清水エスパルスロゴ

チャレンジ!マリン・サイエンス
with JAMSTEC supported by 鈴与グループ

エスパルスはこの度、海洋研究開発機構(JAMSTEC)とコラボレーションし、「チャレンジ!マリン・サイエンス with JAMSTEC supported by 鈴与グループ」と題したイベントを実施します。
これは、社会貢献活動の一環として、清水・静岡の子ども達が海の科学技術の魅力に触れることを目的に、清水港開港120周年記念事業実行委員会との共同事業の第三弾として実施します。
海洋研究開発機構(JAMSTEC/ジャムステック)とは
海洋、地球、生命をキーワードとして、世界最先端の研究と技術開発を推進する国の研究開発機関です。地球環境変動の把握と適応への貢献、海洋を理解し持続的な利用への貢献、地震や火山活動の実態解明と防災への取り組みなど海洋の総合的な研究開発を実施しています。
JAMSTECの地球深部探査船「ちきゅう」。
海底下生命圏や地震発生帯など、深海から地球を探る世界最先端の国際研究船。
世界最高の科学掘削能力を備え、地球内部のマントルへの到達を目指す。
  • 海の日スペシャルチャレンジ!海の謎解きクイズ
  • 遊覧船でチャレンジ!地球深部探査船「ちきゅう」を見にいこう!
  • アイスタにマリン・サイエンス・チャレンジエリアが登場!
海の日スペシャル
チャレンジ!海の謎解きクイズ
受付期間:7月16日(火)~8月17日(土)
エスパルスとJAMSTECが、本企画のために監修した「海の謎解きクイズ」を実施します。
楽しみながら学べる海と地球のナゾを解き明かして、エスパルスの選手を探し当てよう!
正解者の中から抽選で下記の賞品を進呈いたします。
JAMSTEC賞: ちきゅう見学会(11月30日または12月1日 @日の出埠頭)
ご招待10家族分(1家族は4名まで)
エスパルス賞: 9/1鹿島戦 S指定席 ペアチケット10組分
パルちゃん賞: エスパルス×JAMSTEC コラボTシャツ(選手サイン入り) 10名
対  象: どなたでも参加できます。
参加方法: 専用のWEBページからお申込みください。
https://f.msgs.jp/webapp/form/19090_ggcb_369/index.do
受付期間終了後、8月23日(金)に、当選の方のみにメールでご案内いたします。

第1ステージ

キミは海と地球のナゾが解けるか!
  • 第1問(海の数字)

    まずは、簡単な問題だよ。地球の表面積の約30パーセントが陸地です。では、海の面積はどのくらいあるかな。
    ヒント
    (地球の表面積)-(陸地の面積)だよ。ちなみに、海底の約90%はまだよく調べられていないんだ。研究船や深海ロボットを使って地形や生き物を調査しているよ。
    地球の表面を広げた地形図だよ
    海の底にも山や谷があるんだ
  • 第2問(海の数字)

    よーし、第2問だよ!
    清水エスパルスの本拠地アイスタがある日本平から良く見える駿河湾は一番深いところで2,500メートルもあるよ。では、世界の海はいったいどのくらい深いのだろう。平均的な海の深さは3,800メートルもあるんだって。そして、地球で一番深い海は太平洋のマリアナ海溝というところで、その深さは、なんと!富士山の標高よりも7,144メートルも深いんだ。一体何メートルかな。
    ヒント
    富士山の標高は3,776メートルだよ。JAMSTECの「かいこう」などのロボットたちがマリアナ海溝の底まで調査に行ったよ。
    無人探査機「かいこう」が撮影した世界最深のマリアナ海溝の写真だよ
  • 第3問(地層)

    この調子で第3問だよ!
    海底下の地層の中には、と~ってもゆっくりと生きている微生物がみつかったんだ。なんと千年~1万年に1回しか細胞が分裂しないんだって。超スローライフだよね。そんな未知の地球の奥深くの世界を地球深部探査船「ちきゅう」は調べているよ。さて、清水港に寄港しているこの探査船「ちきゅう」が完成したのは何年かな。
    ヒント
    いまから14年前に長崎県の造船所で完成した世界最先端の日本の探査船だよ。
    これが地球深部探査船「ちきゅう」だよ。バックに富士山だ
  • 第4問(地震火山)

