清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【キャンプレポート】7/2(月) 選手コメント

ファン ソッコ

オフの期間はケガがあったので、コントロールしながらだったが、その中でもできることはしていた。このキャンプでは前半戦より強固なディフェンスを作るというところで、個人のフィジカルを上げることも含めて、チームのベースを上げたい。後半戦は夏場の試合から始まるが、体力的な消耗も激しい中で、今までやってきた攻守においての連携を上げていかなければいけない。
(練習で右サイドバックに入ることも多いが)自分が右に入ることで、ディフェンス面での連携や、距離感など、プラスアルファを出せるところを示したい。攻撃面でも、チームとしての課題はクロスの質だったと思っていたので、自分がサイドに入って良い状態でボールを持てれば、クオリティの高いクロスを上げる自信がある。

フレイレ

みんな状態が良くなってきている。長い間休んで、もちろん少し落ちたところもあるが、リフレッシュできて良かったと思うし、このキャンプでコンディションを取り戻せている。ここまで良いキャンプになっていると思う。
(このキャンプで練習している)守備の形がしっかりとすれば、失点は少なくなる。そこは集中してやりたい。そのためにはコミュニケーションを取ることが大事。最近は色々な選手とセンターバックでコンビを組んでいるが、誰と組んでも、話せなければ質の高い守備はできない。また、バリエーションが増えることは個人としても良い経験になるし、試合になれば良い結果につなげていきたいと思う。

飯田貴敬

このキャンプではコンディションを上げることを優先して、オフ前の体に戻していきたい。ただ、ここまでキャンプはきついなと思ったが、Yo-Yo(フィジカル)テストでは、オフに入る前より走れていた。心肺機能はそれほど落ちていない。また攻撃の部分は、感覚的なところであと少しかなと思うが、守備のところはまだまだ球際のところが足りない。それは、このキャンプだけじゃなくて、継続してやりたい。
またポジション争いが始まっているので、みんな気合いが入っている。そこで、自分も負けてられない。自分のプレーをしっかりして、あとは誰が選ばれるのかということは分からないので、いつでも試合に出られる準備をしたい。

平墳迅

ゲーム形式の練習でも、自分にとっては試合に出るために点を取ることが必要。そこは監督、コーチにも言われているので、それを意識してやっている。まだ決める時もあるし、決められない時もある。「決めて当然」という高い意識を持ってやっていかないと、監督にも認められないし、試合にも出られないと思う。前半戦は悔しい思いをしたので、このキャンプでは死に物狂いで最後まで取り組みたい。
このグラウンドで試合をしたことはあるが、キャンプとしては初めて。宿舎も近いし、温泉もある。サッカーに集中できる環境。部屋は(ミッチェル)デューク選手と同じ部屋で、デューク選手が分かりやすい単語で話をしてくれているので、自分も簡単な単語を使って良いコミュニケーションが取れているし、リラックスして楽しく過ごせている。

・【キャンプレポート】7/2(月) 練習レポート
・【キャンプレポート】7/2(月) 選手コメント

========================================
公式モバイルサイトでは、キャンプ期間中、オリジナルコンテンツを続々配信中!!
エスパルスのキャンプ情報はモバイルサイトでお楽しみください♪


【キャンプコンテンツ】

御殿場日記
三保日記の御殿場篇。選手達の素顔に迫ります!
エスパルグラム
写メはもう古い!?ということで名前も一新!若手選手達がキャンプ中のオフショット写真を激写しまくり!

●【PCで閲覧の方』
エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら


●【スマホで閲覧の方』
2018御殿場キャンプ特集モバイルサイトはこちら


●【ガラケーで閲覧の方』
2018鹿御殿場キャンプ特集モバイルサイトはこちら

========================================
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース