清水エスパルスロゴ

ニュース

DAZN

【イベントレポート】7月7日(日)『年中さんあつまれ!親子サッカー教室』を開催 ≪SDF清水≫

【イベントレポート】7月7日(日)『年中さんあつまれ!親子サッカー教室』を開催 ≪SDF清水≫
©S-PULSE

7月7日(日)エスパルスドリームフィールド清水にて、『年中さんあつまれ!親子サッカー教室』を開催しました。

清水エリアで今年度2回目の開催となる『年中さん親子サッカー教室』。今回は元気な親子17組に参加していただきました。前回に引き続き参加いただいた親子も多く、「コーチ!また来たよ!」と元気に挨拶をしてくれた子もいました。

はじめは親子で手をつないで氷鬼です。親子で逃げながらも、氷になった友達を助ける姿もあり、楽しそうにスタートしました。親子でしゃがみながらの手押し相撲では、お互いに押したり、倒されないように我慢したりと、親子の名勝負がたくさんありました。ネコとネズミの鬼ごっこでは、コーチが「ネコ(親)」か「ネズミ(子ども)」どちらかを言って、言われた方は逃げる、言われなかった方は捕まえるというルールです。体と頭を両方使わないと勝てないゲームでしたが、子ども達は間違えないように真剣にコーチの言葉を聞いて、しっかりと逃げていました。そして動きづくり最後は、恒例の5回ジャンケンで勝つまで終われない競争です。今回は飛行機バージョン!体を伸ばして飛行機になった子どもを親が両腕で支えます。腕がつらくなってきても子どもが5回勝つまで終われません!必死で頑張っているお父さん、お母さんの姿が印象的でした。

今回のボールフィーリングでは、小さいカラーボールを、キャッチしたり、投げたり、避けたりしました。小さいボールはサッカーボールと違い、取るのが難しそうでしたが、親子で何度も練習をして次第に取れるようになり、「取ったよ~!」「ナイスキャッチ」と親子で喜んでいました。ボールを蹴ってコーンに当てるゲームでも、始めは、なかなか当たらず苦戦している様子でしたが、親子であきらめないで、何回もボールを蹴っているうちに、コーンに当たるようになりました!

そして、恒例となるいくつかのセッションに分かれてのアトラクションです。親子でシュート対決や、鉄棒や跳び箱を使ったサーキットは今回も大人気でした。2つのゴールを使った親子1対1の対決では、親をだまして逆のゴールにシュートする子もいて、とても上手にできていました。そして今回、初登場したのが、棒を使って親子でボールを転がしながら障害物をクリアして行くゲームです。親子で声をかけながら協力して、様々な障害物をよけていました。最後にバケツにボールを入れてゴールです!楽しそうに何度も挑戦してくれました。

そして、今回も最後は2グループに分かれて親子で対決の試合を行いました。大きなボール、小さいボール、柔らかいボールなど様々なボールを使っても子どもチーム対大人チームの試合です!「負けないぞー!」とお互い気合十分!ゴールをたくさん決まり、白熱した良い試合になりました!

ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。これからもエスパルスサッカースクールでは、サッカーやスポーツを通して、親子で体を動かしながらコミュニケーションをとれるようなイベントを企画してまいります。これからもよろしくお願いいたします。

次回のエスパルスドリームフィールド清水での「年中さんあつまれ!親子サッカー教室」は9月15日(日)に開催予定です。8月中旬に募集要項をエスパルス公式サイトに掲載いたしますので、皆様のご参加をお待ちしております。



©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース