MATCH レポート

2020.11.14 SAT 14:03

明治安田生命J1リーグ 第27節 IAIスタジアム日本平

VS セレッソ大阪

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    3
    0 前半 0
    3 後半 1
    1
  • ロゴ:セレッソ大阪

    AWAY

49’ ヘナト アウグスト
86’ 中村 慶太
90+4’ カルリーニョス ジュニオ
67’ 清武 弘嗣

ハイライト動画

準備中ですのでお待ちください。
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • ヘナト アウグスト
    ゴールはエウシーニョからボールをもらって、(西澤)健太にボールを出そうとした時に、ボールが浮いた。でも、ボールが上手く自分のところに返ってきて、カルリーニョスにパスをして、またボールが戻ってきた。そこからは競り合いになったが、自分のパワーを使って、何とかして相手を抜こうとした結果、最終的に上手くキーパーを抜くことができた。最後は、ああいう形になったが、決めることができて非常に嬉しい。相手選手からも「おめでとう」「ナイスゴール」と言われたのも嬉しい。

    今日の試合は、集中して上手くプレーできたと思う。でも、自分だけではなく、チーム全体として成長してきているので、内容も、結果も落ち着いてきている。みんなが最初から最後までハードワークをしていたが、もっともっと成長していきたいと思っているので、個人としてもチームとしてもまだまだ成長したい。
    続きを読む
  • 中村 慶太
    ゴールは上手くワンツーで中に入り込めて、最初(ファン)ソッコ選手が良いタイミング上がってきたので、そこに出そうとしたが、1回そのシーンがあったことで相手も外に引っ張られていた。思い切ってシュートを打ったら、良いコースに行って良かったと思う。

    前半は、相手が前からプレスをかけてくるなかで、サポートも消えていたし、前の推進力もなかったので、(交代で入って)とにかくボールに関わることと、前を向いたら推進力を持っていこうと思っていた。

    監督も口酸っぱく「戦う姿勢」ということを言っているので、1-1になっても下を向く選手はいなかったし、そこで良い意味で割り切ることができた。みんな焦らず今までやろうというところで、ワンチャンスをものにできた。一つの方向でできたことが、勝ち越すことができた一番の要因だと思う。

    なかなか勝てなくてピーター(クラモフスキー)監督に対して責任を感じているし、ボールをつないで保持するサッカーは好きだったので何とかして結果を残したかった。でも結果が出なくて、平岡監督に代わって、もう一度戦う部分や、選手たちの危機感や反骨心が今の結果に現れていると思う。2勝できているが、ここで甘えを出したら、またすぐ悪い方向に向かってしまう。課題も多いので、そこを克服して良いチームに仕上げていきたい。
    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
平岡宏章 監督
前半は少し相手に主導権を握られたような状態になってしまってズルズル引いてしまったが、後半からボールを動かせる選手を2人入れて、幸先よく先制点を取れた。その後、「中だるみ」というか、ズルズルと下がってしまったところもあったが、もう一度盛り返して、最後まで粘り強く戦うことによって、追加点、ダメ押し点が取れて、非常に良い形でできたと思う。

――ハータイムの修正点は?

奪ったボールを、またすぐ相手に奪い返されて、つなぐことができていなかったので、取ったボールをまず1本つなぐことを求めた。

――交代選手が得点に絡んだり、途中出場の選手の評価は?

今日出た全員が素晴らしいプレーをしてくれたし、出なかった(大久保)択生、河井(陽介)に関してもよくサポートしてくれた。

――中10日で取り組んだことは?

特効薬はないので、今までやってきたことを継承しながら、攻守でやることを明確化させた。

――今日の評価は?

守備のところは選手たちも手応えを感じていたので、そこはよくやってくれたと思うが、ビルドアップのところで立ち位置を明確にしすぎた。もっと流動的にやっても良いところも、前半は迷ってしまって上手くいかなかった。

――初の2連勝、上位に勝ったことでチームにもたらす影響は?

勝つことは簡単ではないので、選手が頑張ることによって連勝することができたと思う。それによって自信をつけて、ワンランク上のサッカーを目指せるように、さらに連勝を続けられるように、また明日から良い準備していきたい。
バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:WONDERプレーヤー賞