MATCH レポート

2020.11.29 SUN 14:03

明治安田生命J1リーグ 第30節 IAIスタジアム日本平

VS 湘南ベルマーレ

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    1
    0 前半 0
    1 後半 1
    1
  • ロゴ:湘南ベルマーレ

    AWAY

64’ カルリーニョス ジュニオ
59’ 中川 寛斗

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】11月29日 明治安田生命J1リーグ 第30節 vs 湘南ベルマーレ @アイスタ
【ピックアップクリップ】「エウシーニョからのパスをカルリーニョスがダイレクトシュート。今季9得点目は試合を振り出しに戻す貴重な同点弾!!」11.29 湘南ベルマーレ @アイスタ
【ピックアップクリップ】「失点のピンチに大久保がスーパーファインセーブ。枠内に飛んだ強烈シュートを横っ飛びで弾き返した!!」11.29 湘南ベルマーレ @アイスタ
【ピックアップクリップ】「後藤が相手DFの股下を抜いたシュート。GKの反応が遅れたが、ボールは惜しくもポストへ!!」11.29 湘南ベルマーレ @アイスタ
【ORANGE BEAT】竹内 涼 選手
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • カルリーニョス ジュニオ
    得点はサイド攻撃からだったが、エウシーニョ選手が良い仕掛けをして自分にボールを出してくれたので、ダイレクトに打った。フィニッシュも良くできたし、ディフェンスに当たったが入って良かったと思う。(二桁得点は)自分にとって大事なことだと思うし、二桁に近づくことができたのは良かった。どの大会であっても二桁ゴールを狙っているし、加入会見で「目標は言えない」と言っていたが、一つの目標は二桁ゴールだった。でも、また目標に向かって頑張っていきたい。

    前半は自分たちのリズムではなくて、湘南のリズムだった。自分たちの強度も低く、相手のゲームになっていたのは改善しなければいけないし、ホームなのに自分たちのリズムでサッカーができなかったことは反省しなければいけない。後半は自分たちの強度が上がって、それと同時にチャンスが何度か作れたし、得点を決めて逆転をするチャンスはあったが、最終的に勝ち点1で終わったのは良かったと思う。

    勝ちたい気持ちは、選手たち、スタッフ、サポーターも強かったが、勝ち切るために必要なのは落ち着きが大事だと思う。そこが少し足りなかったので、そこを改善したい。
    続きを読む
  • 大久保 択生
    今日の試合は、勝ち切りたかったというのが正直なところだった。先制されてすぐに追いついて、最後はみんなが勢いを持ってプレーできたのは良かったと思うが、ホームでこういう試合を勝ちきらないと上の順位にはいけないと痛感した。

    前節の入りは良くて、(今節は)メンバーも代わったが上手く入れるかと思っていたが、ボールにも行けず、動きも少なくて、ふわっと入ったというか、少し緩かったと思う。(失点は)自分のセーブのあとだったので、それを無駄にしたくなかった。そのあとは失点もしやすいが、チームも勢いに乗りやすい。だから、どうしても守りたかったが、ボールがファーに流れて、折返しを詰められてしまった。シュートを打たれる選手に対して守備陣が誰も行けていなかったし、自分自身ももう少し早くボールにアタックできれば良かったと思う。

    監督も代わって少しずつ結果が出てきたことが自分たちの自信になっている。残り4試合だが、少しでも上の順位に行けるように頑張りたい。
    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
平岡宏章 監督
前半、立ち上がりに自分たちが重かったのか、相手に勢いがあったのか分からないが、思ったようなプランで試合が進まなかった。ただ、そのなかでも(失点)ゼロで折り返して、「さぁここから」という時に失点をしてしまった。それ以降は、自分たちの狙いを持ったサッカーができていたと思うが、最後の質というか、決めきるチャンスも何度かあったので、そこで仕留めて、試合に勝てるようになっていかないと上には行けないと思っている。

――リズムやテンポが上がらなかったり、エンジンがかかるのが遅かったと思うが、要因はどこにあるか?

相手はロングボールが多かったので、それで間延びしてしまったところが少しあって、セカンドボールが回収できていなかった。それによって相手のリズムになってしまい、攻守においての距離感が悪くなってしまった。

――川本梨誉が途中出場、途中交代だったが?

彼には最初から「イン・アウトする可能性が非常に高い」ということを言っていて、出た時には思い切って、彼の良さである背後に抜ける動きで相手を引っ張って欲しいと思っていた。(鈴木)唯人と同時に出て、流れが変わったと思う。(川本選手の内容は)良かったと思うが、最後の精度や質というか、そのクオリティは彼の課題、そこを上げていけるように頑張ってもらいたいと思う。ただ、今日に関しては意図的に相手のラインを下げさせる、崩すことはできていたので、良かったと思う。
バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