清水エスパルスロゴ

試合情報

プレシーズンマッチ   2015.02.22 Sun 14:00 静岡県愛鷹広域公園多目的競技場

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 長沢 駿(12分)

試合終了

  • 1前半0
  • 0後半0

0

ロゴ:ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 櫛引 政敏
2 DF 三浦 弦太
5 DF ヤコヴィッチ
3 DF 平岡 康裕
13 DF 犬飼 智也
28 MF 八反田 康平
7 MF 本田 拓也
11 MF 村田 和哉
20 MF 竹内 涼
10 FW 大前 元紀
9 FW 長沢 駿

Substitutes

31 GK 碓井 健平
26 DF 鎌田 翔雅
6 MF 杉山 浩太
16 MF 六平 光成
22 MF 枝村 匠馬
14 FW 澤田 崇
36 FW 北川 航也

ヴァンフォーレ甲府

Line-ups

1 GK 荻 晃太
22 DF 渡邉 将基
4 DF 山本 英臣
3 DF 畑尾 大翔
16 MF 松橋 優
30 MF 保坂 一成
5 MF ブルーノ ジバウ
27 MF 阿部 翔平
15 FW 伊東 純也
7 FW 石原 克哉
11 FW アドリアーノ

Substitutes

31 GK 岡西 宏祐
17 DF 津田 琢磨
13 MF 野田 紘史
23 MF 稲垣 祥
24 MF 松本 大輝
9 FW 阿部 拓馬
10 FW ウィリアム エンリケ

STATS

    45 90   90 45    
    4 3 7 シュート 8 4 4    
    1 6 7 GK 8 5 3    
    2 2 4 CK 5 5 0    
    7 6 13 直接FK 9 7 2    
    0 1 1 間接FK 0 0 0    
    0 1 1 オフサイド 0 0 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
鎌田 翔雅 ← 犬飼 智也(61分)
北川 航也 ← 長沢 駿(61分)
枝村 匠馬 ← 大前 元紀(79分)
六平 光成 ← 八反田 康平(79分)
澤田 崇 ← 竹内 涼(84分)
交代 (46分)石原 克哉 → ウィリアム エンリケ
(46分)山本 英臣 → 津田 琢磨
(62分)渡邉 将基 → 野田 紘史
(62分)伊東 純也 → 阿部 拓馬
(83分)保坂 一成 → 稲垣 祥
画像:イエローカード長沢 駿(7分)
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
3,498人 雨/無風 9.8℃ 96% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
難波 邦雄 岡 宏道 竹田 明弘 勝又 弘樹 数原 武志 曽根 雄太

GAME FLASH

試合前

本日はだいいちテレビCUP Jリーグプレシーズンマッチvs甲府戦です。

試合前

天候は曇り、時折小雨が降っています。この試合の前に行われた甲府との練習試合では、金子翔太のゴールで1-0で勝利しました。

試合前

エスパルス、スタメンはGK櫛引政敏、DF三浦弦太、ヤコヴィッチ、平岡康裕、犬飼智也、MF八反田康平、本田拓也、村田和哉、竹内涼、FW大前元紀、長沢駿です。

試合前

甲府、スタメンはGK荻晃太、DF渡邉将基、山本英臣、畑尾大翔、MF松橋優、保坂一成、ブルーノ ジバウ、阿部翔平、FW伊東純也、石原克哉、アドリアーノです。

試合前

エスパルス、新ユニフォームを着たサポーターも見られ、試合前からにぎわっております。

試合前

エスパルス、試合前のピッチ練習のため、本田拓也キャプテンを先頭に選手たちが入場してきました。

前半 1分

エスパルスボールでキックオフされました。

前半 2分

甲府、DFからのロングボールに石原克哉が落として、アドリアーノが抜け出す。エスパルス平岡康裕が戻ってピンチを防いだ。

前半 4分

エスパルスの右CK。大前元紀のキックは甲府DFにクリアされるも、こぼれ球を竹内涼がペナルティーエリア外からシュート。ゴール上へ外れる。

前半 6分

エスパルス、中央で受けた大前元紀が右サイドへ展開。村田和哉が切り返しから左足でシュートを放つもDFがブロック。

前半 7分

エスパルス、DFとの接触から長沢駿がイエローカード。

前半 9分

エスパルス、三浦弦太が右サイドでボールを奪い、約40mのドリブル。サポーターも盛り上がる。

前半 11分

甲府、右からのクロスのこぼれ球をペナルティーエリア外からブルーノ ジバウがシュートを狙う。ゴール上へ外れる。

前半 12分

エスパルス、右サイド村田和哉、大前元紀とのワンツーから、村田和哉のクロス。ファーサイドの長沢駿が頭で合わせてゴール!!エスパルスが鮮やかな形で先制する!

前半 16分

雨が強くなってきました。

前半 17分

甲府、右サイド松橋優から伊東純也へのスルーパスも通らず。

前半 18分

甲府、松橋優のスルーパスにアドリアーノが走り込んでシュート。ヤコヴィッチがスライディングでシュートブロック。

前半 18分

エスパルス、中央の長沢駿からパスを受けた右サイドの村田和哉がグラウンダーのクロス。味方に合わず。

前半 22分

エスパルス、右サイドの大前元紀、村田和哉とのパス交換からチャンスを作り右CKを獲得。大前元紀のCKはDFにクリアされる。

前半 23分

甲府、右サイド松橋優のクロスはGKの守備範囲に。櫛引政敏がキャッチ。

前半 27分

甲府、左サイドでFKを獲得。キッカーは阿部翔平。エスパルスDFがクリア。

前半 29分

エスパルス、八反田康平が中盤でボールを奪い、右サイドの三浦弦太へ。三浦弦太は大前元紀に出したが、倒される。

前半 30分

エスパルス、右サイド三浦弦太アーリークロスから、長沢駿が落として、竹内涼が右足でループシュート。GKキャッチ。

前半 31分

エスパルス、竹内涼カット、大前元紀のサイドチェンジから村田和哉へ。村田和哉がゴール前にクロスを上げ、長沢駿がニアで合わたが、ゴール右へ。

前半 33分

エスパルス、大前元紀から村田和哉へ。村田和哉はファーサイドへクロス。大前元紀が走り込んだが合わず。

前半 36分

エスパルス、甲府のパスミスを奪った長沢駿が、左サイドにポジションチェンジしていた村田和哉へ。村田和哉から長沢駿、竹内涼とゴール前でつなぐもカットされる。

前半 38分

エスパルス、最後尾にいた八反田康平からロングパス。長沢駿が走り込んでヒールで落とす。村田和哉がシュートを放ち、こぼれ球を今度は大前元紀がシュート。これもDFに弾かれる。

