清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第1節  2019.02.23 Sat 14:03 エディオンスタジアム広島

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 北川 航也(30分)

試合終了

  • 1前半0
  • 0後半1
DAZN

1

  • エミル サロモンソン(57分)
ロゴ:サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
2 DF 立田 悠悟
33 DF ヴァンデルソン
3 DF ファン ソッコ
25 DF 松原 后
27 MF 飯田 貴敬
17 MF 河井 陽介
6 MF 竹内 涼
30 MF 金子 翔太
20 FW 中村 慶太
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
15 DF 水谷 拓磨
26 DF 二見 宏志
7 MF 六平 光成
8 MF 石毛 秀樹
22 MF ヘナト アウグスト
9 FW 鄭 大世

サンフレッチェ広島

Line-ups

38 GK 大迫 敬介
2 DF 野上 結貴
5 DF 吉野 恭平
19 DF 佐々木 翔
3 MF エミル サロモンソン
40 MF 川辺 駿
17 MF 松本 泰志
18 MF 柏 好文
7 MF 野津田 岳人
30 MF 柴崎 晃誠
16 FW 渡 大生

Substitutes

34 GK 中林 洋次
4 DF 水本 裕貴
27 MF 清水 航平
25 MF 松本 大弥
24 MF 東 俊希
22 FW 皆川 佑介
10 FW パトリック

STATS

    45 90   90 45    
    5 0 5 シュート 14 10 4    
    4 6 10 GK 4 1 3    
    1 2 3 CK 3 1 2    
    8 7 15 直接FK 13 7 6    
    2 0 2 間接FK 1 1 0    
    2 0 2 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
石毛 秀樹 ← 金子 翔太(67分)
西部 洋平 ← 六反 勇治(90+1分)
交代 (55分)渡 大生 → パトリック
(66分)松本 泰志 → 松本 大弥
(73分)柴崎 晃誠 → 東 俊希
画像:イエローカードファン ソッコ(36分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
14,084人 晴/中風 13.8℃ 39% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
榎原 徹夫 荒木 友輔 相樂 亨 木川田 博信 西山 貴生

GAME FLASH

試合前

今日はエディオンスタジアム広島で、J1第1節サンフレッチェ広島戦。開幕ゲームとなりますが、天候も優れて絶好の観戦日和になっています。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF立田悠悟、DFヴァンデルソン、DFファン ソッコ、DF松原后、MF飯田貴敬、MF河井陽介、MF竹内涼、MF金子翔太、FW中村慶太、FW北川航也の11人。ヴァンデルソン、中村慶太はエスパルスデビュー戦になります。

試合前

広島先発メンバーは、GK大迫敬介、DF野上結貴、DF吉野恭平、DF佐々木翔、MFエミル サロモンソン、MF川辺駿、MF松本泰志、MF柏好文、MF野津田岳人、MF柴埼晃誠、FW渡大生の11人。パトリックはベンチスタート。

試合前

両チームのがピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

広島ボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、後ろは3枚になっている。

前半 4分

エスパルス、広島ディフェンスラインの息が合わないところを北川航也が詰めてボールをGKに戻させる。前からプレスがかかっている。

前半 5分

広島、左サイド柴埼晃誠が柏好文とワンツーで抜け出してクロスは、立田悠悟が外に出す。広島左CKへ。

前半 8分

中盤の密集地帯でボールの奪い合いが続いている。

前半 11分

エスパルス、前線でボールを奪いエリア内の北川航也にボールが渡る。倒されたように見えたが、ノーファウルの判定。

前半 13分

エスパルス、柏好文が左サイドから中に入り込んだところで、金子翔太がボールに向かう。柏好文から激しいチャージを受け、倒れ込む。エスパルスボールで再開。

前半 16分

エスパルス、中村慶太のサイドチェンジで、フリーの金子翔太にボールが渡る。低いクロスを送ったが、GK大迫敬介が飛び出して抑える。

前半 18分

エスパルス、渡大生の落としを受けた野津田岳人に対して寄せたヴァンデルソンが倒される。エスパルスボールで再開。

前半 20分

エスパルス、左サイドエリア付近からファン ソッコが上げたクロス。GKが目測を誤り、後ろの北川航也が頭で合わせるが、ゴールの右に外れる。

前半 22分

広島、柏が抜け出してシュートをを放つが、これはオフサイドの判定。

前半 23分

エスパルス、エリア手前でFK獲得。正面からやや左の位置から中村慶太が直接狙うがクロスバー直撃。そのこぼれ球を河井陽介が狙うもゴールの上。

前半 25分

エスパルス、相手陣内で竹内涼ボールを奪い、ゴール前にふわりとしたボールを送る。金子翔太が合わせようとするも、ディフェンスが入った。

前半 26分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールはニアで弾かれる。

前半 27分

広島、左サイド柏好文からのクロスは、大外の松原后がダイビングヘッドで外に弾いた。

前半 30分

【ゴール】エスパルス先制!エスパルス、中村慶太の縦パスに金子翔太が裏に落として、抜け出した北川航也がゴールに流し込んだ。1-0

前半 33分

広島、川辺駿がエリア外からシュートを放つが、ディフェンスに当たって勢いが弱まり六反勇治が抑える。

前半 34分

エスパルス、中村慶太が相手陣内深くまで約30mドリブルで前に運ぶ。

前半 36分

エスパルス、ファン ソッコにイエローカード。

前半 38分

広島、エリア手前でFK獲得。野津田岳人が直接狙うも、ゴールの右に外れる。

前半 39分

エスパルス、中盤でボールを受けた北川航也が、反転して前線の裏のスペースにボールを出す。金子翔太が走り込んだが合わせることができない。

前半 42分

広島、渡大生がゴール前で粘り、落とす。柴埼晃誠のシュートは、六反勇治がファインセーブ。

前半 44分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のクロスに、北川航也が合わせるがゴールの上に外れる。

前半 44分

エスパルス、松原后が左サイドから中に入り、北川航也とワンツーで中央を抜けようとするがシュートをまでは持って行けず。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスは1点リードで後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 3分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは上手く合わせられず、後ろに戻して組み立て直す。

後半 6分

広島、川辺駿のエリア外からのシュートは、ゴールの右に外れる。

後半 8分

広島、左サイドからのクロスにファーで柴埼晃誠が頭で合わせるがゴールの右。

後半 9分

エスパルス、中村慶太が、ワンツーから抜け出しクロスも、これはディフェンスがコーナーに逃げる。

後半 10分

【選手交代】広島、渡大生からパトリック。

後半 10分

広島、左サイド柏好文からのクロスに中央でパトリックが合わせるが、ゴールの上。

後半 12分

【ゴール】エスパルス同点に追いつかれる。広島、佐々木翔のクロスはディフェンスがクリアも、そのボールをエミル サロモンソンがダイレクトボレーで決めた。1-1

後半 15分

エスパルス、ピッチ上ではパトリックと競り合った立田悠悟が倒れていた。しばらくすると起き上がりプレー再開。

後半 17分

エスパルス、右サイドに抜け出した飯田貴敬がゴール前に転がすが、これはディフェンスにクリアされる。

後半 21分

広島、エスパルス陣内深くからパトリックがシュートを放つも、ゴールの上に外れる。

後半 21分

【選手交代】広島、松本泰志から松本大弥。

後半 22分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり石毛秀樹。

後半 24分

広島、左サイド野津田岳人のクロスに、ファーからパトリックが走り込んできていたが、何とかディフェンスが触ってCKへ。

後半 25分

広島、左CK。野津田岳人のボールは六反勇治がキャッチ。

後半 26分

広島、右サイドからグラウンダーのクロスを送るとスルスルと抜けて、中央パトリックが合わせるが六反勇治の正面。

後半 28分

エスパルス、石毛秀樹が相手最終ライン1枚を引き連れてドリブル。後ろから走り込んでいた北川航也に合わせようとするも通らず。

後半 29分

【選手交代】広島、柴埼晃誠から東俊希。

後半 35分

広島、エリア外ゴール正面の位置でドリブル突破をはかった川辺駿を、バンデルソンが止める。

後半 38分

エスパルス、相手陣内中央、左サイドからFK。石毛秀樹のボールはディフェンスにクリアされる。

後半 39分

エスパルス、左サイドで松原后が粘ってクロス。中央に北川航也が飛び込むもわずかに合わず。

後半 40分

広島、左サイド柏好文のクロスに、ファーからエミル サロモンソンが飛び込むが、シュートはゴールの上。

後半 41分

エスパルス、中村慶太がドリブルでエリア内に突っ込んで、相手に倒されるがノーファウルの判定。

後半 42分

広島、エミル サロモンソンのクロスに中央でパトリックが合わせるが、六反勇治が顔面でブロック。六反勇治はしばらく倒れており、現在は起き上がっているが治療中。

後半 46分

【選手交代】エスパルス、六反勇治に代わって西部洋平。

後半 46分

後半アディショナルタイム6分。

後半 47分

広島、左サイド柏好文のクロスは、西部洋平がファーサイドでがっちりキャッチ。

後半 51分

広島、FK。野津田岳人のボールは西部洋平がキャッチ。

後半 52分

ここで試合終了。1-1の引き分けに終わりました。皆さんご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・プレスに行くときは、判断良くしっかり行くこと

・相手のクロスとDF背後へのボールに集中して対応すること

・次は風上からの攻撃。チャンスを多く作ろう!

サンフレッチェ広島
城福 浩監督

・守備はアプローチを早くすること

・ボールを奪われた後の切り替えを早くすること

・縦への意識を強く持つこと

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

手ごわい相手に悪くない試合をしたと思う。シーズン最初の試合ということで、どこまでいけるのか手応えを感じたところもあるし、相手がどれだけやってくるということを見極めることが、勝負になってくる試合だったと思う。我々としては何とかこのアウェイの試合で勝ち点3を取りたいと臨んだ。(私と)同じスウェーデン出身選手に、(その目論見を)台無しにされたが、強い相手に対して、アウェイの試合で勝ち点1を取れたということは、内容も良かったと思うので、評価できると思う。


ーーパトリック選手が入ってから押し込まれたが、どうすれば押し返すことができたか?

パトリック選手が入って、あのような展開になると、ある程度の予想はしていた。パトリック選手だけでなく、他にも上手い選手がいる。柏選手が左サイドから中に入ってのクロスを、パトリック選手が合わせるということも想定はしていた。それに対しての練習も行ってきた。そこからこぼれ球に対しても、上手く拾うようにという指示も出していた。ある時間帯では押し込まれるところはあったと思うが、ゲームが流れていく中で上手く対応して、自分たちの流れに持っていくことができたと感じている。

PLAYERS' COMMENTS

画像:竹内 涼

竹内 涼

去年とは違ったフォーメーションでスタートして、前半は特に自分たちが狙っている形は出せた。後半は「相手が押し込んでくる」というのが分かっている中で、耐えきれなかったのは悔しい。まだ1試合目だし、新しいことにチャレンジしている部分もあるので、コンビネーションや、守備から攻撃に切り替わったときのボールの運び方など、改善していかなければいけないところは多い。それでも可能性は見せられたと思うし、どのポジションにも良い選手がいる。今日出たメンバーだけでなくて、自信を持って戦えるメンバーがいるので、そこは揺るがず、みんなで競争の中からコンビネーションを高めていきたい。
画像:北川 航也

北川 航也

(ゴールは)ボールが後ろ目に来たので、慌てずに前に(ボールが)来るのを待った。あとはGKが届かないところを狙って流し込むだけだった。
(勝ち点1は)最低限の結果だと思うが、開幕の独特の雰囲気の中で、相手のホーム200勝がかかっていたことを考えると、勝ち点1を取れたというのは次に繋がると思う。追加点を取るのが次の課題。
(追加点を取るためには)押し込まれた時に、シャドーの選手が下がりすぎることがないように、良い意味でサボることができれば、前線で厚みができると思うし、セカンドボールも拾いやすくなる。(相手の)ゴールはスーパーゴールだったが、そうしていれば対応できたかもしれない。ただ、攻撃の形も随所に良いところが出ていたので、そこは引き続きやっていきたい。
次はオレンジ色に染まった満員のスタジアムで試合をすることになる。自分たちはそのピッチの上で90分間、何を表現できるのかだと思う。チーム全員で、試合が終わった時に勝ちロコをするための努力をしたい。
画像:ヴァンデルソン

ヴァンデルソン

(試合に臨むにあたり)個人としては悪い緊張はなくて、早く試合に出たいという気持ちだった。キャンプでたくさんの練習試合をしたり、経験を多く積めていたので、本番でもやりやすかった。
(パトリック選手について)パトリック選手は、中央か左サイドにいたが、(自分のいる)右サイドに来たときには、フィジカルが強いのでできるだけフィニッシュをさせないように意識していたし、エリア内に入ったらできるだけ近くに寄せようと思っていた。
前半は自分たちのペースで、後半は相手のペースだった。でも、開幕戦ということを考えても、アウェイゲームということを考えても、この勝ち点1は非常に大事なものになる。しかも、まだ始まったばかりなので、もっともっと良くなると思う。
画像:中村 慶太

中村 慶太

最初は守備がはまらず、全体的にはっきりしないところもあったが、時間が経つにつれてオーガナイズもできるようになった。そこから自分たちの時間を作ることができて、練習している形が出て得点を取れたたと思う。ただ、2点目を取るチャンスがあったところで取れなかったのは、まだまだ甘さがある。守備に追われる時間が長かったが、前の選手として、そういう時でも結果を残さなければいけない。(惜しいシーンもあったが)そこは結果論なので、真摯に受け止めて「どうすれば点を取れるのか」ということだけを考えてやりたい。
(エスパルスで初めて試合をして)練習は嘘をつかないと思った。どういった動きをするのかがある程度分かってきて、その中での1点目だったと思う。それでも、複数得点を取らなければ守備も安心できないと思うので、そこは突き詰めていきたい。
画像:飯田 貴敬

飯田 貴敬

引き分けで終わったのは悔しいし、まだまだ修正するところが出た試合。これからシーズンは長いので、チームとしてもっと成熟できればと思う。戦い方は統一できていると思うが、短い距離のパスの強弱だったり、「ここに走って欲しい」、「ここで受けて欲しい」という意志の疎通の部分で修正するとことはある。
(対峙する)相手は柏(好文)選手だったので、中に切り替えしてクロスというのは、ある程度予想していたので、自分のところで止めたかった。そこは駆け引きで勝っていかなければ止められない。攻撃では突破もできていたので、あとはクロスの最後の質を高めることと、中とのコンビネーション。中の選手がどこで欲しがっているのかを瞬時に判断するところが課題になる。
去年は開幕前に怪我をして、リハビリの期間もずっと苦しくて、自分を責めてしまう時期もあった。そこを耐えたからこそ、今年の開幕戦はスタメンで出ることができたと思う。