NEWSニュース

【イベントレポート】7月24日(土)『コーディネーションクリニック』を開催≪SDF清水≫

©︎︎︎S-PULSE

■コーディネーションクリニック
■7月24日(土)
■エスパルスドリームフィールド清水
■清水エリア(清水・静岡瀬名)静岡エリア(静岡)富士エリア(富士)/小学1年~3年


7/24(土)エスパルスドリームフィールド清水にて、「コーディネーションクリニック」を開催しました。今回は1年生~3年生の26名が参加してくれました。

コーディネーションとは、様々の状況を目や耳など五感で察知し、頭で判断し、身体をスムーズに動かす能力を言います。現在は、定位、変換、リズム、反応、バランス、連結、識別と7つの能力に分類されています。この能力をアップさせるために様々なメニューを行いました。

今回のウォーミングアップは、氷鬼です。鬼にタッチされたら氷になって動けなくなります。子ども達はボールを手で持ちながら逃げますが、氷になってしまった仲間を助ける為には、持っているボールで仲間の股にボールを通さないと助けられません。鬼に捕まらないように、でも仲間も助ける事もしなくてはなりません。子ども達はまわりを良く観ながら考えて動いていました。

アップの後は、ボールを使ってのトレーニングです。ボールを手でバウンドしながら動いたり、動きを入れながらボールを投げてキャッチしたり。同時に複数の動きが入るトレーニングをしました。最初は思うように身体が動かない子ども達でしたが、何度もチャレンジすると徐々にできるようになる子が多かったです。

次は、ステップワークと様々な動きを入れたトレーニングです。指定した順番でマーカーの間をステップワークで素早く動き、そしてダッシュ、その後コーンを連続ジャンプしてターンをして戻ってきます。考えながも、身体は素早く動かないといけないでので、はじめは戸惑ってしまう子も多かったですが、慣れてくると動作が素早くなり、動きもスムーズになってきました。

最後は、反応ダッシュゲームです。コーチの合図と同時に座っている子は逃げ、立って子は捕まえます。走るスピードよりも、素早く反応して身体を動かす事が必要になります。1、2回目は捕まってしまう子が多かったですが、何度もやるうちにコツをつかんで捕まらない子が増えてきました。

参加した子ども達が「はじめは難しい動きもあったけど、だんだんできるようになった!」保護者様からは「この短時間でも外から見ていて動きが良くなった気がします」との感想をいただきました。

ひと昔前の子ども達は「外遊び」で自然にコーディネーション能力を身につけていました。しかし、現在は自由に遊ぶ空間の減少、少子化で遊ぶ仲間の減少、遊べる時間の減少で、子ども達のとりまく環境が日々変化しています。このような社会環境の中でも、月1回ではありますが、このイベントを通して、自分の身体を自由自在に動かす能力を少しでも身につけてもらいたいと思います。ご参加いただいた子ども達、保護者の皆様ありがとうございました。

次回は9月19日(日)の予定です。皆様のご参加をお待ちしております。 

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

ニュース一覧

more

あなたにオススメのニュース