清水エスパルスロゴ

ニュース

【仙台戦プレビュー】~J1リーグ通算400勝&1,300ゴールで今季アウェイ初勝利へ~

【仙台戦プレビュー】~J1リーグ通算400勝&1,300ゴールで今季アウェイ初勝利へ~
©S-PULSE

ルヴァンカップが終わったいま、あとはリーグに集中するしかない。

今節の3日前に、ルヴァンカップ グループステージ最終節、鹿島戦を戦った。18分に白崎凌兵のゴールで先制されるが、42分に宮本航汰のゴールで同点に追いつくと、54分にジュニオール ドゥトラのゴールが決まって逆転。しかし、81分、86分と試合時間が残り10分を切ったところから一気にゴールを奪われて2-3で敗れた。気持ちを切り替えて、リーグ第10節に臨む。

そのリーグ戦では、エスパルスは現在4戦負け無しとなっている。前節札幌戦は、45+4分に金子翔太のPKで先制したが、52分に鈴木武蔵に直接FKを決められて同点に。しかし、札幌の田中駿太が退場し、数的優位になったエスパルスが一気に攻勢に出ると、85分にヘナト アウグストのゴールで勝ち越し。さらに90+3分にカルリーニョス ジュニオがダメ押しゴールを決めて3-1で勝利している。

この試合は改めて外国籍選手の活躍が目立った試合でもあった。ゴールを決めたアウグスト、カルリーニョスのみならず、先制のきっかけになったPKはファン ソッコのクロスから、3点目はエウシーニョのスルーパスから生まれている。また、ヴァウドは3試合連続ゴールとはならなかったが、何度も相手のシュートをブロックするなど失点をフリーキックの1点に抑えた。ルヴァンカップで活躍したドゥトラ、ネト ヴォルピを加えた7選手のうち、どの5選手も選んでも活躍してくれるだろう。ピーター クラモフスキー監督にとっても、嬉しい悩みの種になっていることは間違いない。

一方の仙台はルヴァンカップ前節、C大阪と対戦。ターンオーバーで臨んだ仙台は、15分に柿谷曜一朗に自陣でボールを奪われ、そのまま豪快にゴールを決められて先制を許す。さらに、33分には柿谷のスルーパスに高木俊幸が抜け出し、GKもかわしてゴールに叩き込まれる。45分にもブルーノ メンンデスにゴールを決められ、前半だけで0-3。64分に長沢駿、関口訓充、77分に西村拓真を投入するが最後までゴールを割ることができずグループステージ敗退が決まった。

仙台のリーグ前節は神戸戦。22分に、蜂須賀孝治の折り返しがダンクレーの足に当たってオウンゴールで先制。72分に、左サイドを蜂須賀が強引に突破すると、マイナスのクロスに、この直前に交代出場したばかりの赤崎秀平が合わせて追加点。86分に、神戸の藤本憲明に1点返され、最後は押し込まれるがGKヤクブ スウォビィクが立ちはだかりリードを守り抜いて7試合ぶりの勝利を挙げた。

ここ数年、エスパルスはユアスタで勝利を収めることができていない。しかし、それも変えていかなければいけない時期に来ている。今季は、ここまでアウェイ4試合を戦い2分2敗。今季アウェイ初勝利は、この苦手を克服する試合にしたい。。

また、現在14位のエスパルスに対して、仙台は13位となっており、エスパルスとしては勝てば順位が入れ替わる。それだけでも勝利を目指すモチベーションになるが、それよりも大きなものがある。それは次の勝利で、93年のJリーグ開幕以来、クラブとして積み重ねてきたJ1での勝利数が400に到達する。加えて、次のゴールがクラブ通算1,300ゴールになる。つまり、今節はこの大記録を一気に達成することができるチャンスだ。未だ現地に行くことが出来ないサポーターのため、記録ずくめの勝利を見せたい。


**********

2020明治安田生命J1リーグ 第10節   
8月15日(土)18:00キックオフ 

ベガルタ仙台 vs. 清水エスパルス
@ユアテックスタジアム仙台

<放送>
DAZN

**********
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース