清水エスパルスロゴ

ニュース

DAZN

【新チーム始動レポート】 2020シーズンスタート

【新チーム始動レポート】 2020シーズンスタート
©S-PULSE

山室晋也新社長、大熊清新ゼネラルマネージャー、そしてピーター クラモフスキー新監督を迎え、新生エスパルスが本日スタートしました。

トレーニングに先立ち、選手・コーチングスタッフ・チームスタッフが一堂に会してミーティングが行われました。山室社長、大熊GMの挨拶から始まり、大榎強化部長より新加入スタッフ、選手、そして期限続き移籍から復帰した選手が紹介されました。
最後にクラモフスキー監督が挨拶を行い、全員でグラウンドに向かい、トレーニングを開始。

2020シーズン初日のトレーニングは、ランニングの後、体幹トレーニングからスタート。その後、ボールを使ってパスやコントロールといった基本的なメニューをこなした後は、Yo-Yoテストを実施してコンディションチェックをおこないました。


≪コメント≫

◆山室晋也代表取締役社長
前職はプロ野球関係の仕事やっており、種目は違いますが、同じプロスポーツということでみんなと一緒に頂点を目指していきたいと思います。
皆さんにお願いしたいのは、プロとしてお金を稼いでいるので、プロ選手としての意識を持ってもらいたい。フィールドで活躍するのは当たり前で、死に物狂いでやらなくてはいけない。やはりファンや支えてくれている人への感謝を忘れてしまってはプロとは言えない。多くの子供や多くの人たちが皆さんを目標としていますので、人格としても将来あのような人や選手になりたいというヒーローでなくてはいけないと思いますので、ぜひお願いしたいと思います。
また、静岡学園が優勝しましたが、サッカー王国静岡復活のためにも、やはりこのチームが優勝しなくてはいけないと思います。スポーツは勝たないといけない。勝利に貪欲に、何が何でも勝つんだという意識を持ってやっていきましょう。
ラグビーでONE TEAMという言葉は元々言われてきています。結束して一つの目標に向かって行くと、最大の力を発揮すると思います。今回、社長、GM、監督が代わり、「RE-FRAME」ゼロからのスタートになりますので、強いチームを一緒になって作っていきたいと思います。


◆大熊清ゼネラルマネージャー
清水エスパルスの基本理念があります。地域の子供たちに夢と感動を誇りを与えるという大きな使命がありますので、オンザピッチだけでなく実行していってもらいたいと思います。その中で会社全体が一つの方向に向くことが大事だと思います。二つ目にどういう行動で、精神的にどこに立ち返るかを話し合いました。選手である前に人として、自分で考えて、自分でエスパルスを良くするという行動と協調、競争ができる集団になってもらいたい。11人しかピッチに出られないけど、強いチームは11人以外も言動や姿勢が一つの方向に向いている。チームは11人の集団ではないので、大人の集団として、ぜひみんなの力でACL、タイトルを、簡単ではないけどそこに向かって1日1日を大切にやっていってもらいたい。
サッカーの本質の全員で守備をやって球際、切り替えをやろうとずっと言ってきている。全力を出してそれをベースに監督のやるべきサッカーをぜひ築き上げていってもらいたいと思います。


◆ピーター クラモフスキー監督
オハオウゴザイマス
4週間前、私はトロフィーを掲げて、キスして写真を撮っていました。その1週間後、ここに来ると私は決断しました。それには理由があります。このクラブは誇りを持てるクラブです。このクラブはこの国で特別なサッカークラブです。そして、このメンバーには才能があり、経験もある。自分はワクワクする。ハードワークと才能と経験により何でも達成することができる。
12か月間前、このようなミーティングで私も選手もお互いに知らない中で自己紹介した。その初日に言ったことは、ここにトロフィーを取りにきたと。そして2年後、そのクラブでトロフィーを掲げた。また今日、みんなにそれを言う。ここのクラブのためにトロフィーを取りにきた。それをみんなで一緒にやる。それをやる強いメンタリティーを持たなければならない。私もコーチングスタッフも毎日良くしていく。そのために厳しくやっていく。それが優勝するメンタリティーだ。毎日チャンピオンのように練習しよう。自分たちがボールを持てるように。失ったらなるべく早く奪い返す。それをするためには毎日ハードワークしなくてはいけない。去年チャンピオンになったチームは走行距離もスプリントも得点もポゼッションも全てが高かった。彼らよりも我々はワードワークしていく。それを今日からスタートしよう。サア、イコウ!

©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
©S-PULSE
ニュース一覧

あなたにオススメのニュース