清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

河井 陽介選手(慶応義塾大学)来季新加入内定記者発表会見

2011年11月14日

河井 陽介選手(慶応義塾大学)来季新加入内定記者発表会見

慶応義塾大学の創設者、福沢諭吉像の前での記念撮影。

11月14日(月)、来シーズンの新加入選手として内定している河井 陽介選手(慶応義塾大学ソッカー部4年)の記者発表会見が慶応義塾大学日吉キャンパスにて行なわれました。
なお同記者発表会見は、同大学ソッカー部4年の田中奏一選手(ファジアーノ岡山内定)、日高慶太選手(モンテディオ山形内定)、黄大城選手(京都サンガFC内定)と合同で行なわれました。


慶応義塾大学ソッカー部 須田芳正監督あいさつ
「皆さんこんにちは。今日は皆さま方にたいへん嬉しいニュースを報告させていただきます。ここにいる4名のソッカー部の部員がJクラブに内定いたしました。我々、慶応義塾ソッカー部はスポーツ推薦入試が無い状態で、そして我々は文武両道を掲げて大学日本一を目指し、日々サッカーを追求しております。その中で彼ら4人がJリーグに進むということは、我々にとっては非常に嬉しいことであり、価値のあることだと思っております。
慶応義塾ソッカー部、私の方針としては、プロの選手を育成する場ではなく、あらゆる分野で社会人になってから活躍できる、通用する学生を育成しているつもりです。今回は、たまたま彼らが4年間本当に努力をし、プロの道に進んだということであり、私もサッカーの専門家としては非常に嬉しく思っています。彼らが何度かプロの練習に参加し、(大学に)戻って来てプロの良い所をフィードバックしてくれることで、下級生たちもサッカーに対する姿勢や、もちろん技術の面で良い影響を与えていると思います。来シーズンからJの舞台で彼らが活躍することを願っております。」


河井 陽介選手あいさつ
「法学部政治学科4年、河井陽介です。このたび来季から清水エスパルスに加入させてもらうことが決まりました。幼い頃からサッカーをしてきて、ずっと目標にしてきたプロサッカー選手になるということを実現することができて、たいへん嬉しく思っております。また、自分が生まれ育った静岡のクラブでプロサッカー選手になれることを非常に嬉しく思っております。声を掛けていただいた清水エスパルスさんには非常に感謝しております。
プロになったら1日でも早く試合に出てチームの勝利に貢献できるよう、日々努力していきたいと思います。今は大学サッカーに集中し、残りの大学生活を充実させることを第一の目標として、日々の練習に取り組んでいきたいと思っております。これから自分はサッカーで皆さんに恩返しができるように頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。」


※以下、質疑応答。

Q.自分の持ち味は?
A.状況判断良くプレーすることと、ゴール前でのプレーには注目して欲しいと思っています。ゴール前でのシュートや周りを活かすプレーに注目してもらいたいと思います。

Q.Jリーグで対戦してみたい選手は?
A.同年代の選手たちとどのくらいレベルが違うのかを公式戦で体感してみたいです。また、自分が試合に出られれば日本代表に選ばれている選手たちとJ1の舞台で対戦できる機会があると思うので、まずは試合に出ることを目標に頑張っていきたいと思います。

Q.エスパルスの印象とチーム内で意識している選手、楽しみにしている選手は?
A.大学1年の頃からエスパルスに関わらせていただいて来ましたが、その頃と今のチームは少し変わってきてはいます。今のチームの印象は、若い選手たちとベテランの選手たちが上手く融合してチームとしてまとまりのある、非常に良いチームだなという印象を持っています。小野伸二選手や高原直泰選手からは練習中のプレーを見ていても学ぶことが多いですし、一緒に試合に出てプレーできたら自分もすごく成長できると思います。良い手本が身近にあり、練習中から自分が成長できる場だと思っているので、そういった選手たちを目標に頑張りたいと思います。

Q.高校時代ライバルだった大前元紀選手が今季たくさん点を取っていますが、今はどういう風に見ているか?また来季一緒にやることについてどう思うか?
A.元紀とは高校時代に(高校サッカー選手権)決勝で戦った頃から知っており、自分がエスパルスに関わらせてもらってからすごく親しくしています。練習参加した時も一緒に練習場まで行ったりしていて、そういう中でプロの生き様というものを見せてくれました。自分より先にプロになっている先輩であるし、今年もすごい試合に出て活躍しており自分より先に行っている。まずは元紀に追い付けるように、自分が試合に出て同じ立場で話ができるように頑張らなきゃいけないと思っています。一緒に試合に出たら、非常にやりやすい選手の一人であるので、自分がボールを持った時には元紀を見て、元紀にパスを出して、元紀がゴールを決めてくれるということを描きながら、練習中からもっともっと良い関係を作っていきたいなと思っています。

Q.慶応義塾大学でサッカーをやろうと思ったきっかけと、この4年間で学んだことは?
A.慶応義塾大学に進学した理由は、高校の時の監督から、自分は勉強もしっかりやりながらサッカーをやった方が伸びると言われたので、慶応義塾大学のことはあまり知らなかったが、監督の助言のとおり受験しました。これまでの4年間を振り返ってみると、良い仲間に巡り合えたと思います。ここにいる3人の選手もそうですし、他にも同学年にはサッカーに対する向上心を持った人間が多くたくさん刺激を受けました。慶応義塾大学ソッカー部の中でプロを目指すという環境が自分に合っていてここまでやって来れたので、非常に周りの環境に感謝しています。

Q.3年間エスパルスの特別指定選手としてやってきてプラスになった面は?
A.大学1年の頃に特別指定選手のお話をいただきました。初めてキャンプに参加させていただいた頃は、自分はまったくプロでは通用しないなと思いましたし、ついて行くのがやっとだなという感想を持った記憶があります。それから2年間、特別指定選手を続けさせていただいた中で、練習や試合を通して徐々に自分のプレーや特徴を出せるようになってきて、チームメイトの人たちともコミュニケーションを取れるようになってきました。練習に参加するたびに自分が成長できるのを感じることができたので、非常に素晴らしい機会を与えていただいたと思っています。エスパルスへの練習参加は良い刺激をもらう機会であり、大学生活からの気分転換の機会でもあり、大学サッカーでは学べないこともたくさん学べる機会でもありました。

以上

抱負を語る河井陽介選手。

抱負を語る河井陽介選手。

記者の質問に丁寧に答える河井陽介選手。

記者の質問に丁寧に答える河井陽介選手。

フォトセッションその1。中央は須田芳正ソッカー部監督。

フォトセッションその1。中央は須田芳正ソッカー部監督。

フォトセッションその2。

フォトセッションその2。

フォトセッションその3。それぞれ加入するチームのゲームシャツに着替えて。

フォトセッションその3。それぞれ加入するチームのゲームシャツに着替えて。

記者会見のあと、囲み取材に答える河井陽介選手。

記者会見のあと、囲み取材に答える河井陽介選手。