清水エスパルスロゴ

ニュース

【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート③
新コーチングスタッフ紹介

【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート③ 新コーチングスタッフ紹介
©S-PULSE
[新監督、新加入コーチングスタッフ紹介]

ピーター クラモフスキー新監督および新加入コーチのコメントは以下の通りです。

◆ピーター クラモフスキー監督

こんにちは。この静岡の街で暮らせて光栄です。この街はたくさんの勝利の歴史があります。しかし、長い間、喜ぶ機会がない状態です。私がここへ来たのは、クラブをチャンピオンにするためです。(※日本語で)
我々は攻撃的で、そしてアグレッシブな速いサッカーというものを目指しています。それは、得点をするというメンタリティを元にプレーしていきます。そして、我々のチームを見た時に、ファン・サポーターがワクワクして誇りに思えるようなチームにしていきたい。そして、毎日チャンピオンのように練習し、毎日自分たちが上手くなれるようにチャレンジしていいたい。そして毎週、サポーターの皆さんの応援が必要です。ガンバリマショウ。


◆平岡宏章コーチ

昨年までユースの監督をさせていだきました。長い間、育成年代をやってきましたが、そこをストロングとして、新たな気持でピーター監督が目指すアタッキングフットボールを実現できるよう、しっかりとサポートしていきたいと思います。今年1年よろしくお願いします。


◆今矢直城コーチ

始動日は明日なのですが、今から待ち遠しくて楽しみな気持ちでいるのが正直なところです。自分はクラブのため、選手のためにできることを日々考えながら、監督をサポートすることもそうですけど、サポーターの皆さんが、毎試合毎試合スタジアムに来ることが待ち遠しくて、楽しみでしょうがないというチームにしていければと思っています。今シーズンよろしくお願いします。


◆アダウトGKコーチ

2017年のシーズン途中までトップチームのGKコーチをさせていただきましたが、病気により、チームら離れることになりました。その時は、色々と辛い思いもありましたが、そういうことがあったからこそ、自分が人間として、指導者として前よりも成長できていると思います。このクラブでもう一度仕事ができることを心から感謝していますし、本当に嬉しく思っています。もう一つは、自分がこのクラブにいられるのは大榎さん(大榎克己強化部部長兼清水エスパルスフィロソフィー作成チーフ)と、伊達さん(伊達倫央育成部部長)のおかげだと思っています。また平岡さん(平岡コーチ)にはユースに受け入れてくれて、2年間とても幸せな時間を過ごすことができました。これから長いシーズンになりますが、皆さんのご協力もよろしくお願いします。


◆安野努フィジカルコーチ

とても歴史のある、素晴らしいクラブで働かせていただけることを光栄に思います。ピーター監督とは2年間、横浜FMで一緒にやらせてもらいましたが、非常に強度の高い、また魅力的なサッカーを展開します。私の立場としては、多くの選手がピッチに立ってトレーニングができるようにする。今、持っている能力を最大限に生かせるように、さらに成長できるように強くしていくということが私の主な仕事になりますので、できるだけ多くの選手がフィールドで活躍できるように、スタッフ、選手一丸となってピーター監督を支えたいと思います。今シーズンよろしくお願いします。



◆森脇瑞貴分析担当 

自分の仕事は映像を通じてのサポートになりますが、監督が目指すサッカーを実現できるように全力でサポートしたいと思います。よろしくお願いします。


≪質疑応答≫
◆ピーター クラモフスキー監督
――(監督に対して)チャンピオンを目指すために、チームに植え付けたいことは?

一番大事になってくるのは、ハードワークを多くするということです。チーム、スタッフ、選手たち全員が、自分たちが上手くなれるようにハードワークをしていけるようにしたいです。そして、このクラブには信念を植え付けたいと思います。その信念というのは、攻撃的でアグレッシブで速いサッカーというものです。ボールを持った時は、得点を決めに行きます。ボールを失ったなら、ボールを奪い返して得点を決めに行きます。そういったことを毎日やって、毎日上手くなっていけるようにします。それができれば、どういったところまで行けるのかというところを楽しんで見ていただけると思います。


――(監督に対して)今イメージしている戦い方、フォーメーションは?

4-3-3がスタートになると思います。しかしながら、サッカーは無限大に変わっていくもので、色々進化していくものです。自分たちのメソッドを使いながら、選手たちを伸ばしていければと思います。自分たちがハードワークすることで、サポーターを喜ばせることができればと思います。


――(監督に対して)昨季のエスパルスの印象、注目していた選手は?

エスパルスのメンバーを見てみると、可能性があって、才能があるメンバーだと思います。経験もありますので、ハードワークをすることで自分たちが良い方向に向かっていきたいです。去年、横浜FMとは2回対戦して2度敗れていますから、良い印象を持っています。ファン・サポーターの皆さんを喜ばせるように、スタッフ、選手、そしてクラブが成長できればと思います。(印象に残る選手は?)メンバー全体的に才能があると思っています。我々はチームとして戦うユニットです。一人の選手に頼っていくチームではないようにしていきたいです。前に進むためには、それが強いものになっていくと思います。


――(監督に対して)守備の改善はどのように考えているか?

私の守備というのは、強い基盤を持ってやります。そして、どうやってボールを奪い返すのかというのをしっかりとした構成のもとやっていきたいと思います。それはボールを奪い返して、得点を決めに行くためです。我々のサッカーは非常にアグレッシブにやります。ボールを失ったらハングリーに追いかけて、ボールを奪い返しに行きます。ボールを奪ったのであれば、そこから得点を決めるために、前に進んでいきたいと思います。そして、自陣のゴールから、なるべく離れたところでボールをつないでいきたいと思っています。それが、自分たちの守備の哲学です。


――(監督に対して)就任1年目として、目標順位などの設定があれば教えて下さい?

自分はどこの順位を目指しているのかというところを見て仕事をしているわけではありません。見ているのは、毎日の目標を定めて、毎日成長していくことです。それは自分もそうですが、コーチ、クラブ、選手たちも毎日毎日、しっかりと伸びるようにやっていくことが大事だと思います。チームとして成長していく、そして選手個々が伸びていくこと。そうしてどこまで行けるか、そうなった時に(順位などは)見えてくるでしょう。


――(監督に対して)戦い方のイメージとしては、去年の横浜FMのようなサッカーというイメージで良いか?

非常に似たようなものになると思います。先ほど話した通り、攻撃的でアグレッシブであって速いサッカー。それは得点を決めるというメンタリティを持ってプレーをするということです。横浜FMは、2年間それをやっていますし、今週も始まって1週間経ちましたので、105週となります。自分たちも、毎日毎日一生懸命仕事をすることで、彼ら(横浜FM)はベンチマークとなっていますので、そこまで行けるようにしていきたいと思います。


――さらに付け加えたいのは?

横浜FMにあったトロフィーを、静岡に持ってくることです。


――(監督に対して)ルヴァンカップ開幕までの1ヶ月のプロセスは?

明日の練習でテストをしたいものがありますし、そこからコンセプトのある練習をしていきます。そして、その情報をもとに、全スタッフで選手たちが良くなるようなプランを立てていきたいと思います。強度はこれから上がっていくと思います。コーチ、そして選手たちを良くするために、多くのことをやっていきたいと思います。そうやって選手たちが伸びていくことができれば、選手たちにとって最高のシーズンになります。


――(平岡コーチに対して)ユースで育てた選手のプロでの現状をどう捉えていて、どう働きかけるのか?

◆平岡宏章コーチ
現状は、少し歯がゆい感じがしています。ただ、私も新たな気持ちでやっていくので、ユース出身の選手は当然良いところ、悪いところは知っていますが、今年入ってくるジュニア(栗原イブラヒムジュニア)、唯人(鈴木唯人)に関しても、非常にポテンシャルのある選手なので、横一線に見ていますし、公平にサポートしていきたいと思います。


――(今矢コーチ、安野フィジカルコーチに対して)クラモフスキー監督は、サッカーのとき、プライベートのとき、どんなキャラクターなのか?

◆今矢直城コーチ 
私自身は、20年以上のお付き合いがあるのですが、会うたび会うたび、サッカーのことしか話していません。どうすれば良い指導者になれるのか、どうすれば今日より明日良くなれるかということを考えていますし、勉強熱心です。情熱的なものを持っていて、サッカーに対しての気持ち、チームが勝つことに対しての気持ち、というものは昔から変わらず持っていると思います。でも、プラベートのところではフランクで面白い方です。

◆安野努フィジカルコーチ
私は2年間、横浜FMで一緒に仕事をさせてもらいましたが、グラウンド上でサッカーに関して選手に求めるときは、非常に厳しく、サッカーに対して熱い思いを常にぶつけて、熱心に仕事をされる方です。ただ、普段はお茶目なところがあって、年齢が同じということもありますが、フランクに話してくれるし、ユーモアがある。とても人間味のある監督だと思います。エスパルスにとっても良い1年になると思います。そういう力を持っている監督だと思うので、皆さん応援していただけたらと思います。


===========================

●【2020シーズン新体制発表記者会見】清水エスパルス2020シーズンアカデミースタッフ一覧
【2020シーズン新体制発表記者会見】清水エスパルス2020シーズン監督・スタッフ・選手一覧
【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート④新加入選手紹介
【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート③新コーチングスタッフ紹介
【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート②2020シーズン クラブスローガン決定 2020.01.14
【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート①代表取締役社長、ゼネラルマネージャー就任会見
●【2020シーズン新体制発表記者会見】2020シーズンユニフォーム発表
【2020シーズン新体制発表記者会見】記者会見レポート特集

===========================
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース