清水エスパルスロゴ

ニュース

DAZN

ホームタウン次世代育成プロジェクト『エスパルスドリーム教室』開催のお知らせ

エスパルスは、選手・スタッフ・職員が小学校に訪問し、ゲスト講師となって小学生と共に学ぶ『エスパルスドリーム教室』を本年も実施いたしますのでお知らせいたします。これはエスパルス,NPO静岡ラーニング・ラボ(静岡大学教育学部),静岡市の協働事業として2011年度からスタートした事業となります。

■目的
清水エスパルスと地域が協働し、静岡版の魅力ある授業づくりを推進し、子どもたちの学習への興味や関 心を高めるとともに、心身の健全育成を図ります。

■実施効果
学習内容をサッカーと結びつけることで、子どもたちの学習に対する興味や関心を促進させる。また、エスパルスの ゲスト講師が参加することで、エスパルスのホームタウンであることを実感し、自分の住むまちに愛着が増すような環境づくりができます。

■事業概要
1.実施体制
(株)エスパルス,NPO静岡ラーニング・ラボ(静岡大学教育学部),静岡市の三者が連携して行う事業です。

エスパルス
○選手・スタッフ派遣
○関連イベント等の実施

NPO静岡ラーニング・ラボ
(静岡大学教育学部)
○授業コンテンツ開発
○授業進行・授業評価
静岡市
○「サッカーのまち静岡」の普及、促進
○各学校への事業周知
○事業に関する広報
2.事業内容
対象者は、小学4年生から6年生。授業時間は45分となります。授業の進行は、NPO静岡ラーニング・ラボに所属する静岡大学教育学部の学生が担当し、授業の実施時期、実施内容、講師との連絡調整等は(株)エスパルス及びNPO静岡ラーニング・ラボが担当します。


授業内容 (45分) 派遣講師

~選手及びスタッフ訪問型授業~ 
選手及びスタッフと一緒に学ぶ参加型教育授業
No 教科名(学習推奨学年) 内容
A 算数(6年) 速さ 『シュートの速さはどのくらい?(シュートを止めるための時間は何秒?)』
スピードガンを用いて講師がシュートしたボールスピードを計測し、
ゴールキーパーの反応速度を考えます
B
理科(5年・4年) 人の体のつくりと運動
『強くて速いシュートのヒミツ!(時間を止めて見てみよう)』
講師がシュートする時の体の動きをスローカメラで観察し、
関節や 筋肉の働きについて考えます
※講師と一緒に学ぶとともに、夢や生き方についても話をしてもらいます。

清水エスパルス
◆選手
◆ユースコーチ
◆ジュニアユースコーチ

~スタッフ訪問型授業~ 
サッカークラブを支えるスタッフの仕事を題材としたキャリア教育授業
No 内容
C1
『ファンサービスを考える』
スタジアムグルメやグッズ開発等に係る営業系の仕事について学び、ホームゲームの興行や ファンサービスについて考えます

C2
『サッカーで学ぶキャリア教育 -元プロサッカー選手編- 』
プロ選手歴があるエスパルススタッフを講師として、プロとしての生活やセカンドキャリアの仕事について学び考えることで、職業観を深めます

(株)エスパルス
◆職員    
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース