清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第20節  2019.07.20 Sat 19:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

0

試合終了

  • 0前半2
  • 0後半0
DAZN

2

  • 大森 晃太郎(16分)
  • 永井 謙佑(30分)
ロゴ:FC東京

FC東京

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 西部 洋平
18 DF エウシーニョ
2 DF 立田 悠悟
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
22 MF ヘナト アウグスト
6 MF 竹内 涼
17 MF 河井 陽介
16 MF 西澤 健太
23 FW 北川 航也
49 FW ドウグラス

Substitutes

21 GK 高木和 徹
3 DF ファン ソッコ
27 DF 飯田 貴敬
7 MF 六平 光成
30 MF 金子 翔太
34 MF 滝 裕太
20 FW 中村 慶太

FC東京

Line-ups

33 GK 林 彰洋
2 DF 室屋 成
32 DF 渡辺 剛
3 DF 森重 真人
25 DF 小川 諒也
39 MF 大森 晃太郎
8 MF 高萩 洋次郎
18 MF 橋本 拳人
10 MF 東 慶悟
9 FW ディエゴ オリヴェイラ
11 FW 永井 謙佑

Substitutes

1 GK 児玉 剛
14 DF オ ジェソク
29 DF 岡崎 慎
7 MF 三田 啓貴
28 MF 内田 宅哉
45 MF アルトゥール シルバ
16 FW ジャエル

STATS

    45 90   90 45    
    5 1 6 シュート 14 9 5    
    1 7 8 GK 6 3 3    
    4 3 7 CK 8 5 3    
    8 9 17 直接FK 11 6 5    
    0 0 0 間接FK 1 0 1    
    0 0 0 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
中村 慶太 ← 西澤 健太(46分)
六平 光成 ← 竹内 涼(67分)
滝 裕太 ← 河井 陽介(80分)
交代 (67分)ディエゴ オリヴェイラ → 三田 啓貴
(89分)永井 謙佑 → ジャエル
(90+2分)東 慶悟 → アルトゥール シルバ
画像:イエローカード竹内 涼(56分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
15,750人 曇/弱風 25.5℃ 78% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
北郷 光宏 高山 啓義 唐紙 学志 熊谷 幸剛 佐藤 誠和

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第20節FC東京戦です。蒸し暑い中での試合になりますが、今日はホーム4連勝を目指して戦うことになります。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK西部洋平、DFエウシーニョ、DF立田悠悟、DF二見宏志、DF松原后、DFヘナト アウグスト、MFヘナト アウグスト、MF竹内涼、MF河井陽介、MF西澤健太、FW北川航也、FWドウグラスの11人。ディフェンスラインは立田悠悟が先発に入りました。

試合前

FC東京先発メンバーは、GK林彰洋、DF室屋成、DF渡辺剛、DF森重真人、DF小川諒也、MF大森晃太郎、MF髙萩洋次郎、MF橋本拳人、MF東慶悟、FWディエゴ オリヴェイラ、FW永井謙佑の11人。三田啓貴はベンチに入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。間もなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、右サイドでエウシーニョ、河井陽介、北川航也とつないで、北川航也のクロス。これはファーに流れるが、松原后が左足を振り抜くとグラウンダーの強烈なボールがゴールに向かう。だが、わずかに右に外れる。

前半 4分

エスパルス、相手陣内中央、右サイドからFK。西澤健太のボールは、ファーまで流れるがシュートを打つことができない。

前半 5分

エスパルス、右サイドでボールを受けた北川航也が左サイドのスペースに転がして、松原后を走らせるがわずかに届かない。

前半 7分

FC東京、右サイド室屋成のクロスにファーで東慶悟が落とすが、中央で竹内涼が冷静な対応。

前半 8分

エスパルス、ヘナト アウグストのドウグラスのスルーパスに北川航也が飛び出してGK林彰洋と1対1。シュートを放つが、GK林彰洋の右手がわずかに触れてCKへ。

前半 9分

エスパルス、左CK。西澤健太のボールにニアで立田悠悟が頭で合わせるが、ゴールの上に外れる。

前半 9分

FC東京、ドウグラスと接触した室屋成が倒れている。しばらくして起き上がりプレー続行へ。

前半 12分

エスパルス、左CK。エウシーニョはショートコーナーの折り返しを、ゴール前に放り込む。このボールにファーでドウグラスがバイシクルで狙うがGK林彰洋のファインセーブ。

前半 13分

エスパルス、右CK。西澤健太のボールにドウグラスが飛び込むがファウルを取られたもよう。

前半 16分

【ゴール】エスパルス先制を許す。大森晃太郎が右サイドから中に切り込んで左足を振り抜く。ボールはバーに当たって吸い込まれた。0-1

前半 19分

エスパルス、左サイドから松原后のクロスにドウグラスが頭で合わせるが、勢いがなくGK林彰洋がキャッチ。

前半 20分

FC東京、ディエゴ オリヴェイラがエリア内で粘り、最後はシュート放つ。西部洋平が弾き、二見宏志がクリア。

前半 22分

FC東京、右CK。小川諒也のボールは、ニアで北川航也がクリア。

前半 22分

FC東京、左サイド小川諒也からパスをつないで永井謙佑が右にボールを流そうとするも、二見宏志が大きくクリア。

前半 24分

FC東京、エスパルス陣内左サイドからFK。ショートパスを選択して、ボールをつなぐ。

前半 28分

FC東京、東慶悟のスルーパスに左サイドから小川諒也がクロスを上げるが、二見宏志がクリア。

前半 30分

FC東京、左CK。東慶悟がショートパスから小川諒也がクロスを上げるが、ドウグラスがニアでクリア。

前半 30分

【ゴール】エスパルス2点目を許す。右サイド室屋成からのクロスをエウシーニョのクリアミス。ディエゴ オリヴェイラにシュートを打たれるが西部洋平がセーブ。しかし、こぼれ球を永井謙佑に詰められた。0-2

前半 34分

エスパルス、ヘナト アウグストが右足首を抑えて倒れている。しばらくして起き上がり、問題はない様子。

前半 36分

エスパルス、左サイドの西澤健太から松原后にパスが渡る。松原后は中に切り込んで1人かわすが、2人目のディフェンスに止められる。

前半 36分

エスパルス、4-1-4-1に変更しているもよう。

前半 39分

エスパルス、エウシーニョが右サイドで北川航也とワンツー。相手陣内深くでボールを持つと、ディフェンスのタックルを切り返しでかわして、左足でクロスを入れるもGK林彰洋がキャッチ。

前半 40分

エスパルス、右サイドの北川航也がグラウンダーのボールでサイドチェンジ。ここに松原后が走り込んだが、室屋成に体で止められる。エスパルスはFKを獲得。

前半 41分

エスパルス、エリア左角付近からFK。西澤健太のボールはディフェンスに当たってゴールラインを割る。

前半 42分

エスパルス、右CK。西澤健太の高いボールはGK林彰洋がキャッチ。

前半 45分

FC東京、右CK。小川諒也のボールに、ゴール前が混戦。西部洋平のセーブもあり、何とか掻き出す。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスは後半2点を追いかける展開になります。

HT

【選手交代】エスパルス、西澤健太に代わり中村慶太。

後半 1分

FC東京ボールで後半キックオフ。

後半 1分

エスパルス、左サイドで中村慶太から松原后へボールが出る。松原后のクロスはファーにドウグラスが飛び込むが間一髪のところでクリアされる。

後半 2分

エスパルス、右CK。エウシーニョのボールはディフェンスにクリアされる。

後半 3分

エスパルス、エウシーニョからのパスを受けた松原后が左サイドから切り込んで右足のシュート。これはGK林彰洋のセーブ。

後半 4分

FC東京、エスパルス陣内深く、右サイドからFK。小川諒也のボールは、竹内涼がクリア。東慶悟がシュートを放つが、ディフェンスに当たってゴールラインを割る。FC東京の右CK。

後半 6分

FC東京、右CK。小川諒也のボールはファーまで流れる。

後半 7分

エスパルス、中村慶太が室屋成のボールを奪い返してショートカウンターを仕掛ける。クロスはディフェンスに弾き返される。

後半 10分

エスパルス、FK。松原后のボールに、立田悠悟が落とすが、東慶悟のクリアに遭う。

後半 11分

エスパルス、竹内涼にイエローカード。

後半 12分

FC東京、右サイドからFK。小川諒也が横に出して東慶悟がボールを入れるが、二見宏志がクリア。

後半 14分

FC東京、永井謙佑が抜け出しシュートを放つが、西部洋平がセーブ。

後半 17分

FC東京、ディエゴ オリヴェイラが抜け出してシュートを放つが立田悠悟がスライディングで止める。このプレーで立田悠悟が後頭部を押さえて倒れている。

後半 18分

エスパルス、立田悠悟は起き上がってプレー続行可能。

後半 18分

FC東京、左CK。東慶悟のボールは立田悠悟がクリア。

後半 19分

FC東京、右CK。小川諒也のボールは、西部洋平が弾き返す。こぼれ球を大森晃太郎がシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 20分

FC東京、右サイド室屋成からクロスが入るが、西部洋平が正面でがっちりキャッチ。

後半 21分

FC東京、永井謙佑が抜け出して左サイド角度のないところからシュートを放つが西部洋平がセーブ。

後半 22分

【選手交代】エスパルス、竹内涼に代わり六平光成。

後半 23分

【選手交代】FC東京、ディエゴ オリヴェイラから三田啓貴。

後半 24分

エスパルス、右サイドからエウシーニョのクロスはGK林彰洋がキャッチ。

後半 24分

エスパルス、先ほどのクロスのゴール前の混戦で河井陽介が選手と接触したもよう。倒れており、担架が入った。

後半 25分

エスパルス、河井陽介は一度ゴールエリアからピッチの外に出たが、走ってハーフラインまで戻り、ピッチの中に入った。

後半 27分

FC東京、左CK。東慶悟のボールを、ニアで合わせるがゴールの上に外れる。

後半 31分

エスパルス、ドウグラスが左サイドに展開。中村慶太がボールを持って中にボールを入れるが、タイミングが合わず。

後半 33分

FC東京、左CK。小川諒也のボールに、森重真人が合わせるが枠を外れる。

後半 34分

【選手交代】エスパルス、河井陽介に代わり滝裕太。

後半 35分

エスパルス、左からスローイン。二見宏志のロングスロー。これはディフェンスがクリア。

後半 36分

エスパルス、左CK。中村慶太のボールは、GK林彰洋がパンチング。

後半 40分

エスパルス、右からFK。中村慶太のボールはディフェンスにクリアされる。

後半 41分

エスパルス、ヘナト アウグストがセンターバックに、二見宏志が左サイドバックに、そして、松原后が左サイドハーフに入っている。

後半 43分

エスパルス、押し込む展開になっている。

後半 44分

【選手交代】FC東京、永井謙佑からジャエル。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

FC東京、東慶悟が左足を押さえて倒れ込む。そのまま担架で運ばれてピッチの外へ。

後半 47分

【選手交代】FC東京、東慶悟からアルトゥール シルバ。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは0-2で敗れました。皆さん、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
篠田 善之監督

・守備の時に中央を締める事。ロングボールの対応をしっかり。

・幅を使いながら間を通していこう

・落ち着いてゲームを進めていこう

FC東京
長谷川 健太監督

・奪われた瞬間の切り替えを速くすること

・後半の立ち上がりから集中して入ること

COACH COMMENT

篠田 善之監督

良いゲームの入りはできたと思うが、0-2だったことが全てだと思う。システムを変えたり、人を変えて色々チャレンジした。決定機もいくつかあったが、それも決めきれなかったことが我々の力の差であり、まだ失点が続いているので、残念だった。
全体的に言えば良いゲームだったと思うが、この結果をどうやってみんなで受けとめて、しっかり足元見つめてやっていくかという作業になると思うが、顔を上げてまた一からやりたいと思う。


ーー首位のチーム相手に立てた対策とその評価は?

