MATCH レポート

2020.11.25 WED 19:03

明治安田生命J1リーグ 第29節 ニッパツ三ツ沢球技場

VS 横浜FC

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    3
    3 前半 0
    0 後半 1
    1
  • ロゴ:横浜FC

    HOME

5’ 金子 翔太
6’ ジュニオール ドゥトラ
38’ 竹内 涼
56’ 瀬古 樹

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】11月25日 明治安田生命J1リーグ 第29節 vs 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「ダメ押し弾はキャプテン竹内。華麗なパス回しで相手にボールを触らせずにボールはゴールに吸い込まれた~!!」11.25 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「電光石火の追加点はドゥトラの左足。相手のボールを自ら奪取し、ゴール左隅に綺麗に決めた!!」11.25 横浜FC @ニッパツ
【ピックアップクリップ】「金子がチームに勢いをつける先制弾。鈴木からのグラウンダークロスを右足で合わせる!!」11.25 横浜FC @ニッパツ
【ORANGE BEAT】ファン ソッコ選手
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 金子 翔太
    鈴木唯人選手のドリブルは試合を通して脅威になっていたと思う。そのなかで、(先制点の場面は)彼があそこまでドリブルでえぐってくれて、非常に良いアシストをしてくれた。自分は逆サイドから中央の良いところに上手く入ることができたので、彼のお膳立てが素晴らしかったと思う。前回対戦でもそうだし、J2時代でもこのスタジアムでゴールを決めているので、相性の良さはあるかもしれない。

    前節札幌戦は非常に悔しい負け方をしたので、チームとして「まずは守備から」というところを平岡監督も言っていたので、まず自分たちの「良い守備から良い攻撃」という、その良い部分を今節の立ち上がりから出せたと思う。

    ただ、3点を取ったという心理的なところもあったと思うが、後半の戦い方は、かなり反省をしなければいけない。多くの時間、相手にボールを持たれていたし、ボールを奪った後も、全くボールをつなぐことができず、相手に渡してしまうというシーンもかなり多く、スコアは3-0だったのにも関わらず冷静さを出せなかった。この後半の45分はしっかりと振り返ってチームに持って帰らないといけない。今日は3-0で折り返せたが、スコアレスだったり、ビハインドでこのような展開になってしまったら、勝ち点3を取るのは非常に難しくなる。
    続きを読む
  • ジュニオール ドゥトラ
    (ゴールのシーンは)横浜FCの選手がボール持っていた時に、自分たちは守備に集中していたし、ボールが縦に入った瞬間に取れると思って、切り替えて上手くボールを奪うことができた。そのあと上手く入って良かったと思う。

    久しぶりの出場になったが、自分の頭の中では腐らず、諦めず練習をしようということしか考えていなかった。もちろん簡単ではなかった。練習で頑張っていてもメンバーに入らないことが多く、悲しかったところもある。ただ頑張ればチャンスはいつか来ると信じていて、チャンスが来た時に、必ずものにしようという思いで試合に入った。そして思った通りに、チャンスをものにすることができて良かったと思うし、これから最終戦まで、練習から頑張って、今日のようにチャンスがあった時に必ずものにできるようにしたい。
    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
平岡宏章 監督
今回、中3日ということで選手を代えたが、私が監督になってからも腐らずやってくれる選手たちが試合に飢えていたので、「何かやってくれるんじゃないか」というところで、その期待に応えてくれたことに感謝している。前半の内容としては、立ち上がり5分、6分に先制点と追加点が奪えたこと、そこは非常に良かった。さらにダメ押しの3点目が取れたこと(が良かった)。前半は「守るところは守る」という部分を徹底しながら、パーフェクトに近い出来だったと思う。後半は、相手がメンバーを代えながら勢いが出てきたので、それに対して受け身になってしまい、失点をしてしまったところがある。ただ、その後も焦ることなく、自分たちのサッカーをしながらやれたことは評価できると思う。強いて言えば、後半奪ったボールを、また相手ボールにしてしまっている。そこでもう一つ頑張ってつなぐ、最後まで攻撃をやりきる、そしてもう一回守備に入ること。そこが後半にできていたら、私が監督になってからパーフェクトな試合になったと思う。

――監督が就任してからチーム内に緊張感や、競争力が高まったと感じるが?

前節は大敗してしまったが、ボールや出どころの寄せ、オーガナイズのところができておらず、そういった緩みなど、ちょっとしたところでやられていたので、そこをみんなで気を引き締めてやろうと言ってきた。試合に出られる選手、出られない選手がいると思うが、日々のトレーニングでしっかりアピールしながらやってくれているので、誰が出ても良いような準備をしてきた。

――前節の札幌戦で「寄せの甘さ」を改善ポイントに挙げていたが、全体を見て、その点はどうだったか?

当然、相手があってのことなので、相手も研究をしてきて、立ち位置などを工夫しながら私たちのブロックをかいくぐろうとしてピンチは何回かあった。でも、最後のところで今日は立田(悠悟)、ヴァウド、キーパーの(大久保)択生がしっかりと締めてくれたと思う。

――次節への意気込みについて

今日出た選手たちが活躍してくれたことで、私自身すごく良い悩みになったので、しっかりと出た選手はリカバリーをして、(清水に)残っている選手たちとまた明後日からトレーニングをして、良い準備をして湘南戦に勝ちたいと思う。
バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