清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 第14節  2020.09.05 Sat 18:03 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • カルリーニョス ジュニオ(90分)

試合終了

  • 0前半2
  • 1後半0
DAZN

2

  • 呉屋 大翔(35分)
  • 江坂 任(38分)
ロゴ:柏レイソル

柏レイソル

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

39 GK 大久保 択生
15 DF 金井 貢史
5 DF ヴァウド
2 DF 立田 悠悟
21 DF 奥井 諒
22 MF ヘナト アウグスト
6 MF 竹内 涼
20 MF 中村 慶太
30 FW 金子 翔太
10 FW カルリーニョス ジュニオ
11 FW ジュニオール ドゥトラ

Substitutes

1 GK 西部 洋平
13 DF 宮本 航汰
24 DF 岡崎 慎
17 MF 河井 陽介
37 MF 鈴木 唯人
14 FW 後藤 優介
16 FW 西澤 健太

柏レイソル

Line-ups

23 GK 中村 航輔
24 DF 川口 尚紀
13 DF 北爪 健吾
2 DF 鎌田 次郎
4 DF 古賀 太陽
20 DF 三丸 拡
8 MF ヒシャルジソン
7 MF 大谷 秀和
28 MF 戸嶋 祥郎
19 FW 呉屋 大翔
10 FW 江坂 任

Substitutes

16 GK 滝本 晴彦
27 MF 三原 雅俊
36 MF 山田 雄士
5 MF 小林 祐介
33 MF 仲間 隼斗
35 FW 細谷 真大
11 FW 山崎 亮平

STATS

    45 90   90 45    
    0 10 10 シュート 10 4 6    
    6 5 11 GK 16 12 4    
    2 4 6 CK 5 4 1    
    5 6 11 直接FK 13 7 6    
    1 1 2 間接FK 1 1 0    
    0 1 1 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
後藤 優介 ← 中村 慶太(58分)
西澤 健太 ← 金子 翔太(58分)
交代 (52分)ヒシャルジソン → 三原 雅俊
(63分)中村 航輔 → 滝本 晴彦
(84分)川口 尚紀 → 仲間 隼斗
(84分)大谷 秀和 → 小林 祐介
画像:イエローカード立田 悠悟(19分)
画像:イエローカード中村 慶太(45+2分)
画像:イエローカードヴァウド(71分)
画像:イエローカード竹内 涼(78分)
警告・退場 (51分)ヒシャルジソン画像:イエローカード
(77分)滝本 晴彦画像:イエローカード
(88分)戸嶋 祥郎画像:イエローカード
(90分)仲間 隼斗画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
4,264人 曇/無風 29.2℃ 68% 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
安間 和仁 池内 明彦 中野 卓 竹田 明弘 谷本 涼

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ピーター クラモフスキー監督

・セカンドボールを自分たちのモノにすること

・全体的にコンパクトに、アグレッシブに

・後半スタートから100%出して、まず1点取ろう!

柏レイソル
ネルシーニョ監督

・後半もこのペースでやり続けること

・攻撃も守備も正しいポジションをとり続けよう

COACH COMMENT

ピーター クラモフスキー監督

前半は自分たちが望んだような形で試合をコントロールすることができなかった。そのことによってディフェンスをする時間が長くなってしまったと思う。その中で相手がチャンスを作り、良いゴールを決められてしまった。やはりゴールは試合を変えてしまう。ただ、重要なことは得点を取られた後の反応。その後、選手たちが自分たちのサッカーをやろうとしっかり戦ってくれて、今日の試合では複数得点を決められるチャンスはあったと思うので、そこは残念だった。しかし、選手たちは最後まで献身的に戦ってくれたと思う。

――今後システム変更、ポジション変更などを行うか?

今日の試合で良かったのは、正しい方向に向かっていること。自分たちがやっていることをブレずに、パフォーマンスを安定させることが重要だと思う。そこは自分の責任で、しっかりやらせたいと思っている。チャンスは作れているので、それを結果につなげていきたい。このままハードワークをしてやっていくだけだと思う。

――失点はどうすれば防げたか?

守り方のところを見ていくと、一つ一つのプレーに対して2歩くらい遅れているところがあった。チームとして、ユニットとして、もう少し上手くできたと思う。

後半は守備の修正点を出せていたと思うが、前半は上手くいかないところもあった。そこは自分の責任だし、90分間遂行できるようにしなければいけない。特に後半、選手たちが自分たちのサッカーを出してくれて最後まで戦ってくれたし、自分たちの方にゲームが転がってくる可能性もあった試合だった。

PLAYERS' COMMENTS

画像:竹内 涼

竹内 涼

後半は自分たちが負けている状況でもあり、相手が少し引いたところがあったので、前からプレスに行って、相手のコートで長い時間プレーすることが出来た。前半からそれをやらなければいけないし、それをやるためにどうするのかということで、この何試合か苦しんでいる。そこをしっかり分析して、練習をして次につなげたい。

練習してきたことが、前半は全くできていなかった。もちろん全部にプレスが行ければ良いが、構えた時にどういうポジションを取るのか、どういう立ち位置で相手のボールを奪いに行くのかというのは、お互い話をして共通のタイミングを見つけて、チームとしても共通のタイミングを見つけてやっていけるようにしたい。

次からは、今日の後半の戦いがベースになると思う。それをやることによって、失点も減らせて、得点も増えてくると思う。それにプラスして、こういうハードな試合をするからには、出ている11人だけではなく、全員の力が必要。毎日の練習を大事にすること、また試合もたくさんあって改善出来るチャンスは多いと思うので、何とか次につなげたい。
画像:後藤 優介

後藤 優介

途中から入って流れを変えるという意味では、どれだけ前の相手の嫌な位置で受けて、最後のフィニッシュのところまで行けるかを考えていた。そこが増えてきたのは良かったと思う。そうしてチャンスの回数は増えてきた中で、あとは最後のところだけ。チームとしても相手の嫌なことはできていると思うで、最後のトラップだったり、ゴール前の最後の質の部分を高めていかなければいけない。

次節に向けては、もっと入りのところを良くしなければいけないし、自分たちの時間をより作らなければいけない。全員がボールを受ける意識を高く持って、自分たちから仕掛けるようなプレーをしていくためには、もっと練習から全員でやっていければと思う。