前半 42分

甲府、右サイドのクロスにアドリアーノと櫛引政敏が接触。櫛引政敏は立ち上がったが、アドリアーノは起き上がれず。

前半 44分

甲府、アドリアーノはピッチ外に出ています。

前半 44分

甲府、アドリアーノ戻りました。

前半 46分

アディショナルタイムは3分です。

前半 46分

甲府、山本英臣から左サイドの阿部翔平へ。石原克哉とパス交換から阿部翔平が抜け出したが、櫛引政敏が飛び出してキャッチ。

前半 48分

甲府、アドリアーノが抜け出して右サイドからクロス。伊東純也が右足で合わせたが櫛引政敏がキャッチ。

前半 49分

前半終了のホイッスル。1-0とリードしてハーフタイムに入ります。

HT

甲府、石原克哉からウィリアム エンリケ、山本英臣から津田琢磨へ交代。

後半 1分

甲府、右サイドからのクロスに伊東純也のペナルティーエリア外、中央からシュート。上に外れる。

後半 3分

エスパルス、大前元紀がペナルティーエリア付近で倒されFK。大前元紀の蹴ったFKは壁にあたり、CK獲得。

後半 6分

エスパルス、中央の大前元紀から、右サイドフリーの三浦弦太へ。三浦弦太のアーリークロスはGK正面。

後半 8分

エスパルス、本田拓也が中盤からグラウンダーのロングパス。三浦弦太がスライディングで足を伸ばすも届かずゴールキック。

後半 9分

甲府、左サイドのクロスに一度はDFに弾かれるも、ブルーノ ジバウがミドルシュート。枠を外れる。

後半 12分

甲府、ウィリアム エンリケが倒されFK。素早く左サイドに展開したが、ボールはつながらず。

後半 14分

エスパルス、大前元紀が中央でドリブルからシュート。右に外れる。

後半 14分

エスパルス、左サイドの長沢駿から、大前元紀に落とす。大前元紀はシュートは上に超える。

後半 16分

エスパルス、犬飼智也から鎌田翔雅、長沢駿から北川航也へ交代。

後半 17分

甲府、伊東純也から阿部拓馬、渡邉将基から野田紘史へ交代。

後半 20分

甲府、ウィリアム エンリケが約40mの直接FK。無回転のボールだったが、ゴール左に外れる。

後半 21分

エスパルス、左サイド竹内涼のグラウンダーのクロスに、中央の北川航也がスライディングも届かず。

後半 21分

本日の入場者数は、3498人です。

後半 22分

甲府、阿部拓馬がゴール前に抜け出す。しかし、シュートはゴール左に外れる。

後半 26分

甲府、ゴールエリア左からクロス。DFにクリアされCKへ。

後半 27分

甲府、アドリアーノが左サイドから中央に持ち込み、最後はウィリアム エンリケがシュート。DFがクリア。

後半 28分

甲府、右からウィリアム エンリケのFK。櫛引政敏がパンチングで大きくクリア。

後半 29分

エスパルス、CKからのピンチも平岡康裕が体を張って止める。

後半 32分

甲府、右CK獲得。ウィリアム エンリケのキックは、櫛引政敏がパンチングで弾く。

後半 34分

エスパルス、大前元紀から枝村匠馬、八反田康平から六平光成へ交代。

後半 36分

甲府、CKのこぼれから縦パスがウィリアム エンリケに。しかし、オフサイド。

後半 38分

甲府、保坂一成から稲垣祥に交代。

後半 38分

甲府、ウィリアム エンリケのFKは櫛引政敏の正面に。

後半 39分

エスパルス、竹内涼から澤田崇へ交代。

後半 43分

甲府、野田紘史から左へ展開。阿部拓馬のクロスはDFに当たりCK獲得。

後半 44分

エスパルス、左サイドでボールを受けた村田和哉が、DF2人をスピードで抜き去りチャンスを作る。

後半 46分

後半のアディショナルタイムは3分です。

後半 48分

エスパルス、左サイド鎌田翔雅がドリブル、ウィリアム エンリケにカットされたが鎌田翔雅が再び奪い返す。しかし、ファウルを取られる。

後半 49分

試合終了。エスパルスが甲府攻撃陣を無失点に抑え、1-0で勝利!

試合後

エスパルスは完封で、この日はサテライトの試合も含めて2連勝。たくさんのご声援ありがとうございました。いよいよ開幕が迫っています。今シーズンも熱い応援をよろしくお願いいたします!

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
大榎 克己監督

・高い位置でボールを奪ってどんどん仕掛けよう。

・ディフェンスライン4枚でボールの動かしを速くしよう。

・2点目、3点目を貪欲に狙っていき、失点0で終わらせよう。

ヴァンフォーレ甲府
樋口 靖洋監督

・出て行くのか、出て行かないのかをハッキリすること。

・ピッチをワイドに使ってコンビネーションを使っていこう。

・局面の1対1で負けないこと

COACH COMMENT

大榎 克己監督

今シーズンは失点を減らそうという目標を持ってやってきた中、スカパー!ニューイヤーカップでは3試合で8失点と、なかなかやってきたことが実らなかった。しかし、先日の光州FCとの練習試合では失点ゼロ、今日の練習試合でもゼロ、このプレシーズンマッチもゼロで終われたということは、ピンチはあったものの、誰がというよりも全体的に守備の意識が高まってきて、チームとしてのやり方が浸透してきているのかなと感じている。

今日の試合に向かうにあたり、甲府は監督も代わっているのでシステムが変わっているかもしれないが、基本的には取られたら前から奪いにいくという自分たちのサッカーをやろうと話をした。もし、外されたときはしっかり整えて、中央を消しながら距離感を大事にして、サイドへ追いこもうと。守備のところはコンパクトさを保ったサッカーをしようと選手たちには言ってきた。危ない場面や苦しい時間帯もあったが、そういう中でもゼロで終われたこと、そこを耐えることができたことは選手たちが成長してくれているのだと思う。

<Q.ディフェンスラインの4人は、本職がセンターバックの選手を並べた形になったが、その意図は?>
昨年、クロスやリスタートから高さの部分でやられた失点が多かったので、そこをどうにか埋められないかと考えた。そこで高さも出せる4枚を揃えたが、今日の4人は合格点をあげていいのではないかと評価している。

<Q.攻撃については1得点だったがどのような評価を?>
前半は何回かチャンスを作ることができていたので、追加点を取る決定力が欲しかった。一方で、後半は相手に押し込まれ、パワーを持って前にいくことや、相手陣内でサッカーをする時間帯がなかなか作れなかったので、どちらからというとカウンター気味のサッカーになってしまった。やはりもっと自分たちが主導権を持って、ボールを保持する時間を作らないとリズムは出てこないと思う。

<Q.今日はサテライトの練習試合も含め、中央を有効に使おうという意図が感じられたが、監督から選手たちに指示は?>
鹿児島での試合もそうだったが、サイドに入った時にプレッシャーを受けて、はまってしまうパターンが多かったので積極的に中央を使うことは意識させていた。トップで起点を作ることができれば、相手も中に絞ってサイドが空き、攻撃の選択肢は増える。はじめからサイド一辺倒だと追い込まれてプレッシャーをかけられてボールを失うということが続いていたので、今日は駿が入って、困った時にはターゲットになってくれたので良かったのではないかと思う。

