MATCH レポート

2023.9.17 SUN 18:03

明治安田生命J2リーグ 第35節 石川県西部緑地公園陸上競技場

VS ツエーゲン金沢

  • ロゴ:清水エスパルス

    AWAY

  • 試合終了
    3
    2 前半 0
    1 後半 0
    0
  • ロゴ:ツエーゲン金沢

    HOME

8’ カルリーニョス ジュニオ
35’ オウンゴール
69’ チアゴ サンタナ

ハイライト動画

【DAZN J.LEAGUE ハイライト】9月17日 明治安田生命J2リーグ 第35節 vs ツエーゲン金沢 @石川西部|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「岸本 武流が前線からのプレスで奪ったボールをカルリーニョス ジュニオが冷静に流し込み先制!」9.17 ツエーゲン金沢 @石川西部|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「デザインされたCKから白崎 凌兵の鋭いクロスが相手のオウンゴールを誘う!!」9.17 ツエーゲン金沢 @石川西部|清水エスパルス公式
【ピックアップクリップ】「阻まれたスルーパスのこぼれ球をチアゴ サンタナが左足を振り抜きゴール!!!」9.17 ツエーゲン金沢 @石川西部|清水エスパルス公式
S-PULSE APP

試合後のゲームレビューはエスパルスアプリにて配信しています。

エスパルスアプリを見る

試合後選手コメント

  • チアゴ サンタナ

    得点シーンは自分たちでボールを回していて、ボールが入った時に(乾)貴士が上手く斜めに走っていて、その動きが見えていたので出そうしたが相手に当たった。ただ、それが自分のところにこぼれた。バックパスは絶対にしないと決めていたし、ファーストタッチが上手くできたので、そのままシュートを打つことにした。それが決まったのでうれしい。


    3シーズン連続二桁ゴールは、非常にうれしく思う。得点という形でチームに貢献できて、非常にうれしいし、今シーズンに関しては苦しい時期もあった。しばらくの間チームを離れたこともあったので、復帰できて、チームのために100%出せて非常にうれしいと思う。もっともっとチームのために貢献したい。


    2位に浮上して、もう明確に自分たち次第になった。ただ、自分たちがやることは、今までやってきてことを続けること。立ち上がりからハイプレスをかけて先制点にこだわりながら試合に入ること。今までと変わらず、今までやってきたことを続けることが大事になると思う。



    続きを読む
  • 岸本 武流

    先制点は、ボールを上手くカットできて、それが得点につながったのが良かったと思う。それまではあまり流れが良くなかったので、そこで点が入ったことは良かった。常に狙ってはいるが、上手く取れたと思う。パスコースを限定しようと思ったら上手く取ることができた。結果につながったのはポジティブに捉えているが、欲を言えば自分の得点もほしかった。でも、チームとして結果が出たのは何よりも良かったと思う。


    今はリズムには乗ってきていると思うが、先制点を奪ったあと相手シュートがバーに当たったところもあったし、そういうところが入っていたら流れは変わっていたかもしれない。その中で2点目が早く取れたのは良かったが、逆に3点目がなかなか入らなかったのは、この試合の反省点になる。2-0はひっくり返されることも多いので、3点目を取らなければいけなかった。


    2位は今までと景色が違う。このまま勝ち続けたら昇格しかないので、残り全部勝ってシーズンを終われるようにやっていくだけだと思う。



    続きを読む
  • 竹内 涼

    勝つことが一番だし、前半は全部が上手くいったわけではないが、チームとして2点取って折り返せたのは大きかったと思う。勢いというか、勝負強さというか、粘り強さというか。昇格するためにはこういうゲームも勝ち切るというのは大事だと思っていた。それは自分自身の力というよりは、まずはここまで来てくれたサポーターの力だと思う。あの応援を聞いて高ぶらない選手はいないと思う。何より自分自身、あの光景を見て気合いが入ったし、勝てて次につながって、2位に浮上した。それが一番良かった。


    個人としてはチームのバランスを見ながら、みんなが良い状態でプレーできるようにすること。でもまずは失点しないこと。ゼロで行きながら、上手くボールを動かすということは考えていた。自分がより働くことで、チームが良くなるのは間違いない。それがボランチというポジションだと思っている。出すぎず、出なさすぎずというバランスを考えていたが、シラ(白崎凌兵)も自分のことを見てくれながらお互いポジショニングを気にしていた。もっと守備で堅く前半はできれば良かったと思う。


    大事な試合で出るぞというところは常に考えていた。それはタイミングを待つというよりは、いつもの練習だったり、練習試合だったり、そこからつかみ取りに行くという気持ちでやっていたし、それは18歳のときからこの歳になっても変わらない。やり続けてやり続けて、戦い続けるのがプロ選手だと思うので、そこは1日も忘れることはなかった。



    続きを読む

試合後監督コメント

ロゴ:清水エスパルス
清水エスパルス
秋葉 忠宏 監督

皆さんにも聞こえたように、この大歓声、サポーター・ファミリーの願い、声援、期待感が我々にビシビシと伝わっていたし、それをしっかりエネルギーやパワーに変えて、ピッチで躍動してみせた。本当に素晴らしいクラブであり、サポーター・ファミリーであり、選手だなと思えるゲームだった。あとこれを7回続けて、我々が昇格するんだ、昇格するにふさわしいクラブだ、ということをもう一度全員で、清水エスパルスを愛する全ての人たちの力をもって、昇格に値するクラブになれるように。そして最後、昇格してシーズンを終えられるように。そう思わせてもらえるような素晴らしいゲームになったと思う。


ゲームの内容の方も、流れから2点、セットプレーから1点。前の節もそうだったが、攻守において噛み合っているし最後の最後までゼロにこだわって、攻撃だけでなく全員がハードワークをする。緩くなりがちな3点差の中でも交代選手を含めて、全員が最後の最後までハードワークをするからこそ、ゼロにこだわるところまで、攻守において隙がない部分を見せることができた。これをあと7試合続けていくこと。良い流れを作ったので自分たちで壊さないように、自分たちで手繰り寄せた流れをより加速させる。足踏みをすることは2度となく、ラスト7試合を駆け抜けられるように。また全員で1週間、最高の準備をしたいと思う。


――竹内涼選手の起用の意図と評価は?


タケ(竹内)自身、悔しい思いをしている中でも、ずっと素晴らしいトレーニングを積んでいた。トレーニングマッチを含めて、チームを動かすところだったり、テンポよくボールを動かすところ。守備では周りを巻き込んで連動させて動かせるところ。攻撃になっても速いテンポでボールを動かし続けて揺さぶる。そういう長短を使い分けながらやるというところが、練習通りできていた。ボランチは自分が輝くだけでなく、チームを動かす、チームを輝かせる部分をタケに期待した中で、存分に発揮してくれた。ただ久しぶりのゲームで、体力的なものがあっただけで、出来に関してはハイパフォーマンスだったと思うし、実際にかなり周りを巻き込んで動かしてくれた。発信力、影響力みたいなものは、さすがだなと思わせてくれる。素晴らしいパフォーマンスだったと思う。


――残り7試合の時点で、始めて自動昇格圏に浮上した。この立ち位置は?


2回ほど浮上するチャンスがあった中で、2回足踏みをして3回目のトライだったが、もうこんなチャンスないぞという話をして、今日はむしろプレッシャーをかけてゲームに臨んだ。今まではミーティングではプレッシャーをかけずに話をしていたが、我々は大人で百戦錬磨の経験値豊かな選手がいるので、そんなヤワなメンタリティはしていないだろうということで、思い切りプレッシャーをかけた。選手たちはタフなメンタリティだとか、アウェイの地でも相手より走り勝つ。後半我々の方が最後の最後まで足が動いていたので、メンタル的にもフィジカル的にもタフな素晴らしい選手になっていると思う。ただ、まだ何も勝ち取っていないので、あと7試合。ここからギアをもう一つ上げてラストスパートできるように。ここで足踏みするつもりは全くないので、さらに加速できるようにやっていきたい。











バナー:PUL TICKET パルチケット バナー:ユナイテッドBESTプレーヤー賞