清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【イベントレポート】6/19(火)、20(水)、21(木)『エスパルスゴールキーパー教室』を開催 ≪静岡大学グラウンド≫

【イベントレポート】6/19(火)、20(水)、21(木)『エスパルスゴールキーパー教室』を開催 ≪静岡大学グラウンド≫
小学生の部 ©S-PULSE

6月19日(火)、20日(水)、21日(木)の3日間にかけて静岡大学グラウンドにて『エスパルスゴールキーパー教室』を開催しました。小学4年生~高校3年生までを対象に、3日間で100名を越える選手たちに参加していただきました。

今回のゴールキーパー教室では、エスパルストップチームのゴールキーパーが講師として参加し、直接指導をしてくれたり、実際にプレーを見せてくれたりしました。プロの選手の技術を間近で観る機会はないので、子どもたちも何か一つでも技術を盗もうと必死に観察していました。

初日の中学生の部には六反勇治選手、新井栄聡選手が参加してくれました。

ウォーミングアップではスローイングとキックを見せてくれました。いつも観客席から何気なく観ているスローやキックを間近で観た子どもたちは、「すごすぎる...」とあまりの迫力に呆然としていました。

クロスボールのトレーニングでは、六反選手と新井選手がクロスボールのお手本を見せてくれました。クロスボールに飛び出す際、味方や相手と接触しないためには、相手選手に「このキーパーとは競り合いたくないな。」と思わせる迫力が必要になってきます。2人の選手がどのようにしてその迫力を出しているのか、普段通りにプレーをして見せてくれました。飛び出す際の「キーパー!!」という声がグラウンド全体に響き渡り、ものすごいパワフルさを感じました。試合中、どのくらいの迫力があるのかはスタジアムでは遠目で見ているのであまりわからないですが、目の前で観た子どもたちはものすごく驚いていました。

2日目の小学生の部には西部洋平選手、六反選手、新井選手が参加してくれました。悪天候の中での開催となりましたが、たくさんの小学生が元気に参加をしてくれました。

トレーニングでは構えやキャッチングなどを行い、選手たちが構えの時やキャッチングの際にどのようなことを意識し、どのようなことに気を付けたらよいのかをアドバイスしてくれました。そのアドバイスされたことを意識しながら取り組み、短時間で上達している子が多く見られました。

最終日の高校生の部には六反選手、新井選手が参加してくれました。トレーニングの最後にシュートストップを行い、六反選手と新井選手も子どもたちと一緒にプレーしてくれ、選手たちに負けないよう必死にボールに食らいつき、お手本となるプレーを見せてくれました。

トレーニング時間は70分程でしたが、この短い時間の中でもプレーが大きく変わった選手が多く、とても良い経験になったと思います。トレーニング後に質問タイムを設け、選手たちからは「普段、どのような練習をしていますか?」、「ゴールを奪われてしまった時の気持ちの切り替えはどうしていますか?」など多くの質問がありました。

今回のゴールキーパー教室を通して、今までよりもゴールキーパーに興味、関心を持ち、楽しさや面白さを知ってもらえたら嬉しいです。参加していただいた選手、保護者の皆様、ありがとうございました。

エスパルスではゴールキーパーの普及・育成活動をこれからも継続して行っていきますので、是非よろしくお願いいたします。





小学生の部
小学生の部 ©S-PULSE
小学生の部
小学生の部 ©S-PULSE
小学生の部
小学生の部 ©S-PULSE
小学生の部
小学生の部 ©S-PULSE
中学生の部
中学生の部 ©S-PULSE
中学生の部
中学生の部 ©S-PULSE
中学生の部
中学生の部 ©S-PULSE
中学生の部
中学生の部 ©S-PULSE
高校生の部
高校生の部 ©S-PULSE
高校生の部
高校生の部 ©S-PULSE
高校生の部
高校生の部 ©S-PULSE
高校生の部
高校生の部 ©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース