清水エスパルスロゴ

試合情報

DAZN

天皇杯 2回戦  2019.07.03 Wed 19:00 IAIスタジアム日本平

ロゴ:清水エスパルス

清水エスパルス

HOME

1

  • 河井 陽介(90+2分)

試合終了

  • 0前半0
  • 1後半0

0

ロゴ:AC長野パルセイロ

AC長野パルセイロ

AWAY

清水エスパルス

Line-ups

21 GK 高木和 徹
27 DF 飯田 貴敬
2 DF 立田 悠悟
5 DF 鎌田 翔雅
15 DF 水谷 拓磨
17 MF 河井 陽介
7 MF 六平 光成
30 MF 金子 翔太
20 MF 中村 慶太
34 FW 滝 裕太
9 FW 鄭 大世

Substitutes

31 GK 梅田 透吾
26 DF 二見 宏志
6 MF 竹内 涼
14 MF 楠神 順平
16 MF 西澤 健太
23 FW 北川 航也
37 FW 高橋 大悟

AC長野パルセイロ

Line-ups

16 GK 阿部 伸行
20 DF 吉村 弦
3 DF 大島 嵩弘
26 DF 遠藤 元一
2 DF 松原 優吉
25 MF 有永 一生
29 MF 山田 陸
17 MF 明神 智和
7 MF 妹尾 直哉
10 FW 宇野沢 祐次
23 FW 大城 佑斗

Substitutes

1 GK 小澤 章人
15 DF 西口 諒
28 DF 入間川 景太
30 DF 浦上 仁騎
8 MF 堂安 憂
14 MF 東 浩史
27 FW 竹下 玲王

STATS

    45 90   90 45    
    3 7 10 シュート 4 2 2    
    7 3 10 GK 14 6 8    
    3 4 7 CK 2 2 0    
    5 6 11 直接FK 7 4 3    
    1 3 4 間接FK 1 0 1    
    1 3 4 オフサイド 1 0 1    
    0 0 0 PK 0 0 0    
西澤 健太 ← 中村 慶太(58分)
北川 航也 ← 金子 翔太(69分)
竹内 涼 ← 滝 裕太(83分)
交代
警告・退場

DATA

入場者数 天候 気温 湿度 ピッチ状態 試合時間
2,253人 雨/弱 25.1℃ 88% 全面良芝/水含み 90分
マッチコミッショナー 主審 副審 副審 第4の審判員 追加副審
楠 勝好 上田 益也 間島 宗一 イ サンギ 高島 昌康

GAME FLASH

試合前

今日はアイスタで天皇杯2回戦AC長野パルセイロ戦です。エスパルスとしては天皇杯の初戦になりますが、空気に飲まれず、相手を圧倒できるような展開にしたいところです。

試合前

エスパルス先発メンバーは、GK高木和徹、DF飯田貴敬、DF立田悠悟、DF鎌田翔雅、DF水谷拓磨、MF河井陽介、MF六平光成、MF金子翔太、MF中村慶太、FW滝裕太、FW鄭大世の11人。鄭大世はリーグ第12節大分戦以来の出場となります。

試合前

長野先発メンバーは、GK阿部伸行、DF吉村弦、DF大島嵩弘、DF遠藤元一、DF松原優吉、MF有永一生、MF山田陸、MF明神智和、MF妹尾直哉、FW宇野沢祐次、FW大城佑斗の11人。41歳、ベテランの明神智和が先発に入っています。

試合前

両チームの選手がピッチに入場。まもなく試合が始まります。

前半 1分

エスパルスボールで前半キックオフ。

前半 1分

エスパルス、右サイド飯田貴敬のクロスはディフェンスにクリアされる。

前半 4分

エスパルス、右サイド金子翔太からアーリークロスが入るが、鄭大世には合わない。

前半 8分

エスパルス、左サイドで水谷拓磨が中村慶太とのワンツーで抜け出そうとするが、中村慶太のパスが長すぎてそのままゴールラインを割る。

前半 10分

エスパルス、後方の鎌田翔雅から一発で前線の鄭大世へ。鄭大世も必死に走り込むが、ギリギリところで間に合わずゴールラインを割る。

前半 13分

長野、エスパルス陣内深くからスローイン。エリア内の宇野沢祐次にボールが入るが、コントロールできずエスパルスボールのゴールキック。

前半 15分

エスパルス、河井陽介からのパスに滝裕太が走り込んでエリア内で倒されるが、ノーファウルの判定。

前半 16分

エスパルス、左サイドから水谷拓磨がクロスを放り込むが、ディフェンスにコースを変えられクリアされる。

前半 19分

長野、左サイド妹尾直哉のロングスローからエリア内に入れると、山田陸が倒れるがノーファウル。

前半 21分

エスパルス、左サイドの水谷拓磨のサイドチェンジから右の飯田貴敬がボールを受ける。ディフェンダーに仕掛けてクロスを放り込むが、クリアされる。

前半 22分

エスパルス、左サイド中村慶太のパスを受けた滝裕太が左足でシュートを放つが、GK阿部伸行がセーブ。

前半 23分

エスパルス、右サイドエリア内で金子翔太が仕掛けて鋭いシュート性のクロスはGK阿部伸行がキャッチ。

前半 24分

エスパルス、左CK。中村慶太のボールは低いボール。ニアで六平光成が頭でスラしてゴール前に転がるがシュートできず。こぼれ球をつないで、最後は鄭大世がディフェンスを背負いながシュートを放つが、ディフェンスにブロックされる。

前半 26分

エスパルス、右CK。金子翔太のボールは、ゴールラインを直接割っていたもよう。長野のゴールキックで再開。

前半 28分

エスパルス、左サイド水谷拓磨のアーリークロスは大島嵩弘にダイビングヘッドでクリアされる。

前半 29分

エスパルス、右サイドにチェンジしていた中村慶太がゴール前にボールを上げると、鄭大世とGKが競り合う。こぼれたボールを、滝裕太が左足でシュートを放つがゴールの上に外れる。

前半 30分

長野、大城佑斗が担架で運ばれてピッチの外に。

前半 32分

長野、大城佑斗はピッチに戻った瞬間、やはり右足を抑えて倒れこむ。再び担架で運ばれる。

前半 34分

【選手交代】長野、大城佑斗から竹下玲王。

前半 35分

長野、右サイドからグラウンダーのクロスは立田悠悟がクリア。

前半 36分

エスパルス、前線で鄭大世がパスカット、左サイドから中村慶太がクロスを上げるが、滝裕太がボールを受けたところでディフェンスにクリアされる。

前半 39分

長野、妹尾直哉のスルーパスから竹下玲王がディフェンスに挟まれながらも抜け出してシュートを放つが、高木和徹がセーブ。

前半 43分

長野、エリア手前で宇野沢祐次が前を向いて左に展開。妹尾直哉がフリーでボールを受けてエリア内からシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

前半 45分

エスパルス、六平光成の浮き球のロングボールに金子翔太が胸で落として鄭大世を狙うが、ディフェンスにクリアされる。エスパルスボールのCKへ。

前半 45分

エスパルス、左CK。中村慶太はファーにボールを入れると、立田悠悟が頭に当てるがボールはゴールラインを割る。

前半 46分

前半アディショナルタイム2分。

前半 48分

ここで前半終了。0-0で後半を迎えます。

後半 1分

長野ボールで後半キックオフ。

後半 3分

長野、右サイドの吉村弦が仕掛けてクロスを放り込むが高木和徹がキャッチ。

後半 3分

エスパルス、エリア内左でボールを受けた滝裕太が切り替えして右足でシュートを放つがディフェンスにブロックされる。

後半 5分

エスパルス、エリア右からFK。中村慶太のボールに、ニアで鄭大世が飛び込むがわずかに頭に合わず。

後半 6分

エスパルス、左サイド水谷拓磨のクロスは、ファーでディフェンスにクリアされる。

後半 7分

長野、山田陸のロングボールから、竹下玲王が抜け出し、後ろに戻す。宇野沢祐次が斜め45度の位置からシュートを放つがゴールの上。

後半 9分

エスパルス、ゴール正面、エリア手前の位置で相手ディフェンスに鄭大世がプレスを掛けてボールを奪い返すと、金子翔太がミドルシュートを放つがディフェンスに当たってゴールラインを割る。

