NEWSニュース

【イベントレポート】11月23日(火祝)『コーディネーションクリニック』を開催≪SDF清水≫

©︎︎︎S-PULSE

■コーディネーションクリニック

日付:11月23日(火祝)

会場:エスパルスドリームフィールド清水

対象:清水エリア(清水・静岡瀬名)/小学1~3年生


11/23(火祝)エスパルスドリームフィールド清水にて、「コーディネーションクリニック」を開催しました。今回は1年生~3年生の18名が参加してくれました。

コーディネーションとは、様々の状況を目や耳など五感で察知し、頭で判断し、身体をスムーズに動かす能力を言います。現在は、定位、変換、リズム、反応、バランス、連結、識別と7つの能力に分類されています。この能力をアップさせるために様々なメニューを行いました。

ウォーミングアップは全員での鬼ごっこです。安全地帯を作り、そこにいる時は鬼にタッチされません、しかし、まわりを逃げている子から「どいて~」と言われたら必ず安全地帯をどかないといけないルールです。自分の走力を使って必死に走って逃げる子もいましたが、安全地帯を上手に使ってうまく逃げる子もいました。周りの状況を良く観て、考えながら逃げれば、スピードに頼らずに上手く逃げる事もできますね。

ウォーミングアップの後は、ボールを使ってのトレーニングです。今回も2人1組になってのボールフィーリングです。「同時に投げあうパス交換」、「バウンドボールと投げるボールのパス交換」「ボールの上にボールを乗せる雪だるま」など、同時に2つのボールを投げたり、キャッチしたりしました。はじめはボール扱いに苦労していましたが、コーチからのアドバイスや、2人で相談しながら何度もチャレンジすると成功する子たちが増えていきました。

次は継続しているステップワークのトレーニングです。間隔が狭く置かれたコーンの間を素早く駆け抜けます。「良い姿勢」「身体に余計な力を入れない」「踵を地面につかないように細かなステップ」を意識してトレーニングをしました。継続して参加をしている子は、身体の動きがスムーズになり、スピートもアップして、成長しているのがはっきり分かりました。

最後は、1対1の対決形式の反応ダッシュゲームです。認知→判断→実行を相手より素早くしないといけません。今回は途中からは、少し難しくして「ジャンプ」「ステップ」の動きを同時にしながら行いました。最初は間違えて違う方へ走ってしまう子が多かったですが、最後には素早く反応し身体をしっかり動かす事ができるようになってきました。


参加した子ども達が「反応ゲームが楽しかった!またやりたい!」保護者様からは「継続して参加しておりますが、動き出しのスピードが徐々に速くなっているように感じます」との感想をいただきました。

ひと昔前の子ども達は「外遊び」で自然にコーディネーション能力を身につけていました。しかし、現在は自由に遊ぶ空間の減少、少子化で遊ぶ仲間の減少、遊べる時間の減少で、子ども達のとりまく環境が日々変化しています。このような社会環境の中でも、月1回ではありますが、このイベントを通して、自分の身体を自由自在に動かす能力を少しでも身につけてもらいたいと思います。ご参加いただいた子ども達、保護者の皆様ありがとうございました。

次回は12月25日(土)の予定です。クリスマスバージョンでのコーディネーションクリニックです!皆様のご参加をお待ちしております。


©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

ニュース一覧

more

あなたにオススメのニュース