    よーし、どんどんいくよ!
    地球の表面はプレートという岩盤に覆われていて、わたしたちは普段は気がつかないけれど、ゆっくりと動いているんだ。その動きが地中で力をためて、ある時に大きく壊れると地震が起きるんだ。では、海の底で大きな地震が起きると陸地では何が起きるかな。次の3つから正しいものを選んでね。
    ①雷が落ちる ②雨が降る ③津波が来る
    ヒント
    地震で海底が大きく動くと、その上にある海水が持ち上げられるんだ。地震が起きたら海岸には絶対に近づかないで高いところに逃げよう!
  • 第5問(極限生物)

    地球の生き物には深海という厳しい環境でも、たくみに生きている仲間がいるよ。“スケーリーフット”は、インド洋の深海だけで発見されている珍しい巻貝なんだ。これらの生き物は太陽の光が当たらず、栄養がとっても少ない深海でも生きられるように、体の中に何かを住まわせているよ。それは何かな。次の3つから正しいものを選んでね。
    ①微生物 ②パルちゃん ③妖精
    ヒント
    わたしたちのおなかのなかにもいるよ。
    何百度という熱水が噴き出す海底の様子だって(@_@)
  • 第6問(ロボット)

    いよいよラスト問題!
    海の中では、電波が伝わらないので話をしたくても携帯電話はつながらないよ。船や水中ロボットは海の中で通信するために、電波の代わりに音波を使うんだ。
    さて、海底6,000メートルで調査中の有人潜水調査船「しんかい6500」に海上の母船から“こんにちは!”と話しかけたら、何秒後に伝わるかな。
    ちなみに、エスパルスの選手のシュートは時速90~120キロメートル。
    すごいスピードだよね!
    ヒント
    海中では、音はだいたい毎秒1500メートルの速さで伝わるよ。
    これが「しんかい6500」。研究者を乗せて深海を調査するよ

ファイナルステージ

1~7の文字を並べると謎解きのキーワードが明らかになるよ!
遊覧船でチャレンジ!
地球深部探査船「ちきゅう」を見にいこう!
8月8日(木)午前中※8:45頃集合予定 約2時間
清水港遊覧船(ベイプロムナード号)にJAMSTECのメンバーと一緒に乗り、海から地球深部探査船「ちきゅう」に近づきます。普段見られない角度から「ちきゅう」を見学しながら深海の環境や探査船での国際研究チームの調査について一緒に学びます。
エスパルスオフィシャルマスコット パルちゃんも参加します。
対  象: 小学生、中学生120人を無料招待
※保護者の方の付添いはできません。
参加方法: 専用のWEBページからお申込みください。
https://f.msgs.jp/webapp/form/19090_ggcb_368/index.do
応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
受付期間終了後、7月30日(火)に当選の方のみにメールでご案内いたします。
受付期間: 7月16日(火)~7月26日(金)
アイスタにマリン・サイエンス・チャレンジ
エリアが登場!
8月17日[土] 明治安田生命J1リーグ第23節 札幌戦
アイスタに海と地球の研究を楽しむチャレンジエリアが登場。
小島よしおさんとJAMSTECメンバーも来場し、一緒に海と科学の魅力を学びます。
  • 小島よしおさんとチャレンジ!JAMSTECメンバーとの深海ファントーク
  • 海の謎解きクイズに一緒にチャレンジ!
  • JAMSTECとエコチャレンジ!
  • 海の科学体験コーナーにチャレンジ!世界屈指の有人潜水調査船「しんかい6500」大型模型や深海を学べるパネル、体験コーナーを準備します。楽しく海について学べます。
  • 海と地球の学習チャレンジ!学習ブースも設置。自由研究キットもご用意します。
  • JAMSTECとサッカーチャレンジ!チャレンジエリア内にサッカーを体験できるコーナーを設置。
また、当日はスタジアム大型ビジョンでエスパルス選手が地球深部探査船「ちきゅう」の船内探検に乗り込む探検チャレンジをしたスペシャル動画も公開。
エスパルス×JAMSTECコラボグッズや深海をイメージしたグルメを販売する予定です。