清水エスパルスロゴ

試合情報

puline 試合に向けたチームの取り組みをチャック!

明治安田生命J1リーグ 第15節  2020.09.09 Wed 19:03 エディオンスタジアム広島

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

1

  • カルリーニョス ジュニオ(90+2分)

試合終了

  • 0前半1
  • 1後半3
DAZN

4

  • エゼキエウ(31分)
  • ドウグラス ヴィエイラ(71分)
  • レアンドロ ペレイラ(81分)
  • 柏 好文(88分)
ロゴ:サンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島

HOME

清水エスパルス

Line-ups

39 GK 大久保 択生
13 DF 宮本 航汰
5 DF ヴァウド
2 DF 立田 悠悟
21 DF 奥井 諒
22 MF ヘナト アウグスト
6 MF 竹内 涼
14 MF 後藤 優介
11 FW ジュニオール ドゥトラ
10 FW カルリーニョス ジュニオ
16 FW 西澤 健太

Substitutes

1 GK 西部 洋平
15 DF 金井 貢史
24 DF 岡崎 慎
17 MF 河井 陽介
37 MF 鈴木 唯人
20 FW 中村 慶太
30 FW 金子 翔太

サンフレッチェ広島

Line-ups

38 GK 大迫 敬介
3 DF 井林 章
23 DF 荒木 隼人
19 DF 佐々木 翔
25 MF 茶島 雄介
30 MF 柴崎 晃誠
8 MF 川辺 駿
24 MF 東 俊希
29 MF 浅野 雄也
14 MF エゼキエウ
9 FW ドウグラス ヴィエイラ

Substitutes

1 GK 林 卓人
2 DF 野上 結貴
6 MF 青山 敏弘
44 MF ハイネル
18 MF 柏 好文
10 MF 森島 司
39 FW レアンドロ ペレイラ

STATS

    45 90   90 45    
    3 9 12 シュート 19 9 10    
    7 4 11 GK 5 1 4    
    3 2 5 CK 6 4 2    
    3 5 8 直接FK 12 7 5    
    10 0 1 間接FK 1 0 1    
    1 0 1 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
金子 翔太 ← ジュニオール ドゥトラ(60分)
中村 慶太 ← 西澤 健太(60分)
河井 陽介 ← 竹内 涼(76分)
鈴木 唯人 ← 宮本 航汰(76分)
交代 (58分)川辺 駿 → 青山 敏弘
(58分)エゼキエウ → 森島 司
(67分)浅野 雄也 → 柏 好文
(67分)柴崎 晃誠 → ハイネル
(76分)ドウグラス ヴィエイラ → レアンドロ ペレイラ
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
1,948人 晴/弱風 23.2℃ 90% 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
吉田 篤良 村上 伸次 武田 光晴 川崎 秋仁 小屋 幸栄

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ピーター クラモフスキー監督

・もう1回集中して後半に入ろう

・キープして、空いたスペースを上手く使うこと

・もっと前へ飛び出す回数を増やそう

サンフレッチェ広島
城福 浩監督

・前からの守備は声を掛け合いながらハメていくこと

・相手のカウンターには気を付けること

・後半もキックオフから力を使い切るぐらいのパワーでいこう!

COACH COMMENT

ピーター クラモフスキー監督

残念な結果だった。しかしながら、スコアボードには自分たちの試合の流れが、そのまま反映されたとは思えない部分もある。自分たちが流れを掴めていた時間もあったと思うが、ゴールがゲームを変えてしまう。相手は交代選手を使って、そこからゴールが生まれてしまった。残念な結果だが、次の試合に向けて、ここから跳ね返していきたい。

――前半、守備の意識も高く見えたが監督の指示か?またパフォーマンスについての評価は?

前半に0-1になってしまったのが非常に残念。その中でも良い守備ができていたと思うし、自分たちも良いサッカーが出来ていたと思う。チャンスも作ってハーフタイムを迎え、後半もう一度ギアを上げて、自分たちのサッカーを相手に仕掛けていきたいと考えていた。相手を称えるべきなのは、チャンスを決めきったことだと思う。

――1失点目がこの試合の流れを決めたか?

そうだと思う。そこまで良い流れでコントロールできていたと思うし、相手がチャンスを多く作ったと言うよりも、相手に距離があるところから打たれてゴール決められ、そこから試合(の流れ)を相手に持って行かれてしまったと思っている。

――今後に向けての改善点は?

相手にチャンスらしいチャンスは多くなかったと思うが、2点ほどボックスの外から決められてしまった。そこは相手が良くやった点だと思う。相手は危険な交代選手を入れて、そこでインパクトを残した。自分たちがやらなければいけないことは、90分間自分たちのサッカーができるように、安定したパフォーマンスを出せるようにすることだと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:西澤 健太

西澤 健太

不甲斐ない結果になってしまったと思っている。1失点目は守備の寄せの甘さからシュートを決められてしまい、その後も簡単にゴール前まで運ばれているシーンが目立っている。いかなる状況でも集中を切らさないというのが大切だと思うし、どの選手が出ても同じサッカーができるようにしていきたい。

1失点目もそうだが、前線の選手が戻って守備をするのか、ディフェンスの選手が思い切ってチャレンジするのかというところも、声一つで変わってくるので、選手同士でコミュニケーションを取ることが大切になる。押し込まれる状況の時にファーストディフェンダーが決まらないシーンが目立っているので、もし次に自分が出ることになれば、そういう時は思い切って前に出ていくことも必要だと感じた。

改善しなければいけない点はたくさんあるが、選手同士しっかり話をして、この2日間で改善できるようにしたい。5連敗ということをしっかりと受け止めて、次に向けて準備したいと思う。
画像:宮本 航汰

宮本 航汰

やっとJ1デビューできたことは嬉しいが、結果として4失点して負けているので、とても悔しいデビュー戦になった。ただ、要所要所で通用すると感じた場面もある。そこはもっと自信を持ってプレーしなければいけないと思った。ただ、最近は失点数も多く、勝てていないなか、どうしてもチームは下を向きがちになってしまうので、そこで自分を含め新しく先発に入った選手が盛り上げなければいけなかった。今日は、それを意識してやったが、上手く盛り上げることができなかったので、責任を感じている。

1失点目に関しては、自分のミスからもあったが、そこで上手く切り替えて、同サイドで潰すことができなかったのが失点の原因だと思う。ボールを持つチームは、取られた後にすぐに切り替えて、そこで奪い返すということができている。そういう切り替えの早さが、まだまだ自分たちには足りない。また、チームでコミュニケーションを取って、「このミスなら仕方がない」と選手全体がポジティブに捉えて、自信を持ってプレーしなければいけないと感じた。