MATCH レポート

2022.5.14 SAT 14:03

明治安田生命J1リーグ 第13節 サンガスタジアム by KYOCERA

VS 京都サンガF.C.

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    0
    0 前半 0
    0 後半 0
    0
  • ロゴ:京都サンガF.C.

    HOME

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】5月14日 明治安田生命J1リーグ 第13節 vs 京都サンガF.C. @サンガS
【ピックアップクリップ】「試合開始早々宮本航汰が鈴木唯人とのワンツーからシュート。強烈なシュートは、GKの真正面に飛び弾かれた!!」5.14 京都サンガF.C. @サンガS
【ピックアップクリップ】「カルリーニョスジュニオの落としたボールをチアゴサンタナがシュート。強烈なシュートはDFのブロックにあい、ゴール右に弾かれた!!」5.14 京都サンガF.C. @サンガS
【ピックアップクリップ】「これぞチームのキャプテン。守護神・権田修一。最後の砦が後半ATの絶対的ピンチでスーパーセーブを発動させた!!」5.14 京都サンガF.C. @サンガS
【ピックアップクリップ】「試合終了直前。パスを受けた神谷優太のミドルシュート。右サイドギリギリを狙うが、GKにキャッチされる!!」5.14 京都サンガF.C. @サンガS
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 権田 修一

    京都は曺(貴裁)監督ということで、たくさんの選手が攻撃に関わってきて、ピンチが増えることを想定していた。逆にアグレッシブなサッカーをしてくるので、自分たちにチャンスが来る可能性もあるんじゃないかとも思っていた。自分たちの方がチャンスらしいチャンスはあったかもしれないが、ただピンチになった場面では、相手がボールを持っている選手を追い越したり、ペナルティエリアの中で数的優位を作るというところまで入ってきていたので、そこは脅威を感じていた。


    相手のセンターバック2枚ともヘディングが強く、そこを避けた状態で無理やりヘディングで枠に飛ばすというのが多かったので、自分たちの決定機というところは正直無かったと思う。ただ、そういう意味では自分たちのセンターバック2枚は体を張って守ってくれたので、そこには感謝したい。ただ、チームとしては前線の選手が点を取れず悔しそうだった。次のルヴァンカップ広島戦は、勝ち点3を取る以外に突破の可能性はないので、みんな奮起してやってくれると思う。


    エスパルスは、今シーズン全員で攻撃をして、全員で守備をすることを大事にしているが、その中で宮本航汰があれだけハードワークをして、守備にもチャンスにも顔を出していた。縦横無尽に走ってくれる選手が「いる」と「いない」では全然違う。スタートから出ていたホナウド選手にしても、ボールを奪取する能力に関してはJリーグでもトップクラスだと思う。そういう選手がエスパルスの中心で支えてくれている。前線のチアゴ(サンタナ)選手も鈴木唯人選手も走って守備をしてくれたし、両サイドの2人もそう。カルリーニョス(ジュニオ)選手は久しぶりに試合に出たが、オーバーワークじゃないかというくらい走ってくれていた。そこはチームみんなでやっている成果だと思う。


    最後の1対1は、結果的に止めることができたが、(立田)悠悟がギリギリまで待って、縦に行かせて、限りなくコースが少ない状況を作ってくれた。2対1の状況で、そこから折り返しがあったらノーチャンスだったので、そういう意味では止められて良かったと思う。




    続きを読む
  • 宮本 航汰

    お互いチャンスがあった中で、決めきれなかったのがこの結果になったと感じている。自分の中で前半は決められるシーンで決められなかったというところはあったし、後ろはゼロに抑えてくれたので、勝ち点3を取るにはゴールを取らないといけないと感じた。


    チームとして連動した守備を意識していたので、前がスイッチを入れてくれたなら、後ろも付いていかなければいけないが、前半はそうしたシーンが多く出せたからチャンスも多く生まれたと思う。逆に、上手くはまらないときは相手に剥がされるところもあったので、そうしたときにもセットして守備をすることも大事。今日はできていたと思うので、引き続きやっていかなければいけない。


    今日はホナウドが球際で強く潰してくれていたので、相手にとってはかなり嫌だったと思うし、自分にとっては非常にやりやすかった。チームとしても、そこでボールが奪えて、攻撃につなげられるというのは大きいことだと感じた。


    勝ち点3を奪えなかったのは残念だし、ここからまたルヴァンカップを含めた連戦が始まるので、すぐに切り替えてやりたい。




    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
平岡 宏章 監督

京都はアグレッシブに来るチームで、それを上回るハイプレスとアグレッシブさで挑んでいこうと試合に送り込んだ。開始から多くのチャンスを作って、得点を奪うチャンスもあったと思うが、最後のところで仕留めきれなかった。それが結果的に後半、相手にチャンスを作らせてしまったところもあったと思うし、結果に関しては残念な気持ち。


――前半の守備についてはどうだったか?


相手の攻撃の中心選手をしっかり抑えて、そこをまず簡単にやらせないこと。そこから逆算したときに、どこからボールが出るのかというところは、最初は抑えられていたと思う。途中で相手も立ち位置を変えたりしながら中間ポジションを取って、ギャップを上手く使われたときもあったが、最後のところでノリ(鈴木義宜)、立田(悠悟)、権田(修一)が粘り強くできたと思う。


――後半に押し込まれたのはどのような要因があるか?


色々な要因があると思うが、相手が修正してきたことと、自分たちがハイペースで行ったので、そこで休んだわけではないが、相手に主導権を握られたところはあったかもしれない。途中から神谷(優太)、オ セフンが入って盛り返したと思っている。


――攻撃面の狙いは、ショートカウンターだったか?


それもあるし、相手のハイラインの背後を突いていくこと。特にカルリーニョス(ジュニオ)が右サイドをやっていたが、そこで上手く起点になりながらクロスからのチャンスがあったと思う。ただ、そのクロスの入り方の質を高めていく必要があると感じた。


――滝(裕太)選手をサイドバックで起用した狙いは?


山原(怜音)が足をつったので難しいということもあった。滝はここ数週間、トレーニングやエリートリーグで、サイドバックを試しながら非常に良い出来を見せていたので、思いきって使った。


――途中から入った選手の出来は?


気持ちが入っていて、「取りに行くぞ」という気持ちは見えたと思う。それはミーティングでも彼らに求めていることで、大事だと思っているが、そういうときの冷静さも必要だと思った。


――この試合の収穫は?


相手を上回るアグレッシブさで最初から行けたことは収穫だと思う。













バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