清水エスパルスロゴ

試合情報

パルちゃんでんき

明治安田生命J1リーグ 第2節  2019.03.02 Sat 14:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

2

  • 中村 慶太(17分)
  • 滝 裕太(90+7分)

試合終了

  • 1前半1
  • 1後半3
DAZN

4

  • 小野瀬 康介(29分)
  • アデミウソン(58分)
  • アデミウソン(70分)
  • ファン ウィジョ(73分)
ロゴ:ガンバ大阪

ガンバ大阪

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
2 DF 立田 悠悟
3 DF ファン ソッコ
33 DF ヴァンデルソン
25 DF 松原 后
27 MF 飯田 貴敬
17 MF 河井 陽介
7 MF 六平 光成
30 MF 金子 翔太
20 FW 中村 慶太
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
15 DF 水谷 拓磨
26 DF 二見 宏志
8 MF 石毛 秀樹
22 MF ヘナト アウグスト
34 MF 滝 裕太
9 FW 鄭 大世

ガンバ大阪

Line-ups

1 GK 東口 順昭
4 DF 藤春 廣輝
5 DF 三浦 弦太
19 DF 金 英權
22 DF オ ジェソク
7 MF 遠藤 保仁
8 MF 小野瀬 康介
10 MF 倉田 秋
15 MF 今野 泰幸
9 FW アデミウソン
16 FW ファン ウィジョ

Substitutes

23 GK 林 瑞輝
13 DF 菅沼 駿哉
14 DF 米倉 恒貴
6 MF 田中 達也
21 MF 矢島 慎也
25 MF 藤本 淳吾
39 FW 渡辺 千真

STATS

    45 90   90 45    
    7 5 12 シュート 15 9 6    
    4 3 7 GK 3 0 3    
    1 2 3 CK 10 6 4    
    3 6 9 直接FK 13 7 6    
    0 0 0 間接FK 2 2 0    
    0 0 0 オフサイド 2 2 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
鄭 大世 ← 飯田 貴敬(70分)
石毛 秀樹 ← 中村 慶太(78分)
滝 裕太 ← 金子 翔太(86分)
交代 (80分)遠藤 保仁 → 矢島 慎也
(83分)アデミウソン → 渡辺 千真
(85分)小野瀬 康介 → 藤本 淳吾
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
16,710人 晴/無風 15℃ 53% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
永田 亨 村上 伸次 大塚 晴弘 田中 利幸 櫻井 大輔

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第2節ガンバ大阪戦です。ホーム開幕戦で今季初勝利を目指します。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF立田悠悟、DFファン ソッコ、DFヴァンデルソン、DF松原后、MF飯田貴敬、MF河井陽介、MF六平光成、MF金子翔太、FW中村慶太、FW北川航也の11人。六平光成が、17年9月16日J1第26節川崎F戦以来の先発になります。

試合前

G大阪先発メンバーは、GK東口順昭、DF藤春廣輝、DF三浦弦太、DF金 英權、DFオ ジェソク、MF遠藤保仁、MF小野瀬康介、MF倉田秋、MF今野泰幸、FWアデミウソン、FWファン ウィジョの11人。今野泰幸選手が先発に入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

G大阪ボールで前半キックオフ。

前半 3分

エスパルス、金子翔太が自陣でパスカット。ドリブルから左に展開し、中村慶太がそのままシュートもGK東口順昭が正面で抑える。

前半 6分

G大阪、オ ジェソクが前線にボールを放り込むが、タイミングが合わず六反勇治が抑える。

前半 7分

G大阪、左サイドの藤春廣輝のクロスはファーで松原后がバックヘッドでクリアも、ボールを拾われてしまう。しかし、シュートまでは持ち込ませない。

前半 10分

エスパルス、右サイドから飯田貴敬のクロスはディフェンスがクリアし、右CK獲得。

前半 11分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールはファーで味方を超えてしまうが、中村慶太が拾ってもう一度クロス。中央でヴァンデルソンがヘディングも、これはGK東口順昭の正面。

前半 13分

G大阪、中央から倉田秋のスルーパスに、ファン ウィジョが抜け出して折返しをアデミウソンがシュートもゴールの上に外れる。

前半 16分

G大阪、エスパルス陣内左サイドでボールを回す。

前半 17分

【ゴール】エスパルス先制。エスパルス、立田悠悟の低いクロスにニアで北川航也ダイビングヘッドも当たらず。しかし、その後ろにいた中村慶太が右足で押し込んだ。1-0

前半 21分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のクロスに、ファーで中村慶太が頭で合わせるが、GK東口順昭の正面。

前半 22分

エスパルス、前線でボールを受けた北川航也が反転からシュートを放つも、GK東口順昭が抑える。

前半 23分

G大阪、エリア外からアデミウソンがシュートを放つも、ゴールの左に外れる。

前半 24分

G大阪、左サイド藤春廣輝がゴールライン際からクロス。ファーで小野瀬康介が合わせるが、ゴールの右に外れる。

前半 25分

エスパルス、右サイド立田悠悟の縦パスはカットされるも、こぼれ球を金子翔太が拾ってセンターバックに仕掛ける。しかし、これは惜しくもカットされてしまう。

前半 29分

【ゴール】エスパルス同点に追いつかれる。G大阪、左サイド藤春廣輝のマイナスのボールに小野瀬康介が中央から押し込んだ。1-1

前半 32分

G大阪、左CK。遠藤保仁のボールにファーで三浦弦太が合わせるが枠を外れる。

前半 33分

G大阪、今野泰幸の縦パスにファン ウィジョが抜け出してシュートも六反勇治がセーブ。左CKへ。

前半 34分

G大阪、左CK。遠藤保仁がショーコーナーの折り返しを受けて、ゴール前に転がすと三浦弦太が合わせるも枠を外れる。

前半 35分

エスパルス、北川航也がゴール前で細かいドリブルでディフェンスをかわしてシュートもわずかに、ゴールの右に外れる。

前半 36分

エスパルス、右サイドから飯田貴敬の速いクロスがゴール前にころがるが、わずかに合わせることができない。

前半 39分

G大阪、倉田秋がエリア外からシュートも勢いがなく、六反勇治が正面で抑える。

前半 43分

G大阪、右CK。遠藤保仁のボールは流れ、G大阪にボールを持たれるが、再び上げられたクロスは跳ね返す。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 46分

エスパルス、遠藤保仁のクリアミスを拾った北川航也がタイミングをはかってシュートを放つが、ディフェンスに当たる。

前半 47分

ここで前半終了。1-1で後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、右サイドの飯田貴敬からゴール前のスペースにボールが出たが、北川航也には合わず。