一番は前線2人のカウンターが脅威だった。それをさせないで、自分たちがボールを動かしながら、背後を取りに行く作業は、いくつか見せられたと思う。ただ予想以上にワイドMFの東(慶悟)選手と大森(晃太郎)選手が中央に入ってきたところを締められなかったので、我々としては形を変えて臨んだが、彼らの最後のクオリティと掻き出すような守備は見習わなくてはならない。やはり首位を走っているだけのチーム、勝ち点を積み上げているチームだと思った。

PLAYERS' COMMENTS

画像:竹内 涼

竹内 涼

みんな(試合の)入りの大事さは分かっていて、ここ何試合かは良い入りが出来ているが、なかなか点が入らなかった。そこが一番のポイントだったと思う。
(先制点の場面は)自分のところで防ぎたかった。ただ、そこからもう一度盛り返すことだったり、良い時間帯に戻す力が自分たちには必要になる。
ここ数試合、選手が代わった時に今までのような勢いが出ていなくて、逆に停滞してしまうという試合が続いている。それは入った選手だけではなくて、最初から出ている選手がどう生かすのかというのが大事になると思う。
監督が代わって少し勝っていたが、浮上したと思っていないし、順位も上がっていない。何も状況が変わっていないと思うので、今は目の前の試合を必死に、勝つために走ることしか考えていない。いま出来ること、やらなければいけないことをはっきりして、また次を迎えたい。
画像:ヘナト アウグスト

ヘナト アウグスト

試合の入りは良かったが、途中から守備が上手くハマらなくなってしまって、そこで失点をしてしまったことが負けにつながった。それは残念だったが、試合はもう終わったし、これから連休となるので、頭をリフレッシュして次に良い試合ができるように準備していきたい。
(守備が上手くいかなかったのは)原因は分からないが、1つ言えるのであれば、首位のチームだったし、相手が良かった。でも、失点の前にはチャンスがあったので、そのチャンスをものにしていれば違った試合になったかもしれない。
(個人的には)どの試合にしても、相手も関係なく、自分の役割としては走ること、チームのために100%を出すこと、相手からボールを奪うことをいつも意識している。この試合に関しては、空中戦でも上手く勝てていたと思うが、何よりも試合に負けて悔しい。
画像:北川 航也

北川 航也

タイプが似た同士のチームで、前線にも似たような選手がいる中で、相手の方が脅威だったと思うし、力の差を痛感した。今日は勝つ以外はないと思っていて、圧倒できなくても、最後のところで抑えることができるか、最後のところで仕留めるかだったと思う。そこは相手の方が上だった。自分の最初のチャンスで仕留めることができれば展開は変わっていたと思うし、相手はその1本で自分たちのものにしたので、その差だったと思う。
(序盤は)奪った後にゴールまで繋げることができていて、その奪いどころを全員が意識できていた。それが失点してからは、少しずれてきたのでそこは全員で修正しなければいけない。
(個人的に今日の出来は)結果が出ていないので、評価するに値しない。フォワードである以上、結果が大事になってくると思うし、それがなければ上には行けない。自分が上のステップでやっていくとなった時に、結果が出なければ難しくなると思う。そこはこだわってやっていきたい。
画像:六平 光成

六平 光成

自分が入った時には点を取るしかなかったので、ドウグラス選手の周りをサポートしなければいけないと思っていた。とにかく、攻撃のところで上手く人数を増やしてやっていくしかなかった。
チャンスになりそうなシーンはたくさんあったので、それを得点につなげるか、つなげないかの差だと思う。守備はFC東京の選手はみんな動いていたし、堅かった。自分たちが押し込んでいる中で、(守りを固めるのは)相手の狙いだと思うので、そこをどうやって崩すのかが大事で、精度も問われることになる。
(これから中断に入るが)やり続けるしかないので、前を向いて、一人ひとりが良くなること、チームとして良くなることを考えてやっていきたい。
画像:中村 慶太

中村 慶太

(途中から入って)相手がずっとボールを握っているので、まずは中を締めて守備から入るという意識だった。
(後半は序盤から流れを引き戻したが)それも時間が経つにつれて、自分自身もチームも慌ててしまって、ミスが多くなってしまった。そういうところで流れを読む力が大事になる。色々と悩んでしまっているので、まずは初心に戻って、楽しむということから始めなければいけない。
(3試合ぶりの出場だったが)体は動いていたし、軽かったが、久しぶりの出場でミスも多かった。こういうチャンスを掴まなければいけないし、もっともっと準備しなければいけなかった。
(個人的には)今は迷いながらやっていることもあるので、自分の感覚を信じてやっていけるようにしなくてはいけない。オフが明けてから、しっかり良い状態で練習できるようにしたい。