清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

明治安田生命J1リーグ 第30節  2019.11.02 Sat 14:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • オウンゴール(50分)

試合終了

  • 0前半1
  • 1後半1
DAZN

2

  • 藤川 虎太朗(39分)
  • アダイウトン(86分)
ロゴ:ジュビロ磐田

ジュビロ磐田

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

39 GK 大久保 択生
18 DF エウシーニョ
3 DF ファン ソッコ
26 DF 二見 宏志
25 DF 松原 后
17 MF 河井 陽介
6 MF 竹内 涼
30 MF 金子 翔太
16 MF 西澤 健太
11 FW ジュニオール ドゥトラ
49 FW ドウグラス

Substitutes

1 GK 西部 洋平
2 DF 立田 悠悟
5 DF 鎌田 翔雅
27 DF 飯田 貴敬
14 MF 楠神 順平
15 MF 水谷 拓磨
46 FW 川本 梨誉

ジュビロ磐田

Line-ups

1 GK 八田 直樹
3 DF 大井 健太郎
24 DF 小川 大貴
33 DF 藤田 義明
13 MF 宮崎 智彦
14 MF 松本 昌也
15 MF アダイウトン
23 MF 山本 康裕
26 MF 藤川 虎太朗
30 MF 上原 力也
39 FW ルキアン

Substitutes

21 GK カミンスキー
29 DF 秋山 陽介
37 DF ファビオ
8 MF ムサエフ
27 MF 荒木 大吾
22 FW 大久保 嘉人
32 FW 中山 仁斗

STATS

    45 90   90 45    
    4 2 6 シュート 13 8 5    
    7 7 14 GK 5 1 4    
    1 6 7 CK 5 2 3    
    6 5 11 直接FK 7 3 4    
    1 1 2 間接FK 0 0 0    
    1 1 2 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
立田 悠悟 ← ジュニオール ドゥトラ(9分)
川本 梨誉 ← 河井 陽介(78分)
水谷 拓磨 ← 西澤 健太(85分)
交代 (69分)藤川 虎太朗 → 大久保 嘉人
(82分)小川 大貴 → 荒木 大吾
(90+1分)アダイウトン → 秋山 陽介
画像:イエローカードエウシーニョ(45+1分)
画像:レッドカードファン ソッコ(5分)
警告・退場 (67分)大井 健太郎画像:イエローカード
(90+2分)ルキアン画像:イエローカード
(90+3分)荒木 大吾画像:イエローカード
(90+4分)大久保 嘉人画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
17,762人 晴/弱風 21.5℃ 51% 全面良芝/乾燥 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
奥谷 彰男 佐藤 隆治 中井 恒 田尻 智計 清水 勇人

GAME FLASH

試合前

今日はホームアイスタでJ1第30節ジュビロ磐田戦、静岡ダービーです。リーグ戦のダービーも、これで50回目。試合後、オレンジの歓喜を見せましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK八田直樹、DFエウシーニョ、DFファン ソッコ、DF二見宏志、DF松原后、MF河井陽介、MF竹内涼、MF金子翔太、MF西澤健太、FWジュニオール ドゥトラ、FWドウグラスの11人。ジュニオール ドゥトラがリーグ初先発になります。

試合前

磐田先発メンバーは、GK八田直樹、DF大井健太郎、DF小川大貴、DF藤田義明、MF宮崎智彦、MF松本昌也、MFアダイウトン、MF山本康裕、MF藤川虎太朗、MF上原力也、FWルキアンの11人。アダイウトンが4試合ぶりの先発に入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

磐田ボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、前線でドウグラスとジュニオール ドゥトラのコンビで前にボールを進める。最後に、ジュニオール ドゥトラがややずれてチャンスとはならない。

前半 3分

エスパルス、エリア内、西澤健太のラストパスにジュニオール ドゥトラが走り込むもディフェンスに当たって左CK獲得。

前半 4分

エスパルス、左CK。西澤健太のボールはGK八田直樹がパンチング、こぼれ球を最後はエウシーニョが狙うがゴールの上に外れる。

前半 5分

エスパルス、相手ゴールキックがディフェンスの裏に抜けて、ルキアンが抜け出そうとしたところをファン ソッコが倒した。このプレーでファン ソッコが退場。

前半 9分

磐田、ゴール正面、エリアライン上でFK。山本康裕のキックは、壁に当たる。

前半 9分

【選手交代】エスパルス、ジュニオール ドゥトラに代わり立田悠悟。

前半 11分

磐田、右サイドからのクロスを立田悠悟が頭で弾き返して、磐田の右CKへ。

前半 12分

磐田、左CK。山本康裕のボールは、河井陽介がクリア。

前半 14分

磐田、最後尾の立田悠悟がボールを奪われてピンチ。ルキアンが抜け出すが、二見宏志が2度のタックルでこれを阻止。

前半 16分

磐田、右サイド小川大貴からのクロスは、ディフェンスが体を入れて、大久保択生が抑える。

前半 18分

磐田、左サイドのスペースにボールを出すと、アダイウトンと立田悠悟の競争に。ここは立田悠悟が競り勝った。

前半 21分

エスパルス、ドウグラスが倒され相手陣内でFK獲得。

前半 22分

エスパルス、ゴール正面、約20mの位置からFK。ドウグラスが直接狙うが、ゴールの左にわずかに外れる。

前半 25分

エスパルス、ドウグラスのカウンターから左サイドに展開。西澤健太から松原后に下げ、松原后がクロス。ゴール前で金子翔太がトラップするも、ボールをコントロールできない。

前半 26分

磐田、左サイドからアダイウトンのクロスは、大久保択生がパンチング。こぼれを小川大貴がシュートを放つも、ゴールの上に外れる。

前半 29分

エスパルス、サークル内でファウルを受けると、クイックリスタート。金子翔太がロングシュートを狙うが、ゴールの上に外れる。

前半 31分

磐田、左サイド宮崎智彦のクロスは、大久保択生が飛び出してキャッチ。

前半 32分

磐田、左サイドからアダイウトンがドリブルで長い距離を持ち込む。カットインからシュートも、ゴールの右に外れる。

前半 33分

磐田、ルキアンが右サイドからクロス。ニアでアダイウトンが頭で合わせるが、ゴールの左に外れる。

前半 38分

磐田、エリア内でルキアンがシュートも、二見宏志がブロック。

前半 39分

【ゴール】磐田、左サイド小川大貴のクロスが、ゴール前で混戦。最後は藤川虎太朗が押し込んだ。0-1

前半 44分

磐田、藤田義明がピッチの外に。出血か。

前半 44分

エスパルス、西澤健太が前線でボールを奪って左サイドに。ドウグラスがディフェンスを外してシュートも、GK八田直樹がキャッチ。

前半 46分

前半アディショナルタイム4分。

前半 46分

エスパルス、エウシーニョにイエロー。宮崎智彦が入れ替わって突破しようとしたところを、体を掴んで止めた。

前半 48分

磐田、裏に出したボールは、大久保択生がエリア外まで飛び出してクリア。

前半 48分

磐田、エリア内からルキアンのシュートを二見宏志がブロック。

前半 50分

ここで前半終了。エスパルスは後半1人少ない中で、1点を追いかける展開になります。

後半 1分

エスパルスボールで後半キックオフ。

後半 2分

エスパルス、左CK。西澤健太のボールは、ディフェンスにクリアされる。

後半 3分

エスパルス、右CK。西澤健太のボールはニアでクリアされるも、こぼれ球をエウシーニョが拾う。しかし、ここでファウルを取られて磐田ボールで再開。

後半 3分

磐田、アダイウトンがゴール前のドリブルからパス。最後はルキアンがループ気味にシュートを打つが、ゴールの上に外れる。

後半 4分

【ゴール】エスパルス、左サイドからロングスロー。二見宏志のボールはゴール正面まで飛ぶと、最後はディフェンスの足に当たってゴールに転がり込んだ。1-1

後半 8分

エスパルス、左CK。西澤健太のボールは、ニアでクリアされるが、ボールをつないで再び左サイドの西澤健太に。クロスはディフェンスに当たって再びCKに。

後半 9分

エスパルス、左CK。西澤健太のボールはゴール前で混戦になり、ゴールに向かうがGK八田直樹がキャッチ。

後半 12分

エスパルス、左CK。エウシーニョはショートコナーの折り返しを受けてクロス。これはディフェンスがクリアして右CK。

後半 13分

エスパルス、右CK。西澤健太のボールに松原后が頭で合わせるが、GK八田直樹がファインセーブ。

後半 14分

磐田、右サイドから小川大貴がクロス入れるも、エスパルスディフェンスが何とかかき出す。

後半 17分

エスパルス、右サイドのスペースにボールが出ると、ドウグラスが走り込んでボールを受ける。カットインからシュートはGK八田直樹のファインセーブ。

後半 18分

エスパルス、左サイドからスローイン。二見宏志のボールはゴール前に。これをドウグラスが中央で飛ぶがタイミングが合わなかった。

後半 20分

磐田、右CK。ショートコーナーでパスをつないで小川大貴がボールを入れ、大井健太郎がファーで折り返すも、ここでオフサイドの判定。エスパルスボールで再開。

後半 22分

磐田、大井健太郎にイエローカード。

後半 24分

磐田、エリア右角付近から藤川虎太朗がミドルシュートを放つも、ゴールの左に外れる。

後半 24分

【選手交代】磐田、藤川虎太朗から大久保嘉人。

後半 26分

エスパルス、左サイドでスローイン。二見宏志のボールは、ディフェンスにクリアされる。

後半 27分

磐田、右サイド小川大貴がエリア内で切り返しからディフェンスを外して後ろに戻す。上原力也がシュートも、枠を外れる。

後半 31分

磐田、大久保嘉人がワンツーからシュートも、ゴールの右に外れる。

後半 33分

【選手交代】エスパルス、河井陽介に代わり川本梨誉。

後半 35分

エスパルス、左サイド松原后が粘って後ろに戻す。西澤健太がシュートも、ディフェンスにブロックされる。

後半 36分

エスパルス、左スローイン。二見宏志のボールは、GK八田直樹がパンチングでクリア。こぼれ球もクリアされる。

後半 37分

【選手交代】磐田、小川大貴から荒木大吾。

後半 38分

磐田、右サイドで荒木大吾のクロスをルキアンがトラップ。反転からシュートも、大久保択生がセーブ。

後半 39分

磐田、宮崎智彦がミドルシュートを放つも、大久保択生のファインセーブ。

後半 40分

【選手交代】エスパルス、西澤健太に代わり水谷拓磨。

後半 41分

【ゴール】エスパルス突き放される。アダイウトンがルキアンに預けて、折り返しを受けてゴールに流し込んだ。1-2

後半 43分

エスパルス、立田悠悟を前線に残してパワープレーに出ている。

後半 43分

エスパルス、右スローイン。二見宏志のボールは、ディフェンスにクリアされる。

後半 45分

エスパルス、エリア内でロングボールをドウグラスが胸トラップ。ここはつぶされ、こぼれたボールを金子翔太がシュートもディフェンスにブロックされる。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

【選手交代】磐田、アダイウトンから秋山陽介。

後半 47分

磐田、ルキアンにイエローカード。

後半 48分

磐田、荒木大吾にイエローカード。

後半 49分

エスパルス、二見宏志のロングボールに、川本梨誉が後ろに流してドウグラスがエリア内でボールを受ける。ここも潰されるが、ノーファウル。

後半 49分

磐田、大久保嘉人にイエローカード。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは、1-2で敗れました。みなさん、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
篠田 善之監督

・空いているスペースを上手くつかうこと

・シュートで終わること

・立ち上がりギアを入れていこう!

ジュビロ磐田
フェルナンド フベロ監督

・ボールを左右に早く動かすこと

・最後まで集中してハードワークしていこう

COACH COMMENT

篠田 善之監督

非常に苦しいゲーム展開になってしまった。ジュビロとの静岡ダービーに負けてしまったこと、勝ち点を取れなかったことは、非常に反省しなくてはいけないと思っている。


ーー試合後、選手にどんな言葉をかけたか?

一人少ない状況で長い時間戦わなければいけなくなったこと、追い付いて良い時間の使い方をしながら最後取られてしまったこと。我々がこの結果を招いたことなので、下を向かずに残りの4ゲームをやとうと。出場停止だったり怪我だったりという人たちは、いち早く戻れるように。今日ゲームをやった人は早く回復をさせて次への一歩を踏み出せるようにと話をした。


ーー数的不利になって、ハーフタイムの具体的指示は?

立ち上がり、前から行こうと形を変えてやった。ダイヤモンドの形、西澤(健太)をトップ下に置いて、中盤を3枚にして、前からプレスをかけることをやった。非常に理解し、走らなくてはいけない中でしっかり走って、いくつかのチャンスを少ない中でも作れたのではないかと思っている。

PLAYERS' COMMENTS

画像:竹内 涼

竹内 涼

自分たちで試合を難しくしてしまったが、後半の戦いだったり、ダービーで負けたくないという気持ちは見せられていたと思う。ただ、結果を自分たちから手放してしまった感じになってしまったのは残念。
(ダービーを戦うにあたり)いつもどおり、相手の出方を見ながらどう戦うかを考えたり、ただガムシャラになるだけでなく、冷静にやろうとしていた。1人少なくなってからも、みんなじっくりと戦っていたと思う。
今日の試合では、交代や、フォーメーションを変えた瞬間にやられているので、そこへの対応が課題。入ってきた選手がチームを助けたり、チームが入ってきた選手を助けたり、みんなで戦わなければいけない。そこが上手くいかなかったのは自分の責任だと思うし、自分がピッチの中で上手くマネジメントできなかった部分が大きい。そこは改善していかなければいけない。
画像:金子 翔太

金子 翔太

大事な試合で1人いなくなるということがどれほど痛いかというのは、ゲームを見たら分かると思う。ただ、それは置いておいて、チームはアクシデントに上手く対応していていたと思う。0-1から、みんなが賢くライン際でセットプレーを取ったり、スローインではロングスローを使ったり、やれることはやったし、そこで2失点目を与えずに、オウンゴールだったが1点を取ることができた。でも、そこから失点をしまったのは、(第29節)広島戦でも、(第28節)浦和戦と同じ。どこかで勝ち越したいという気持ちがあったのかもしれないが、最低でも1-1で終わらなければいけなかった。
(1人少ない状況で1点を取りに行くのは)2点目を入れられたらゲーム終了だと思っていたので、できるだけノーリスクで攻めなければいけなかった。だからこそロングスローを多用していたが、個人的には、もう少しドウグラスに関われたらというところがある。
画像:西澤 健太

西澤 健太

ダービーという、自分たちのモチベーションが上がる試合で結果が出なかったのは、もう一度何が足りなかったのかを反省しなければいけない。前半0-1で終えて、後半は良い形で入れたと思う。前回の試合は後半の入りが悪くて流れを持っていかれたところもあったので、その意味では改善できたところもあった。だが、それを「維持できたのか?」と言うと、できていない。ゴールを決められてしまっているので、戦い方は考え直さなければいけない。
(1人退場したあとは)もちろん不測の事態だったし色々な混乱もあったが、(ピッチの)中では冷静だったし、このまま0-1終えて、ハーフタイムを経てどう戦うかというところまで考えられていた。良い雰囲気でできていたと思う。
(残留争いの)周りのチームが勝てていないので、勝てば上に行けたと思うが、それを言っても仕方がない。次の試合、また残り4試合のことだけを考えてやっていきたい。
画像:立田 悠悟

立田 悠悟

試合の入りが難しかったし、入れない時間が長かった。そこで、個人的に足を引っ張ってしまったところがある。(相手に)行っても外されてしまうので、しっかり我慢してやるという形を取ったが、どうしても相手の方に余裕があったので難しかった。
(ハーフタイムでは)「悪くない」という話をしていていたし、このまま我慢して、最低でも勝ち点1を取りに行こうという話をしていて、同点にすることができた。だが、ルキアン選手のストロングを出させてしまったのは、個人としてもチームとしてももっとやっていかなければいけない。
勝っても負けても、大事なのは次の試合。自分もそうだし、チームもそうだが、何を改善して、何ができるようになるかが大事になるので、良くなかったところを改善していければと思う。
画像:川本 梨誉

川本 梨誉

1-1の状況で、まだ少し時間があって、引き分け狙いはないという雰囲気だったので、1人少なかったがゴールに向かおうと思っていた。ドウグラス選手だけに頼らないで、個々で打開できる選手がもっと出てこないと今後苦しくなる。そこは自分が個で打開できるようにしなければいけないと思う。
(出た時は)1人少なかったし、自分がフレッシュな状態で一番元気だと思ったので、もっとゴールを狙った方が良かったが、そこで何もできなかった。(ゴール前でドウグラスに落としたシーンは)いつもドウグラス選手が近くにいてくれているので、そこでワンツーでもらうという関係性を持てたのは今後につながる。また、今度はボールが来なかった時にどのように動き直しをするのかというところも、もっと突き詰めてやっていかないといけない。