清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第8節  2019.04.20 Sat 15:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 北川 航也(82分)

試合終了

  • 0前半0
  • 1後半0
DAZN

0

ロゴ:セレッソ大阪

セレッソ大阪

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

13 GK 六反 勇治
18 DF エウシーニョ
3 DF ファン ソッコ
2 DF 立田 悠悟
25 DF 松原 后
22 MF ヘナト アウグスト
6 MF 竹内 涼
30 MF 金子 翔太
17 MF 河井 陽介
9 FW 鄭 大世
23 FW 北川 航也

Substitutes

1 GK 西部 洋平
26 DF 二見 宏志
27 DF 飯田 貴敬
7 MF 六平 光成
15 MF 水谷 拓磨
34 FW 滝 裕太
49 FW ドウグラス

セレッソ大阪

Line-ups

21 GK キム ジンヒョン
3 DF 木本 恭生
14 DF 丸橋 祐介
22 DF マテイ ヨニッチ
23 DF 山下 達也
2 MF 松田 陸
6 MF レアンドロ デサバト
10 MF 清武 弘嗣
11 MF ソウザ
8 FW 柿谷 曜一朗
20 FW ブルーノ メンデス

Substitutes

1 GK 圍 謙太朗
16 DF 片山 瑛一
7 MF 水沼 宏太
25 MF 奥埜 博亮
32 MF 田中 亜土夢
9 FW 都倉 賢
13 FW 高木 俊幸

STATS

    45 90   90 45    
    5 2 7 シュート 7 5 2    
    6 7 13 GK 4 1 3    
    5 2 7 CK 6 3 3    
    3 6 9 直接FK 12 6 6    
    0 1 1 間接FK 1 1 0    
    0 1 1 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
六平 光成 ← 竹内 涼(64分)
ドウグラス ← 鄭 大世(71分)
二見 宏志 ← 北川 航也(89分)
交代 (71分)ブルーノ メンデス → 都倉 賢
(76分)清武 弘嗣 → 田中 亜土夢
(85分)山下 達也 → 高木 俊幸
画像:イエローカード六平 光成(78分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
11,028人 曇/弱風 17.1℃ 56% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
石井 秀明 高山 啓義 間島 宗一 赤阪 修 野田 祐樹

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1リーグ第8節セレッソ大阪戦です。エスパルスは前節のダービーで今季初勝利を挙げ、この試合でホーム初勝利を目指します。

試合前

エスパルス先発メンバーはGK六反勇治、DFエウシーニョ、DFファン ソッコ、DF立田悠悟、DF松原后、MFヘナト アウグスト、MF竹内涼、MF金子翔太、MF河井陽介、FW鄭大世、FW北川航也の11人。河井陽介が左サイドハーフに入る見込みです。

試合前

C大阪先発メンバーはGKキム ジンヒョン、DF木本恭生、DF丸橋祐介、DFマテイ ヨニッチ、DF山下達也、MF松田陸、MFレアンドロ デサバト、MF清武弘嗣、MFソウザ、MF柿谷曜一朗、MFブルーノ メンデスの11人。ブルーノ メンデスはリーグ初先発となります。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。エスパルスの選手は石毛秀樹選手の写真がプリントされたTシャツを着ています。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、左サイドから竹内涼のクロスに金子翔太がエリア内でトラップ。そのままシュートもディフェンスにブロックされる。

前半 2分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは、ディフェンスにクリアされる。

前半 2分

C大阪、清武弘嗣がピッチ上にうずくまって倒れている。C大阪の選手がボールを外に出した。プレーは中断。

前半 4分

C大阪、清武弘嗣が外に出てプレー再開。

前半 4分

C大阪、清武弘嗣はピッチに内に戻った。

前半 7分

エスパルス、ソウザの横パスを金子翔太がカット。そのままゴール前の混戦に持ち込んで、CKをゲット。

前半 8分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは、ニアで相手ディフェンスに触られるが、ゴール中央で混戦。こぼれ球を鄭大世がオーバーヘッドで狙うが、ゴールの上に外れる。

前半 11分

C大阪、ハーフライン付近からFK。ソウザが左サイド深くに蹴るが、これはエウシーニョが上手く対応。

前半 14分

C大阪、エリア手前でFK。ソウザのボールは、わずかにサイドネットに外れる。

前半 16分

エスパルス、竹内涼のロングパスに、鄭大世が裏に走り込むがディフェンスに体を入れられる。

前半 18分

C大阪、左サイド木本恭生のクロスに松田陸が飛び込むが、河井陽介が頭でクリア。

前半 18分

C大阪、右CK。ショートコーナーから最後はソウザがシュートを放つ。ディフェンスに当たり、ディフレクトしたボールがゴール方向に向かったが六反勇治がファインセーブ。

前半 21分

エスパルス、河井陽介が左サイドで粘って、松原后を走らせる。松原后が切り込んでクロス。ファーサイドの金子翔太がトラップし、クロスはゴール前に上手く転がるが味方がいない。

前半 24分

C大阪、ソウザが左にサイドチェンジ、松田陸のクロスをブルーノ メンデスがヘッドも、ゴールの上。

前半 28分

エスパルス、河井陽介のサイドチェンジからエウシーニョが粘って後ろに戻す。エリア手前から金子翔太がシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

前半 30分

エスパルス、前線の選手がGKを追い込んでパスミスを誘う。エスパルスは右サイドでスローインを獲得。

前半 31分

エスパルス、河井陽介のミドルシュートは、GKキム ジンヒョンの正面。

前半 33分

C大阪、ブルーノ メンデスのスルーパスに柿谷曜一朗が走り込むが、立田悠悟が戻って対応。

前半 34分

エスパルス、竹内涼が左サイドのスペースにボールを送ると、河井陽介のクロスがそのままゴールに向かうが、GKキム ジンヒョンが手を伸ばして触る。

前半 35分

エスパルス、エウシーニョがエリア手前で粘ってボールをキープ。河井陽介が、左サイドに展開。松原后のクロスに、北川航也のシュートはマテイ ヨニッチがブロック。

前半 37分

エスパルス、左CK。その2本目、金子翔太のボールはディフェンスに触られるが、ファーでボールを拾ったエウシーニョがシュートも、ディフェンスにブロックされる。

前半 39分

エスパルス、松原后の縦パスを受けた北川航也が、前を向いてスルーパス。鄭大世が抜け出してシュートも、GKキム ジンヒョンがセーブ。

前半 39分

エスパルス、左CK。金子翔太のボールはゴール前で混戦。ファン ソッコがバックヘッドも、ゴールの右に外れる。

前半 41分

エスパルス、竹内涼のスルーパスに、右サイドから北川航也が抜け出す。北川航也のクロスに鄭大世が中央で受けるが、ディフェンスにクリアされる。

前半 42分

C大阪、左CK。ショートコーナーから清武弘嗣がクロスを上げるも、竹内涼がクリア。そのまま前線まで運ぶ。

前半 44分

エスパルス、左サイドから松原后が持ち込み、エリア内にボールを転がすが、ディフェンスにクリアされる。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 46分

エスパルス、右サイドから竹内涼がゴール前に入れるが、GKキム ジンヒョンがキャッチ。

前半 47分

C大阪、ソウザが左サイドに展開。丸橋祐介のクロスにブルーノ メンデスが頭で合わせるが、ゴールの右に外れる。

前半 48分

ここで前半終了。0-0で折り返します。

後半 1分

C大阪ボールで後半キックオフ。

後半 3分

C大阪、左サイドからのクロスはクリアも、こぼれ球をソウザがシュート。ゴールの右に外れる。

後半 5分

エスパルス、右サイドから北川航也のクロスにゴール前でシュートを何本か放つが、いずれもブロックされる。

後半 6分

C大阪、左CK。清武弘嗣のボールをクリアしきれず柿谷曜一朗にシュートを打たれる。これはディフェンスがブロック、さらにこぼれ球を山下達也に拾われるが、ゴールエリア内で竹内涼が足を伸ばして防ぐ。最後はマテイ ヨニッチにシュートを打たれるが、六反勇治が正面で抑える。この試合最大のピンチを防いだ。

後半 11分

エスパルス、竹内涼が自陣からスルーパス。左サイドのスペースに抜け出した鄭大世は、ゴール前に転がすがディフェンスにクリアされる。

後半 12分

エスパルス、左CK。金子翔太のボールはニアでクリアされる。

後半 15分

C大阪、右サイド高い位置まで上がってきた山下達也がスルーパスを送るが、これはタイミングが合わず。

後半 17分

C大阪、右CK。丸橋祐介のボールは、ファーで竹内涼がクリア。

後半 18分

C大阪、カウンターから柿谷曜一朗が右サイドの松田陸にボールを出すが、松田陸はトラップミスでタッチを割る。

後半 19分

【選手交代】エスパルス、竹内涼に代わり六平光成。

後半 21分

C大阪、左サイドからのクロスに柿谷曜一朗が頭で合わせるが、ディフェンスがブロック。

後半 23分

エスパルス、右サイドのエウシーニョのクロスに北川航也がエリア内で受けるが、ディフェンスにチャージを受ける。しかし、ノーファウルの判定。

後半 25分

エスパルス、スローインを奪って鄭大世がゴール前に突進するも、ディフェンスに止められる。

後半 26分

【選手交代】C大阪、ブルーノ メンデスから都倉賢。

後半 26分

【選手交代】エスパルス、鄭大世に代わりドウグラス。

後半 28分

C大阪、カウンターから都倉賢が競ってこぼれたところをソウザがシュートを放つが、ゴールの左に外れる。

後半 30分

C大阪、左サイドから木本恭生がゴール前に放り込むが、そのままゴールラインを割る。

後半 31分

【選手交代】C大阪、清武弘嗣から田中亜土夢。

後半 32分

C大阪、左サイド丸橋祐介の縦パスに、都倉賢が胸で前に落として田中亜土夢が走り出すが、これはオフサイドの判定。

後半 33分

エスパルス、六平光成にイエローカード。

後半 34分

C大阪、エリア右角付近からFK。ソウザのボールはディフェンスがクリア。

後半 37分

C大阪、エスパルス陣内中央からFK。ソウザが直接狙うと、ディフェンスに当たりコースが変わるも、六反勇治が抑える。

後半 38分

【ゴール】エスパルス先制。六反勇治のパントキックが、右サイドのディフェンスの裏に飛ぶと、GKキム ジンヒョンが飛び出しており、エウシーニョがゴールに転がす。コースがそれるが、北川航也が執念で滑り込んで角度がほぼないところから決めた。1-0

後半 40分

【選手交代】C大阪、山下達也から高木俊幸。

後半 43分

C大阪、左CK。田中亜土夢のボールは、ゴール前でファウルがあったもよう。エスパルスボールで再開。

後半 44分

【選手交代】エスパルス、北川航也に代わり二見宏志。

後半 45分

エスパルス、相手陣内中央でFK獲得。金子翔太のボールはディフェンスにクリアされる。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 47分

C大阪、右サイド松田陸のクロスは直接ゴールラインを超える。

後半 48分

C大阪、マテイ ヨニッチのクロスに都倉賢が落とすが、六反勇治がキャッチ。

後半 49分

ここで試合終了。エスパルスはホーム初勝利。そしてリーグ連勝を決めました!皆さん、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・相手のボランチにしっかりと寄せてボールを出させない事

・ボールを取るタイミングでは全員でプレスをかける事

・2列目からゴール前に顔を出す事

セレッソ大阪
ロティーナ監督

・相手のセットプレーに気をつける事

・後半の入り方に気をつけて。自信を持って戦っていこう!

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

今日勝てたことは非常に嬉しく思っている。(それには)色々理由がある。まず、今日みんなが石毛(秀樹)選手のTシャツを着て試合に臨んだ。もちろんファン・サポーターのため、私たちは勝つことを目指してやっているが、今週、石毛選手が怪我をしたという非常に残念なニュースがある中で、選手たちもチームメイトのために何とかして勝利を届けたいと強い気持ちで臨んでいたので、それで勝てて非常に嬉しく思う。
チームとしては、これまでアウェイの2試合は良い内容だった。磐田戦に関しては勝利も収められて良かった。チームの流れとしては非常に良い内容を見せてきていたので、その流れを持って今日の試合も勝ちたいと思っていた。チームとしても無失点でゲームを終えられたということは非常に良かったと思うし、点の取り方も良い取り方だったと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:北川 航也

北川 航也

石毛(秀樹)選手の怪我に関しては選手である以上避けられないが、チームにとっても、自分にとってもショックだったし、それと同時に、石毛選手も悔しい想いをしていると思う。ただ、その怪我をした次の日に、すでに前を向いている石毛選手を見た時に、自分たちができることは何なのかと考えて、「ピッチの上で試合に勝つことしかない」と思った。その意味では絶対に負けてはいけない試合だった。
(得点シーンは)六反(勇治)選手がボールを持った時に、まずは自分がボールを受けられるところを探していた。それでもエウシーニョ選手が出て、シュートを打ってそのまま入れば良いし、自分の方に逸れても飛び込んで行く位置取りはできていた。(ゴールは)「走っていて良かった」というその一言に尽きる。少しの運もあるが、いなければいけないところにいたので、それが状態の良さを表していると思う。
開幕からやってきたものがようやく実を結んできたと思うし、継続してやってきたものが試合に出ている。これを継続してやらなければいけないし、改善しなければいけないところは改善して、自分自身もまだまだやらなければいけない。
画像:六反 勇治

六反 勇治

開幕からあまり良いサッカーができず、ホームの勝利も、リーグ戦で無失点に抑えたのも、今日が初めてとなった。前節のダービーでもそうだが、少しずつチームとしてやるべきことがまとまってきたと思う。今日はセンターバックの2人や、ヘナト(アウグスト)が評価されるところだと思うが、自分としては一番良かったのは松原后。センターバックがプレーしやすいように声を掛けていたし、後半もクロスの対応で、彼のヘディングでのクリアも多かった。
(得点シーンは)最初のタイミングでエウシーニョが相手よりも前に出ていることが分かったので、(後ろに)残っている選手にバレないように、一度逆を見ていた。エウシーニョは走り切る能力があるので、ハーフラインくらいに行ったら、ボールを蹴ろうと思っていた。
ダービーもそうだし、今回もそうだが、勝つべくして勝ったというよりはギリギリ勝ちきったところが多い。現状は振り出しに戻ったくらいだと思うので、ここからみんなで競争しながら上に行けるようにしたい。
画像:エウシーニョ

エウシーニョ

勝たなければいけない試合に勝てて良かったと思う。(C大阪の)調子は良くないと言われていたが、試合に入ったら厳しいゲームだった。1-0という試合になって、自信につながる勝利になると思う。これからもっと勝てるようにしていきたい。
これまで結果は出ていなかったが、内容は悪くなかった。それがようやく最近は勝利につながるようになった。今まで細かいところでミスがあったが、それを修正してきている。まだ2勝目だが、もっと勝てるようになると思う。個人としてもエスパルスに来て良かったと思うし、これからもっとチームに貢献したい。
(ゴールシーン)あれはシュートだった。(北川)航也は自分のことを信じていたし、フォワードとして最後まで走りきったことがゴールにつながったと思う。
画像:河井 陽介

河井 陽介

久しぶりのサイドハーフで、体力的にも厳しかった。ボランチの時には自分で攻撃に行くタイミングを選べるが、サイドハーフは取った瞬間にみんなで出て行く場面も多いし、競り合いも多かった。これを良い経験にして次につなげていきたい。
(試合前は)チャンスがあれば得点を狙っていこうと思っていたし、周りとのコンビネーションを含めて、気を使ったプレーができればと思っていた。石毛(秀樹)も、(中村)慶太も怪我で出られない中で、自分がそのポジションに入るという意味を考えながらやったが、彼らの代わりはできないし、自分なりのプレーができれば良いと考えていた。
あとはチームに決定的なチャンスがほとんど無かったので、そういうところを作れるようにしたい。ポジション取りもそうだし、2列目から飛び出していくのもそうだし、やることはあると思う。
画像:ファン ソッコ

ファン ソッコ

ダービーに勝って、勢いに乗っている状態で連勝することできて良かったと思う。あとは無失点で終われたことが一番大きかった。
毎試合失点していることもあって、1対1のところでも球際のとこでも、「絶対にやらせない」という気迫が全員にあった。あとはチームとして上手く守れたことも良かったと思う。試合の入りをしっかりとできたと思うし、相手のペースになる時も、自分たちのペースになることもあったが、相手の時間帯になったところで踏ん張れた。
ただ、完璧に相手をシャットアウトしての無失点というよりは、相手に助けられたところもある。そこは良い内容を続けていたので、神様が微笑んだというところもあるかもしれないし、運を自分たちで引き寄せてきたところもある。誰一人諦めず、最後まで体を張ることができたことは良かった。