清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第4節  2019.03.17 Sun 14:03 ノエビアスタジアム神戸

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • 鄭 大世(88分)

試合終了

  • 0前半0
  • 1後半1
DAZN

1

  • ルーカス ポドルスキ(49分)
ロゴ:ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸

HOME

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
27 DF 飯田 貴敬
2 DF 立田 悠悟
3 DF ファン ソッコ
25 DF 松原 后
17 MF 河井 陽介
6 MF 竹内 涼
30 MF 金子 翔太
20 MF 中村 慶太
34 FW 滝 裕太
23 FW 北川 航也

Substitutes

21 GK 高木和 徹
15 DF 水谷 拓磨
33 DF ヴァンデルソン
8 MF 石毛 秀樹
18 MF エウシーニョ
22 MF ヘナト アウグスト
9 FW 鄭 大世

ヴィッセル神戸

Line-ups

1 GK 前川 黛也
22 DF 西 大伍
25 DF 大崎 玲央
33 DF ダンクレー
19 DF 初瀬 亮
5 MF 山口 蛍
8 MF アンドレス イニエスタ
10 MF ルーカス ポドルスキ
16 FW 古橋 亨梧
7 FW ダビド ビジャ
14 FW 三田 啓貴

Substitutes

28 GK 吉丸 絢梓
3 DF 渡部 博文
32 DF 橋本 和
24 MF 三原 雅俊
6 MF セルジ サンペール
13 FW 小川 慶治朗
21 FW 田中 順也

STATS

    45 90   90 45    
    7 11 18 シュート 13 9 4    
    2 4 6 GK 10 4 6    
    2 6 8 CK 9 3 6    
    0 3 3 直接FK 10 6 4    
    1 2 3 間接FK 0 0 0    
    1 2 3 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
エウシーニョ ← 飯田 貴敬(61分)
石毛 秀樹 ← 金子 翔太(73分)
鄭 大世 ← 滝 裕太(76分)
交代 (80分)古橋 亨梧 → セルジ サンペール
画像:イエローカードエウシーニョ(68分)
警告・退場 (65分)ルーカス ポドルスキ画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
22,542人 晴/弱風 14.2℃ 35% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
古田 篤良 佐藤 隆治 山内 宏志 五十嵐 泰之 池内 明彦

GAME FLASH

試合前

今日はノエビアスタジアム神戸でJ1リーグ第4節ヴィッセル神戸戦です。超大型補強をしている神戸を相手に、エスパルスは初勝利をかけて戦います。

試合前

エスパルス先発メンバーはGK六反勇治、DF飯田貴敬、DF立田悠悟、DFファン ソッコ、DF松原后、MF河井陽介、MF竹内涼、MF金子翔太、MF中村慶太、FW滝裕太、FW北川航也の11人。滝裕太がリーグ戦初先発です。

試合前

神戸先発メンバーはGK前川黛也、DF西大伍、DF大崎玲央、DFダンクレー、DF初瀬亮、MF山口蛍、MFアンドレス イニエスタ、MFルーカス ポドルスキ、FW古橋亨梧、FWダビド ビジャ、FW三田啓貴の11人。セルジ サンペールはベンチに入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

神戸ボールで前半キックオフ。

前半 2分

神戸、左サイドから崩して初瀬亮のクロスはエスパルスディフェンスがクリア。

前半 4分

エスパルス、竹内涼がゴール前にボールを放り込むが、滝裕太には合わなかった。

前半 6分

神戸、左CK。アンドレス イニエスタのショートコーナー。ルーカス ポドルスキが再びアンドレス イニエスタに戻してクロスも、エスパルスディフェンスがブロック。

前半 6分

エスパルス、松原后の縦パスに竹内涼がスルー。北川航也がエリア内で受けて、ディフェンスを外して左足でシュートもゴールの上に外れる。

前半 7分

神戸、古橋亨梧がミドルシュート。六反勇治は正面に入ったがファンブル。ボールはそのままゴールラインを割る。神戸の右CKへ。

前半 10分

エスパルス、松原后のクロスに、中村慶太が頭で落として、北川航也がディフェンスを交わしてシュートも、足に上手く当たらない。

前半 11分

エスパルス、左サイドから松原后の鋭いクロスだったが、神戸ディフェンスにクリアされる。

前半 14分

エスパルス、右CK獲得。金子翔太のボールは、ゴール前で混戦となり神戸に拾われる。三田啓貴がドリブルで前に運ぶが、エスパルスディフェンスはファウルで止める。

前半 17分

エスパルス、GK前川黛也のパスを予測していた中村慶太がボールを奪いに行くがダンクレーの足がかかった模様。そのまま倒れ込むも、何とか起き上がってプレー再開できるよう。

前半 19分

エスパルス、飯田貴敬がゴール前に縦パス。金子翔太が北川航也とのワンツーからシュートを放つが、GK前川黛也が右に飛んでセーブ。

前半 24分

神戸、アンドレス イニエスタが右サイドに展開。西大伍がルーカス ポドルスキとのワンツーからエリア内に侵入。切り返しからシュートも、竹内涼がブロック。

前半 27分

神戸、左CK。アンドレス イニエスタのボールはニアで中村慶太がクリア。

前半 30分

エスパルス、右サイド飯田貴敬の低いクロスに北川航也がダイビングヘッドで合わせるがGK前川黛也がファインセーブ。

前半 31分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは、ファーで中村慶太が合わせるが上手く当たらずGK前川黛也がキャッチ。

前半 33分

エスパルス、ルーカス ポドルスキのバックパスを奪った北川航也が、サークル内からロングシュートもGK前川黛也が戻ってキャッチ。

前半 34分

エスパルス、北川航也がパスカットから滝裕太が右サイドから抜け出し、そのままエリア外からシュートもゴールの上に外れる。

前半 36分

神戸、左CK、アンドレス イニエスタはショートコーナーを選択。ルーカス ポドルスキとパス交換を繰り返すが、ゴール前にボールは入らない。

前半 37分

エスパルス、竹内涼が金子翔太に縦パス。金子翔太が落として中村慶太がシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

前半 39分

神戸、ダンクレーの縦パスにダビド ビジャがワンタッチで落として古橋亨梧が裏に走り込むが、立田悠悟が上手く対応。

前半 41分

エスパルス、北川航也が前線でボールを奪ってヒールパス。これは相手に当たるが、ルーズボールを滝裕太が人ってドリブルでゴール前に突進。しかしエリア手前で、相手ディフェンスにタックルに入られる。

前半 46分

ここで前半終了。0-0でしたがエスパルスは良い流れを作って、後半を迎えます。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 4分

【ゴール】エスパルス先制を許す。アンドレス イニエスタのループパスを立田悠悟がトラップミス。アンドレス イニエスタに自陣深くまで持ち込まれマイナスのボール。これをファン ソッコがクリアミス。これをルーカス ポドルスキに押し込まれた。エスパルス、ミスが重なり痛い失点。0-1

後半 6分

エスパルス、エスパルス左CK。金子翔太のボールにニアで立田悠悟が合わせるが、ゴールには飛ばない。

後半 7分

神戸、左サイドから古橋亨梧が中に切り込んでシュート。これは六反勇治が左手1本でファインセーブ。

後半 9分

神戸、アンドレス イニエスタのスルーパスからダビド ビジャがシュートを放つが、これも六反勇治がセーブ。

後半 10分

神戸、右CK。ルーカス ポドルスキのボールは、六反勇治がキャッチ。そのまますぐに前線にボールを送ると、前方に大きなスペース。竹内涼がボールを運んでスルーパスも、これはディフェンスに足を出される。

後半 11分

神戸、左CK。アンドレス イニエスタのボールは立田悠悟がクリア。しかしセカンドボールを拾われ、前線にふわりとしたボールが飛ぶと、大崎玲央にシュートを打たれるがゴールの上。

後半 12分

エスパルス、エリア内で竹内涼、松原后と連続してシュートを放つが、ともにディフェンスにブロックされる。

後半 14分

神戸、エリアすぐ手前からFK。ダビド ビジャが直接狙うが、六反勇治は正面でキャッチ。

後半 15分

神戸、古橋亨梧がエスパルス陣内深くからクロス。これをダビド ビジャが合わせるが、ゴールの上に外れる。

後半 16分

【選手交代】エスパルス、飯田貴敬に代わりエウシーニョ。

後半 17分

エスパルス、左CK。金子翔太のボールは中央でディフェンスにクリアされる。

後半 18分

エスパルス、左CK。金子翔太のボールはニアでクリアされ、古橋亨梧にボールを持ち込まれる。これは河井陽介が戻って何とか抑える。

後半 21分

エスパルス、右サイドでFK獲得。金子翔太のボールは、ダンクレーが頭でクリア。

後半 23分

エスパルス、エウシーニョにイエローカード。

後半 24分

エスパルス、右CK。滝裕太のショートコーナーから金子翔太がボールを放り込むが、ディフェンスにクリアされる。

後半 25分

エスパルス、ゴール前の混戦から最後は金子翔太がシュートを放つが、ディフェンスにブロックされる。

後半 26分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールに、松原后が頭であわせるも、GK前川黛也がファインセーブ。

後半 28分

神戸、ルーカス ポドルスキとダビド ビジャのパス交換でエスパルスディフェンスが崩されるが、これはオフサイドの判定。

後半 28分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり石毛秀樹。

後半 31分

【選手交代】エスパルス、滝裕太に代わり鄭大世。

後半 34分

エスパルス、石毛秀樹がエリア外からミドルシュート。GK前川黛也がボールをこぼし、河井陽介が詰めるもGK前川黛也が再びキャッチ。

後半 35分

【選手交代】神戸、古橋亨梧からセルジ サンペール。

後半 37分

エスパルス、右サイド石毛秀樹のクロスに鄭大世がヒールで合わせるが、GK前川黛也がセーブ。

後半 39分

エスパルス、左サイドから松原后と中村慶太のコンビで崩し、最後は中村慶太が左足でクロスを上げるがボールはそのままゴールラインを割る。

後半 43分

【ゴール】エスパルス同点に追いつく!エスパルス、エリア内右から鄭大世が左足を振り抜いて、ゴール左に収まった。1-1

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、右サイドから石毛秀樹がボールを入れると、ゴール前で鄭大世が合わせるもゴールの上に外れる。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは先制されましたが、鄭大世の劇的ゴールで追いつきました。皆さん、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・後ろからの押し上げ・下げを続けていこう

・前からプレスにいくタイミングを合わせること

・1対1は勝負していこう!

ヴィッセル神戸
フアン マヌエル リージョ監督

・相手コートで時間を作ろう

・自分達のサッカーをしよう

・チャンスを作って点につなげよう

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

この試合に入っていくに当たって、守備をしっかりしていくべきだと思っていた。なぜなら、この前の(リーグ)2試合それぞれの後半からチームとして守備が崩れてしまい、失点もしてしまったので、先日のカップ戦、今日の試合は守備面の改善を念頭に置いて臨んだ。最終的に非常に求めた堅固なディフェンスは見せられた試合だったと感じる。
しかし、守備をしに、ここに来たわけではない。自分たちの持ち味である攻撃もしっかりやっていくよう選手に求めていた。その上で、選手は非常に早い切り替えの中から速攻の攻撃もしっかりやってくれていたと思うし、ボールを持ってしっかり握りながら、ボールを動かしての遅攻、相手を動かして崩していくことも、しっかりやってくれていたと思う。先に出た11人の選手も非常に評価できると思うし、途中から入ってきた3人の交代選手も良い役割を果たしてくれていたと思う。
確かに(鄭)大世選手は点を決めてくれたが、ただ決めたゴールではなく、先日のカップ戦の彼のプレーの内容は非常に良くなって、好調なプレーを見せているので、それが今日の結果に結びついたと思う。
私たちは攻撃的な神戸に対し、しっかり守りから入っていく。その中でも攻撃を作って、多くのチャンスを作ってリスペクトしながら戦っていくことを思っていたが、リスペクトし過ぎないということも重要だったと思う。


ーー勝ち点1を勝ち点3にするためには何が必要か?

効果的に決められればと思う。堅固なディフェンスもやっていた。効果的なチャンスまでは作っていたが、そこを決めていくことが重要だと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:鄭 大世

鄭 大世

自分に自信がなかったりしても、試合にある程度出ることができれば得点を決められるんだなと思った。負けている状況で、しかも3番手の交代で、もう少し時間が欲しいと思ったけど、あのような形でゴールを決められて「時間じゃない」ということも分かった。今日の引き分けは大きいし、自分がベテランとしてチームを支えるというところで、最後に持ちこたえる助けができてよかった。
(シュートは)打った瞬間は外れたと思ったが、ボールがゴールに吸い込まれていった。ディフェンスに寄せられていたので腰が引けながら打ったが、上手く力が抜けていたと思う。コースを狙って決めるようなゴールはあまりないが、この状況で決められて良かった。
(勝ち点3は取れなかったが)内容も悪くないし、良い気分でオフに入れると思う。個人としても、(今季)エスパルスに残ると決断して、我慢のシーズンになることは覚悟していたが、早い段階で点を取れて「エスパルスに残ったことが正解だった」という答えに近づいているし、スタメンに復帰して試合に出続けられることを目標にしながら、今日はそのための通過点だと捉えたい。
画像:竹内 涼

竹内 涼

開幕から色々とチャレンジしているところもあったが、そこを突かれて、自分たちの思うようなサッカーを出せなくて歯がゆい思いをしていた。でも、もう一度自分たちのサッカーに返るという意味では、(今日の試合は)勝てなかったが、これから自信を持ってやれると思う。(粘り強い守備は)自分たちのベース。そこがなければ攻撃だったり、コンビネーションは生まれないと思うので、そこはみんなで再確認していたから、自分が声を掛けなくてもみんなは分かっていた。個人としても組織としても、守備の意識が強かったと思う。
(ダービーからの流れは)間違いなくあった。ルヴァンカップでも、ダービーに勝てば流れは変わるし、1-0という一番難しい勝ち方をしたことが、今日の試合につながっていると思う。
今日は相手のバイタルエリアに入る回数が多かったので、あとはそこでの質。一番厳しいところだが、楽しんでやっていきたい。前線の選手にはそういう力を持っている選手しかいないので、自分たち後ろの選手は前の選手を信じてボールを出していきたい。
画像:六反 勇治

六反 勇治

勝てていない状況の中で、水曜日にルヴァンカップのダービーで勝って、(今日も)しっかりと自分たちの原点を見つめ直して試合に入ろうというところで、チームとしてのプレーができたことが大きかった。(失点シーンは)崩されたわけではなかったし、自分たちのミスが続いてピンチになっただけなので、そう考えれば(試合を通して)自分たちのコントロールの中でサッカーができていたと思う。ミスからの失点は痛かったが、これまでのリーグ戦と違って2点目、3点目を与えずに我慢できたこと、鄭大世選手が途中から出てきて得点を決めたこと、滝(裕太)も前線からプレッシャーをかけてくれたこと、4バックの選手も我慢してくれたことが勝ち点1につながったと思う。
(個人的には)今年は自分の中でも調子は良いと思っているが、勝ち点につながらないようなプレーは意味がないものだと思っているので、勝ち点1だが、その勝ち点を取ることに貢献できたことは良かった。
画像:中村 慶太

中村 慶太

サイドハーフで初めて試合に出て、(攻撃の時には)中盤のスペースが空いてくるのは分かっていたので、そこでボールを受けて、前の4人で上手くコンビネーションを使って崩そうと思っていた。前半はその形を多く演出できたと思うが、その中で決定力が足りなかったのが反省だと思う。
(サイドハーフの動きは)この1週間で守備のやり方は自分の中で落とし込めていたと思うし、監督からは「ボランチの脇まで絞れ」と言われていたので、相手が中盤を厚くして攻めてくる中で、そのカバーを気にかけていた。走行距離的に見てもキツかったが、上手く周りに助けてもらったと思う。
チャンスも多かったが、失点は自分たちのミスだったので、こういうところで勝ちきれないのが、今のチーム状況を表しているのかなと。でも、悲観はしていない。内容は良くなっているので、中断期間を使って組織で戦う力をもう一度つけたい。
画像:滝 裕太

滝 裕太

結果を残せなくて悔しい。でも、カウンターから個で打開できるところがあったので、そこをレベルアップして決めきれるようにしたい。手応えはあったし、チャンスは何度か作れていたので、あとは決めきるだけ。これから頑張ってやっていきたい。前半は前線からのプレスでほとんど相手にチャンスを作らせなかったし、守備が上手くハマっていた中で、攻撃も自分たちの方にチャンスがあったので、あの時間帯に決められたら今日は勝てたと思う。
(世界的な選手は)体の使い方が日本人と違って、そこが上手いと思った。簡単にボールを失わないというところは、これから身につけていきたい。
(ここからチームを離れるが)調子が良かったので残念なところはあるが、チームを離れていてもコンディションは保てるし、帰ってきてからチームでコツコツと結果を残し続けて、またリーグでスタメンに入りたい。