清水エスパルスロゴ

ニュース

【札幌戦プレビュー】~当たり負け厳禁、次こそ勝ち点3を~

【札幌戦プレビュー】~当たり負け厳禁、次こそ勝ち点3を~
©S-PULSE

現在エスパルスは1試合少ないとは言え、中断明け7試合を終えて3勝1分3敗の五分の成績となっている。

前節は打ち合いの試合となった。開始早々に金子翔太の上手い飛び出しから奪ったゴールでゲームは動くが、このあと先制する度に浦和に追いつかれる展開になった。前半を1-1で終え、後半開始すぐにFKからドウグラスのゴールですぐに引き離すも、自コーナーキックからのカウンターで失点。その直後に、石毛秀樹のシュートの跳ね返りを金子が決めて引き離すも、三度追いつかれることになった。3点を奪って勝てないのは今季初。守備陣には課題の多い試合になった。

今節で再び勝利が上回るようにするためには、攻撃の勢いはそのままに、守備ではより集中することが求められるだろう。今節は、累積警告で出場停止だったフレイレが戻ってくる。再びディフェンスラインの顔ぶれに変化があるかもしれないが、最後まで連携面を詰めていきたい。

札幌は前節FC東京と対戦した。前半は劣勢の戦いを強いられることになる。33分に永井謙佑の突破から、折り返しをディエゴ オリヴェイラが押し込んで先制を許す。さらに、前半のアディショナルタイムには、太田宏介の右コーナーキックからニアでチャン ヒョンスが頭で合わせて2点目。だが、札幌もただでは終わらなかった。53分、福森晃斗がゴール前に上げたボールに、都倉賢が頭から飛び込んで合わせる気迫を見せて1点を返す。さらに68分、前線でボールを奪った白井康介がドリブルからミドルシュート。白井のJ1初ゴールが決まって、ついに試合を降り出しに戻した。こうなると、札幌の勢いはもう止まらない。72分、エリア外からチャナティップが目の覚めるようなミドルシュートを叩き込んでついに逆転に成功した。札幌は、逆転勝利で上位に踏みとどまることになった。

ただ、札幌はその逆転ゴールを決め、チーム2位の6得点を挙げているチャナティップが累積警告で出場停止。アジア競技大会に出場している三好康児も含めて、トップ下の選手が相次いでいなくなっている。札幌としては、そこをどのように対応してくるのかというところになりそうだ。それでも、都倉、ジェイという長身でしかも力強いアタッカーは出場する見込みだ。

札幌には、昨季まで公式戦で5連敗を喫していた。前線のターゲットに放り込むサッカーで、そこで潰しきれずに起点を作られて失点を繰り返した。今季からペトロヴィッチが就任し、攻撃も多彩になっているが、やはり前の強さは変わらない。前節痛い目に遭っている守備陣にとっては、ここを抑えることで自信も付くことだろう。とにかく相手攻撃陣を90分潰し続けること、それが勝利へ近づくことになるだろう。

今年に入り札幌には公式戦で3連勝をしている。もう苦手意識もないはずだ。
勝ち点3を取らなければいけない試合になる」(石毛)
5試合ぶりの勝利に向けて。このあとアウェイ3連戦となるため、ホームゲームはしばらくお休み。夏休み最後のホームゲームは、選手が一丸となってサポーターに勝利を届けたい。


 公式モバイルサイトでは、ヤン ヨンソン監督と選手の試合前日コメントを公開!! 


**********

2018明治安田生命J1リーグ 第24節   
8月25日(土)19:00キックオフ 

清水エスパルス vs 北海道コンサドーレ札幌
@IAIスタジアム日本平

<放送>
DAZN/NHK BS1/エフエムしみず/三角山放送

公式モバイルサイトでの『LIVEテキスト速報』でもお楽しみいただけます。 

**********

●エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら>>

ニュース一覧

あなたにオススメのニュース