清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

ルヴァンカップ 第2節  2019.03.13 Wed 19:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 滝 裕太(47分)

試合終了

  • 0前半0
  • 1後半0

0

ロゴ:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
5 DF 鎌田 翔雅
33 DF ヴァンデルソン
26 DF 二見 宏志
15 DF 水谷 拓磨
22 MF ヘナト アウグスト
7 MF 六平 光成
18 MF エウシーニョ
8 MF 石毛 秀樹
34 FW 滝 裕太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

21 GK 高木和 徹
2 DF 立田 悠悟
25 DF 松原 后
14 MF 楠神 順平
16 MF 西澤 健太
17 MF 河井 陽介
23 FW 北川 航也

ジュビロ磐田

Line-ups

36 GK 三浦 龍輝
6 DF エレン
25 DF 大南 拓磨
28 DF 石田 崚真
33 DF 藤田 義明
35 DF 森下 俊
23 MF 山本 康裕
26 MF 藤川 虎太朗
30 MF 上原 力也
16 FW 中野 誠也
18 FW 小川 航基

Substitutes

31 GK 志村 滉
5 DF 櫻内 渚
9 MF 太田 吉彰
13 MF 宮崎 智彦
27 MF 荒木 大吾
34 MF 針谷 岳晃
32 FW 中山 仁斗

STATS

    45 90   90 45    
    1 3 4 シュート 10 7 3    
    3 5 8 GK 8 2 6    
    1 0 1 CK 6 4 2    
    5 7 12 直接FK 11 3 8    
    1 0 1 間接FK 2 1 1    
    1 0 1 オフサイド 2 1 1    
    0 1 1 PK 0 0 0    
立田 悠悟 ← 二見 宏志(55分)
河井 陽介 ← エウシーニョ(76分)
北川 航也 ← 鄭 大世(86分)
交代 (66分)藤川 虎太朗 → 荒木 大吾
(66分)小川 航基 → 中山 仁斗
(78分)エレン → 針谷 岳晃
画像:イエローカードヘナト アウグスト(34分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
8,239人 晴/弱風 7.3℃ 36% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
入江 勉 上田 益也 権田 智久 鈴木 規志 窪田 陽輔

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでYBCルヴァンカップ第2節ジュビロ磐田戦です。公式戦、今季初ダービーとなります。ここで勝利をつかんでリーグにつなげましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK六反勇治、DF鎌田翔雅、DFヴァンデルソン、DF二見宏志、DF水谷拓磨、MFヘナト アウグスト、MF六平光成、MFエウシーニョ、MF石毛秀樹、FW滝裕太、FW鄭大世の11人。リーグ前節から六反勇治、エウシーニョが続けての先発になります。

試合前

磐田先発メンバーはGK三浦龍輝、DFエレン、DF大南拓磨、DF石田峻真、DF藤田義明、DF森下俊、MF山本康裕、MF藤川虎太朗、MF上原力也、FW中野誠也、FW小川航基の11人。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 3分

磐田、小川航基が落として、上原力也がミドルシュートもゴールの上に外れる。

前半 5分

エスパルス、ヴァンデルソンのロングキックに前線で鄭大世が落として滝裕太が受け、再びスペースにボールを出すも、これはGK三浦龍輝が前に出て抑える。

前半 7分

磐田、左サイド森下俊のクロスは六反勇治がキャッチ。

前半 9分

エスパルス、右サイドのコンビネーションから最後は鄭大世がクロス。ファーで石毛秀樹が飛び込むもわずかに合わず。

前半 11分

磐田、エリア左からFK。山本康裕のボールはニアへ。ここはヘナト アウグストがクリア。

前半 16分

磐田、右サイドからのクロスに小川航基が頭で合わせるが、ゴールには飛ばない。

前半 18分

磐田、左CK。エレンのボールは、ファーで鎌田翔雅がクリア。

前半 18分

エスパルス、エウシーニョが自陣でボールを奪いドリブルで前に運ぶ。しかし、相手陣内に入ったところでボールを奪われてしまう。

前半 21分

エスパルス、左サイドで鄭大世が水谷拓磨とワンツーで抜け出してクロスも、これはGK三浦龍輝にキャッチされる。

前半 23分

エスパルス、相手陣内中央でFK獲得。石毛秀樹のボールはディフェンスがクリアし、右CKへ。

前半 23分

エスパルス、右CK。石毛秀樹のボールはゴール前で混戦。ヴァンデルソンが飛び込むが、シュートは打てず。

前半 25分

エスパルスボールのスローインが入って、エウシーニョとエレンが頭と頭でぶつかったもよう。先にエウシーニョが起き上がり、エレンも遅れて起き上がる。両者ともプレー続行可能。

前半 28分

磐田、左サイドタッチライン際からFK。エレンのボールはファーに流れる。

前半 32分

エスパルス、右サイドからFKを獲得。ゴール前には入れず、近くでボールを回す。

前半 34分

エスパルス、ヘナト アウグストにイエローカード。

前半 37分

エスパルス、相手陣内中央でFK獲得。

前半 38分

エスパルス、FK。石毛秀樹は直接狙ったがゴールの上に外れる。

前半 42分

エスパルス、二見宏志が自陣から相手ディフェンスの裏にボールを出し、滝裕太が走り込むがGKが抑える。

前半 43分

磐田、小川航基の落としに上原力也がシュートもゴールの上に外れる。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

磐田、左サイドのクロスから石田峻真がシュートを放つがゴールの上。

前半 47分

ここで前半終了。0-0で後半を迎えます。

後半 1分

磐田ボールで後半キックオフ。

後半 2分

【ゴール】エスパルス先制。GK三浦龍輝がボールを持ったところを滝裕太がプレッシャーに行く。すると、GKはパスミス。エウシーニョが前にボールを送ると、滝裕太が無人のゴールに流し込んだ。1-0

後半 6分

エスパルス、自陣から鄭大世がドリブルで持ち込む。右サイドに展開すると、鎌田翔雅は中に切り込んでシュートも相手ディフェンスにブロックされる。

後半 7分

二見宏志がピッチ上にうずくまっている。小川航基と接触したもようで、足を引きずりながらピッチの外に。

後半 8分

プレー再開。二見宏志はまだピッチの外で治療中。

後半 10分

【選手交代】エスパルス、二見宏志に代わり立田悠悟。

後半 11分

エスパルス、左サイドからFK。石毛秀樹のボールはゴール前でこぼれるが、詰めきれない。

後半 11分

エスパルス、右サイドエウシーニョのクロスにゴール前で石毛秀樹がダイビングヘッドで狙うが、ゴールに飛ばない。

後半 13分

空中戦でヘナト アウグストと小川航基が激突。両者ピッチに倒れていたが、起き上がりプレー再開。

後半 16分

磐田、右サイドからのクロスにエリア内の中野誠也がシュートを放つが、ボールは大きく上に外れる。

後半 20分

エスパルス、六平光成のスルーパスに鄭大世が抜け出してシュートも、オフサイドの判定。

後半 21分

【選手交代】磐田、藤川虎太朗から荒木大吾。小川航基から中山仁斗。

後半 23分

エスパルス、鄭大世が前線で粘ってスルーパス。石毛秀樹が抜け出してシュートを放つが、GK三浦龍輝がセーブ。

後半 25分

磐田、エスパルスディフェンスのクリアミスでゴール前にボールが上がる。中山仁斗がシュートを放つが、六反勇治は正面で抑える。

後半 27分

磐田、山本康裕のミドルシュートは、六反勇治がセーブ。大きく弾き返す。

後半 29分

エスパルス、左サイド石毛秀樹のクロスに中央で鄭大世が待っていたが、ディフェンスにクリアされる。

後半 30分

【選手交代】エスパルス、エウシーニョに代わり河井陽介。

後半 32分

エスパルス、エリア内で石毛秀樹が倒されPK獲得。

後半 33分

エスパルス、PK。鄭大世はゆっくり時間を取って蹴るが、GK三浦龍輝にセーブされる。

後半 34分

【選手交代】磐田、エレンから針谷岳晃。

後半 36分

磐田、石田峻真のシュートを六反勇治が何とか触り、バー直撃。

後半 40分

磐田、エリア外から荒木大吾がシュートも、六反勇治の正面。

後半 41分

【選手交代】エスパルス、鄭大世に代わり北川航也。

後半 43分

磐田、中山仁斗のシュートはポスト直撃。

後半 45分

磐田、中野誠也がゴール前でフリーでシュートを放つが、六反勇治のファインセーブ。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスはダービーまず1勝を挙げました。皆さま、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・風を考えながら相手背後への動きを作る事

・早く判断をしてテンポ良くボールを動かす事

・メンタルの強さを見せて取り返そう

ジュビロ磐田
曺 貴裁監督

・前半と同じように入ろう。ファーストプレーから自分たちのリズムを作る事

・思い切ってシュートを打っていこう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

勝利できたことは良かったが、特に、このような勝ち方ができたことは良かったと思っている。それは堅固に守れて、良い内容の試合ができていて、無失点でゲームを終えられたことが良かった。
また、滝(裕太)選手は今日も決めてくれた。ここまでの試合で結果を残しているが、完全に喜べる状況での得点ではなかった。しかし、今日の得点は非常に喜ばしいことだったと思う。
六反(勇治)選手のパフォーマンスも良かったと思う。彼も無失点で試合を終えられたということは、とても喜んでいるはずだと思う。確かにポストに助けられるシーンもあったが、私たちもかなり惜しいチャンスを作れていた試合内容だった。今日は勝ち点3を取れたことは良かったと思う。


ーー滝選手の評価は?

直近の(リーグ)2試合は途中出場だった。今回の試合は90分フルで出たし、動きを見ても最後まで持つ体力も見せていた。得点を取る役割もそうだが、守備面でも戻って守備を助けることもよくやってくれて、チームにとっての貢献も高かったと思う。


ーー前回の試合から、この試合に向けて強化してきたことは?

この試合に向けてミーティングで選手に伝えたのは、まず堅いディフェンスから入っていくことだった。チームをタイトに、コンパクトに保っていくことは、特に新しいことではなく、去年も同じことをチームに求めていた。しかし、G大阪戦や札幌戦の後半のプレーを見ても、チームが間延びしているシーンが多く見られた。そこを相手に突かれていたので、そうならないよう選手に求めて臨んだ。


ーー全体としては磐田が支配している時間が長かったと思うが、監督としてはどう考えるか?

私は磐田がゲームを支配していたとは思わない。確かにボールを持たれた時間はあったと思うが、ボールを持たれても攻め込まれなかったら構わないと思う。最後はポストに当たったシーンがいくつかあり、あれは攻め込まれていたので良くはないと思うが、私たちもボールを持てる時間があった。札幌戦でもボールを握れる時間帯はあったが、間延びしてミスを犯してカウンターを食らってしまっていたので、上手いボールの持ち方をしなくてはいけない。今日のところは、まず守備から入っていこうと伝えていたので、それはよくやれていたと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:六反 勇治

六反 勇治

チームとして結果が出ていなかったし、個人としても勝利につながるようなパフォーマンスが出せていなかった。失点も多く、チームに対して申し訳ない気持ちが大きかったので、ダービーで勝利につながるプレーができたのは良かったと思う。でも、今日は無失点に抑えられたことより、勝ったことが一番嬉しい。
(チーム状態は)リーグ戦とルヴァンカップと2チームに分かれて試合に出るような体制をとっているが、両方とも良いプレーができなくて勝てていない状況だった。練習を見ても、みんなが気落ちしているというか、上手くいかないと感じていたと思うので、今日はその壁を超えることができた。また新しい壁が出てくると思うが、チームとして軽く超えられるような力をつけていきたい。
画像:ヘナト アウグスト

ヘナト アウグスト

練習でやってきたことを出せたと思うし、試合前のミーティングで「まず守備から」と言われていたので、そこに関しては上手くできた。ボールを奪うところもできたし、競り合いでほとんど勝てたので、今日の試合は満足できる出来だった。ただ、それよりも今季初勝利できたことが嬉しいし、これからリーグ戦も勝ち点3を取っていけるようにしたい。
(特長が出せるようになった)ポイントは3つある。まず日本のサッカーに慣れてきたこと。2つ目はコンディションが100%になったこと。3つ目は一番大事なことだが、落ち着いて試合に入ることができていること。あとは、守備では持ち味を出せるようになってきているが、攻撃でもう少し絡んでいきたい。
画像:石毛 秀樹

石毛 秀樹

リーグ戦で大敗を繰り返していて、チームとして上手くいっていないところがあったので、ダービーということもあるし、「今日勝つことで雰囲気が変わる」と信じて試合をやっていた。また前回のルヴァンカップでは最後に自分がミスをして、引き分けの試合を負けにしてしまったので、今日は何としても勝ちたかった。
(今まで失点が続いていたのは)みんなサボっているわけではなく、一人ひとりが自分のやるべきことをやって、それがチームとして共有できれば必ず無失点で試合を終えられると思っていた。今日は一人ひとりが役割を果たすことができた。今日の流れをリーグ戦にも持ち込むことが大事。今日の無失点を次の試合もやらなければいけない。
(PKのシーンは、水谷)拓磨に出すところで、相手をひきつけて出せればチャンスになると思ったし、その後こぼれ球になった時は、相手が滑ってくるのは分かっていたので、シュートも打てるし、相手が滑ってきたらファウルになると思っていた。
画像:水谷 拓磨

水谷 拓磨

チームが勝利できたことは素直に喜んで良いと思うが、それでも内容的には良い部分だけではなく、悪い部分もあった。良い部分は継続して、悪い部分は修正して次のリーグ、ルヴァンカップに生かしたい。
良かったところは、みんなが前に前に意識していたし、裏を狙うという気持ちを見せていた。悪い部分は、終盤で慌ててしまったり、ちょっとしたパスのミスやズレがあった。あとは中野(誠也)選手に打たれたのも、コミュニケーションができていればシュートシーンは作られなかったと思う。終盤まで集中力を切らさずにやっていきたい。
画像:滝 裕太

滝 裕太

(ダービーでの勝利は)最高に気持ちが良かった。小さい頃からこのピッチに立つことが夢だったし、相手が磐田で、自分のゴールでやっと勝つことができたのですごく嬉しい。
(ゴールシーンは)エウシーニョ選手がボールをカットして、キーパーが出ていたのは見えていたので、あとは信じて打つだけだった。最後は気合で押し込んだと思う。今は調子も良いし、フォワードになってからシュートの感覚も上がって来ている。点を決める楽しさも出てきたので、もっと点を取っていきたい。
この勝利は大きいし、ここから勝ち続けて、連勝を続ければ優勝も見えてくる。チーム一丸となって頑張りたい。