清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第18節  2018.08.29 Wed 19:33 日産スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

2

  • 金子 翔太(27分)
  • ドウグラス(49分)

試合終了

  • 1前半1
  • 1後半0
DAZN

1

  • ドゥシャン(2分)
ロゴ:横浜F・マリノス

横浜F・マリノス

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
27 DF 飯田 貴敬
3 DF ファン ソッコ
4 DF フレイレ
25 DF 松原 后
10 MF 白崎 凌兵
17 MF 河井 陽介
30 MF 金子 翔太
29 MF 石毛 秀樹
20 FW クリスラン
49 FW ドウグラス

Substitutes

1 GK 西部 洋平
32 DF 水谷 拓磨
45 DF 角田 誠
11 MF 村田 和哉
15 MF 兵働 昭弘
18 FW 長谷川 悠
23 FW 北川 航也

横浜F・マリノス

Line-ups

21 GK 飯倉 大樹
13 DF チアゴ マルチンス
2 DF ドゥシャン
44 DF 畠中 槙之輔
26 MF イッペイ シノヅカ
5 MF 喜田 拓也
14 MF 天野 純
24 MF 山中 亮輔
9 FW 大津 祐樹
7 FW ウーゴ ヴィエイラ
15 FW 久保 建英

Substitutes

30 GK 鈴木 彩貴
4 DF 栗原 勇蔵
27 DF 松原 健
8 MF 中町 公祐
16 FW 伊藤 翔
19 FW 仲川 輝人
25 FW ユン イルロク

STATS

    45 90   90 45    
    5 6 11 シュート 17 11 6    
    1 4 5 GK 9 5 4    
    1 2 3 CK 12 5 7    
    7 7 14 直接FK 9 7 2    
    0 1 1 間接FK 1 0 1    
    0 0 0 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
北川 航也 ← クリスラン(18分)
兵働 昭弘 ← 金子 翔太(75分)
水谷 拓磨 ← 飯田 貴敬(86分)
交代 (56分)久保 建英 → 仲川 輝人
(63分)畠中 槙之輔 → ユン イルロク
(86分)イッペイ シノヅカ → 伊藤 翔
画像:イエローカード金子 翔太(56分)
画像:イエローカード河井 陽介(90+5分)
警告・退場 (24分)久保 建英画像:イエローカード
(25分)ドゥシャン画像:イエローカード
(66分)ドゥシャン画像:イエローカード
(73分)ウーゴ ヴィエイラ画像:イエローカード
(66分)ドゥシャン画像:レッドカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
15,645人 晴/弱風 27.7℃ 72% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
佐々木 理 今村 義朗 相樂 亨 蒲澤 淳一 鶴岡 将樹 佐伯 満

GAME FLASH

試合前

今日は日産スタジアムでJ1第18節横浜Fマリノス戦です。エスパルスは6戦ぶりの勝利を目指します。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF飯田貴敬、DFファン ソッコ、DFフレイレ、DF松原后、MF白崎凌兵、MF河井陽介、MF金子翔太、MF石毛秀樹、FWクリスラン、FWドウグラスの11人。2トップはクリスラン、ドウグラスの組み合わせになります。

試合前

横浜FM先発メンバーは、GK飯倉大樹、DFチアゴ マルチンス、DFドゥシャン、DF畠中槙之輔、MFイッペイ シノヅカ、MF喜田拓也、MF天野純、MF山中亮輔、FW大津祐樹、FWウーゴ ヴィエイラ、FW久保建英の11人。久保建英は2試合連続のスタメンとなります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のロングボールに、前線のドウグラスが落としてクリスランが走り込むが、GK飯倉大樹が飛び出して抑える。

前半 2分

【ゴール】エスパルス先制を許す。横浜FM、左CK。天野純のボールに、ドゥシャンが中央で合わせる。そのボールがクリスランに当たってネットを揺らした。0-1

前半 4分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のボールを相手ディフェンスの間で受けた金子翔太だったが、ターンはボールが乱れて相手に奪われる。

前半 6分

横浜FM、エリア外からウーゴ ヴィエイラがミドルシュートを放つが、六反勇治が外に弾き出す。

前半 7分

横浜FM、右CK。天野純のボールは、ファン ソッコがクリアも相手のファウル。エスパルスボールで再開。

前半 9分

エスパルス、自陣でボールを持った河井陽介が相手に引っ掛けられる。そのままウーゴ ヴィエイラが持ち込んでシュートは、ディフェンスがブロック。

前半 10分

横浜FM、左CK。天野純のボールは、ニアで白崎凌兵がクリア。

前半 12分

エスパルス、河井陽介の縦パスをクリスランが受け、シュートに持ち込む。しかし、ディフェンスのブロックに遭って、ボールをゴールに飛ばすことができない。

前半 15分

エスパルス、エリア手前からFK。石毛秀樹は壁の中にいるすぐ手前の選手にボールを転がし、リターンを受けようとするも失敗。相手にボールを奪われる。

前半 16分

横浜FM、右CK。天野純のボールは、中央のフレイレがクリア。

前半 17分

エスパルス、カウンターから河井陽介のスルーパス。右サイドの飯田貴敬のクロスは長すぎたが、逆サイドでボールを残す。しかし、松原后のクロスはそのままゴールラインを割ってしまう。

前半 18分

【選手交代】エスパルス、クリスランに代わり北川航也。序盤にクリスランは足を痛めたもよう。

前半 19分

エスパルス、石毛秀樹がドリブルで最終ラインに仕掛け、シュート。しかし、これは上手く当たらず、GK飯倉大樹がセーブ。

前半 22分

横浜FM、エリア手前やや左からFK獲得。天野純のボールは、ドウグラスがクリア。

前半 24分

横浜FM、久保建英にイエローカード。

前半 25分

横浜FM、ドゥシャンにイエローカード。

前半 26分

エスパルス、北川航也のスルーパスにドウグラスが抜け出したかに思われたが、畠中槙之輔の鋭いタックルが入った。

前半 27分

【ゴール】エスパルス同点に追いつく。エスパルス、左サイド松原后のグラウンダーのマイナスのボールに、ゴール中央で金子翔太が左足を振り抜いて決めた。1-1

前半 29分

横浜FM、左サイド山中亮輔クロスにウーゴ ヴィエイラが合わせるが、六反勇治が正面で抑える。

前半 33分

エスパルス、左CK。石毛秀樹がニアを狙うが、これはディフェンスにクリアされる。

前半 34分

エスパルス、右サイドからクロスに、中央でドウグラスが頭で合わせるが、ゴールの左に外れる。

前半 34分

エスパルス、石毛秀樹の縦パスを受けたドウグラスがそのままドリブルでゴール前までボールを持ち込むが、シュートを打つことはできない。

前半 40分

エスパルス、左サイド松原后からのボールを受けた石毛秀樹がシュートもわずかにゴールの上に外れる。

前半 41分

横浜FM、左サイド山中亮輔のグラウンダーのクロスは、ファーで松原后がコーナーに逃げる。

前半 41分

横浜FM、右CK。天野純のボールは、六反勇治がパンチング。再びゴール前にボールが上がるも、今度はしっかりと収めた。

前半 43分

エスパルス、エリア手前で金子翔太がシュートモーションに入ったが、スルーパスを選択。北川航也が裏に抜けて落とすが、これは味方が反応できなかった。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 47分

横浜FM、エリア手前でパスをつないで、最後は天野純のシュート。これは六反勇治がセーブ。

前半 48分

横浜FM、左CK。天野純のボールはニアでクリア。ここで前半終了。同点で後半を迎えます。

後半 1分

横浜FMボールで後半キックオフ。

後半 1分

横浜FM、ウーゴ ヴィエイラの縦パスを受けた山中亮輔が反転からシュートも、ゴールの左に外れる。

後半 2分

横浜FM、エリア手前、ゴール正面の位置から天野純がシュートを放つが、ゴールの右に外れる。

後半 4分

【ゴール】エスパルス逆転!エスパルス、左CK。石毛秀樹からショートコーナーで金子翔太へ。そこから石毛秀樹、さらに金子翔太にボールが渡ったが、このパスが少しずれてしまう。金子翔太は戻りながらダイレクトにゴール前に放り込むと、ドウグラスが相手の裏で胸トラップから強烈なボレーを叩き込んだ!2-1

後半 7分

横浜FM、右CK。天野純のボールは中央で六反勇治がパンチングでクリア。

後半 8分

エスパルス、右サイドで金子翔太がボールを持つと、サイドチェンジ。石毛秀樹がシュートを放つが、得点とはならず。

後半 11分

【選手交代】横浜FM、久保建英から仲川輝人。

後半 11分

エスパルス、金子翔太にイエローカード。

後半 12分

横浜FM、FK。天野純が蹴った瞬間に笛。ゴール前でファウルがあったもよう。エスパルスボールで再開。

後半 16分

横浜FM、左サイド天野純からのクロスにウーゴ ヴィエイラがボレーで狙うが、これは六反勇治が抑える。

後半 18分

【選手交代】横浜FM、畠中槙之輔からユン イルロク。

後半 18分

横浜FM、山中亮輔が後方からスルーパスを送るが、これは味方に合わず六反勇治が抑える。

後半 20分

エスパルス、相手陣内右サイドでFK。これは大きく蹴らず、ボールをつなぐ。

後半 21分

横浜FM、ドゥシャンがイエロー。これで2枚目となり退場。

後半 21分

エスパルス、エリア右からFK。石毛秀樹のボールに、中央でファン ソッコが合わせるが、わずかにゴールの上に外れる。

後半 23分

横浜FM、ウーゴ ヴィエイラが抜け出してシュートも、これは何とか防ぐ。最後は六反勇治が相手にぶつかられてファウル。エスパルスボールで再開。

後半 24分

エスパルス、エリア内でボールを受けた北川航也が、ワンフェイントからループで逆のサイドネットを狙うが、わずかに外れる。

後半 28分

横浜FM、ウーゴ ヴィエイラにイエローカード。

後半 29分

エスパルス、右サイドに抜け出した北川航也が逆サイドにボールを送ると、フリーの石毛秀樹が相手ディフェンスを外してシュートも、GK飯倉大樹のファインセーブに遭う。

後半 30分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり兵働昭弘。

後半 32分

エスパルス、右CK。石毛秀樹のボールはクリアされるが、こぼれ球を白崎凌兵がコントロールしたシュートで狙う。これはわずかにゴールの上。

後半 34分

エスパルス、スルーパスに白崎凌兵が抜け出してクロスも、相手ディフェンスにブロックされる。

後半 36分

横浜FM、エスパルスゴール前、連続でシュートを放つが六反勇治を中心とした守備陣が守り抜く。

後半 37分

横浜FM、右CK。天野純のボールはゴール前で混戦。シュートがポストに当たったが、何とかかきだす。

後半 39分

横浜FM、左サイドユン イルロクのクロスに中央でウーゴ ヴィエイラが頭で合わせるもこれはバーに直撃。

後半 41分

【選手交代】エスパルス、飯田貴敬に代わり水谷拓磨

後半 41分

【選手交代】横浜FM、イッペイ シノヅカから伊藤翔。

後半 43分

横浜FM、右CK。天野純のボールは、エスパルスディフェンスに当たりながら、ゴール右に流れる。

後半 46分

後半アディショナルタイム5分。

後半 47分

横浜FM、左CK。天野純のボールは、GK飯倉大樹が最後に押し込もうとするがファウルの判定。エスパルスボールで再開。

後半 49分

横浜FM、ユン イルロクのシュートは、ゴールの上に外れる。

後半 50分

エスパルス、河井陽介にイエローカード。

後半 51分

ここで試合終了。エスパルスは逆転で6試合ぶりの勝利を手にしました。皆さん、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・しっかり押し上げて、相手にスペースを与えないように

・もっと早く判断して、ボールを動かそう

・後半、スタートから向かっていこう

横浜F・マリノス
アンジェ ポステコグルー監督

・守備はコンパクトに

・攻撃は背後を狙っていこう

・残り45分、全てを出し切ろう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

厳しい試合展開になった。その中で(相手を)制して勝ち点3を取ったことは嬉しく思う。出足は良いスタートは切れなかったと思う。早い時間帯で失点してしまい、その後、最初10分、15分経つくらいまで選手もピッチに慣れるまで戸惑ったと思う。もう少し自陣でのプレーも、早い判断でしっかりボールを動かせれば良かったが、慣れるのに時間がかかったように思う。
後半、相手もかなり前線に人数をかけてきた。こちらも点が取れるようなシーンがいくつかあったが、この連戦が続く中で選手も疲労が少し見えたと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:金子 翔太

