清水エスパルスロゴ

ニュース

【イベントレポート】9月6日(日)『Share Field』を開催≪SDF藤枝≫

【イベントレポート】9月6日(日)『Share Field』を開催≪SDF藤枝≫
©S-PULSE

■Share Field
日付:9月6日(日)
会場:エスパルスドリームフィールド藤枝
対象:藤枝エリア(藤枝・榛原・相良・島田・吉田)/小学1~6年生

9月6日(日)エスパルスドリームフィールド藤枝にて『Share Field(シェアフィールド)』を開催しました。
藤枝エリア(藤枝・榛原・相良・島田・吉田)のスクールに通う1年から6年とそのお友達18名が参加してくれました。
今回も自分たちでボールを蹴り始めて、学年・会場に関係なく仲間になって楽しく活動することができました。

本日の活動でコーチが驚かされたことの1つは、いつも参加してくれる選手に大きな変化を感じたことです。
キックに自信のある選手は遠くから強いシュートを打ちたがる傾向にあります。ある選手がよく遠目から無理やりにでもキックをしていたのですが、今日のプレーを観るとコースを狙ったり、味方を見つけるとシュートからパスに変更したりと強さに変化を与えるようになっていました。そういった成長を観ることができてとてもうれしく思いました。
また、試合をしながらプレーが変化していく選手もたくさんいました。特に左利きの選手が右サイドから内側に入り込んでシュートを決めたシーンは何度も失敗を繰り返したことからの成果でした。

この他にも6年生の選手が試合の際、一生懸命声をかけている姿がとても印象的でした。そのチームはなかなか得点が取れず苦労していましたが、みんなの頑張りで最後には点を取ることができ、チームを鼓舞する選手の重要性を学んでくれたでしょう。チームを支える力とは色々なところにあり得点を入れて目立つ選手も重要ですが、「縁の下の力持ち」になれる選手も大切です。

終了後に「今日のトレーニングで良かったことや出来るようになったことや発見したことなどありますか?」と聞いたところ、数人から手が上がり自分なりの納得を少しずつ感じてくれているようでした。参加者からは「何回もシュートを外したけど、最後は1点取れた!」、「遠くから狙ってシュートを決めれた!」とトライしての成功と失敗を話してくれました。

「Share Field」にご参加いただき、誠にありがとうございました。 エスパルスサッカースクールでは、今後もこのような活動を行ってまいります。皆様のご参加を心よりお待ちしております。




©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース