清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 第3節  2020.07.08 Wed 18:03 ヤンマースタジアム長居

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半0
  • 0後半2
DAZN

2

  • 奥埜 博亮(71分)
  • 片山 瑛一(85分)
ロゴ:セレッソ大阪

セレッソ大阪

HOME

清水エスパルス

Line-ups

31 GK 梅田 透吾
15 DF 金井 貢史
5 DF ヴァウド
3 DF ファン ソッコ
7 DF 六平 光成
24 MF 岡崎 慎
6 MF 竹内 涼
37 MF 鈴木 唯人
11 FW ジュニオール ドゥトラ
23 FW ティーラシン デーンダー
16 FW 西澤 健太

Substitutes

39 GK 大久保 択生
2 DF 立田 悠悟
28 MF 西村 恭史
30 MF 金子 翔太
9 FW 鄭 大世
10 FW カルリーニョス ジュニオ
14 FW 後藤 優介

セレッソ大阪

Line-ups

21 GK キム ジンヒョン
2 DF 松田 陸
14 DF 丸橋 祐介
15 DF 瀬古 歩夢
22 DF マテイ ヨニッチ
5 MF 藤田 直之
6 MF レアンドロ デサバト
8 MF 柿谷 曜一朗
17 MF 坂元 達裕
9 FW 都倉 賢
25 FW 奥埜 博亮

Substitutes

45 GK 茂木 秀
3 DF 木本 恭生
16 DF 片山 瑛一
10 MF 清武 弘嗣
11 MF ルーカス ミネイロ
20 FW ブルーノ メンデス
32 FW 豊川 雄太

STATS

    45 90   90 45    
    2 5 7 シュート 12 7 5    
    4 5 9 GK 10 6 4    
    1 1 2 CK 5 2 3    
    3 3 6 直接FK 12 4 8    
    2 2 4 間接FK 1 1 0    
    2 1 3 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
鄭 大世 ← ティーラシン デーンダー(64分)
カルリーニョス ジュニオ ← ジュニオール ドゥトラ(64分)
立田 悠悟 ← ヴァウド(68分)
金子 翔太 ← 西澤 健太(83分)
西村 恭史 ← 六平 光成(83分)
交代 (46分)都倉 賢 → ブルーノ メンデス
(64分)坂元 達裕 → 片山 瑛一
(64分)柿谷 曜一朗 → 清武 弘嗣
(83分)奥埜 博亮 → 豊川 雄太
(90+3分)藤田 直之 → ルーカス ミネイロ
画像:イエローカードヴァウド(44分)
警告・退場 (53分)瀬古 歩夢画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
曇/無風 25℃ 84% 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
山下 和良 今村 義朗 武部 陽介 浜本 祐介 村井 良輔

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ピーター クラモフスキー監督

・ボールを簡単に失うな!

・マイボールになった時、コンパクトに良い距離感を取ること

・あと45分、クリーンシートで終わらせよう

セレッソ大阪
ロティーナ監督

・カウンターに気を付けよう

・センターバックから攻撃の形を作ろう

・勝ちにいこう

COACH COMMENT

ピーター クラモフスキー監督

残念なパフォーマンスだったと思う。しっかりと自分たちの試合を分析して、この結果を受け入れて、次の試合に改善できるようにしていきたい。

――フォワードを3人代えた意図は?

ローテーションをした理由は、フレッシュな選手を使うということと、彼らもしっかりと練習の中からやってきていたので、3人を使うことにした。

――3人の評価と、守備の堅いC大阪にどのような指示を出したか?

狙っているエリアがあり、そこを使っていこうという話をしていた。そこがあまり上手く使えなかったところがあると思う。今日は非常に良いチームに敗れてしまった。相手は守備も強く、自分たちにとってはタフな試合になったと思う。しかしながら、選手たちが献身的に走って戦ってくれたことに疑問の余地はない。

(チームは)全てを出し切れたと思うが、全体的なパフォーマンスとして足りなかったところもあった。自分たちがやろうとしたものが上手く出せなかった。ポゼッションのところで簡単にボールを失ってしまったり、何度も相手にボールを奪われてしまうところがあったと思う。そこは次の試合に改善したい。

(前の3選手は)自分たちの持っているものを全て出し切ってくれたと思う。その中で、チャンスも作れていたと思うし、ゴールが決まっていれば良かったと思う。しかしながら、今日の戦いを受け入れて、これから改善していきたい。

――戦術的にこのまま突き進むのか、変化を加えたいか?

良い兆候は見せていると思うが、今日の夜に関してはもっと良くしていかなければいけなかった点がある。何かを変えたり、方向性を変えるのではなく、我々はしっかりと基盤はできているので、今日の夜よりも良いパフォーマンスを出せるようにしていきたい。

PLAYERS' COMMENTS

画像:金井 貢史

金井 貢史

0-2になってしまって自分たちも不甲斐ないと思っているが、ここで今までやり続けてきたサッカーを変えることはもったいないし、その必要ない。連戦で、すぐに試合が来るので、次の試合に今日と同じ過ちをしないように、しっかり反省して次の試合に挑んでいきたい。
良い守備ができれば、良い攻撃ができると思うし、良い攻撃から良い守備ができると思っている。攻守一体だと思っているので、そういう意味では守備でも失点しているし、攻撃でも無得点というのは、現実的に自分たちの甘さがあると思う。一人ひとり頑張るのは当たり前だが、チームとして、もっと戦っていかなければいけない。

今日に関してはイージーミスが多かったと思うし、テンポも上がらなかった。しっかりテンポを上げて出来るように。そのために一人ひとりが良いポジションを取らなければいけないし、「止めて蹴る」という部分をもっとこだわってやっていかないといけない。もっともっと良くなると思うので、監督と自分たちのサッカーと、チームを信じて全員で戦っていきたい。
画像:西澤 健太

西澤 健太

自分が決めていればというところはあるが、チームの狙いが出来ていたところと、出来なかったところがはっきりしているので、そこをもう一度、時間は短いがしっかり振り返りたいと思う。

(ハーフタイムに)監督から「もう一度自分たちのサッカーをやる」というところを監督に言われたし、自分たちが球際で負けていたりとか、「ぶつかるところで勝てなければダメだ」というところを言われて、気持ちも入ったし、スイッチが入ったと思う。

後半の10分すぎくらいに自分たちが前からプレスに行って、チャンスまでつなげられていた。自分のシュートも多かったが、そこまで行けているのは収穫だと思う。だが出来なかったところは、試合を通してテンポがゆっくりになってしまって、自分たちのテンポでやることができなかったところ。自分たちのちょっとしたミスで相手に奪われるシーンも目立ったし、そこでストレスなく相手陣内まで入って行くというのが今年狙っているサッカーなので、そこは反省点だと思う。自分とサイドバックの関係性だったり、センターバックとの距離感というのも、もう少し改善したい。