清水エスパルスロゴ

ENGLISH

ニュース

【C大阪戦プレビュー】~連敗脱出はこの試合で。再び勢いを取り戻そう!~

【C大阪戦プレビュー】~連敗脱出はこの試合で。再び勢いを取り戻そう!~
©S-PULSE

エスパルスは中断後最初の黒星となった第20節鹿島戦から前節の川崎Fと2連敗中だ。中断明けからの「再」スタートダッシュが続いていたが、ここにきて勢いに陰りが見えている。

その前節は、エスパルスは序盤のピンチも六反勇治のファインセーブでしのぐと、5分に河井陽介のパスカットからボールをつないで、最後はドウグラスが強烈なシュートで先制。しかし、川崎Fの猛攻に遭い、32分には右クロスを小林悠に合わされて同点、さらに64分には阿部浩之のパスを小林が落として、大島僚太がゴール前に飛び込むという、川崎Fのコンビネーションの良さがなせるゴールで逆転負けとなった。

前回対戦で喫した0-3での敗戦よりは成長していることは明らかだ。しかし、この敗戦では、エスパルスとしては多くのものを失っている。エスパルスはそれまで続いていたホームの連勝が4で止まってしまった。さらに、先制した試合は7勝1分と無敗だったが、初めて黒星を喫した。さらに問題なのでは、中断期間でトレーニングを重ねたクロスからの守備が崩されてしまったことだ。同点にされたシーンは、ゴール前に選手がおらず、ファン ソッコが相手2人を見るという難しい状況を強いられていた。これでは防ぐのは難しくなるだろう。守備に対してはもう一度改める必要がある。また2失点といのも、中断明け最多の数字になる。チームの基盤となる守備の奮闘が、今節のカギになるだろう。今節で、悪い流れを止めたいところだ。

一方のC大阪。8日にスルガ銀行チャンピオンシップに出場。南米の強豪インディペンディエンテと対戦し、中3日で札幌と対戦している。C大阪は、札幌の3バックに対して、ミラーゲームで対応。スルガ銀行チャンピオンシップから続く3バックを採用している。序盤の6分に、丸橋祐介の右コーナーキックから、ニアでマテイ ヨニッチが頭で合わせて先制。しかし、その直後だった。左サイドから石川直樹が頭で折り返すと、このボールを受けたチャナティップがボールの下を叩いて落とすミドルシュートですぐに同点に追いついた。C大阪は、47分には高木俊幸が抜け出したが、GKのファインセーブに遭い、82分には木本恭生が前線に抜け出してシュートを放つがゴールの左。87分は、エリア外から山口蛍の強烈なミドルシュートを放ったが、ク ソンユンが弾き出した。

C大阪は、中断明けから7試合で5得点と、前線のタレントが揃う中では物足りない数字だろう。一方のエスパルスは5試合で7得点を決めている。攻撃陣の調子の良さには違いがあるかもしれない。

前回対戦はわずか1ヶ月前の7月18日、中断明け最初の試合だった。その試合を覚えている方も多いだろう。エスパルスはその1週間前に天皇杯3回戦甲府戦で敗れてしまった。不安な空気が漂っていただろう。それを吹き飛ばす試合になった。ファン ソッコの技ありシュートで幕を開け、北川航也、そしてクリスランが続いて3発完勝。そこからリーグ3連勝をしている。

前述のように、今は少しチームとして調子を落としているのかもしれない。しかし、相手は過去の対戦成績では4戦負け無しのC大阪だ。前回同様、ここの試合で勝利し、もう一度弾みを付ける試合をしたい。


 公式モバイルサイトでは、ヤン ヨンソン監督と選手の試合前日コメントを公開!! 


**********

2018明治安田生命J1リーグ 第22節   
8月15日(水)19:00キックオフ 

セレッソ大阪 vs 清水エスパルス
@ヤンマースタジアム長居

<放送>
DAZN

公式モバイルサイトでの『LIVEテキスト速報』でもお楽しみいただけます。 

**********

●エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら>>

ニュース一覧

あなたにオススメのニュース