金子 翔太

残り15分はピッチに立てなかったがチームメートを信頼していたし、相手が1人少ない中で押し込まれていたが、何とかみんなで守りきって、貴重な勝ち点3になったと思う。お互い下位に低迷する中で、自分たちは勝てていなかったので、早めに残留を決めるためにも、この1勝は大きい。
(1点目は)左サイドの松原(后)、北川(航也)、石毛(秀樹)選手で上手く崩してくれていて、特に松原には深い位置まで運んだら、相手の間へのクロスか、股下のクロスを要求している。相手の足が止まったところを逆に動いて、(第3節)札幌戦と同じようなゴールになった。良いスポットに入れたし、良いボールを蹴ってくれた。
(アシストは)準備していたものではなくイレギュラーな形になったが、ファーを目がけて蹴ったら、ドウグラス選手が自分にアシストを付けてくれたと思う。ドウグラス選手は練習でもよく決めている形なので、自分たちからしたら驚きはない。でも、公式戦で決めるのはびっくりした。
画像:ドウグラス

ドウグラス

(得点シーンは)誰が蹴ったか分からなかったが、ボールが入ってきて、胸トラップした瞬間は何も考える時間はなくて、ボレーで打つしかなかった。それが入ったので良かったと思う。(ボレーは)自分の特長ではあるが、日本では決めたことがなかったので、非常に嬉しく思う。サポーターのみなさんも喜んでいたし、チームも勝ち点3を取れて良かったと思う。ただ、いつも言っているがサッカーは1人では何もできないし、チームメートがいるからこうやってゴールを決めることができる。みんなに感謝したい。
2日後にも大事な試合があるので、また勝ち点3を取れるように切り替えたい。
画像:六反 勇治

六反 勇治

今日の勝利は、サポーターが大勢来てくれたこと、また、さくらももこさんも味方してくれたと思う。チームとしては流れが良くない中で迎えたが、自分から見ると相手の調子も良いようには見えなかった。序盤に失点はしたが、このまま(追加失点をしないで)0-1でいけたら相手に綻びは出ると思っていたので、前半に追いついたのは自分たちにとってラッキーだったと思う。
(古巣対決で)移籍してきて初めて横浜FMのサポーターからブーイングされた。敵として認められたと思うので、選手としては一つ進歩かなと思う。横浜FMにいたことは、かけがえのないものだったし、この日産のピッチは夢の場所だった。敵同士だが、ゆくゆくはエスパルスも横浜FMも、ともに優勝争いの中で対戦できるようになりたい。
画像:石毛 秀樹

石毛 秀樹

「シュートを外して申し訳ない」とみんなに言いたい。最後にチームが苦しくなったのは、自分の責任だと思う。焦りはなかったが、自分でも何であの方向に打ったのか分からない。映像を見返したいと思う。
今日は暑くて湿度も高かったので、最後は押し込まれてしまった。入りも良くなかったし、チームとしてもボーっとしているところもあって、そこで失点もしてしまった。でも、そこから時間を置いて雰囲気にも慣れてきて、そのあとは立て直して逆転につながった。チームとしては、良い勝ち方だったと思うが、自分としては反省しなければいけないと思う。次は絶対に決めたい。
画像:水谷 拓磨

水谷 拓磨

途中からだが、今シーズン初出場できたことに関しては良かったと思う。でも、自分の背後のスペースを取られたシーンがあって、そこは監督から厳しく言われていたところだったので、そういうプレーはなくさなければいけない。
常に良い準備をしていて、今日はそのチャンスをもらった。勝っていた試合で、自分がどういうプレーをすれば良いのか、しなければいけないのかというのを考えながらプレーをしていた。
(手応えは)まだまだ。でも、着実に一歩ずつ上っているのかなと思う。チームとしても勝利は大きいと思うが、中2日で仙台戦があるので、すぐにその準備をして連勝できるようにがんばりたい。