<Q.開幕まであと2週間の中で、もっと詰めていかなければいけないことは?>
守備については今日ゼロで終わったからと言って、これで良いわけではないので、継続してやっていかなければいけない。相手が変われば、また形も変わってくる。そういう時に相手に関係なく、自分たちの守り方というものを徹底していく必要があると思う。また、外国人選手も入ったので、周りと良い関係を作りながら、守備だけでなく攻撃もバリエーションが出せるように練習で取り組んでいきたい。

PLAYERS' COMMENTS

本田 拓也

失点ゼロに抑えられたのは良かったと思う。また、点の取り方も流れの中から奪うことができたので良かった。前半は積極的にボールを奪いにいくこと、また、そこからショートカウンターの形はトレーニングでやってきたことなので、それが何度かできたのも良かった。でも、後半は相手に前から来られて、焦ってしまい繋げなくなったので、そこは修正していきたい。プレッシャーをかけられてもボールを回せる技術であったり、選手間の距離、角度をしっかりと取らなければいけないので、修正していきたい。

平岡 康裕

全体的には良い流れだったと思う。ただ、後半は押し込まれる時間が長かったので、耐えるという部分では良かったが、そういう時こそ自分たちで攻撃のリズムを作り出していかなければいけない。開幕へ向けて時間も限られてきているので、とにかく今日の試合は失点ゼロと勝利することだけを意識していた。鹿児島キャンプでは、課題であった失点を克服することができなかったので、映像を見ながら個人の動きや全体の動きを確認し、みんなと話をしてきた。それが、ようやく結果として表れてきたので個人としてもチームとしても良い状態になってきていると思う。
開幕戦で100%のコンディションで臨めるように、今日の試合で出た課題をしっかり克服し、またトレーニングに励んでいきたい。

長沢 駿

鹿児島キャンプから、なかなかチームの良いところが出せていなかったので、この試合にかける想いは強かった。11人全員、守備意識が高かったし、そのあとの攻撃につながる展開も良かった。結果が出て、自分自身もホッとしている。今日は自分の中で大事な試合だと思っていたので、気持ちも入っており、必ず点を取りたいと思っていた。和哉(村田)から良いボールが来たので、自分は当てるだけだった。和哉に感謝したい。あとは、相手の間で元紀(大前元紀)、ハチ(八反田康平)、タクさん(本田拓也)が受けてくれたので、自分はゴール前に集中できた。自分自身はやりやすかったし、起点になれるプレーも何度もあった。そういう回数を増やして、みんなを楽にさせたい。今日の試合で手応えはあったが、これをスタンダードにしなければいけない。これを基準にして、これ以上にやっていけるようにみんなで努力して開幕を迎えたいと思う。
今日は守備陣が無失点に抑えてくれたので、あとは攻撃陣が2点目、3点目を取りにいけるかどうか。リーグでは1点で試合を終わらせられるとは思っていないので、攻撃陣が追加点を決められるようにしていかなければいけない。

村田 和哉

チームが勝てたことが何より良かった。本番のつもりでやっていたし、個人としてもチームとしてもしっかり良い準備ができて勝つことができた。個人的にもアシストという結果を残せて良かった。元紀(大前)とのコンビネーションは良くなっているし、ワンツーなどで崩していければ攻撃のバリエーションも増えると思う。元紀と僕の関係、駿(長沢)と僕の関係で、良いホットラインができた。自分が思い描いていた通りのプレーだった。今日は、竹内が中に入ったり、僕が左に行ったり、流動的にできていたので、相手は混乱したと思う。ショート、ショートでつなぎながらロングパスを出したりと、監督が目指すサッカーが今日の試合では出せたと思う。もっと突き詰めて、その中で得点を取って勝ちに繋げたい。今日は1点で終わったが、あと2点、3点と追加点をとって、勝負を決めるサッカーをしなければいけないと思うので、個人的にはまだまだ納得できていない。アシストはあったが、もっと存在感を出していければ。自分がボールを引き出して、2点目、3点目を取れるように修正したい。みんなが自分のことを見てくれているので、自分が起点を作って、少しでも攻撃を引っ張ることが大事だと思う。

大前 元紀

無失点で勝てたことはチームとしては良かったと思う。1点目は和哉(村田)とワンツーをしてゴールに絡めたし、後半ではゴール前の仕事は2回くらいチャンスを作れた。でも、もっとゴール前に行けるタイミングがあれば良かったのかなと思う。
トップ下はやりやすいし、楽しいし、より攻撃的にできるので、今は充実してやれている。また外国人選手が入ってくると変わってくるとは思うが、上手く対応しながら試合に出られるように、もっと得点の部分でアピールしていきたい。
開幕までは今やっていることを連続してやっていくということはもちろんだし、良い形で無失点の試合が続いているので、次の練習試合でも無失点で抑えられたらチームとして自信になると思う。あとは、質の問題。質を高めていかなければいけない。