後半 4分

G大阪、小野瀬康介が右サイドから切り込んでシュートを放つも、ゴールの左に外れる。

後半 5分

エスパルス、左サイドの松原后から斜めのパスが入って、中村慶太が抜け出す。ゴール前に転がすも、このボールを詰められず。

後半 7分

エスパルス、左CK。中村慶太のボールは、GK東口順昭がファーでキャッチ。

後半 8分

エスパルス、飯田貴敬が中に切り込んでシュートも、GK東口順昭のファインセーブにあう。

後半 9分

エスパルス、左CK。中村慶太のボールはファーでファン ソッコが落として、中央で北川航也が頭に当てるがゴールには飛ばない。

後半 13分

【ゴール】エスパルス逆転される。G大阪、ファン ウィジョがゴール前でヴァンデルソンと入れ替わり抜け出すとマイナスのボール。アデミウソンが押し込んだ。1-2

後半 15分

エスパルス、飯田貴敬のパスに抜け出した北川航也がキックフェイントで一人かわしてシュートも、ディフェンスに入られる。

後半 19分

G大阪、エスパルス陣内でボールを奪い、アデミウソンがゴール正面の位置からシュートを放つも、六反勇治が左に飛んでセーブ。

後半 22分

G大阪、右CK。遠藤保仁のボールは、ニアで中村慶太がクリア。

後半 24分

【ゴール】G大阪3点目。G大阪、エリア右角付近でFK。遠藤保仁のボールに、ニアでアデミウソンが合わせると、右ポストに当たってゴールに吸い込まれた。1-3

後半 26分

【選手交代】エスパルス、飯田貴敬に代わり鄭大世。

後半 28分

【ゴール】G大阪4点目。ファン ウィジョが抜け出すと、シュートはゴール右に転がした。1-4

後半 31分

エスパルス、左サイド松原后のクロスに、中央で鄭大世が頭で合わせるがGK東口順昭の正面で抑える。

後半 32分

【選手交代】エスパルス、中村慶太に代わり石毛秀樹。

後半 35分

【選手交代】G大阪、遠藤保仁から矢島慎也。

後半 36分

G大阪、右サイド小野瀬康介の横パスを受けた矢島慎也がシュートを放つも、ゴールの右に外れる。

後半 38分

【選手交代】G大阪、アデミウソンから渡邉千真。

後半 38分

G大阪、エリア内でボールを受けた渡邉千真がいきなりシュートを放つが、六反勇治がセーブ。

後半 40分

【選手交代】G大阪、小野瀬康介から藤本淳吾。

後半 40分

G大阪、左CK。矢島慎也のボールは、六反勇治がキャッチ。

後半 41分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり滝裕太。

後半 43分

G大阪、エスパルスゴール前に転がったボールに渡邉千真がシュートを放つが、六反勇治が飛び出してセーブ。

後半 46分

後半アディショナルタイム5分。

後半 46分

エスパルス、松原后のクロスに中央の北川航也スルーでファーに鄭大世が走り込むも、これはオフサイドの判定。

後半 48分

G大阪、ファン ウィジョがゴールすぐ近くから逆サイドにシュートを放つが、ポスト直撃。戻ったボールを六反勇治が抑える。

後半 50分

エスパルス、ゴール正面の位置からFK獲得。

後半 52分

【ゴール】エスパルス1点返す。エスパルス、FK。石毛秀樹のボールは、バー直撃。こぼれ球を滝裕太が押し込んだ。2-4

後半 53分

ここで試合終了。エスパルス2-4で敗れました。皆さまご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・ボールを握った時、ボランチを上手く使って組み立てる事

・ボールを簡単に失わない事

・俺たちのゲームだというところを見せよう

ガンバ大阪
宮本 恒靖監督

・ボールロストに気をつけよう

・勝ち切ろう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

最初の60分間は、非常に満足のできる内容の展開ができていたと思う。特に後半の15分の時間帯は、ボールを上手く握ってチャンスを作ったシーンも多く見られた。しかしながら、その後、自分たちでゲームを台無しにしてしまうような簡単なパスミスが多く続いてしまう展開になった。そういうプレゼントをし始めると、G大阪だけでなく他のJリーグのチームもそうだと思うが、上手くつけ込んで決めてくることになって、Jリーグではなかなか勝つことが難しくなる。結果的に90分で振り返ると、確かに満足のできる内容ではなかったが、決して全て悲観的に思っているわけではない。最初の60分は自分たちなりの良いプレーができていた試合だったと思う。


ーー先制してから幾度となくチャンスがあったが、2点差をつけられれば、また違った展開になっていたか?

言われるように違った展開になっていたと思う。やはり2点目、3点目が決まっていくとG大阪も苦しい展開になっていたと思う。効果的に決めきれなかったことが影響したと思うが、私としては、ここまでイージーなパスミスが続いてしまうのかと、正直大きな驚きだった。


ーーダブルボランチではなく、アンカー(1ボランチ)を置いた狙いは?

中村慶太選手をもう少し北川(航也)選手の近くに置いてプレーするということが意図だった。アンカーにすることによって、インサイドハーフと前の2人(河井、金子)も前線の近くでプレーできることを狙った。第1節と中盤のバランスが少し違う試合だったが、そのような変更を行いながらチャンスをいくつか作れていたと思う。
今回アンカーに六平(光成)選手が入ったが、去年は怪我で出遅れたところがあったが、非常に良く努力をしてくれていたし、スタメンで出るに値する選手だと思っている。今日も良くやってくれていたと思う。


ーー滝(裕太)選手の起用の狙いは?

滝選手を起用したのは、点を取りにいくということだが、自身のプレーの好調さもあったので、今日はメンバーに入れて起用した。プレシーズンからよく頑張っていた選手だった。金子(翔太)選手と結果的に代わったが、金子選手もよくやってくれていた。最後に滝選手が点に絡んだが、その前の途中で入った石毛(秀樹)選手のフリーキックなど、途中から出場した選手たちが協力してチームのために最後まで諦めずに点を取りにいくという姿勢は評価されるものだったと思う。そのような気持ちを持っていたので滝選手も最後点に絡むことができたと思う。今日は自分としては驚かされるパスミスが続いた試合だったが、選手たちは強いキャラクターを持って、この内容をバネにして次の試合に生かしてくれると期待している。

PLAYERS' COMMENTS

画像:河井 陽介

河井 陽介

良い形で先制点を奪うところまでは良かったが、もっと試合を上手くコントロールしなければいけなかったし、逆転されるほど悪い内容ではなかったと思う。
「アグレッシブに入っていこう」とみんなで言っていて、試合の入りも良かった。ボールを奪う位置は高くなったし、そこからの攻撃につなげるところもある程度できていたと思う。押し込まれたときの守備の仕方や、ボールを奪ったあとのパスを出す位置を話し合って、もっと良いチームになっていきたい。良いところは継続して、修正するところを修正して次の試合に生かしていきたい。
ただ、負けは負けなので、みんなでこの負けをしっかり受け止めて、次に良いリアクションを見せられるように、また1週間良い準備したいと思う。
画像:中村 慶太

中村 慶太

良い時間帯で先制点を取れたのは良かったが、それからの時間で相手のパス回しを止めることができず、60分くらいまでは踏ん張っていたが、自分たちのミスで失点しまい、もったいない結果になってしまった。
(得点シーンは)上手くカウンターがハマって、サイドに展開できた。(クロスに)ニアで(北川)航也が潰れてくれて、あとは押し込むだけだった。
今週は2トップでトレーニングしていて、ある程度の感覚は分かっていたが、押し込まれている時間帯で、前節広島戦同様、前線でもっと(ボールを)収めることができればと思った。
(失点後)連続失点をしないことを意識していたが、相手も隙を狙って、自分たちのミスを確実に仕留めてきた。自分たちは集中力をもっと上げていかなければいけない。サポーターの方々も勝利を楽しみにしていると思うので、次は勝てるように準備していきたい。
画像:立田 悠悟

立田 悠悟

良い時間帯で得点できたことはあるが、前半から簡単なパスミスが多かったし、修正しようとした後半に自分たちのミスから相手に決められてしまった。そこは自分たちの問題なので、次の試合に向けて修正しなければいけない。
(自分たちの3バックに対して)相手がうまくサイドを攻略してきたので、難しい場面が多くあった。サイドを崩されても中の人が守ればいいと思うので、自分たち(センターバック)が守れなかったという責任がある。(アンカーが)1人いるので、ポジションを落としてきたFWにも行けていたし、ビルドアップに関しても一人余っているのですごくやりやすい部分もあった。ただ、この試合に関してはアンカーが吸収されすぎて前に出られないというシーンもあって、それが1失点目に繋がった。アンカーが戻るところ、吸収されすぎないというのはもっと詰めていかなければいけないと思うし、試合の中でも修正していかなければいけない。
今日は、自分たちのミスが失点につながったことがほとんど。敗因を挙げるなら、複数失点をしてしまった後にガクンとなってしまい、悪い雰囲気になってしまった。今日は竹内(涼)選手がいなかったので、副キャプテンである自分がしっかりしなければいけなかった。
画像:鄭 大世

鄭 大世

後半はG大阪にクリアボールを拾われて、ずっと守備になっていたし、一度でもミスをしたら相手の流れになってチャンスもなかなか作れなかった。途中から4-4-2に変更して攻撃に人数をかけ始めたが、相手にボールを握られる時間が長くて苦しくなったし、前に人数を掛けることで、カウンターを受けてしまうという悪循環に陥っていた。
今日は正直、相手を褒めるしかない。何より、やっているサッカーのクオリティが違った。あとは自分たちのカウンターが上手くハマっていなかったのもあるし、普段は信じられないようなミスでカウンターを受けてしまった。ただ、前半かなり押し込まれていた中でも、カウンターで点を取ることができる強みを見せられた。そこまではできているので、今日の結果を悲観することはないと思う。
画像:滝 裕太

滝 裕太

「やってやろう」という気持ちでピッチに入った。石毛(秀樹)選手が良いフリーキックを蹴ったので、絶対にこぼれてくると思っていた。(バーに当たって)鄭大世選手が体を張ってボールを守ってくれていたので、良い形で自分のところにこぼれてきたと思う。あとは決めるだけだった。
1週間準備して、またメンバーに選ばれるように、そしてピッチに立ったら全力を出して結果を残したい。やっと試合に出場することができたので、このまま試合に出続けたい。チームで結果を残して5月のW杯にも、食い込んでいけるようにしたい。自分たちのような下(の世代)から押し上げていかなければいけないと思うので、練習から高い意識を持って積極的に取り組んでいきたい。熱い想いは持っているが、それをピッチ上で表さなければいけない。ピッチ上で結果を残すのが次の目標になる。