清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 第6節  2020.07.22 Wed 19:03 駅前不動産スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • カルリーニョス ジュニオ(19分)

試合終了

  • 1前半1
  • 0後半0
DAZN

1

  • 原川 力(35分)
ロゴ:サガン鳥栖

サガン鳥栖

HOME

清水エスパルス

Line-ups

31 GK 梅田 透吾
18 DF エウシーニョ
5 DF ヴァウド
2 DF 立田 悠悟
21 DF 奥井 諒
20 MF 中村 慶太
22 MF ヘナト アウグスト
14 MF 後藤 優介
10 FW カルリーニョス ジュニオ
23 FW ティーラシン デーンダー
16 FW 西澤 健太

Substitutes

39 GK 大久保 択生
3 DF ファン ソッコ
24 DF 岡崎 慎
6 MF 竹内 涼
7 MF 六平 光成
37 MF 鈴木 唯人
30 FW 金子 翔太

サガン鳥栖

Line-ups

18 GK 高丘 陽平
2 DF 原 輝綺
15 DF パク ジョンス
3 DF エドゥアルド
28 MF 森下 龍矢
41 MF 松岡 大起
4 MF 原川 力
6 MF 内田 裕斗
7 FW 金森 健志
16 FW 林 大地
22 FW 小屋松 知哉

Substitutes

1 GK 守田 達弥
36 DF 高橋 秀人
50 MF 梁 勇基
30 MF 樋口 雄太
25 MF 安 庸佑
33 FW 石井 快征
11 FW 豊田 陽平

STATS

    45 90   90 45    
    5 3 8 シュート 12 7 5    
    9 7 15 GK 5 3 2    
    3 4 7 CK 10 5 5    
    4 4 8 直接FK 7 6 1    
    0 1 1 間接FK 2 1 1    
    0 1 1 オフサイド 2 1 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
竹内 涼 ← ヘナト アウグスト(61分)
鈴木 唯人 ← ティーラシン デーンダー(61分)
岡崎 慎 ← エウシーニョ(73分)
金子 翔太 ← カルリーニョス ジュニオ(73分)
交代 (11分)金森 健志 → 石井 快征
(69分)林 大地 → 豊田 陽平
(69分)小屋松 知哉 → 安 庸佑
(88分)石井 快征 → 梁 勇基
(88分)松岡 大起 → 樋口 雄太
画像:イエローカードカルリーニョス ジュニオ(63分)
画像:イエローカード奥井 諒(90+2分)
警告・退場 (57分)松岡 大起画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
3,117人 曇のち雨/弱風 28.1℃ 71% 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
山城 大 村上 伸次 野村 修 和角 敏之 吉田 哲朗

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ピーター クラモフスキー監督

・パススピードを上げて、良いテンポを作ること

・前に飛び出す動きを多く

・自分たちのゲームにして、勝ち点3を獲るぞ!

サガン鳥栖
金 明輝監督

・判断をもっと早くすること

・最後まで運動量を落とさないこと

・セットプレーの守備の時、しっかり集中すること

COACH COMMENT

ピーター クラモフスキー監督

良い試合だったと思うが、鳥栖も良いプレーをしたところがある。この地はアウェイチームにとって戦いにくい場所だと思っているが、後半2-1に出来そうなところもあったので、その点がもったいないところ。そして試合に勝つことができなくて残念に思う。

――この試合の収穫は?

良い戦いができたと思う。ただ、もっとパフォーマンスを上げられるところもあった。試合をコントロールできなかった部分があったので、自分たちがコントロールして流れを持ってくることができるようにしたい。

試合がコントロールできない時というのは、しっかりと守備を強くしておかなければいけない。また流れを戻していくためにボールをテンポ良く回すこと、そして自分たちの動きによって(流れを)戻していかなければいけない。選手たちはハードワークをしてくれたし、良い姿勢で臨んでくれたと思っている。彼らが勝利に値するプレーをしただけに残念に思っている。

――勝ち点1の価値をどう捉えているか?

(勝ち点を)3点にできなかったことを残念に思っている。選手は全力を尽くしてくれたし、勝ち点3を自分たちのホームに持ち帰りたいと思って戦っていた。今シーズン、もう少し勝ち点を取れているような試合もあったと思っているが、この勝ち点を持って、また次の試合に向けてしっかりと準備したい。

――アウェイ2連戦の評価は?

選手たちは両試合とも信じられないくらい全力を出してくれたと思っている。ここにいるメンバーだけでなく、全選手が努力してやってくれたので、そこは誇りに思っている。2試合難しいアウェイの試合だったが、(この日程は)仕方ないことなので、またしっかりと自分たちのサッカーを作っていきたい。

PLAYERS' COMMENTS

画像:カルリーニョス ジュニオ

カルリーニョス ジュニオ

(得点シーンは)昨日のセットプレーの練習をした通りに動いたら、(立田)悠悟がヘディングでパスをしてくれて、上手く決めることができたのでとても嬉しい。ただ、前半最後のチャンスをものに出来ていれば、この試合は勝てたと思うし、あのチャンスをものにできれば違う形で後半に入れたかもしれないので、そこに関しては改善しなければいけない点だと思う。

(右サイドで先発だったが)前線であれば、右でも左でもどこでもプレーできる自信がある。自分としては良い感じでプレーできたと思うが、もっともっとチームのために貢献しなければいけない部分もあるので、これから成長していきたい。

今シーズン初めての勝ち点なので、喜ばなければいけないと思う。試合の流れを見たら、アウェイだったし、良い形で勝ち点を取れたと思っている。それでも、次の試合はホームなので、必ず勝ち点3を取りたい。
画像:立田 悠悟

立田 悠悟

相手に握られる時間がたくさんあって、その中でも自分たちが得点出来るチャンスはたくさんあったと思うので、そこをものにできなかったのは悔やまれる。あとは得点したあとに、ああいう形で失点をしてしまうのは良くないことなので、そこをしっかり改善できるように。短い時間だが、良い準備をしていきたい。

(後半押し込まれる展開になったのは)ボランチの選手をもっとスライドさせることや、今日の右サイドはブラジル人選手がたくさん入っていたので、コミュニケーションの部分で難しいところがあった。そこはチームとして高めていかなければいけないところだと思っている。まだまだ上手く行っていないと思うが、この勝ち点1を大事にして、プラスに考えていきたい。