清水エスパルスロゴ

ニュース

【イベントレポート】7月21日(日)『鈴与グループ ウォーキングサッカー交流会』を開催 ≪SDF清水≫

【イベントレポート】7月21日(日)『鈴与グループ ウォーキングサッカー交流会』を開催 ≪SDF清水≫
©S-PULSE

7月21日(日)エスパルスドリームフィールド清水にて、『鈴与グループ ウォーキングサッカー交流会』を開催いたしました。

今回は、鈴与チーム、鈴与商事チーム、中日本バンリースチーム、マリンパルチームの4チーム(各社従業員とそのご家族)の交流の場や健康増進、そしてウォーキングサッカーの普及を目的に開催し、総勢50名の方にご参加いただきました。年齢も幅広く、お子様から初めてサッカーを経験する方や、女性の方にも多くご参加いただきました。

交流会のはじめは参加者同士のコミュニケーションを図ることを目的に、ウォーミングアップ(もちろん全てウォーキングで!)でアイスブレーキングを実施。後出しじゃんけんや数集め競争等を行い、チームの垣根を超え、気兼ねなく会話が出来る様な雰囲気作りが出来ました。

次にいよいよウォーキングサッカーの試合です。最初は、練習ゲームとして参加者をシャッフルにし4チーム作り、試合を行いました。エスパルスウォーキングサッカー独自のローカルルールを作り、楽しんでいただきました。

「エスパルスウォーキングサッカー」は生涯スポーツとして、“無理なく笑顔で楽しく”をモットーとして年齢・性別・サッカー経験問わず、参加者の皆様全員が楽しめることを目指しております。

基本ルールはとても簡単。①走ってはいけません(早歩きはOK) ②相手の体に接触してはいけません ③ボールの高さは約1.8m以内 ④ヘディングはできません ⑤ペナルティエリアにフィールドプレーヤーは入れません ⑥ゴールキーパーはペナルティエリアから出られません ⑦ラインから出たらロールイン(下手投げ)の7つ。

そして最後に一番大事なルールを『笑顔で楽しんでいないと反則です』とし、早速試合をスタートしました。
※このローカルルールは『エスパルスルール』として静岡県外の他地域でも評判が良く取り入れていただいております。

練習ゲームではウォーミングアップの効果もあり、チーム同士で積極的にコミュニケーションを取りながら試合を行うことが出来ました。

次に、いよいよ各チーム同士での交流戦がキックオフ。「ボールが目の前を通過すると走りたくなってしまう」という声も多く、意識して歩くことをしないとついつい走ってしまったり、ボールを高く蹴ってしまい、「反則!ピー!」の連続で笑いが絶えない試合となりました。参加者の方からは「思っていたより難しい」「運動量が意外と多い」などなど様々なお声があがりました。お子様も女性の方も普段一緒にお仕事をされているからこそのチームワークでいろいろと工夫をしながらゴールを目指していました。

また途中から、恒例のローカルルールを増やして試合を行いました。ゴールキーパーを人からコーンへ変更し、相手シュートがコーンに当たったら無得点「通称:ナイス!コーンキーパー君!」ルールを導入。すると各チーム、ゴール前にシュートが来そうな場所へコーンキーパー君の位置を微妙に調整し、皆さん積極的なシュート場面が増え、また「コーンキーパー君」のナイスセーブもあり、試合は更に盛り上がりをみせました。

そしてもうひとつのローカルルール『オレンジカード』も導入して試合を行いました。サッカーの世界では、「レッド・イエローカード」や「グリーンカード」は存在しますが、エスパルスウォーキングサッカーでは新たな『カード』を作りました。

「レッド&イエローカード」はあまりもらいたくないカードですが、『オレンジカード』はなんと、もらえばもらうほど嬉しいカードなのです。『満面の笑顔』『喜びを爆発』『仲間と歓喜』等の条件を満たせば、オレンジカードをゲットできます。プレーだけではなく心から楽しんだ人には『オレンジカード』!ウォーキングサッカーの上級者(笑顔で楽しむ事)です!

今回もナイスセーブをされた方や試合に出ている仲間をベンチから大きな声で応援していた方がオレンジカードをゲットしていました。

今回、初めて交流会として開催いたしましたが、鈴与グループ各チームの皆様同士が率先してコミュニケーションを取り、良い雰囲気の中、楽しい交流会イベントになりました。

参加者の皆様からは、「楽しみながらグループ間の交流ができ、良い機会となりました。」「初めての経験でしたが、新しい体験が出来て楽しかった。」、「参加者の皆様が楽しんでいて良かった、健康と合わせた良いイベントでした。」、「4歳の息子と参加しましたが、時間(120分)もちょうどよく楽しかった。」、「心地よい疲労感でウォーキングサッカーは誰でも出来る健康イベントだと実感しました。」などといった感想をいただきました。

ご参加いただいた、鈴与チーム、鈴与商事チーム、中日本バンリースチーム、マリンパルチームの皆様、ありがとうございました。

エスパルスはこれからも地域の皆様の健康増進を支える活動を行って参ります。
今後とも宜しくお願いいたします。


■エスパルスコミュニケーションプログラムはこちら



開会式の様子
開会式の様子 ©S-PULSE
アイスブレーキング
アイスブレーキング ©S-PULSE
ペンギン歩き
ペンギン歩き ©S-PULSE
試合①
試合① ©S-PULSE
試合②
試合② ©S-PULSE
試合③
試合③ ©S-PULSE
試合④
試合④ ©S-PULSE
試合⑤(コーンキーパー活躍!)
試合⑤(コーンキーパー活躍!) ©S-PULSE
鈴与チーム
鈴与チーム ©S-PULSE
鈴与商事チーム
鈴与商事チーム ©S-PULSE
中日本バンリースチーム
中日本バンリースチーム ©S-PULSE
マリンパルチーム
マリンパルチーム ©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース