。金子翔太のクロスに長谷川悠が飛び込むが、ディフェンスがクリア。

後半 44分

C大阪、右サイドから福満隆貴が切り込み、ラストパス。高木俊幸がエリア内でシュートを放つも、ゴールの上。

後半 45分

C大阪、エリア左角付近から高木俊幸がシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、ゴール前で河井陽介の落とし、兵働昭弘がシュートを放つもディフェンスのブロックに入られる。

後半 47分

エスパルス、立田悠悟が右サイドから中に切り込んで左足のシュートを放つが、ゴールの右に外れる。

後半 47分

エスパルス、右サイドで長谷川悠が粘り、中の金子翔太に落とす。金子翔太からスルーパスを受けた石毛秀樹がシュートを放つが、右のサイドネットに外れた。

後半 49分

エスパルス、左サイドでボールを受けた長谷川悠が中に切り込んでシュートを放つが、これはポスト直撃。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは3-0で完勝しました。皆様ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・相手の長いボールに対して、しっかりとチャレンジをして、セカンドボールを拾おう

・後半、相手は上がってくる。寄せて押し返す事と、裏を狙っていこう。

セレッソ大阪
尹 晶煥監督

・ひとりひとりの出足が遅い。一歩ずつ動き出しを早くしよう。

・セカンドボールを攻守に大事にしよう

・ディフェンスラインは常にリスク管理をしよう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

今日は非常に素晴らしいゲームをしたと思う。ゲームに臨むにあたって選手に映像を見せたが、開幕戦、鹿島と前半、非常に良いプレー、アグレッシブでしっかりコントロールしながら自分たちがやらなくていけない試合展開を上手く見せていたと思う。今回、中断期間を挟んでいるので、仕切り直しで開幕戦のような気持ちでしっかり臨もう、後半戦どのように戦っていくべきなのかを話し合いながら臨んだ。そこで元気なプレーを見せてくれたことは、非常に良かった試合内容だったと思う。クリーンシートで終えたことは、内容的にも良かったと思う。特に攻撃が上手い相手に、さほど大きなチャンスを作られなかったことは良かった。
攻撃面では素晴らしいゴールを決めてくれたと思う。(ファン)ソッコ選手が1点目を決めたが、あのようなところを上手く決めたことは良かった。2点目もコンビネーションプレーから生まれた良いゴールだった。3点目もポストを狙う、狙い通りの攻撃の形からの得点だった。途中交代で入った選手たちも、しっかり役割を果たしてプレーしてくれていたし、ポストに当たる不運なところもあったが、追加得点も狙うゲーム展開が上手くできていた。後半少し形を変えたが、最初に臨んだ形も上手く機能したゲーム展開だったと思う。
3点リードすれば、下がって守るという戦いもあるかもしれないが、今日のチームはしっかりボールを握りながらチャンスを狙って攻撃をしていく、上手くボールを繋いで時間も上手く使っていくというプレーができていたと思う。
日曜日も試合が続いていくので、しっかりボディケアに努め、準備して次に向かっていこうと話をした。

PLAYERS' COMMENTS

画像:河井 陽介

河井 陽介

(今季のリーグ)開幕戦の時のような好調さを思い出そうということで、(試合前に)監督が映像を流してくれたので、積極的なイメージを持って試合に入れた。良いサッカーができたと思うが、これを続けていかなければいけない。次につなげるために明日から、また良い準備をしていきたい。
(白崎凌兵とのボランチは)キャンプから白崎とずっと一緒にボランチをやってきているので、お互いがやりたいプレーはだいたい分かっている。コンビネーションが出来てきたと思う。
2-0で前半を終えて、ハーフタイムに「次の1点がカギになる」ということは話していた。後ろの選手がよく我慢してくれたし、攻撃陣が次の1点を良い形で取ってくれたと思う。その後は、追いかけなければいけないのは相手の方なので、上手くリードを生かしながら戦えた。ボールを持った時に慌てず、正確にプレーできたのがチャンスを生んだと思う。
次も、今日と同じような気持ちで臨むのと、しっかりと体調を戻して良いコンディションで戦えるようにしたい。
画像:ミッチェル デューク

ミッチェル デューク

チームパフォーマンスは非常に良かった。前半も後半も良い戦いができていたし、疲れた時に、また新しい選手が入ってきて、その選手も非常に良い仕事をしていたと思う。
(個人としては)リーグにスタメンで出場したのはかなり前だったので、モチベーションを高く持って戦った。そして、チームとしても良い結果を残せたことは良かった。次の試合にも出られるようにしたい。
(2点目の)コンビネーションは練習の中からやっている。白崎(凌兵)から完璧なパスが来たと思う。走り出したのを彼が見つけてくれて、しっかりとボールを入れてくれた。去年の(第19節)横浜FMのゲームでも同じような形があったと思うが、このような形を使っていけば相手も守備をしにくいと思うので、どんどん入れていきたい。
しっかり勝利を収めたあとも、また勝利を掴めるようにしていきたい。まだリーグは混戦なので、ここから勝ち点は大事になる。このまま続けられるようにしていきたい。
画像:クリスラン

クリスラン

自分たちにとって良い試合ができたと思う。ワールドカップのブレイクを使って厳しい練習をしていたのが、今日の試合で全て出せたと思う。また天皇杯では悔しい思いをしていたので、その悔しさもぶつけた。天皇杯に負けて少し自信を失っていたが、監督がミーティングで「開幕戦のことを思い出せ」と自信を植え付けてくれた。それをみんなが思い出したことで、結果だけでなく良い内容の試合ができたと思う。
(得点は)立田(悠悟)がシュートを打って、そのこぼれを金子(翔太)が拾った時に、「ファーにいれば金子から良いボールが来る」と信じていた。その通りのゴールができたと思う。
久しぶりの試合だったし、久しぶりにサポーターの目の前で試合ができたし、自分も久しぶりのゴールを決められた。ゴールを決めた瞬間は本当に感動した。平日でこれほどたくさん人が集まると思わなかったし、試合が始まってみればサッカーをやるには最高の雰囲気だった。その最高の雰囲気を作ってくれて感謝している。
画像:北川 航也

北川 航也

前半から全員が高い意識を持って、守備から攻撃とハードワークできたことで試合の流れを掴んだと思う。得点を取った選手だけでなく、全員の頑張りがあったからこその3得点だと思うし、無失点だった。
(2点目は、ミッチェル)デューク選手と白崎(凌兵)選手の関係でサイドを上手く突破してくれたので、あとは流し込むだけだった。練習からやってきた崩しが出せていたので、それがゴールに繋げなければ意味がないと思っていたし、そこを決められたことで試合の流れを引き寄せられた。キーパーの動きも全て見えていたので、落ち着いて流し込むことができたと思う。
アグレッシブな守備は監督も言っていたこと。開幕当初はそれができていたからこそ、良い流れで試合の主導権を握れたと思う。今日もミーティングをしながら開幕戦の良いシーンをいくつか見て、自分たちのモチベーションを上げて試合に臨めた。これが良い方向に進んで欲しいし、進めなければいけない。
画像:兵働 昭弘

兵働 昭弘

良い形で先制点を取れたし、その後も引かずに前からアグレッシブにプレーして追加点も取れた。2-0からも前に行く姿勢を崩さずにやってダメ押しで3点目が取れたので、1試合を通して非常に良い形でやれたと思う。ゼロで終われたことも良かったし、守りながらでもチャンスになればしっかりと攻めてコーナーキックを取るとか、そういうところもできていた。
自分が入って4-1-4-1のアンカーのポジションに入ることになった。ボールを受けてマイボールの時間を長くすることと、守備のところでは相手が長いボールを入れてくるので、プレスバックをしっかりするというところを意識した。相手も疲れていたし、自分のところにプレッシャーがなかったので余裕を持ってやれたと思う。
今日は勝てたが、次に負けたら意味がない。これをスタンダードにしていかないといけないと思う。ここで誰も満足していないと思うし、まだまだ混戦なので、この夏場で上を目指してやっていきたい。