清水エスパルスロゴ

ニュース

DAZN

【ノリエガ エリック選手 来季新加入内定記者会見】会見レポート

【ノリエガ エリック選手 来季新加入内定記者会見】会見レポート
©S-PULSE

本日、三保クラブハウスにてノリエガ エリック選手の来季トップチームへの新加入内定記者会見を行いました。
コメントは以下の通りです。


■内藤直樹強化部長
エリック選手の(ポジション)表記はMFになっていますが、今季途中からDFにコンバートされて、そこでメキメキと頭角を現しました。これまでトップにかなりの回数、練習参加しました。その中でプレミアリーグや選抜等で試合を視察しました。やはりボールを奪うアグレッシブなディフェンス、またプレミアリーグでも5得点を取っており、コーナーキックからヘディングで点が取れることは大きなストロングポイントとなりますし、まだ18歳で伸びしろも期待でき、トップで育てていきたいということで今回の加入になりました。これで終わりではなく、スタートラインなので、切磋琢磨してエスパルスのDFの軸に成長してもらいたいと考えております。

■ノリエガ エリック選手
ノリエガ エリックです。ペルーから来ました。ポジションはセンターバックとボランチです。よろしくお願いします。エスパルスは少し失点が多いですが、少なくなるように頑張りたいですし、1年目からメンバーに入るように頑張りたいです。


――トップ昇格が決まった今の気持ちは?

本当に嬉しいです。トップでやれるチャンスはみんなが貰えるわけではないので、このチャンスをモノにして、しっかり頑張っていきたいです。


――自分がアピールしていきたい武器は?

まずはセンターバックの仕事は失点をゼロでいけたら1番ですが、全部の試合は難しいので、失点は少なくしたいです。


――CBながら得点にも期待できると思うが

自分の武器として持っているので、トップでも上手く決めたい。最初から(試合に)出られないかもしれないですが、上手く武器を使って出られるように頑張りたいです。


――目標としている選手は?

リバプールFCのファン・ダイク選手です。ビデオとか見ていますが、上手くなりたいです。


――将来的な自分の目標は?

海外へ行けたらいいですが、まずはエスパルスで良いプレーをしたいです。ペルー人なのでペルー代表に向けて頑張りたいです。


――ユースとしての目標は?

プレミアリーグで3試合残っています。今年は良い選手がいても上手くいっていないですが、あと3試合、絶対に勝って終わりたいです。


――(平岡宏章監督)センターバックにコンバートした理由は?

一つは彼自身が試合に出たい、プロになりたいという覚悟、その想いがそのようなポジションになったと思います。もう一つは技術的には高いので、トップもそうですが、後ろからボールをしっかり繋いでというのがチームのスタイルで、そういうことが彼にはできるので貢献できたらなと思います。ただ今ではFWで出たら、それなりのプレーができると思います。


――(平岡宏章ユース監督)(ユース出身先輩の)立田悠悟選手との共通点は?

足元の技術が高いところとヘディングが強いというところが共通点。立田は泣き上戸ですが(笑)、(エリックは)メンタルが強い。熱い想いというかパッションを凄く持っている選手なので、それが彼の一番の良さかなと思います。言葉は片言ですが、ボディランゲージ含め、チームを統率して何とかしようというデフェンスリーダーになり得る存在だと思います。


――(内藤直樹強化部長・平岡宏章ユース監督)2人ともエスパルスでプロで活躍したが、エリックにアドバイスするとしたら?

(内藤)やはり結果が全てで、DFというのは1試合ではなかなか(結果を出すのは難しい)。積み上げていく努力のできる選手であって欲しいと思います。DFはそういうことが結果になって、自分のキャリアになっていくと思います。

(平岡)監督やチームメイトに信頼されることが一番だし、そのためには日々の練習から継続して信頼を得られるようにやっていくこと。それで結果を出してサポーターやスポンサーの方々にこいつは凄いと思われるような選手になってもらいたいと思っています。またセンターバックをやって1年しか経っていないことあり、彼には伸びしろしかないと思っています。それを積み上げていって信頼を得て、エスパルスの中心の選手になってもらいたいし、なれる素材だと思っています。


――ユースの中で川本梨誉選手と2人だけ昇格したが、仲間たちに対する想いは?

梨誉と自分だけ上がりましたが、今年の3年生には良い選手がいます。昨日(チームメイトにトップで)待っていると話をしました。大学で頑張って4年間後に(エスパルスに)戻ることが十分できると思います。


――日本語はどのように覚えたか?

(高校)1年生で寮に入って、日本人しかいなく日本語しか喋れないので、少しずつ覚えました。

(平岡)また、彼が通っている学校で先生たちがサポートしてくれました。

 

内藤直樹強化部長、平岡宏章ユース監督とのフォトセッション
内藤直樹強化部長、平岡宏章ユース監督とのフォトセッション ©S-PULSE
インタビューの様子
インタビューの様子 ©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース