MATCH レポート

2023.2.18 SAT 14:03

明治安田生命J2リーグ 第1節 IAIスタジアム日本平

11:30開場

VS 水戸ホーリーホック

  • ロゴ:清水エスパルス

    HOME

  • 試合終了
    0
    0 前半 0
    0 後半 0
    0
  • ロゴ:水戸ホーリーホック

    AWAY

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】2月18日 明治安田生命J2リーグ 第1節 vs 水戸ホーリーホック @アイスタ
【ピックアップクリップ】「今シーズンのチームファーストシュートは北川航也の右足」2.18 水戸ホーリーホック @アイスタ
【ピックアップクリップ】「好セーブ!守護神 権田修一」2.18 水戸ホーリーホック @アイスタ
【ピックアップクリップ】「直接狙った山原怜音のフリーキックはクロスバーを直撃」2.18 水戸ホーリーホック @アイスタ
【ピックアップクリップ】「ベンジャミンコロリの強烈シュートのこぼれ球に西澤健太が反応」2.18 水戸ホーリーホック @アイスタ
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • 鈴木 義宜

    勝つチャンスもあったし、どっちにも転んでもおかしくない試合だったと思う。そこは内容も含めて、次にしっかりと修正してやっていきたいと思う。


    前半からもっともっとボールを握りたかったし、前からプレスに行きたかったというのはある。攻撃でもボールを握ってはいるがバックパスに対しての動きの精度だったり、全員がもっとボールを受けるということを本番の試合でやっていかないと、ボールの保持はできないし、そこからの前進の数は少なくなる。そこの精度は上げていかなければいけない。


    ただ、決定機は数多く作ったので、そこはポジティブに考えたい。決して悪い内容でもなかったし、悪い結果でもない。悲観することなくJ2の長いシーズンの中で、この勝ち点1で優勝が決まるかもしれないし、長い目で自分たちのサッカーを作り上げていくということをみんなが意識してこれからやっていく必要がある。




    続きを読む
  • 権田 修一

    今日の結果は残念だった。このクラブはJ2に落ちて、自分が来てからの2年間はサポーターの方々にも苦しい思いばかりさせているので、J2かもしれないが、勝って皆さんで喜んでもらうということをやらなければいけなかった。また、チームが自信を取り戻すという意味でも、静岡という街のサッカーに関わる人たちの自信を取り戻すという意味でも、勝てば勝ち点3以上の価値があったと思う。だからこそ不甲斐なく思うし、終わってしまったが、この引き分けを全員が何とかしなければいけないと思わなければいけないと思う。


    水戸は秋葉(忠宏)コーチが去年まで監督をやられていたが、話を聞いていた通り当たり前のことを当たり前にやっている。去年までの自分たちに足りなかったことを、水戸と試合をして感じさせられた部分も多かった。自分たちはハードワークという言葉を口にしているが、水戸の方が走っているし、水戸の選手の前にボールがこぼれていた。それは本当の意味でハードワークをしているからだと思う。


    今日は負けゲームだと思うので、ここで勝ち点1を拾えたということはプラスに考えながら、ただ今のままではダメで、自分たちはプレシーズンで準備してきたつもりだっただけで、何も積み上げられていなかったと痛感している。ここから1週間の時間があるので、どれだけ本気でできるかがカギになると思う。



    続きを読む
  • 吉田 豊

    右サイドは始動してから、熊本との練習試合で20分やっただけだったので難しかったところはあるが、自分の中でイメージはしていた。


    プレスがハマらなかった理由は、チーム全体のスライドとか、もっと激しくアプローチに行くことだったり、それも1つの問題で解決するものではないと思っているので、映像を見て修正していかなければいけない。ただ4バックになってからは、メンバーも選手の特徴を引き出す意味でもはっきりした部分はある。


    初戦は固いゲームになると思うし、チャンスがあった中で1点が決まっていれば、もっと簡単にゲームを運ぶこともできたと思う。そこは紙一重で、自分たちのミスから危ない場面もあったし、勝ち点1だったが次勝てば4になる。修正するところは修正しなければいけないが、下を向くことなく、次の試合に勝つために準備していくことが大事。


    監督も試合前に言っていたが、「急ぐのと慌てるのとは違う」と言っていた。自分たちがボールを保持する時間は絶対になければいけないし、そこでチャンスがあれば縦に速いパスというのを使い分けなければいけなかったが、今日の前半は行ったり来たりのゲーム展開で慌ててしまった印象がある。それで決まれば良かったとなるが、しっかりボールを保持することは練習からやってきたことだし、それをピッチの上で表現しなければいけない。




    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
ゼ リカルド 監督

非常に難しい試合になった。開幕戦ということで、自然と気持ちはいつも以上に入るし、コントロールも難しいゲームとなった。それでもチャンスは作ったが、水戸もしっかりと瞬間、瞬間に気持ちを込めて戦ってきて、最後まで崩すには至らなかった。特に後半はゲームをコントロールして進めることができたが、水戸も先週の鹿島戦に勝利した勢いもあるので、モチベーション高くこのゲームに臨んできたと思う。そうした難しいゲームになった。


――4バックに変更した狙いは?


4バックという形は我々が慣れ親しんだ形だったが、5バックでスタートした意図は、プレスをかけていくのにハマりやすいだろうという意図もあった。それが前半は上手くいかず、逆に水戸にスペースを与える形になった。それを修正する意図があったのと、前半は井林(章)がイエローを1枚もらっていて、水戸の攻撃は速いので、それに耐えるためにも4枚に変更した。そうすることで(北川)航也がよりセンターのポジションでプレーすることになり、より真ん中を厚くすることができるのと、中山(克広)がサイドにいることで、攻撃の時に彼のスピードを生かすことができる。また、相手の左サイドバックの大崎(航詩)選手は、中に入るポジション取りをしてくる選手なので、それをやりづらくする意図があった。


――右に吉田豊選手を起用した理由は?


豊の経験ということを考えた。開幕戦ということで、サポーターの前で見せようと気持ちもいつも以上に入るし、去年の悔しさを考えると、選手たちはよりプレッシャーを受けやすい。そこで彼の経験が助けになると思った。前回清水エスパルスに在籍していた時も右サイドをやっていた経験もある。サイドバックは左には(山原)怜音、右には岸本(武流)、北爪(健吾)がいるが、彼らと競争していく中で、これからも良いものを見せてくれるものと思っている。





バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