NEWSニュース

【イベントレポート】9月19日(日)『コーディネーションクリニック』を開催≪清水エリア≫

©︎︎︎S-PULSE

■コーディネーションクリニック

日付:9月19日(日)
対象:清水エリア(清水・静岡瀬名)スクール生/小学1~3年生


9/19(日)エスパルスドリームフィールド清水にて、「コーディネーションクリニック」を開催しました。今回は1年生~3年生の22名が参加してくれました。

コーディネーションとは、様々の状況を目や耳など五感で察知し、頭で判断し、身体をスムーズに動かす能力を言います。現在は、定位、変換、リズム、反応、バランス、連結、識別と7つの能力に分類されています。この能力をアップさせるために様々なメニューを行いました。

ウォーミングアップは、2人1組でボール当て鬼ごっこです。鬼はボールを下投げ転がして、逃げている人のひざ下の足に当てたら鬼が交代できます。当てる方は、相手の動きを予測して投げる事ができるか、逃げる方は走りながらもボールをよく見てジャンプしてかわさないといけません。子ども達は夢中になって何度も当てたり、ジャンプしてかわしたり、楽しい雰囲気でウォーミングアップができました。

ウォーミングアップの後は、ボールを使ってのトレーニングです。ボールを手でバウンドしながら動いたり、ボールを高く投げてキャッチしたり。同時に複数の動きが入るトレーニングをしました。いつもは足でボールを扱う事が多い子ども達なので、手でボールを扱う事に苦戦をしているようでしたが、コーチからのコツを聞き、徐々にできるようになってくる子が多かったです。

次は、ステップワークのトレーニングです。間隔が狭く置かれたコーンの間を素早く駆け抜けます。身体の力を抜いて、足を素早く動かさないといけません。初めは、コーンに足が当たってしまったり、細かいステップが難しい子もいましたが、繰り返しやる事で身体が動きを覚えてスムーズな動きができるようになってきました。

最後は、反応ダッシュゲームです。ジャンケンをして勝ったら逃げる、負けたら追いかけます。観て、考えて、素早く動き出せるかを楽しみながら鍛えます。途中からは、コーチがマーカーを上げて色を指定するバージョンや、ボール交換をしながら笛の合図でボールを持っている方が逃げる、持っていない方が追いかける、など様々な状況での反応ゲームをしました。何度もやる事で、動き出しのスピードが上がってきて、いい勝負が多かったです!

参加した子ども達が「繰り返しやってみると、できるようになった!」保護者様からは「継続して参加していますが、徐々に動きが良くなってきた感じがしています!」との感想をいただきました。

ひと昔前の子ども達は「外遊び」で自然にコーディネーション能力を身につけていました。しかし、現在は自由に遊ぶ空間の減少、少子化で遊ぶ仲間の減少、遊べる時間の減少で、子ども達のとりまく環境が日々変化しています。このような社会環境の中でも、月1回ではありますが、このイベントを通して、自分の身体を自由自在に動かす能力を少しでも身につけてもらいたいと思います。ご参加いただいた子ども達、保護者の皆様ありがとうございました。

次回は10月30日(土)の予定です。皆様のご参加をお待ちしております。


©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

©︎︎︎S-PULSE

©︎︎S-PULSE

ニュース一覧

more

あなたにオススメのニュース