MATCH レポート

2020.8.22 SAT 18:03

明治安田生命J1リーグ 第12節 IAIスタジアム日本平

VS 横浜FC

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    2
    1 前半 2
    1 後半 1
    3
  • ロゴ:横浜FC

    AWAY

44’ 金子 翔太
90+3’ 竹内 涼
25’ 斉藤 光毅
45+1’ 皆川 佑介
50’ 松尾 佑介

ハイライト動画

準備中ですのでお待ちください。
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 竹内 涼
    前半の内容は良くなかった。自分たちの目指すものとは遠い内容だったので、そこを前半のうちに改善しきれなかったのが勝敗を分けるポイントになったと思う。

    (失点は)客観的に見ても軽い失点だったと思う。何でも無いところからの失点だったし、相手というより、自分たちに問題がある失点だった。逆にすぐに改善できる部分だと思うので、個人の問題、チームの問題、どちらの面からも、もう一度アプローチして改善しなければいけない。

    (個人として)苦しい時に(ハードワークを)やらなければいけないというのは、今までの経験でもそうだし、このチームを勝ちに持っていく、前半たとえ悪くても後半で巻き返しに行くためには、そういう姿勢も見せなければいけないと思った。声だけで何とかる問題ではないので、もっともっと自分自身できることもあるし、それに反応してくれる選手もたくさんいるので、そこはもっと信じてやっていきたい。

    (ゴールは)チャンスがたくさんあった中で、自分がもっとゴール前のクオリティを上げていれば、アシスト、ゴールが出来るシーンがあったので、もう少し早い時間にそれができていればというのはある。ただ、こういう試合を次につなげていかなければいけないので、そのためにも必要なゴールだったと思う。このサッカーをやっていく中で、中盤の得点を増やさないと、今日のような試合で勝ちに持っていくことができない。チームを助けるためにも、もっともっと得点力は必要だと思う。

    (守備では)相手も自分たちのプレスを分析して、良いところに選手が立っているシーンもたくさんあった。その中でも自分たちが、1回だけでなく2回、3回追わなければいけないし、プレスに行かなければいけないかった。その強度も上げなければいけないが、どうしても前半は1回で終わってしまったり、バラバラのタイミングで行くことが多かったので、そこは前半のうちに改善したかった部分だと思う。
    続きを読む
  • 金子 翔太
    中2日で、連戦の疲れは少なからず影響はあったが、立ち上がりから、前線からプレスに行くのか、少し(自陣に)引き込むのかというところで、少し後手に回ってしまった。前から行くというコンセプトも、横浜FCのボランチ2枚のところで上手く回されて外されたところでゲームを狂わされた。失点もイージーなところが多かったし、あとはラインの調整という部分は見直さなければいけないと思う。

    (ゴールは)ファーサイドに味方の選手がいたので、キーパーが弾いたところに、最悪でも味方が詰められるような低い弾道のシュートを狙った。上手くキーパーの股を抜けたのは想定外だったが、終了間際だったし、思い切り振り切ったのが良かったと思う。

    それでも、得点後の2失点目は、非常にもったいない。あのまま1-1で折り返していたら、自分たちのゲームになっていたと思うので、あの失点は痛かった。

    ただ、システムの不具合はあると思うが、自分たちは後半にギアを上げて、数多くのチャンスを作り出したし、「決めていれば」というシーンが5つほどあった。個人的にも1点だけではなく、2点、3点を取るチャンスがあった。チームとしてもチャンスの数は多かったので、90分を通してみたら自分たちのゲームだったと思う。
    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ピーター クラモフスキー 監督
残念な結果になってしまったと思う。前半の入りで、あまり良いパフォーマンスが出せなかったが、(前半の)終盤に入って自分たちの戦いができて、何とか追いつくことができた。後半にも良いチャンスが作れていて、選手たちは良く戦い続けてくれた点は良かったと思う。良いチャンスは出来ていたと思うが、チャンスを決め切って、結果を自分たちの方にもたらせるようにしたい。

――守備を立て直すにはどうすれば良いか?

守備の形のところや、原則は自分たちがこれまでやってきたものがある。ただ、今日はポジショニングを外してしまうところがあった。そこは改善しなければいけない。失点は残念だが、自分たちが得点するのと同じくらい、守備にも熱を持ってやっているので、これからも無失点にこだわってやっていきたい。選手たちのメンタリティは素晴らしかったし、自分たちのサッカーをこのまま作っていきたいと思う。

――3失点目は体力的な問題もあったか?

(3失点目は)1対1でかわされたところもあったが、守備の形はできているところもあった。そこはしっかり改善できればと思う。
バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