清水エスパルスロゴ

ニュース

DAZN

【キャンプレポート】2/2(土)練習レポート

【キャンプレポート】2/2(土)練習レポート
©S-PULSE

3日目は2部練習の予定だったが、練習試合前ということで1部練習に変更となった。練習前には、清水銀行の望月文人専務取締役、後藤純一東京事務所長が激励訪問にお越しいただき、監督、選手、スタッフと記念撮影が行われた。

フィールドプレーヤーはウォーミングアップからスタートしたが、その間に行われたGKトレーニングは一風変わったメニューがあった。それはクロスボールの練習だった。ペイトンコーチがゴール前に立っており、いくつかのマーカーを手に持っている。サイドからボールが蹴られる直前、またはボールが出ている時に、ペイトンコーチはその中から1つのマーカーを掲げる。マーカーはそれぞれ違う色になっており、GKは飛んで来るボールに注意をしながらも、ペイントンコーチが「何色」を挙げたのかをコールしなければならない。ボールを見ながらゴール前の状況も瞬時に判断するという、ゲーム性を取り入れた実戦向きの練習となった。

フィールドプレーヤーのアップも完了し、フルコートの4分の1の大きさで6対6のミニゲーム、その後ゴールを片面に2つずつ並べて、ハーフコートで10対10のゲームが行われた。そのゲームでは右サイドからのクロスをゴール正面の位置から六平光成が技ありループを決めて赤が先制すると、直後には白チーム立田悠悟のミドルシュートが突き刺さる。これには「ユウゴ、スバラシイ!」と監督が思わず唸った。その後、白チームは金子翔太、石毛秀樹、鄭大世らがゴールを決めると、その度に監督から「ウェルダン!」の声が上がった。続いて両サイド、ゴール横にフリーマンを置いて6対6。滝裕太のミドルシュートが決まるなど、ここまで攻撃陣は一様に調子が良さそうだった。

最後にセットプレーの練習、ここで事件が起こった。不甲斐ない守備陣に対して篠田善之コーチからカミナリ。しかし、そのピッチに響く声が、緩んでいた空気を引き締めた。雰囲気が一変し、最後まで集中してセットプレー練習をこなすことになった。

明日は、このキャンプ初の練習試合となる山形戦。ヤン ヨンソン監督は、
「攻守において、自分たちが求めるサッカーを全員が理解することが大事。特に守備面では堅固なディフェンスをしていかなければいけない」
と意気込みを話した。

※その他写真は、ページ最下部をご覧ください。

・2/2(土)の記事はこちらから

========================================
公式モバイルサイトでは、キャンプ期間中、オリジナルコンテンツを続々配信中!!
エスパルスのキャンプ情報はモバイルサイトでお楽しみください♪

【キャンプコンテンツ】

薩摩日記
三保日記の薩摩篇。選手達の素顔に迫ります!
選手フォトギャラリー
モバイルサイトオリジナル!キャンプ中の選手の表情を余さずお届け!!
エスパルグラム
写メはもう古い!?ということで名前も一新!若手選手達がキャンプ中のオフショット写真を激写しまくり!
蔵出しキャンプフォト
最終日公開!!普段見れない選手の顔が盛りだくさんの蔵出しキャンプフォト!


●【PCで閲覧の方』
エスパルス公式モバイルサイトへのアクセス方法はこちら


●【スマホで閲覧の方』
2019鹿児島キャンプ特集モバイルサイトはこちら

●【ガラケーで閲覧の方』
2019鹿児島キャンプ特集モバイルサイトはこちら

========================================
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース