清水エスパルスロゴ

ENGLISH

試合情報

DAZN

天皇杯 3回戦  2018.07.11 Wed 19:00 山梨中銀スタジアム

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

AWAY

0

試合終了

  • 0前半1
  • 0後半0
DAZN

1

  • 田中 佑昌(7分)
ロゴ:ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府

HOME

清水エスパルス

Line-ups

1 GK 西部 洋平
3 DF ファン ソッコ
28 DF 立田 悠悟
4 DF フレイレ
25 DF 松原 后
17 MF 河井 陽介
10 MF 白崎 凌兵
30 MF 金子 翔太
29 MF 石毛 秀樹
20 FW クリスラン
23 FW 北川 航也

Substitutes

13 GK 六反 勇治
27 DF 飯田 貴敬
45 DF 角田 誠
11 MF 村田 和哉
15 MF 兵働 昭弘
9 FW 鄭 大世
19 FW ミッチェル デューク

ヴァンフォーレ甲府

Line-ups

23 GK 岡 大生
28 DF 橋爪 勇樹
4 DF 山本 英臣
33 DF 秋山 拓也
16 MF 松橋 優
5 MF 窪田 良
27 MF 阿部 翔平
35 MF 高野 遼
25 FW 森 晃太
14 FW 田中 佑昌
13 FW 太田 修介

Substitutes

31 GK 岡西 宏祐
2 DF 湯澤 聖人
34 DF 今津 佑太
18 MF 道渕 諒平
21 MF 荒木 翔
26 MF 佐藤 和弘
24 FW 曽根田 穣

STATS

    45 90   90 45    
    1 3 4 シュート 7 3 4    
    3 7 10 GK 6 4 2    
    1 1 4 CK 4 4 0    
    9 5 14 直接FK 12 7 5    
    1 0 1 間接FK 1 1 0    
    1 0 1 オフサイド 1 1 0    
    0 0 0 PK 0 0 0    
鄭 大世 ← クリスラン(46分)
ミッチェル デューク ← 石毛 秀樹(54分)
村田 和哉 ← 鄭 大世(78分)
交代 (46分)阿部 翔平 → 荒木 翔
(67分)松橋 優 → 道渕 諒平
(78分)太田 修介 → 曽根田 穣
画像:イエローカード北川 航也(32分)
画像:イエローカード河井 陽介(50分)
画像:イエローカードファン ソッコ(86分)
警告・退場 (22分)窪田 良画像:イエローカード

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
2,682人 曇/弱 27.7℃ 76% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 記録員
田中 佳孝 野田 祐樹 村上 孝治 田島 宏則 清水 勇人 天野 進

GAME FLASH

試合前

今日は山梨中銀スタジアムで天皇杯3回戦ヴァンフォーレ甲府戦です。エスパルスとしては、6月6日天皇杯2回戦FC今治戦以来の公式戦。来週から再開するリーグ戦に向けて、弾みになる試合にしましょう。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK西部洋平、DFファン ソッコ、DF立田悠悟、DFフレイレ、DF松原后、MF河井陽介、MF白崎凌兵、MF金子翔太、MF石毛秀樹、FWクリスラン、FW北川航也の11人。

試合前

甲府先発メンバーは、GK岡大生、DF橋爪勇樹、DF山本英臣、DF秋山拓也、MF松橋優、MF窪田良、MF阿部翔平、MF高野遼、FW森晃太、FW田中佑昌、FW太田修介の11人。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 2分

エスパルス、右サイドから北川航也がドリブルで前に運びクロス。しかし、これはディフェンスにクリアされる。

前半 5分

甲府、左サイドからのクロスはエスパルスディフェンスがクリア。そのこぼれ球を松橋優がシュートを放つも、ゴールの左に外れる。

前半 6分

【ゴール】エスパルス先制を許す。右サイドを太田修介が抜け出して、マイナスのボールを転がす。中央で田中佑昌が押し込んだ。0-1

前半 9分

甲府、エスパルス陣内でボールを回す。エスパルスとしては、ボールの奪いどころをはっきりしたいところ。

前半 11分

エスパルス、白崎凌兵が前線のスペースにボールを出すと、クリスランが抜け出す。クロスはブロックされるが、こぼれ球を拾った松原后が中央にドリブルで運び右足でシュート。しかし、これもディフェンスにブロックされる。

前半 13分

甲府、最後尾の山本英臣が前線にロングパスを放り込むが、これはそのままゴールラインを割る。

前半 14分

エスパルス、金子翔太が自陣でボールをカットしカウンター。石毛秀樹が前線にボールを送り、クリスランが走り込むがファウルを取られる。

前半 16分

エスパルス、河井陽介のスルーパスに抜け出した金子翔太が、ゴール前に鋭いボールを転がす。GKを超え、触れば1点というところだったがファーで詰められない。

前半 20分

エスパルス、右サイドのファン ソッコのクロスがディフェンスに当たってコースが変わったが、ゴール正面にいたクリスランの前に転がる。しかし、クリスランはコントロールできない。

前半 22分

甲府、窪田良にイエローカード。

前半 24分

エスパルス、左サイド松原后のグラウンダーのクロスをエリア内で北川航也がピタリとトラップ。ワンフェイントでディフェンスをかわして左足でシュートも、ゴールの右にわずかに外れる。

前半 28分

甲府、右サイド自陣深くでクリアしようとしたところを、石毛秀樹がブロック。前に蹴らせない。

前半 30分

エスパルス、中盤でボールをカットし、石毛秀樹がドリブルで最終ラインを抜きにかかるが、タッチが大きくなり相手にボールを奪われる。

前半 31分

エスパルス、金子翔太が前線のクリスランに浮き玉のパス。クリスランはディフェンス2人の間を突破しようと試みるもファウルを取られる。

前半 32分

エスパルス、北川航也にイエローカードが提示される。

前半 36分

エスパルス、左サイドで松原后が倒されてFK獲得。

前半 37分

エスパルス、松原后のボールは相手ディフェンスにクリアされる。

前半 38分

甲府、左サイドからマイナスのボールを転がすと、中央で太田修介がシュート。これは西部洋平がキャッチ。失点シーンと似たような場面だっただけに、集中したいところ。

前半 40分

エスパルス、右CK。金子翔太は後ろに転がすと、石毛秀樹がボールを入れる。GKがファンブルし、松原后が頭に当てたが、再びGK岡大生がキャッチ。

前半 44分

エスパルス、相手陣内中央右サイドでFK獲得。石毛秀樹のボールはGK岡大生が直接キャッチ。

前半 46分

前半アディショナルタイム1分。

前半 47分

ここで前半終了。エスパルスは後半1点を追いかける展開になります。

HT

【選手交代】甲府、阿部翔平から荒木翔。

HT

【選手交代】エスパルス、クリスランに代わり鄭大世。

後半 1分

甲府ボールで後半キックオフ。

後半 3分

エスパルス、左サイドから松原后のクロスに中央で金子翔太が競り合うがディフェンスにクリアされる。

後半 3分

エスパルス、右サイドのファン ソッコが中央に転がし、石毛秀樹がボールを前に出して裏のスペースに走り込む。そのままクロスを放り込むが、これはGK岡大生がキャッチ。

後半 5分

エスパルス、河井陽介にイエローカード。

後半 8分

甲府、前線で起点を作り、太田修介が抜け出す。中に切れ込んでシュートを放つが、これはディフェンスが必死のブロック。これ以上の失点は許さない。

後半 10分

【選手交代】エスパルス、石毛秀樹に代わりミッチェル デューク。

後半 10分

エスパルス、代わったばかりのミッチェル デュークが相手クリアをカット。右サイドでボールを持った金子翔太が粘るがクロスを上げられない。後ろに戻して立て直す。

後半 12分

甲府、右サイドからシュート性のクロスを放り込むが、中央で合わせる選手がおらず助かる。

後半 14分

エスパルス、右サイドのファン ソッコのスローインにエリア内で鄭大世が粘って落とすと、金子翔太がシュート。これはディフェンスにクリアされる。

後半 16分

甲府、左CK。橋爪勇樹のボールはミッチェル デュークがクリア。

後半 17分

エスパルス、左サイド松原后のクロスに、鄭大世が落としてボールは金子翔太のもとに。しかし、シュートを打つことができない。

後半 20分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは跳ね返され、再び金子翔太が放り込むがこれもクリアされる。

後半 22分

【選手交代】甲府、松橋優から道渕諒平。

後半 25分

エスパルス、右サイドにいたフレイレのグラウンダーのクロスが上手く巻いてディフェンスの裏に。ミッチェル デュークがヘッドで狙うもGK岡大生がキャッチ。

後半 27分

甲府、右CK。荒木翔のボールは意表を突いたニアへの低いボール。しかし、これは何とかかきだす。

後半 28分

エスパルス、左サイド松原后のクロスに北川航也が頭でコースを変えてシュートを狙ったが枠を外れる。

後半 29分

エスパルス、エリア手前から金子翔太が左サイドに展開。鄭大世がシュートを放つがディフェンスに当たり、ボールはゴールラインを割る。

後半 30分

エスパルス、左CK。金子翔太のボールはGK岡大生がキャッチ。

後半 31分

甲府、右サイドからワンツーで中に切り込んだ窪田良がミドルシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 32分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールにニアでフレイレが頭で合わせようとするも、シュートを打てない。

後半 33分

【選手交代】甲府、太田修介から曽根田穣。

後半 33分

【選手交代】エスパルス、鄭大世に代わり村田和哉。鄭大世は直前のプレーで足を痛めたもよう。

後半 34分

甲府、田中佑昌が左サイドから巻いたシュートを放つが、わずかにゴールの右に外れる。

後半 37分

エスパルス、フレイレからの縦パス。ミッチェル デュークが裏に飛び出すが、オフサイドの判定。

後半 39分

甲府、左サイドからFK。荒木翔のボールは河井陽介がクリア。

後半 41分

エスパルス、ファン ソッコにイエローカード。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、ロングボールにフレイレが頭で合わせるも、ゴールの外。

後半 47分

エスパルス、白崎凌兵の見事なスルーパスにミッチェル デュークが抜け出す。左サイドからミッチェル デュークがクロスを放り込み、ファーでフレイレが合わせるがゴールを捉えられない。

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスは甲府に0-1で敗れ、天皇杯3回戦で姿を消すことになりました。皆様、ご声援ありがとうございました。

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
ヤン ヨンソン監督

・後ろからしっかり押し上げること

・我慢強く、テンポ良くボールをつなごう

・1対1でもっと戦って、勝ちに行こう!

ヴァンフォーレ甲府
上野 展裕監督

・カウンターのときは思い切り飛び出していこう

・全体をコンパクトに保ち続けよう

・もう1点取りにいこう!勝とう!

COACH COMMENT

ヤン ヨンソン監督

甲府とはルヴァンカップでも対戦したが、今回、こちらよりも良いプレーをして3回戦へ突破したことに、おめでとうと言いたいと思う。
帰って今日の試合どうだったのかを、もう一度振り返りたいと思う。チームとして、個人のプレーとして、どういうことを求めて、やれていたのか、やれていなかったのか、振り返りたいと思う。


<Q.ファンソッコ選手をサイドバックにしたこと、後半途中で3バックに変更したことの手応えは?>
今回、新しい試みとしてファン選手を右サイドで使ってみようと思った。試合に臨む前、試合中、また終わった後も、本来のポジションはやはりセンターバックだという気持ちは変わっていない。以前も立田(悠悟)選手をサイドバックで使ったことはあるが、本来のポジションはセンターバックの選手だと思っている。(立田選手は)今日の試合でも、センターでよく頑張ってくれていた。
ゲームは追わないといけない展開になっていた。そこでチームの戦いのプランの一つとして、松原(后)選手を高いポジションにして、後ろを3枚で試してみようということは考えていた。それが充分発揮できたかというと、充分ではなかったように思う。

<Q.敗戦したポイントと、この敗戦から次のリーグ戦に生かすことは?>
(リーグ再開まで)あと一週間ということで、やれていたこと、やれていなかったことを分析して、次に臨んでいきたいと思う。どの試合からも学べることはあると思う。負けた試合からは、良かった点は多くはないと思うが、今回、新しい試みとしてやろうとしたことが、どこまで通用したのか、この後、しっかり振り返ってみたい。ファン選手をサイドに持ってきて臨むということを、今後、トライする余地がある試みだったと思う。次のリーグ戦に向けてどのようなフォーメーションが通用するのかということも、しっかり見極めながら、次の試合に臨んでいきたいと考えている。

<Q.体が重そうな選手もいたが、選手のコンディションはどうか?>
ある程度重いというものはあったかもしれない。チームの中で怪我をしている選手もいたので、今日は新しい選手が出たということもあった。ファン選手が新しいポジションでプレーしたということも、ある程度影響したのかもしれない。白崎(凌兵)選手も今まで90分プレーしていなかったが、今回90分できたということは、次につながっていくと思っている。
次の試合に向けては、たくさんのファンが来てくれると信じているので、しっかり体の調整をしながら臨んでいきたいと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:河井 陽介

河井 陽介

上を目指せる大会でこういう戦いをしてしまったので、失ったものは大きい。しっかりと結果を個人個人で受け止めて、次のリーグ戦では少しでも改善できるようにしなければいけない。
(試合は)相手の方が前に前にプレーをしていたが、自分たちの方が積極的に行かなければいけなかった。あとはプレーの精度が低すぎて、リズムを作れなかった。0-1という1点差の結果だったが、明らかにチャンスが少なかったと思う。点を失うのが早すぎて、じっくり回すこともできなかった。全てが悪かったわけではないが、失点したところもそうだし、まだまだ修正するところはたくさんある。
大事なことは、少しでも早く切り替えていかなければいけない。(リーグ戦再開に向けて)ホームで期待してくれている方々がいるので、その人たちの期待に応えるためにも、試合当日に良いパフォーマンスが出せるようにしなければいけない。それだけに集中して1週間を過ごしたい。
画像:西部 洋平

西部 洋平

立ち上がりに相手のやりたいことをやられて、そこから修正することができなかった。その流れで点を取られてしまった。そこからは、慌ててはいなかったがミスが多く、そのミスでプレーが止まっているような感じだった。相手も1点先に取ったので考えてゲームを運んでいたと思う。アウェイで先制されるというのは、苦しい展開になる。自分も含めディフェンス陣は反省しなければいけない。
(ディフェンスラインが変わったが)練習の方がもっと手応えはあった。だから、逆に修正しやすいのかなと思う。もう少し上手く相手を追い込めたと思うし、積極的に行けたと思う。全体的に相手に合わせすぎて消極的になっていた。
この敗戦は個人の問題が大きいと思うので、まずは何をすべきか考えること。そして、チームとして相手がどういう戦いをするのかということをまとめて向かっていかなければいけない。この1週間を大事な1週間にしたい。
画像:ファン ソッコ

ファン ソッコ

サイドバックとして出場したが、攻撃と守備の切り替えの時にリスクマネジメントをして、バランスを整えることが重要だったと思う。(失点は)自分たちのディフェンスラインに穴があったということと、相手がそこを崩して点につなげたということ。今のチーム状況を考えた時には、ディフェンスラインであればどこでもできるという自分の強みを出せたと思うが、自分がセンターバックとしてスタートした方がどっしりと構えられて良いディフェンスができていたかもしれない。
試合全体としては相手の出足も早かったし、自分たちが後手を踏んだ試合になった。これから夏の連戦に入ってくるので、若い選手もベテラン選手も、メンタル的な準備とフィジカル的な準備をもう少ししなければいけない。
画像:白崎 凌兵

白崎 凌兵

最後の質というところに課題があって、崩しきれなかった。ある程度までは持っていけるが、最後は相手も堅かった。
個人的には、前半はボールタッチのフィーリングもいつも通りではなくて、自分らしくないプレーがあった。そういう意味で、前半はチームに迷惑をかけてしまったと思う。自分がいつも通りのプレーをしていたら、もっとテンポを作ってチャンスを作れていたと思う。前半は自分の中でシンプルにやれば良いところを、左サイドは停滞していたので、「自分でリズムを変えたい」という気持ちが裏目に出て、判断が遅れてしまったというところがある。後半に関してはミスも少なくテンポを出して、セカンドボールを拾うこともできていた。前半は情けないプレーだったので、後半に取り返そうと思っていて、それで多少良くなったと思う。
リーグはもう負けられないし、この負けを生かすためにチームで練習からしっかりやっていくことが大事になる。
画像:立田 悠悟

立田 悠悟

試合への入りが全体的に緩かったのと、試合をやっているチームと、やっていないチームの差が出てしまったと思う。失点してから悪い雰囲気ではなかったと思うし、得点できるチャンスも多く会った中で、決めきれなかったことが次への課題。最後の最後で延長に持っていけなかったのは、力の無さを感じる。トーナメントは負けたらこうやって終わってしまう。そういうことを自覚してやれなかった自分たちの甘さが出た。
個人的には練習で負荷を上げていて、練習より試合の方が楽だったという印象はある。サイドバックよりセンターバックでやれたことが多かったし、自信にはなった。ただ、結果が付いてこなかった。個人のプレーが良くても負けてしまうのは、自分たちに責任がある。特に真ん中のポジションはそういう責任を持ってやらなければいけない。もっともっと自分がリーダーシップをとってやらなければいけないと今日の試合をやって感じた。