後半 10分

エスパルス、右CK。金子翔太はショートコーナー。後ろに戻すと、中村慶太がゴール前に上げると立田悠悟が頭で合わせるが枠を外れる。

後半 11分

長野、右サイドからのクロスにファーから妹尾直哉が合わせる。これは追っていた飯田貴敬の背中に当たってゴールラインを割る。

後半 13分

【選手交代】エスパルス、中村慶太に代わり西澤健太。

後半 15分

長野、左サイドで竹下玲王のスルーパスに妹尾直哉が抜け出すが、オフサイドの判定。

後半 16分

エスパルス、右CK。西澤健太のボールは、ディフェンスにクリアされる。

後半 19分

エスパルス、右サイドから飯田貴敬のクロスはそのままファーに流れてしまう。

後半 20分

エスパルス、右サイドのスペースに飯田貴敬が走り込んでクロスを上げるが、ディフェンスにクリアされる。

後半 23分

エスパルス、ディフェンスのクリアボールを拾った西澤健太が、エリア手前左45度の位置からシュートを放つが、ゴールの上に外れる。

後半 24分

【選手交代】エスパルス、金子翔太に代わり北川航也。

後半 25分

エスパルス、左から北川航也が仕掛けて、ゴール前にふわりとしたボールを入れるが、ディフェンスにクリアされる。

後半 27分

【選手交代】長野、妹尾直哉から堂安憂。

後半 28分

エスパルス、右サイドから飯田貴敬が切り込んで左足でシュートを放つが、枠を外れる。

後半 29分

長野、左サイド松原優吉のクロスに、有永一生がシュートを放つが高木和徹がセーブ。しかし、その前にファウルがあったもよう。

後半 30分

長野、ゴール前に落としたボールを有永一生がシュートを放つが、エスパルスディフェンスが必死のブロック。

後半 32分

長野、左サイド松原優吉からロングスローは、ディフェンスが弾き返す。

後半 33分

エスパルス、右から北川航也がクロスを入れ、鄭大世が頭でディフェンスに競り勝つが、シュートは勢いがなくGK阿部伸行がキャッチ。

後半 36分

長野、右サイド吉村弦が振り向きざまにスルーパスを出して堂安憂が抜け出し、ゴール前に折り返すが、中央で六平光成がクリア。

後半 38分

【選手交代】エスパルス、滝裕太に代わり竹内涼。

後半 38分

エスパルス、システムを4-1-4-1に変更したもよう。

後半 39分

エスパルス、中央水谷拓磨の縦パスを受けた鄭大世が反転からシュートはディフェンスがブロック。セカンドボールを北川航也がシュートを放つが、GK阿部伸行が正面で抑える。

後半 41分

長野、左サイドから松原優吉がロングスロー。鄭大世が頭で大きく跳ね返す。

後半 43分

エスパルス、中盤で六平光成が倒されファウル獲得。六平光成は起き上がり、すぐさま飯田貴敬にスルーパスを送るが、わずかに息が合わず。

後半 44分

長野、左CK。有永一生のボールに、ニアで大島嵩弘が合わせるが、高木和徹のファインセーブ。

後半 45分

長野、有永一生にイエローカード。

後半 45分

エスパルス、竹内涼のスルーパスに北川航也が抜け出すが、わずかに届かない。

後半 46分

後半アディショナルタイム4分。

後半 46分

エスパルス、立田悠悟の縦パスを受けた鄭大世が反転から左足でシュートを放つが、わずかにゴールの左に外れる。

後半 47分

【ゴール】エスパルス先制!水谷拓磨のクロスにゴール前が混戦。エリア内でボールを受けた河井陽介が胸トラップから右足で流し込んだ。1-0

後半 50分

ここで試合終了。エスパルスはアディショナルタイムの河井陽介のゴールで2回戦を突破しました。皆さま、ご声援ありがとうございます・

HALF TIME COMMENTS

清水エスパルス
篠田 善之監督

・スリッピーだから、まずは確実なプレーをしよう
・慌てずに、判断を早く
・全員でこのゲームをモノにしよう!

AC長野パルセイロ
横山 雄次監督

・守備はできているが、奪った後のカウンターを完結させよう
・高さがあるので、クロスに注意。クロスマークをしっかりと

COACH COMMENT

篠田 善之監督

非常に難しいゲームになった。最初から、このような展開になるのではないかということが当たってしまって、何とかできなかったかなと思っている。最大の目的である次に進むことができたので、そこの部分ではみんなの力で、サポーターの力でできたのではないか。
ノッキングしたり、(相手の)ブロックを崩せなかったり、逆にカウンターを食らったり、反省すべき点もたくさん見れたので、次にそれを生かしたい。ただ、前半はなかなか難しくて、後半少し押し込んだ中からピンチも招いたりしたが、選手たちは前向きにやってくれた。次のリーグ戦に向けて全員でしっかり準備したい。


ーー難しい展開になってしまった原因は?

ディフェンスラインからのビルドアップで2トップを剥がすことができなかったことと、逆に剥がせたとしても最後のところで中に入ったインサイドハーフがボールを失ったり、ディフェンスラインに仕掛けることができなかった。フィニッシュまで、なかなか行けなかったことも、このようなゲーム展開にしてしまったと思う。

PLAYERS' COMMENTS

画像:河井 陽介

河井 陽介

毎年、(天皇杯の)初戦というのは難しい試合になるのは分かっているが、自分たちからそのような形にしてしまっているところがある。ボールを持った時に何ができるのかというのはリーグ戦でも課題だったし、そこは次の試合までにみんなで修正して試合に臨みたい。
(高木和は)久しぶりの出場で頑張ってくれていたし、こうやってゼロに抑えてくれたからこそ勝てたと思う。今日は守備陣が我慢してくれたから、あの決勝点が生まれた。
(得点シーンは)フォーメーションを変えて前にポジションを取ることができたので、ゴールチャンスを狙っていた。クロスに対して上手く入れたし、良いところにボールがこぼれてきたところで、冷静に打てたと思う。残り15分くらいからフォーメーションが変わらなくても、自分としては前に行こうと思っていた。そこで監督が前に出してくれたので、その期待に応えられて良かった。
画像:鄭 大世

鄭 大世

久しぶりの公式戦だったので、かなり苦しかった。相手はブロックを作って「PK戦でも構わない」という戦い方だったので、そうなると難しくなる。相手のディフェンスの4枚と中盤の4枚の距離が近いので、間でボールを受けるのが、1トップの自分としては難しかった。そうなると、クリアボールを拾ってカウンターを狙いたかったが、そこでボールを収めきれなくてチャンスが作れなかった。それを収められたらリズムも出てくるし、積極的にボールを受けて前を向いてシュートということができる。最後の5分、10分のところでそれが出来始めたので、ゲームの入り方を工夫しなければいけない。
ルヴァンカップの最後の試合は消化試合だったが、勝てたことで喜びが大きかったし、選手の評価も上がった。前節リーグ戦で負けたので、相手はJ3だが勝てたことで勢いが生まれるし、チームにとっては大きな1勝だと思う。またリーグ戦に絡めていない選手が頑張ったことが、トップの選手に刺激にもなったことも大きい。
画像:高木和 徹

高木和 徹

個人としては全体的に落ち着いてプレーができた。なかなか点が取れない中でも後ろが頑張っていたし、最後に河井(陽介)選手が決めてくれて良かったと思う。
(個人のプレーとしては)練習からやってきていることしか試合には出ないと思うし、練習の中から意識を高く持ってできたことが今日の無失点につながったと思う。チャンスがなかなか無いなか、こうしてチャンスがもらえたので、ここでアピールしていくしかないと思っていた。
相手は前からプレスが来るというのはスカウティングから聞いていたので、そうなればシンプルにやるところはシンプルにプレーするし、相手が来なかったから後ろでつなぐというところはやれていた。やりづらい相手だったと思うが、チームとして結果を残せて良かった。
画像:立田 悠悟

立田 悠悟

個人的にも、チームとしても内容として全然良くはなかった。色々な改善が必要だと思うが、難しい試合で勝てたことは良かったと思う。
(良くなかったのは)選手同士の意図が合っていないとか、要求していることが違うとか、あとは戦えない部分が出てしまった。それは相手がどこであれ必要なことなので、これを良い教訓にしていかなければいけない。
ただ、やはり試合をやる前から難しくなるのは分かっていたので、最低限のところはできたと思うが、全く満足はいっていない。
画像:西澤 健太

西澤 健太

難しい試合になることは分かっていたので、途中から出た時にどういう役割を与えられるか考えながら試合を見ていた。なかなか得点が取れない展開だったので、クロスからでも、自分のシュートでも、何かしらの形で得点を演出できればと思って試合に入った。(リーグでは先発が続いているが)途中から入るという違和感は全く無かった。むしろ途中からの方が役割がはっきりしているので、やりやすさを感じていた。
(試合を見ていて)トーナメントの初戦はこういう展開になることが多いので、それほど悪いイメージは無かったし、後半になって少しずつだが、みんなが体が軽くなって、サイドからの攻撃も増えていると感じていた。
結果として最後に点が取れたのが一番大事なことだと思うし、突き放すことができたのはチームとしての強さだと思う。これをリーグ戦に生かしていきたい。